ドイツのシーズンを締めくくるカップ戦決勝へと進んだドルトムント。チャンピオンズリーグでこそ準々決勝で敗退してしまいましたが、リーグでは3位に入り来季のCL出場権を獲得。先日のバス襲撃で負傷したバルトラもチームに復帰し、このカップ戦でタイトルを獲って、今シーズンをきっちりと締めたいところです。

フランクフルトとの決勝、香川は中盤の底に入ってスタメンフル出場。二転三転する試合展開の中、確かな技術力と豊富な運動量と高いパス精度でドルトムントの試合を作り、時には自陣敵陣のゴール前で印象的なプレーを披露しました。

今回は香川が再びドイツ杯を手にした一戦のまとめをどうぞ。
試合前記事

【新契約:シャヒンと香川は残すべき】FUSSBALL TRANSFERS
僅か数週間前、ドルトムントで香川真司とヌリ・シャヒンは放出候補だった。二人は差し迫った売却に対し圧倒的なパフォーマンスで返答――こうなってくると早期の契約延長が推奨される。
(中略)
同じことは香川真司にも言える。過去にはトゥヘルは日本人アタッカーを公然と槍玉にあげることを躊躇わなかった。しかし、最終的に監督は28歳の彼をどんどんと頼りにするようになり、その起用に香川は素晴らしいパフォーマンスで応えた。3月中盤以降、香川は全公式戦でスターティングメンバーに入っている(怪我で離脱したバイエルン戦は除く)。その間の数字は6試合2ゴール4アシストだ。
ファンに愛されている二人の強烈なパフォーマンスは近日中に報われるかもしれない。
(中略)
当紙の意見:シャヒンと香川がどれほど重要な選手なのか、二人は最近の試合で示してきた。先日の爆弾騒ぎ後の難しい試合でチームを引っ張りトップクラスのパフォーマンスを披露したのは特筆すべき。この好調ぶりが続くのであれば放出は問題外だ。

【香川:今のドルトムントのヒーロー】ZDF
(前略)マルコ・ロイスの離脱中、BVBにおいてアイデアの閃きを担当したのが香川である。日本人選手がどれほど自身の立場を再び確固たるものにしたかは大敗したバイエルン戦でも明らかだった――彼の欠場が痛烈に感じられたからだ。その結果、忘れがたい試合となったモナコとの準々決勝第一戦で香川はスターティングメンバーに復帰。恐らく彼が人生で最悪の夜を明かした後ではあったが、この試合の後半は香川(と途中投入されたシャヒン)のものであり、アシストと準決勝進出の可能性を高めた2-3とするゴールを決めた。
好調ぶりはブンデスリーガの試合でも顕著だ。例えば先日の試合でフランクフルトはこの敏捷で小柄な選手に特別なマークをつけた。フランクフルトの頑強なオマール・マスカレルは面白い肉弾戦に持ち込みにいったものの、一度として彼を捉える事ができなかった。再び香川は巧みにボールを散らし、フラデツキーがセーブした場面ではオーバメヤンが持ちすぎて彼の今季7アシスト目はならなかった。

【ドルトムントのバス爆破事件について香川真司「今も怖いです」】BBC
4月11日に起きたブンデスリーガのチームバスに対する爆破事件について、ドルトムントのミッドフィルダー香川真司が(公式ブログで)「今も怖いです」と語った。

伝えたい事香川真司オフィシャルブログ


ドルトムント 2-1 フランクフルト
【ドルトムントがシーズンを締めくくる】NZZ
デンベレとオーバメヤンのゴールにより、ドルトムントがフランクフルトに2-1で勝利。ドイツ杯で勝利したことにより、ドルトムントはシーズンの最後を締めくくった。

【ドラマチックなカップ決勝でBVBがフランクフルトに2-1と勝利】DER WESTEN
・多くの予想よりも競った試合に
・BVBが遂に再びタイトルを手にした
・カップ決勝の最終スコアは2-1
終了の笛、そしてドルトムントの選手達がベルリンの五輪スタジアムに飛び出した。三度の悔しい決勝を経て、ドルトムントがドイツ杯でフランクフルトに2-1と勝利し、山あり谷ありのシーズンで戴冠した。2012年のダブル以降で初のタイトルとなる。

【採点】
[RevierSport] 2.5
日本人選手が非常に際立った一戦、BVBで二度目のカップ優勝を果たした。膨大な運動量を見せ、53分の場面では2-1とならず不運であった。


【主にドルトムントファン】
・Anonymous
香川がステップ見せてる!

・Anonymous(マンチェスター・ユナイテッド)
香川すごい ボール持って落ち着いてる 彼の冷静さはトップ5だね

・Anonymous
香川はうちの守備神

・Anonymous(ドイツ)
自陣ボックス内での良いリカバリータックル

・Anonymous
見事なタックルだね

・Anonymous
シンジのワールドクラスの対処

・Anonymous
クリスマス以降の香川は実に素晴らしいね。間違いなくかつての力を取り戻した

・Anonymous
香川は本職のディフェンダーより守備やってんなぁ

・Anonymous
フランクフルトがギンターのこと余裕でおさえてるから、どんどん下がって、香川にスペースがない

・Anonymous(マンチェスター・ユナイテッド)
香川をもう1シーズン使ってみたらどうかね 素晴らしい選手

・Anonymous
ここまで香川がマン・オブ・ザ・マッチだ

・Anonymous(他サポ)
前線のオーバメヤン、デンベレ、プリシッチ、香川の4人もすげぇサッカーやってんね

・Anonymous(他サポ)
香川真司はドルトムントにとってなんちゅう宝石だよ…

・Anonymous
香川に新契約を!

・Anonymous
闘犬シンジ

・Anonymous
香川満点

・Anonymous
香川もマジで良い感じ。この気合の入りっぷりは、この子が初めてビッグゲームをやってみせた頃を思わせるよ

・Anonymous(マンチェスター・ユナイテッド)
香川とウェルベック、マンチェスター・ユナイテッドが絶対に手放すべきじゃなかった二人。両者とも今日のカップ戦の決勝の勝者に。おめでとう

・Anonymous
言っとくけど、香川真司はめちゃくちゃやるね!この日本の至宝と契約延長を!

・Anonymous(北アイルランド)
フランクフルトは良いパフォーマンスしたけど、単純にドルトムントには香川とオーバメヤンの一級品のラインがあった 凄い良い試合だった

・Anonymous
山あり谷ありで素晴らしい試合だった。個人的に香川がマン・オブ・ザ・マッチ

・Anonymous
香川がマン・オブ・ザ・マッチ

・Anonymous
シーズン後半戦、香川真司がBVBのベストパフォーマーの一人だった…めっちゃしっかりやってたよ!

・Anonymous
前半の香川はギンターより上の守備的ミッドフィルダーだった。カストロが援護しに投入されるまで、一人で中盤をまわしてたね

・Anonymous
うちの高血圧戦術が成功したね
しかし、いやぁ、泣きそうだ。ベルリンでのヴォルフスブルクの酷い思い出がやっと払拭できる気がする。
マン・オブ・ザ・マッチはシンジ

・Anonymous
ちくしょー俺は泣いてるよ。ここ数年の沢山のトラブルを乗り越えて再びタイトルを手にできたのは最高だ

・Anonymous
今日の香川のパフォーマンスはとにかく圧巻。ツォルクは既に契約延長の準備に入ってるね!

・Anonymous
トゥヘルがシンジのブログは涙なしでは読めなかったって言ってるね



Jリーグサッカーキング 月刊サッカーマガジン
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク