数々の見せ場を作ってくれたブンデスリーガ第19節の日本人選手達。

中でも2得点してチームの悪い流れを断ち切る逆転勝利を演出した武藤。ドイツ各紙がベストイレブンに選んでおり、また関連記事もいくつかあがってきています。冬にストライカーを補強したことでチーム内のポジション争いが激化し、今後は2トップの採用も示唆されており、武藤としては何とか結果を出してアピールしたい場面での大活躍でした。

一方、香川が所属するドルトムントは年明けのリーグ戦で2試合連続で引き分けており、決して好調とは言い切れないチーム状況。それでも悪い流れに行かないのは香川(ら)の奮闘があるからだと、多くのサポーターはパフォーマンスを評価しているようです。地元紙をのぞけば各紙の採点も(引き分けたチームの選手のものとしては)高く、マン・オブ・ザ・マッチにも選ばれていました。

前回のフォロー記事としてどうぞ。


第19節 ベストイレブンなど

【第19節 ベストイレブン】kicker、bild、whoscored
フォワード:武藤嘉紀

【第19節 ベストイレブン】comunio
ミッドフィルダー:香川真司

【第19節 ベストイレブン】LATTEN KREUZ
フォワード:武藤嘉紀
大きな勝ち点3を手にし、マインツは武藤に感謝したことだろう。シュツットガルトに3-2と勝利した一戦、彼の2ゴールがその勝利を可能にした。

【第19節 ベストイレブン】SPIEGEL
フォワード:武藤嘉紀
(前略)しかし、今節のベストイレブンの枠争いは熾烈だった。マインツの武藤嘉紀、レヴァークーゼンのルーカス・アラリオ、ケルンの新ヒーローであるシモン・テローデ。全員が2ゴールをマークした。武藤が鼻差で抜け出したのは、マインツ自体の攻撃のパフォーマンスがその他2チームを上回ったという面もある。

【第19節 ベストイレブン】SPORTSCHAU
フォワード:武藤嘉紀
シュツットガルトに勝利した一戦、日本人選手が決め手となった。2ゴールをあげ、常に脅威を与え、非常に活発にプレー。枠内シュート6本。残留争いを繰り広げるマインツが大事な勝利をあげた試合で、武藤は2年ぶりとなるドッペルパックをマークした。
spieltags-elf-neunzehn-102__v-ARDFotogalerie

各採点レポート追加分など

【マインツの武藤がBILDで採点1を獲得】Bild
武藤嘉紀:1(ドイツ式採点)]
序盤にツィーラーに止められ、それから長い時間、見せ場がなかった。しかしその後、とてつもなく大事なドッペルパックをマークしてみせた。

【マインツの武藤が突如として覚醒した理由とは!】Bild
マインツがシュツットガルトに3-2と勝利した一戦、武藤嘉紀がヒーローだった。1-1と2-1とする2ゴールで、日本人選手がほぼ単騎で試合をひっくり返したのである。ストライカーの彼は前節にも今季2得点目をマーク。武藤の好調の理由とはアンソニー・ウジャであった。
ナイジェリア人選手は今冬にマインツへと復帰、それが武藤に発破をかけた。彼も認めている「ポジション争いはすごいです、うちには沢山の良いストライカーがいますから。そして更に激しくなった。だからこそ、この2試合でやらなくちゃいけないぞと自分に言い聞かせたんです」マインツにとって幸運なことに、補強は完璧に機能した。

【香川と共にティーンエイジセンセーションのサンチョがドルトムントの勝ち点1を救出】ESPN
香川真司:7
前半、トリアンへダイアゴナルなボールを通すなど、ドルトムントのスペースを切り開いていたのは香川だった。試合終盤にドルトムントがギアを上げた時には、スコアシートに名が載っていることから分かるように、香川が大いに絡んだ。


ブンデスリーガで最も成功した日本人選手トップ10

【武藤がドッペルパック。ブンデスリーガで最も成功した日本人選手】bwin
1:香川真司
BVBの選手がブンデスリーガ史上で最も成功した日本人選手だ。これまで彼はブンデスリーガで黒と黄のユニフォームを142回着ており、40ゴールをあげている。日本人選手の中で最高のレートだ。更に彼はドイツで最も多くのタイトルを手にしている日本人選手でもある(リーグで2度、DFBカップを2回)。

2:岡崎慎司
ドイツで4年半を過ごした後に、プレミアリーグのレスター・シティへ1100万ユーロで移籍。ブンデスリーガではシュツットガルトとマインツで128試合に出場し37ゴールをマーク。2013~14シーズンには15得点をあげ、日本人の1シーズン最多得点記録を保持している。

3:奥寺康彦
奥寺はブンデスリーガでプレーした初の日本人選手。1977年から1986年にかけて、ケルンとブレーメンでプレーした。234試合(26ゴール)に出場し、日本人の出場記録として2番目に位置している。1978年にはケルンでリーグとDFBカップで優勝した。

4:長谷部誠
もう一人の日本からのドイツ王者経験者。長谷部誠は2009年にヴォルフスブルクでリーグ優勝を果たした。このミッドフィルダーはヴォルフスブルク、ニュルンベルク、フランクフルトで2007年から今までに248試合に出場(7ゴール)している。最多記録だ!ドイツの異なる3クラブでプレーした二人しかいない日本人選手の内の一人でもある。

5:内田篤人
内田篤人はブンデスリーガに153試合出場(2ゴール)。その全てが2010年から2017年にかけてプレーしたシャルケでのものである。右サイドバックの彼はサイドの駆け上がりを恐れられ、そのクロスから18ゴールを導き出した。2011年にはDFBカップとスーパーカップで優勝している。

6:高原直泰
2002年から2008年にかけハンブルクとフランクフルトで135試合に出場。彼は25得点をあげており、その内の4ゴールは途中出場からあげているが、ブンデスリーガの日本人選手として最多のものだ。

7:酒井高徳
酒井はこれまでシュツットガルトとハンブルクでプレーしている。リーグで155試合に出場。ハンブルクではキャプテンを務めてもいる。得点力に関しては彼の長所ではない。これまで僅か2ゴールしかマークしていない。

8:清武弘嗣
清武はロングから決めるのが好きで、ニュルンベルクとハノーファーで117試合に出場する間に決めた全17ゴールの内の11ゴールがロングシュートからだ。更に清武はセットプレーのスペシャリストで、21アシストを記録している。

9:細貝萌
細貝萌はヘルタ、レヴァークーゼン、アウグスブルクで計102試合に出場。長谷部誠をのぞけば、異なる3つのブンデスリーガクラブでプレーした唯一の日本人選手だ。2011~12シーズンにはアウグスブルクで3ゴールをあげたが、その他のシーズンでは無得点。2017年の3月からは祖国へと戻っている。

10:武藤嘉紀
このストライカーはドッペルパックを決めたことでトップ10入りを果たした。25歳の彼はブンデスリーガに54試合出場し18ゴールをあげている。間違いなく、マインツで更にプレーして得点することだろう。だからこそ彼は更にランク上位へと登っていきそうだ。

今季のブンデスリーガでは計9人の日本人選手が一部リーグのクラブと契約している。


【マインツとドルトムントのファン】
・Anonymous(マインツ)
武藤は繰り返し怪我しなければなぁ、そしたら若き岡崎なんだが

・Anonymous(マインツ)
武藤をトップで出さなかったら、他に誰が俺ら助けてくれるってんだよ

・Anonymous(ホッフェンハイム)
マインツは武藤が好調だったらマジで代えがきかないでしょ

・Anonymous(ドルトムント)
香川がリタイアしたら、史上最高のお気に入り選手の一人のリストに入る確率が本当に高い。来季以降、チームを再建する中で、大きな役割をはたして欲しいってマジで思ってる

・Anonymous(ドルトムント)
レジェンド

・Anonymous(ドルトムント)
また凄く良いプレーをするようになって嬉しい。(アウェー2万ゴール目で)歴史を刻んだね

・Anonymous(ドルトムント)
ポジションが後ろ過ぎ。トップ下で起用して

・Anonymous(ドルトムント)
香川の最高に超かっこいい試合だった。2つの場面をのぞけば、信じられないほどの好パフォーマンス

・Anonymous(ドルトムント)
香川は本当に好調。残念ながら、まだかつてのシンジではない。ゴール前で多くの決定機を外してる。シュテーガーは絶対に彼をレギュラーとして起用すべき。もうすぐ殻は破られると思う。ゲッツェと共に香川がかつての姿を取り戻せば凄いことになるぞ!!!

・Anonymous(ドルトムント)
そしたら凄いデュオになるね

・Anonymous(ドルトムント)
あとマルコもね
(*´ω`*)

・Anonymous(ドルトムント)
馬鹿げてるね。チームにはもっと決定機をふいにしてる選手が他にいる。ヤルモレンコとかプリシッチとか。オウバだってストライカーなのに誰よりもやらかしてる。更に言えば、クロップ時代の2011~12シーズンみたいに、ストライカーのレヴァにロングボール入れて速攻してた戦術はもう採用してなくて、今の戦術とはかなり異なってて比べられない。しかも、香川は前のチームメイトの時みたいにアシストをうけられてない。皆がポジション争いしてるから多くの選手が自分勝手にやってるからね。それでも香川は以前よりもアシスト数を増やしてるってのに、メディアが滅多に取り上げないからって、君はあまり評価してないわけね

・Anonymous(ドルトムント)
ロイス、ゲッツェ、香川!夢だねぇ。3人のスーパーテクニシャン。更にプリシッチ、サンチョ、ヤルモレンコ、ゲレイロ。BVBは直ぐに復調するぞ!

・Anonymous(ドルトムント)
シンジは絶好調!

・Anonymous(ドルトムント)
彼はファイトして、他の選手は眠ってる

・Anonymous(ドルトムント)
いま安定してるマジで唯一の存在…

・Anonymous(ドルトムント)
この疲れ知らずのテクニシャンをいつも見ていたい

・Anonymous(ドルトムント)
香川好き
共感できる。「完璧じゃないサッカー選手」だけど、毎試合全力を尽くしてる
(2万ゴール目の記録)やったねシンジ

・Anonymous(ドルトムント)
じゃあBVBの誰が完璧な選手なのよ?彼よりBVBにタイトルをもたらしてる選手いないよ。気付いてるか知らないけど彼のスタッツは素晴らしいぞ

・Anonymous(ドルトムント)
私は欠点とミスがあっても、ちゃんとハートを込められるサッカー選手が好きなんだ
それなのに残念ながら今日のサッカー選手は常に常に「完璧」なプレーを求められる。だからこそ私はBVBが好きなんだ。長所もあって、短所もあって

・Anonymous(ドルトムント)
シンジはとにかくすげぇよ

・Anonymous(ドルトムント)
昨日は素晴らしい試合をしたねシンジ!マリオと共に若手を導いていってくれ、この調子だ!

・Anonymous(ドルトムント)
香川?試合の最後まで戦うよね。スーパーガイ。それにBVBにもハマってる

・Anonymous(ドルトムント)
最高の選手。チーム復帰してから落胆させなかった唯一の存在。もし自由にプレーメーカーとして一人でやれたら、更に良くなる。ゲッツェは邪魔するだけで、彼のスペースを奪ってて、シンジのプレースタイルには遅すぎる

月刊フットボリスタ サムライサッカーキング
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク