今シーズン、崖っぷちに立ち続けているケルン。順位表の底に沈み、残留圏からは大きく離されてしまっています。チームは2013年から指揮をとってきたシュテーガー監督を解任しテコ入れを図り、新監督のもとで一時は3連勝と波に乗ったかに思えましたが、ここ3試合は勝ち星なし。残留の道はまだまだ険しいという状況です。

大迫は肺炎を患ったこともあり、今季はプレータイムとゴール・アシストの数が伸び悩んでいます。昨季までのエースだったモデストが抜けた穴をチーム全体で埋めなければならない状況だったにも関わらず、チーム得点王は冬の市場で獲得したテロッデという惨状。大迫としては、リーグ終盤戦でゴールに絡み、チームを降格の危機から救いたいところです。ケルンファンの大迫に対する反応は、今季も賛否が分かれており、どちらの声も一定数あるよう。チームがこういった状況なので、批判的な意見が目立つのは仕方ないことですが、それでも大迫の持つ技術に期待するというファンも根強く存在します。

ブンデスリーガ第23節、ケルンがホームに迎える相手は9位ハノーファー。この先の試合数を考えれば、ホームの試合では相手がどこであろうと勝ち点3を何とか手にしたいところ。

大迫が先制ゴールをあげフル出場を果たした一戦のまとめをどうぞ。
試合前記事

【残り12試合。リセ、コジエロ、大迫がケルンにとってキープレイヤーに】effzeh
(前略)だが、決定力の面では、日本からの選手が担うことになる。大迫勇也は肺炎による影響で、ここのところケルンの試合を欠場している。とはいえ、日本代表選手はチームの個を繋げる存在としてケルンにとって頼りになる存在だ。守備時にはボールを奪い、中盤でビルドアップし、ファイナルサードで決定機を見つける。ケルンの陣容の中で、大迫ほどのスキルを持った選手は他にいない。もしルーテンベック監督が引き続き442と2トップを置くフォーメーションを続けるのであれば、大迫を外すという選択肢はない。ルーテンベック自身もテロッデと大迫の組み合わせが「ベストのコンビ」と語っている。

【日本とケルンのスター、大迫勇也】FOX SPORTS
日本代表の大迫勇也が2014年の夏にブンデスリーガのケルンへと移籍してから当たっている。
(中略)
昨シーズンの7ゴール6アシストは27歳の彼にとって、ケルン移籍後のベストの成績であり、これで彼がアジアサッカー界における最大のスター選手の一人であることを否定できる者はいなくなった。
しかし、最高の選手達の繰り出す精度とダイナミズムの背景にある科学的理由について疑問に思ったことはないだろうか。
先日、ブンデスリーガの「動画」コーナーで大迫が特集された。ロベルト・レヴァンドフスキ、セルジュ・ニャブリ、チャルレス・アランギスらトップスターについて掘り下げるコーナーである。
さて、大迫のパワーと精度の背景にある秘密とは何なのだろうか?


ケルン 1-1 ハノーファー


【ビデオ判定で勝ち点1を「拾う」】NDR
ハノーファーはブンデスリーガの最下位のクラブを相手に引き分けることしか出来なかった。ケルンとの一戦は試合内容を反映した1-1の結果に。しかし、かなりのツキも絡んだ。アディショナルタイム、クラウディオ・ピサーロの勝ち越し点に思われたゴールがビデオ判定で取り消され救われる結果に。

【試合後、ルーテンベック監督コメント】
「大迫勇也は状態が良ければ我々にとって大事な選手だ。今日は良い試合をしてくれた」


【採点】
[sofascore] 7.5
[whoscored] 8.17 (マン・オブ・ザ・マッチ)


【スタッツ】ブンデスリーガ公式
フルタイム出場、走行距離:11km スプリント:19回 対人勝利:17 対人勝率:47.2% ボールタッチ:47 パス:31 パス成功率:58% シュート:2 ゴール:1


【主にケルンファン】
・Anonymous
個人的に大迫は未だにフィジカル面が弱すぎると思う 1対1で殆どいけない

・Anonymous
モデスト抜きの大迫はひどいもんだ

・Anonymous
ナイスゴール

・Anonymous
大迫おおおおおおお

・Anonymous
大迫、愛してるぞ

・Anonymous
素晴らしいゴールだね!

・Anonymous
大迫、俺は一度として疑ったことないぞ

・Anonymous
勇也ああああああああ

・Anonymous(ドルトムント)
よくやった大迫。ケルンがんばれ!

・Anonymous
ゴールを決めたからといって、大迫が凄い選手ってことにはならない

・Anonymous
(こういうレスするの)絶対に自分じゃボール蹴ったことない奴だろうな

・Anonymous
アホか。大迫はチームで最も完成されてる選手だっつの

・Anonymous
大迫。死ぬほど笑ってる。すげぇゴールだ。本物の点取り屋だ!

・Anonymous
大迫おおおおおおお 今年の最優秀ゴール!

・Anonymous
大迫、素晴らしい選手、いつも俺が言ってたようにな

・Anonymous
ハハハハハ。ちょっとは批判しないとな
ありがとうな大迫 俺に教訓を与えてくれて

・Anonymous
いいね。これで調子が上がるといいな!

・Anonymous
チームの意図が見えない。戦術適応はどうなってるの?どこからどう組み立てるの?どうやって繋ぐの?大迫をどこでプレーさせたいの?それにヨイッチは?あーあー、これは酷いサッカーだな

・Anonymous
今日の大迫はそんなに酷いと思わないけどね ゴールを別にしても

・Anonymous
個人的にはゴールしたけど大迫がチームで最低の出来だった。全部のボールをこねて、デュエルには全然勝てなかった

・Anonymous
でも、ただ安牌パスだけ蹴ってるわけじゃないの彼だけなんだが

・Anonymous
大迫のロストからカウンターくらったの8回だぞ

・Anonymous
ビデオ判定はマジで冗談だろ。最後のがオフサイドだったことは否定しないけど、副審はオフサイドでもないやつで3回も旗を上げてたんだぞ。訳わかんねーよ!

・Anonymous
今日とうとうサッカーが死んじまったと思うよ
合ってようが、そうでなかろうが、あれは試合を台無しにする
誰が感情の伴わない試合を求めてるってんだよ
まあ、皆サッカーがひっそりと死んだことを覚えておくべきだよ
おやすみ

・Anonymous
この糞サッカーにつかれた。これ以上ひどいことにならんでしょ。もうヨイッチとか大迫を開放したげよう

・Anonymous
ビデオ判定を別にしたら、かなり酷い内容の試合だった。前線は怖くないし無力。大迫はリンクマンとしては素晴らしいけど、ゴール前で効いてないし。というのも選手のチョイスが間違ってるし、クロスが酷いもんだからね
先制点のあとは、ここ最近のケルンに戻ってしまった

・Anonymous
大迫はゴールを別にしたら完全に糞だった
あまりにも多く、あまりにも楽にボールを失ってたよ
今日は普段より悪かった

・Anonymous
俺は大迫のパフォーマンス気に入ったな

・Anonymous
もっとやれる、それでもしっかりやってたけどね。コルドバより遥かに良い!

・Anonymous
大迫がコルドバより間違いなく上だってことを見て取れないというのが理解できない。コルドバと違って、大迫は何かを狙ってる、常に準備できてる。ゴールを決めてるし、あの体格にも関わらずに相手を背負ってプレーもしてる、コルドバとは違ってね

・Anonymous
個人的に今日は殆ど全員がひどかった。俺がベストプレイヤーと思って気に入ったのは大迫だけ。他の選手は単純に実力が足りてない

月刊フットボリスタ Number(ナンバー)946号
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク