今季、苦しい戦いが続いており序盤から最下位が定位置となっているケルン。少しづつ勝ち点を積み上げてはいるものの、まだまだ残留圏内入りは遠い状況です。リーグが終盤戦へと突入する中、1点でも多くの勝ち点が欲しいチームを救えるのか、大迫にとって正念場となる戦いが続きます。

今季の大迫は離脱していた時期があったものの、出場時間はチームのトップ6に入っており、フィットしてさえいれば頼りにされる存在。今シーズンはゴールが少ない点が気になるところで、(相変わらず低めの位置で使われる事が多いですが)フォワードとして決定的な仕事をしてアピールしたいところです。第26節では、試合にこそ敗れたものの、大迫は1ゴールをマークしました。これまでVARで得点が取り消されたりと嫌な流れが続いていただけにゴールは明るい材料。

ブンデスリーガ第27節、ケルンはホームで5位レヴァークーゼンと対戦。CL・EL出場権を巡って熾烈な争いを繰り広げているチームが相手とはいえ、崖っぷちにいるケルンは何としても勝ち点3を取りたい一戦。18位ハンブルク、16位マインツ、15位ヴォルフスブルクの3チームが今節既に敗れているとあって、もし勝つことができれば大きな勝ち点3となります。

大迫が決勝点をあげ、最下位から脱出させる勝ち点3をチームにもたらした一戦のまとめをどうぞ。
試合前記事

【大迫勇也インタビュー】EXPRESS
――ケルンはずっと危機的状況にいます。代表でのワールドカップの席に関して心配ではありませんか?
「この件に関しては既に対処しています。4年前のワールドカップは勝ち点1で、あまり上手くいきませんでしたが、今度はもっと良い結果を残せると思います。勿論、僕の状況は楽なものではありません。代表の監督は、ブンデスリーガの順位表だけでなく、僕のパフォーマンスをしっかりチェックすると言ってくれています。ケルンで良いプレーを見せれば代表にも選ばれると。僕自身にかかっているんです」

――夏の準備期間では故障し、冬には二度病気にかかりました。あなたのキャリアで最もタフなシーズンでしょうか?
「確かに。夏に故障して、その後は直ぐに代表へ行きました。更に僕らはヨーロッパリーグでやって。移動はかなり応えましたね。休めるはずのインターナショナルウィークで常に移動していましたから。でも、今はやっと最高の状態に戻ったと感じています」

――シモン・テロッデが新パートーナーとして加わりました。調子はどうですか?
「彼と一緒にやるのは僕にとってとても楽です、お互いにしっかり理解し合えているので。その点には直ぐに気付きました。おかしな感じでしょうが、僕を上手く使ってくれるんです!トニー・モデストがやってくれたように。自分の今の役割は10番のようなので、彼にとっての僕は出し手みたいな感じですね」


ケルン 2-0 レヴァークーゼン

1-0 (大迫ゴール)


【マッチレポート】ブンデスリーガ公式
マン・オブ・ザ・マッチ:大迫勇也
大迫勇也はケルンのシュート8本の内の6本に関与。最も多くのシュートを放ち、決定機を演出(どちらも3本)、そしてリーグ戦2試合連続となるゴールで報われた。日本人選手は30回のデュエルに挑み、この試合で最も意欲的な主役となった。

【最下位脱出、マインツは視野に。ダービー戦のヒーロー達はミラクルにかける】NTV
第3節からケルンはブンデスリーガの最下位にいた。しかし、序盤に退場者を出したレヴァークーゼンとのダービー戦に勝利し、ホラー的状況に終止符。これで最下位のテールランプはハンブルクで灯ることに。ケルンでは奇跡への希望が芽生えてきている。
ケルンがブンデスリーガの残留争いに新風を吹き込んだ。レヴァークーゼンとのダービーの熱戦で妥当な2-0の勝利をおさめ、ケルンのダービーヒーロー達が第2節以来となる最下位脱出を成し遂げた。日本の大迫勇也とジモン・ツォラーがチームを延命させる勝利をあげた一戦で得点。マインツとヴォルフスブルクが敗れたことで、クラブの残留争いへの望みが盛り返した。


【採点】
[sofascore] 7.4
[whoscored] 7.49

(ドイツ式採点)
[sportal] 2.5(試合トップタイ)
[express] 2(チームトップ)
ナイスシュートから先制点。攻撃の軸となるパフォーマンス


【スタッツ】ブンデスリーガ公式
フルタイム出場、走行距離:11.4km スプリント:27回 対人勝利:15 対人勝率:50% ボールタッチ:52 パス:38 パス成功率:78% 決定機演出:3 クロス:2 シュート:3 ゴール:1


【主にケルンファン】
・Anonymous
大迫かなり目立ってるね、特にボールをしっかりおさめてる。でも、うちは後ろがちょっと不安定

・Anonymous
今の所ボールがしっかり回ってる
大迫は立ち上がり信じられないくらい強さみせてる

・Anonymous
きたあああああああああ

・Anonymous
おおおさああああこおおおおおおおおおおお

・Anonymous
大迫が決めるとケルン勝てないんだよなぁ。今日は違う結果になるといいんだが

・Anonymous
決めたのは勿論、大迫。でもケルンだから。3-0でリードしてても、ヤバいことになりかねん

・Anonymous
うちの新ボンバー

・Anonymous
大迫はここ最近ずっと俺らのベストプレイヤーだね。それ以上、言うことはない

・Anonymous
今日の大迫は強えーな

・Anonymous
大迫は本当に見事に決めたね。超速攻だった。すばらしい

・Anonymous
大迫のゴールはツキもあったな。どの平凡なGKもあれは止めれる…関係ないけどな!
集中し続けて2点目をとってくれ

・Anonymous
俺は大迫の大ファンってわけじゃないけど、彼は常にハードワークしてくれるし、また決めるに相応しい選手だよ!

・Anonymous
ブレーメン戦と対照的にやれてる
ここまで大迫とビッテンコートは素晴らしい仕事してるね

・Anonymous
まあ、見事な前半だった。特に前線の大迫とレオはキレてた

・Anonymous
ここ最近は圧巻のパフォーマンスで、個人的に代えが効かない選手だと思ってる。時にマジでイラっとさせられるけど、チームではコジエッロと並んでベストプレイヤーだと思う。

・Anonymous
上手く言った時の彼のボールコントロールは既に素晴らしいものだったし、チームメイトは常に視野にいれていて、チームにとってとんでもないくらいの価値をもたらしてる。
終盤戦での命運を握ってるから、この調子を維持してくれ。あとビッテンコートと一緒に起用すれば尚良だ

・Anonymous
見事なボールコントロール。とっても繊細。殆どボールを失わなかったね

・Anonymous
間違いなく今日は勝ち点3をもたらした功労者の一人だ。常にこの調子でやってくれればな…

・Anonymous
そしたらケルンにいる可能性殆どないけど

・Anonymous
彼の今季のベストゲームだったと思うよ

・Anonymous
今日も最高だった。(大迫は)3~4試合連続で、このパフォーマンスしてるね

・Anonymous
今日の大迫とビッテンコートは本当にすごかった…でもチーム全体が見事なパフォーマンスしたね

・Anonymous(シャルケ)
ケルンはかなり良いプレーしてると言わざるをえないな。大迫は本当に好きだ。この選手をチェックしておくべき

・Anonymous(ブレーメン)
うちで大迫とれないか、頼む。クルーゼ、カインツ、ラシカみたいな選手と一緒にやってるところ見てみたい。
より攻撃的な布陣なら、大迫はまた花開くよ

・Anonymous
大迫の唯一の良いプレーはラッキーゴールだったね、それ以上は何もなかった!デュエルは80%負けてたし!最悪!!!

・Anonymous
マジで言ってんの?大迫からは全然ネガティブな印象なかったが。何でいつもこんな風に言われてんだ?

・Anonymous
何故うちがいつもカウンターの一つも成功させられないのか?今日も前節も。それは大迫がボールをコンスタントに失って、やらかしてるからだよ!

・Anonymous
今日の大迫は本当によくて、めちゃくちゃ戦ってただろうが!!

・Anonymous
こいつ毎週毎週コメント欄を荒らしてるんだよ…やらせとけ、何も分かってないんだから

・Anonymous
どんな試合を見てたんだよ、頼むわ。まだ大迫を叩いてる奴がいるとか悲しくなるな。誰が決勝点をあげたか見てみろよ

・Anonymous
ケルンファンだったらユニ捨てるべきだわ!どんだけ上から目線なんだよ、絶対満足しねーし!!

・Anonymous
今日この若者は一級品のプレーしてたでしょ。いいボールを前に出して、デュエルにも挑んで。いい加減にこの子を叩くの止めろな。シーズン後半戦でベストプレイヤーの一人だぞ

・Anonymous
今日の彼は最近の試合同様にスーパーだったと思う。レオより上でさえあった。とにかく常に準備できてて、ライン間で見事な動きをしてたね

・Anonymous
本当この通りなんだよね。この子は何でもやれるし、あるいは全てを好転させる。でも彼は繊細な選手。酷い試合では深い穴にハマっちゃう。でも時に決める時は突如としてやってみせるって感じだ。今日は信じられないレベルだったね、ミスしなかったんじゃないか?
超すごいパフォーマンスだった

・Anonymous
今日、本当にすごかった、ピッチでベストプレイヤーだったね!この調子だ勇也( ´∀`)b

Number(ナンバー)948号 月刊フットボリスタ
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク