6月から始まるワールドカップへ向けて準備を進めている日本代表。3月の代表ウィークの相手はマリとウクライナです。本大会で同グループとなったセネガルとポーランドとの試合に備えてシミュレーションを行うと同時に、メンバーの状態のチェックや連携の確認などチーム作りをしっかりとやっておきたいところ。

シーズン中ということもあり、今回はコンディションの関係から招集外となったメンバーが数人。そして所属クラブで好調なパフォーマンスを見せたことでチャンスを得た選手もいます。本大会へ向けたメンバー発表までにどういったアピールが出来るか、各選手の熾烈な競争も今回の親善試合の大きなポイント。監督も「(5月の合宿までに)できるだけ多くの情報を持っておきたい」と語っており、交代を含めて多くの選手が起用されることが予想されます。

親善試合連戦の最初の相手はマリ。今回のワールドカップへ向けたアフリカ3次(最終)予選ではモロッコ、コートジボワール、ガボンと同組のグループCで最下位という成績でした。6試合で総得点が1と攻撃陣が振るわなかったのが大きく、それでも守備陣はある程度の踏ん張りをみせ、リーグで4つの引き分けから勝ち点4を手にしています。日本としてはアフリカチーム特有の身体を活かしたサッカーに慣れておくことは勿論ですが、同3次予選のグループDで10得点をあげているセネガル攻撃陣のことを思えば、この試合ではきっちりとクリーンシートで終えておきたいところ。

今回は親善試合マリ戦に対する海外の反応をまとめてみました。

*この記事は追記済です
試合前記事

【ヴァヒド・ハリルホジッチ監督、若手にチャンスを与える構え】マルタインディペンデント
ヴァヒド・ハリルホジッチ監督は香川真司や本田圭佑といった選手がワールドカップで日本にとって大きな役割を果たすはずとしつつも、多くの枠は開かれたままだと語り、次世代が立ち上がる時が来たようだ。
ハリルホジッチは3月23日のマリ戦と3月27日のウクライナ戦へ向けて26人を選出したが、いくつかのサプライズがあった。(中略)

フォワード
ポルトガルのポルティモネンセでプレーする中島翔哉が初招集されたが、彼はハリルホジッチが好むタイプの若手タレントだ。今季はポルトガルリーグで9ゴール6アシストをマークしている。
「爆発力がある」とハリルホジッチ。「クラブで1対1の状況での強さを見せているし、代表レベルでも同じことが出来るかどうか近くで見てみたい」(中略)

ミッドフィールド
本田圭佑は2010年から代表のキーメンバーとなってきたが、9月の最終予選サウジアラビア戦から日本代表でプレーしていない。
今シーズンはメキシコのパチューカにおいて11試合で4ゴールをあげ、なぜハリルホジッチが彼を呼び戻したのかは明確だ。
「彼にはしっかりとプレーし、何点かゴールをあげ、決定機を作ってもらいたい」とハリルホジッチ。「彼はフォワードだが、彼の守備における役割も重要。能力を最大限に発揮してほしい」

招集外
ハリルホジッチは若手に実力を証明するチャンスを与えるのに熱心な一方、所属チームでのプレータイム不足が問題となることも明かしている。
シュツットガルトの浅野拓磨とレオネッサのミッドフィルダー井手口陽介の二人は、本大会出場を決めた昨年8月のオーストラリア戦で得点している。だが、両者は今度の親善試合で選出されなかった。
浅野は未だ今年ブンデスリーガで出場できておらず、井手口が前回に試合出場したのは2月18日のことだ。


【日本対マリ:プレビュー&予想】リーグレーン
マリと日本は中立地のベルギーで開催される親善試合に参加。マリは強豪との一戦を求め、一方の日本は迫るワールドカップへ向けて出来る限りの準備を行いたいところだ。
マリはアフリカ予選で最終ラウンドまで進出したが、グループで最下位という結果に終わった。敗れたのは2試合のみだったが、他の試合では引き分けしか手にできなかった。モハメド・マガッソーバのチームは僅か1ゴールしかあげられず、これだけ攻撃が振るわなければ、ワールドカップ出場権を手にする望みはない。マリはホームで3試合を行ったが、サポーター達はスコアレスドローしか目にすることが出来なかったというのは興味深いところ。彼らは別のアプローチを試す必要があり、今後の試合で勝利を上げたいのであれば点を取り始めなければならない。
日本はグループ首位となり(サウジアラビアとオーストラリアを勝ち点1上回った)ワールドカップへのチケットを確保。かなりの量のゴールをあげ、一方で守備はとてもよい仕事をし、堂々としたパフォーマンスを見せた。アウェーの試合ではロースコアな展開となったが、岡崎慎司らのチームは僅か一度しか苦杯をなめなかった。
シーズンのメインイベントを前に、両者にとってこの試合は選手の状態をチェックする良い機会だ。

直接対決成績
両チームはこれまでぶつかったことがなく、今回が直接戦う初めての試合となる。

結果予想
ここ最近、日本の方が遥かに良いパフォーマンスを見せており、だからこそワールドカップ出場国となったわけで、この試合は勝利を手にできるはずだ。


【日本対マリ オッズ】
日本1.59 引き分け3.65 マリ6.12 (26社平均)






日本 1-1 マリ

【途中出場でゴール:中島が日本代表で夢のデビューをはたす】DESPORTO AO MINUTO
今週金曜、中島翔哉がマリとの親善試合で日本代表の初キャップを得た。
ポルティモネンセのフォワードは60分に宇佐美貴史と交代、アディショナルタイムに1-1とするゴールを決めた。

【中島がサムライブルーでハッピーなデビュー:30分のプレーで終了間際にゴール】zerozero
個人レベルでは、中島翔哉にとってこれ以上の日本代表デビューのプレーをするのは難しいだろう。ポルティモネンセでポルトガルリーグの中でも際立つパフォーマンスを見せている23歳の彼は、金曜の試合でサムライブルーデビューをはたし、90+4分にマリに追いつくゴールをあげた。

【日本が(親善試合で)精彩を欠く】SportoweFakty(ポーランド)
日本代表がリエージュで行われたマリとの親善試合で1-1と引き分けた。根本的課題は効率の低さ。

【宇佐美がスターティングメンバー入り。マリ戦で日本が恥をかくのを免れる】RP
日本代表はマリとのワールドカップへ向けたテストマッチで際どいところで敗戦を免れた。FIFAランク67位のチームを相手に、アジア王者に4度輝いた日本は中島翔哉のアディショナルタイムのゴールで1-1と引き分けた。

【終盤の中島の一発で引き分けを拾う】FOURFOURTWO
ワールドカップ前の親善試合の初戦、日本が敗戦を免れるには中島翔哉の土壇場の同点弾を必要とした。
(中略)
日本はオーストラリア代表に勝利して以降、一環して苦戦しているが、その傾向はリエージュでも続き、この試合で勝利を逃したのは9試合で6回目となる。

【日本は無問題とはいかず】L'ÉQUIPE
ワールドカップまで残り三ヶ月となったが、日本が苦境に陥っている。韓国に1-4と敗れた試合に続き、ヴァヒド・ハリルホジッチのチームはマリを相手に1-1と辛うじて引き分けた。


【海外のサッカーファン】
キックオフ前
・Anonymous
日本はイングランドのリバプールみたいな攻撃サッカー
この試合は引き分けになる可能性が高い

・Anonymous(イギリス)
宇佐美と中島の二人が入ったの素晴らしい。宇佐美は(2部でとはいえ)最近マジでいいパフォーマンスしてるしね。この調子を保って、期待に応えてくれることを祈ろか

・Anonymous(フランス)
フランスのファンとしてみると、このチームは若いけど、全然経験がない…ワールドカップはかなり難しいものになりそう…

・Anonymous(ベルギー)
あの柏レイソルのゴールキーパーはタレントだね

・Anonymous(マレーシア)
どうして武藤も井手口もいないの

・Anonymous(フィンランド)
2018年版の青ユニを心待ちにしてる。2006、2010、2014は持ってるんだ

・Anonymous(パチューカ)
がんばれ本田圭佑!!しっかり練習してね。ワールドカップに出なくちゃ

・Anonymous(イギリス)
イクゾミンナ、ガンバッテクダサイミンナ

・Anonymous(ブラジル)
今日の日本は新アウェーユニフォームお披露目 ついでに言うと、個人的にかなり好き

・Anonymous(コンゴ)
日本7-0マリ

・Anonymous(マリ)
いいパフォーマンス見られそう

・Anonymous(コンゴ)
日本のマリ戦のスターティング11は完璧だな

・Anonymous(イギリス)
完璧なスタメンだね。森岡が入ったのはナイスだし、宇佐美は期待してる。日本にはいつも通り質の高いミッドフィルダーが多すぎるくらいいる

・Anonymous(フランス)
大島が妥当なスタメンに入って嬉しい。でもヴァヒドがローテーションしたら現地観戦するウクライナ戦で見れないのではと突如思った。どちらにしても彼のユニを来て行くぜ

・Anonymous(イギリス)
中村は本物の日本人GKになれる可能性がある。好調を維持してって欲しいな

・Anonymous(ヘタフェ)
マリ対日本はじまった。柴崎岳はスターティングメンバー入ってないね

キックオフ後

・Anonymous(イタリア)
日本の方がポゼッション上回ってる。序盤、宇佐美と久保がかなり生き生きとしてて、後者には先制の惜しいチャンスあった。一方で、中村は1対1でセーブしなくちゃいけない状況に。デビューした宇賀神は酷いタックルでイエローもらった

・Anonymous
大島のカーブシュートが弾かれてコーナーに。宇佐美がコーナー蹴ったけど 
何 で あ れ が 入 ら な い?

・Anonymous
宇佐美のコーナーにヘッドで合わせて…って何があった?どうにかして掻き出された!

・Anonymous(イタリア)
残念ながら、アンラッキーな大島が怪我で山口と交代(軽傷だといいんだけど)

・Anonymous(フランス、川崎フロンターレ)
僚太は呪われとる

・Anonymous(ポーランド)
日本はマリ戦で優勢にプレーしてる。森岡は序盤からかなり積極的。俺らのライバルのコーナーは興味深い

・Anonymous
また宇佐美のコーナーから決定機も、昌子のヘッドの狙いは外れた

・Anonymous
宇賀神がまた遅れて、マリのPK。中村が価値を証明する番だ…

・Anonymous
宇賀神にはベルギーを楽しんで欲しいね。ロシア行きはありえないし

・Anonymous(オーストラリア)
俺は皆とは逆の意見。宇賀神にもう1キャップあげて、でも左サイドバックで

・Anonymous(スイス)
どうして宇賀神が選出されたか分からなかったけど、やっと理解できた。PKの為ね…

・Anonymous(イタリア)
宇賀神がクリアに行くも、代わりにマリの選手をキック。PKをディアビが決めた

・Anonymous
あれは良いシュート。中村の読みは合ってたけどノーチャンスだね

・Anonymous(ポーランド)
日本の組織は完全にあかんね。宇賀神にはレッドカード2枚出すべきだし

・Anonymous
久保、大迫、宇佐美、森岡は確かにエリア内へ見事な飛び込みをして、何度か決定機を作ってた感じだけど、前半のマリくらいに高いラインにしてくるチームは日本のワールドカップの対戦相手にはいないから、あんな決定機は(本大会では)作れないぞ

・Anonymous(ポーランド)
日本は親善試合でマリに負けてるな。この相手にビビる要素ある?

・Anonymous(ウルグアイ)
日本はマリに負けてんのか。コロンビアの野郎どものワールドカップでのクジ運おかしいだろ

・Anonymous(セネガル)
日本は仮想セネガルとしてマリと試合してるのかな?

・Anonymous(セネガル)
日本はベストメンバーじゃないし、先制されてるけど、試合は優勢にすすめてるよ

・Anonymous(セネガル)
確かに。特にフィジカル面ではマリが上回ってるけど、日本がボールを持って、面白い状況を作り出せてるね

・Anonymous(スペイン)
日本はグループステージ突破できないな
ハリル首で

・Anonymous(イギリス)
日本は未だにまともなフィニッシャーを欠いてる。チャンス作る選手は多いんだから、とにかく本田を前線に貼り付けとけよ

・Anonymous(ポーランド)
後半はかなり平凡な試合だ

・Anonymous(ブラジル)
日本がここ一年勝ちがないマリに負けてる ワールドカップでどうなるか想像してみ

・Anonymous(イタリア)
日本は後半に一回でもチャンス作れた?
既に状況は悪かったけど、これはただ事じゃないよ
アイデアなし。リードされたら、マジで追いつくのが難しくなる

・Anonymous(スイス)
この酷い試合を見にベルギーまで行った親友が気の毒になる。帰り気をつけてね

・Anonymous
決めるに値するだけのプレーをした中島のゴール。攻撃をセットアップして、そしてフィニッシュしにいった

・Anonymous(イタリア)
中島がラストプレーで得点 三竿のアシスト よくやった!

・Anonymous(イタリア)
今日、唯一の収穫?中島翔哉は日本サッカーの神になる可能性
他のメンバーは…忘れてくれ。厳しいワールドカップになるぞ

・Anonymous(ナイジェリア)
中島翔哉は世界最高の選手だ

・Pedro Ponte(ポルトガル、Record紙記者)
中島が日本代表のデビュー戦でゴール。有望

・Anonymous(ポルティモネンセ)
中島が日本代表で初ゴール!ツバサ!

・Anonymous(スイス)
それまでは平気以下のパフォーマンスだったし、中島のゴールは彼にとってかなり大きかった。チームの何人かは代表レベルじゃない。ワールドカップのベストチームの選手に比べて遥かに下

・Anonymous(イギリス)
日本はマリ戦ツイてたね。あの監督の酷い戦術。ただボールを前に集めて、めちゃくちゃワイドにプレーして(相手に)スペースつくりすぎ

・Anonymous
日本にはフィニッシャーが要る。大迫は好きだけど、彼はセカンドストライカーであり、リンクマンでクリエイター。武藤はフィニッシャーだけど、ナシのつぶて。怪我なの?

・Anonymous(ブラジル)
後半49分に自身の美しい仕掛けから中島がゴールして引き分け。テスト含めたメンバーだったけど、日本はパッとしなくて、チャンスを作れなかった。本番まで課題があるな

・Anonymous
積極的にいって、遠くから撃つことを恐れず、何か起こしにいって、ラストプレーのゴール前シュートで報われた。ナイスプレーだった、翔哉

・Anonymous(スイス)
今日のマリ対日本の試合で鳩が一番の見せ場だと思ったのが俺だけじゃなくて嬉しい。22人の選手よりピッチをカバーしてたかも

日本代表激闘録 Number(ナンバー)948号
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク