本日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長がヴァヒド・ハリルホジッチ日本代表監督の解任を決めたことを発表しました。既に監督には直接伝えられているそうで、後任監督については午後4時の記者会見で発表されるとのこと。アジア地区予選を勝ち抜き本大会へのチケットを手にした代表ですが、ここのところ不調なパフォーマンスが続き、ロシアでのパフォーマンスが危ぶまれていた矢先の電撃的発表でした。

このニュースは昨晩遅くの各紙報道にあわせて直ぐに海外にも拡散され、特にハリルホジッチ監督と縁の深いフランス語圏で大きな反応がありました。監督はコートジボワール代表を率いていた際にもアフリカ最終予選突破を決めた後に解任されており、本番の数ヶ月前に代表チームから離れることになるのは二度目ということになります。
ヴァヒド・ハリルホジッチ監督解任

【ヴァヒド・ハリルホジッチはワールドカップ前に日本を離れる事になるのか?】レキップ
ヴァヒド・ハリルホジッチが日本のオフィスから退去させられる可能性がでてきた。
日本の多くのメディア報道によれば、ヴァヒド・ハリルホジッチが本日中に日本代表監督から解任させられる可能性があるという。JFAは月曜日に記者会見を予定しており、2015年より任につき、サムライブルーが2018年ワールドカップの予選を突破するまで率いてきたハリルホジッチの解任を発表するとのことだ。
この判断の裏には、ここ最近の日本代表の振るわない結果(マリと1-1と引き分け、ウクライナに1-2で敗れた)があったからなのだろうか?理由はまだ判明していない。

【日本がハリルホジッチ監督を解任】EUROSPORT
ワールドカップ本大会まで僅か二ヶ月となった中、ヴァヒド・ハリルホジッチを日本代表チームの監督の任から解いたと日本サッカー協会が発表した。
日本サッカー協会の田嶋幸三会長によればハリルホジッチは既に決断を知らされており、後任についてはこれから月曜の記者会見でアナウンスされるという。

【海外のサッカーファン】
・Anonymous(レキップ読者)
ヴァヒド監督、リールに戻ってきて!

・Anonymous(レキップ読者)
2部にか。あり得んと思うが

・Anonymous(レキップ読者)
つっても既に2部に来たことあるんで…正にリールにね!

・Anonymous(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
これが本当なら衝撃的だね。念のために言っておくと、ハリルホジッチにはコートジボワール時代にも同じような事が起きている

・Anonymous(イスラエル)
ハリルホジッチに関する盛り上がりは全然理解できなかった。リールで良いシーズンがあったけど、それだけ。日本は彼と袂を分かつ良い判断したよ

・Anonymous(アルジェリア)
ハリルホジッチは日本を離れるのか。アルジェリアは既に交渉してるのかな?

・Anonymous(アルジェリア)
やあ日本…俺らにハリルホジッチくれ…君らはワールドカップ予選を突破してんでしょ…俺らは突破しなきゃいけないんだ

・Anonymous(フランス)
明日ヴァヒド・ハリルホジッチが解任されるかもって!ワールドカップまで残り二ヶ月だし遅すぎるかもしれないけど、遂にか!日本はやっとサッカーをまたやれるようになるかも!

・Anonymous(イタリア)
素晴らしいな、そうじゃね?乏しい3年の後、ワールドカップまで残り2ヶ月となってJFAがハリルホジッチを解任
西野と森保は面白いかもしれないけど、これは本当に(協会の)酷いマネージメントだなぁ

・Anonymous(アルジェリア)
これが本当なら、またヴァヒド・ハリルホジッチが(本大会前の解任を)経験するのは悲しい運命だねぇ。三ヶ月前にgoal.com(フランス版)で日本をワールドカップで輝かせる為に如何に意気込んでるか語ってたのになぁ

・Anonymous(アルジェリア)
えーマジで?俺らの時は史上初めてベスト16入りの力になってくれてファンタスティックな監督だったのに。悲しい

・Anonymous
日本はビエルサを雇うべき

・Anonymous
ワロタ ビエルサはめっちゃ性急で激しいから。日本人は彼をどう思っていいか分かんないじゃないか

・Anonymous
最高にお似合い。それに日本はちょっとビエルサ以前のチリに似てる。プレーの独自性に欠ける背が低くて素早い選手達

・Anonymous(ドイツ)
ハリルホジッチの解任は遅すぎたと思う。でもワールドカップの2ヶ月前にっていうのもJFAの信じられない愚行だね

・Paul Williams(サッカー記者)
ハリルホジッチ解任の疑問点
○何故、今?最近の親善試合の結果やパフォーマンスのせい?
○ワールドカップがこれだけ迫る中、遂に彼らを突き動かしたものは何だったのか?何故、数ヶ月前ではなかったのか?
○誰が後任に?外国人監督が就くには間違いなく遅すぎる。手倉森は本当にマシなオプションといえるのか?

・Anonymous(イギリス)
これが本当ならJFAなさけねーな。守備的でつまらない監督を雇っといて、守備的なつまらんサッカーやることに文句はつけられんでしょ

・Anonymous(イギリス)
日本はここから何処へ行くのか

・Anonymous(オーストラリア)
好奇心から聞くけど、どうしてハリルホジッチは岡崎を評価してないのかね?彼の運動量からいったら、どの監督もファンになると思うけど

・Anonymous(ブラジル)
あら、ハリル辞めるの!?
遅いな、決断が

・Anonymous(チリ)
変化が必要なのには同意するけど、ワールドカップまで二ヶ月という状況だと馬鹿げた決断に思える。あるいは自分がかなりヴァヒド派なのか。でも欠けてるものがあるからって監督を解任して全て変えちゃうってのが正しいとは思えない…

・Anonymous(アメリカ)
うわぁ、大ニュースだね
これって本田が本大会のメンバー入りするチャンスにとって吉兆なのかな?パチューカへの移籍をあまり快く思ってなかったのってハリルホジッチでしょ?

・Anonymous(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
彼は本当に良い監督だと思ったんだけどな。アルジェリアで素晴らしい結果を残して
どこでかけちがったんだ?

・Anonymous(リバー・プレート)
かなり妥当な判断。最近の親善試合で日本はかなりしょぼいチームを相手に糞みたいなプレーしたからね

・Anonymous
ウクライナはまともな対戦相手だったでしょ

・Anonymous(イギリス)
最近のまずい結果だけが理由じゃないと思うな。俺の推測では香川や岡崎みたいなベテランより若手を使う彼にJFAは乗り気じゃなかったんじゃないか

・Anonymous(オーストラリア)
アジア最終予選の同グループの日本、サウジアラビア、オーストラリアの全監督が解任されるか辞任したねぇ

・Anonymous(インドネシア)
ワールドカップ開幕まで66日前に日本サッカー協会がヴァヒド・ハリルホジッチを解任。大一番がこれだけ差し迫った中でやったんだから、良いプランを持ってないとね



ブラジルW杯で1勝もあげられないままGL敗退した日本代表。

それまでザッケローニ監督のもとでアジアカップを制するなど結果を残してきた上での残念な結末に、日本サッカー界は決断を迫られる事になります。これまでのポリシーを引き続き貫いていくのか、あるいは方向転換をするのか。ここ最近の代表監督の招聘に関わってきた前技術委員長の霜田正浩氏は、(ザッケローニの後任には)更に自信を持てと励ます方向性での監督も考えたが、あえて『劇薬』となるような監督を選んだとインタビューで語っています。

「引き出しが沢山あるか」が監督候補リストアップのキーワードだったということから、それまでの運動量とパス回しに特徴があった単一系のスタイルから相手にあわせてシステムや戦術を変えて戦っていく可変型へ舵を切ったことになります。実際に2014年のブラジル大会でアルジェリア代表を率いていたハリルホジッチ監督は、対戦相手によってフォーメーションを細かにイジる可変型のサッカーでグループステージを勝ち抜いた実績を持っていました。

しかし、いざハリルホジッチ監督が日本代表の指揮をとってみると、ピッチ上で大きな疑問が浮かび上がってくるようになります。戦術やシステムを相手にあわせて変えるとはいっても、そもそもの日本のベースというものがどこにあったのか。

以前までは運動量と連動性で数的有利の場面を作って個の力をカバーしていたわけですが、ハリルホジッチ監督が要求するのは選手間の距離をとっての 『対人(デュエル)』での強さ。育成年代から培ってきた形から言ってみれば正反対の要求を突きつけられたわけですから、代表選手たちが世界水準の形でこれを実現することが如何に困難だったかは想像するに難しくありません。

相手が対策を講じてきた時の為に「引き出しを増やす」という手は筋が通っているように思えますが、そもそものベースをこれだけ劇的に変えるというのは明らかに無理があります。少なくとも一定期間の準備が必要なレベルの方向転換で、各年代のカリキュラムに相当手を加えた上で、適正のある選手を一定数育て上げなければとてもではないが実現できる話ではありません。これでは「引き出しを増やす」というよりも、「葛籠を箪笥に変える」というような話で、それを可能にするには素材となるに相応しい選手の育成が(現状の日本では)絶対に必要不可欠です。

では、これだけの劇薬を投じた技術委員達がそれを活かす為の準備を在任中にやってきたかと言えば、そんなことはなくて、それはアンダー世代のサッカーを見ても、協会が公開しているプログラムを見ても明らかな話。そもそもハリルホジッチを呼んだ当の本人が既に辞任しているというのだから話になりません。

そして、今度は本番2ヶ月前にハリルホジッチ監督を解任。アギーレ体制後に積み上げてきた年月を全てご破産にして、新監督の手腕にかけることになるわけですが、果たして次の監督にはどういったポリシーのもとで指揮をとらせることになるのでしょうか。

そもそも協会は日本サッカーが向かうべき先の確固たるビジョンを持っているのでしょうか?ここ何年もの間に打ってきた数々の手からは大局観がまるで見えてこないというのが正直なところです。場当たりに苦しい状況をしのいでいるだけでは、日本サッカーはいつまで経っても何処にも行き着けません。

午後4時からの会見では後任監督が誰になるのかよりも、先ずはどういったビジョンのもとに指導者を選んでいるのか(そして、それを実現する為にどういうステップを築いてきたのか)の説明を協会にはしてもらいたいものです。

・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク