連戦月間に突入し、各クラブが戦力をやりくりしつつ総力戦を行っているJリーグ。それまでの主力が離脱しても代わりとなる選手が出てきてパフォーマンスを保っているチームもあれば、エースの離脱で調子を大きく落としてしまったチームもあり、各クラブの層の厚さとマネジメント力が順位表にジリジリと反映されるようになってきました。

現在、首位を独走しているのはサンフレッチェ広島。ここまでの総失点は僅かに2とリーグでトップの堅守が光っているだけでなく、攻撃の面でも(ポゼッションは高くないながらも)しっかりとゴールを重ねる効率の良いサッカーで開幕から快進撃を続けています。シーズン前の予想とは異なる序盤の結果に、海外のファンは「Jリーグだから」とむしろ納得の様子。昨シーズンまでの強豪が一歩間違えれば低迷の憂き目にあい、昇格クラブが健闘することもあるジェットコースターぶりは、今シーズンも存分に発揮されているようです。

Jリーグ第9節は土日開催。ゴールデンウィークを前に早くも夏の陽気となり、連戦のケアのみならず、アップダウンの激しい気候への対処も必要となってきました。
今週のJ関連記事

【パトリックの2発で広島がJリーグでリードを広げる】NATIONAL POST
ブラジル人ストライカーのパトリックが全ゴールをあげ、サンフレッチェ広島がJリーグで2位との勝点差を7に広げた。
サンフレッチェが開幕8試合で無敗の流れを続けた一戦でパトリックは51分にヘッドで先制点をあげ、試合残り11分の場面ではリードを倍にするゴールもあげた。
他会場では興梠慎三が2ゴールをあげ、浦和レッズが清水エスパルスを2-1でくだした。
ジュビロ磐田はミッドフィルダー松浦拓弥の57分の決勝点でサガン鳥栖に1-0で勝利。
ヴィッセル神戸は2-1で横浜Fマリノスを倒している。
土曜、都倉賢の終盤のヘッド弾でコンサドーレ札幌が柏レイソルに2-1で勝利。
セレッソ大阪は74分に得点した高木俊幸の活躍により、ホームでFC東京に1-0。
中村慶太、翁長聖、中原彰吾が得点したV・ファーレン長崎は最下位のガンバ大阪に3-0で勝利し、降格圏から僅かに遠ざかった。
金崎夢生が2得点した鹿島アントラーズは名古屋グランパスを2-0でくだした。2位のベガルタ仙台と川崎フロンターレの試合はスコアレスドローに終わっている。

【オリヴェイラがJリーグの浦和レッズの監督として再び日本へ】FOX SPORTS
オズワルド・オリヴェイラがJリーグの浦和レッズの監督として再び日本へと帰ってきた。
67歳のブラジル人監督(2007年~2011年まで鹿島アントラーズを率いた)は浦和が柏レイソルと対戦する来週の水曜日から日本での第二期を始める事になるとレッズが公式サイトで発表。
これまでコリンチャンスやフラメンゴなど幾つものブラジルクラブで監督をしてきているオリヴェイラは、2007年からJリーグの一部でアントラーズを三連覇に導いた。
これまでJリーグの一部の試合で89勝、37敗、44分という成績である。

【Aリーグの成熟を待ち望むアンジェ・ポステコグルー】GOAL
「Jリーグは成熟してきていると思う。それが(Aリーグとの)差だ」とポステコグルーはOptus Sportに語った。
「確かにAリーグは順調なスタートを切ったが、その後は横ばいになり、それから少し回復した」
「でも、それら全てはある意味小さなヒットだったし、今のAリーグはリーグとして成熟するのを待っている段階だ」
(中略)
「1部があり、2部があり、3部があり、ここ(日本)におけるサッカーは成熟しだしていると思う」と彼。
「シーズン前にいくつかの2部と3部のチームを相手にプレーしたんだ。彼らにはちゃんと資金があり、しっかりと組織化されていて、トップリーグへ行くのだという野望を持っていた」
「オーストラリアの現状を思えば、選手の層だけでなく、選手に与えている経験でも…(日豪)両者の差はどんどんと広がっていくだろう」

【マーケティング目的の補強?ガンバ大阪がヤーゴ・ピカチュウの獲得を希望か】transfermarkt
これほどピタリとハマる噂と選手名があるだろうか。伝統ある日本のクラブ、ガンバ大阪がブラジル人右サイドバックのグライビソン・ヤーゴ・ソウザ・リスボア(ヤーゴ・ピカチュウ)の獲得に興味を持っているとの噂だ。「O Diario Carioca」紙が伝えている。
25歳の彼は今シーズンの終わりまでヴァスコ・ダ・ガマとの契約が残っており、近日中に日本の一部クラブからオファーがある可能性があると報道された。

【東南アジアサッカーと手と手を取りあっているJリーグ】FOX SPORTS
現在Jリーグで活躍中とタイトリオが成功しているが、こうした動きの背景にある広範な国際戦略とアジアサッカー全体のレベルをあげようと取り組んでいる日本サッカー界の仕事ぶりとモチベーションには、あまりスポットライトが当たっていない。
昨年プレーメーカーのチャナティプ・ソングラシンがコンサドーレ札幌で成功したことから、今年は代表のチームメイトであるテーラトン・ブンマタンとティーラシン・デーンダーが神戸と広島に移籍し、シーズンの序盤で3人全員が所属クラブで鍵となる貢献ぶりを見せている。
(中略)
今やタイでは一週間にJリーグの試合が4試合放送され、JリーグのFACEBOOKタイ語版は日本語版よりも人気となっており、この移籍によりタイで巻き起こった熱狂ぶりは確かに印象的なものとなっている。
これにより今後は他の東南アジアの選手(中でもインドネシアとベトナム)の競争への参画など、より多くの選手がJリーグにやってくる可能性を日本は期待できるだろう。

 

Jリーグ第9節

【広島がパトリックの今季6点目でリードを広げる】Tampa Bay Times
土曜、ブラジル人ストライカーのパトリックが今シーズン6点目をあげ、サンフレッチェ広島がサガン鳥栖を1-0でくだし、Jリーグでのリードを広げた。
87分のパトリックの17ヤードの距離からの右足弾で広島は今季の無敗記録を伸ばし、勝点は25となり、清水エスパルスに1-0と勝利したFC東京との差は9となっている。
他会場では、エドゥアルド・ネット、中村憲剛、大久保嘉人が後半に決め、ディフェンディングチャンピオンの川崎フロンターレが鹿島アントラーズを4-1と一蹴。
ドイツ人ストライカーのルーカス・ポドルスキは2ゴールをあげ、名古屋グランパス戦でヴィッセル神戸を3-0の勝利に導いた。
松浦拓弥、小川大貴、田口泰士が決めたジュビロ磐田はベガルタ仙台を3-0で倒した。
浦和レッズとコンサドーレ札幌の試合が0-0で終わった一方、ミロシュ・デゲネクの後半のゴールにより横浜Fマリノスは湘南ベルマーレ戦で4-4と引き分け勝点1を手にした。

【世界王者ポドルスキが神戸で2ゴール】Muenstersche Zeitung
前代表ストライカーのルーカス・ポドルスキが2ゴールをあげヴィッセル神戸を日本の1部リーグで7位に導いた。32歳の彼が所属するチームはホームで17位の名古屋グランパスに3-0で勝利。
韓国人選手チョン・ウヨンの先制ゴールの後で、ポドルスキは後半に2得点(51分、81分)。神戸は第9節を終えて4勝をあげている。首位のサンフレッチェ広島との差は勝点11。

【海外のサッカーファン】
・Anonymous(バイエルン)
ともかくライチュウくらい使えるでしょ
良いチョイスだ

・Anonymous(ポーランド)
プロフィールによれば攻撃的な選手みたい。ハルクとピカチュウの両サイドとか想像してみろし

・Anonymous(ドルトムント)
ピカチュウはマジで使えるようになるには進化するまでもないという
ってことで、俺も良いチョイスだと思うぞ!

・Anonymous(ハダースフィールド・タウン)
ピカチュウをマーケティング目的で獲りたいってこと?
でも、俺なら今直ぐこれよりもクラブに興味をひけそうな名前を806個は思いつけるはずなんだが

・Anonymous(セルティック)
日本の子供とかティーンとかヤングアダルトで構成されてるであるターゲットに君は入ってないと思われ
ピカチュウユニが欲しいと思うドイツ人は絶対に数人いるぞ

・Anonymous(ポーランド)
じゃあ806個あげてみなよ。日本では絶対にピカチュウって名前は興味ひけると思うぞ

・Anonymous(ケルン)
悪いアイデアじゃないね。彼の攻撃は雨の日や水に近いチームが相手だと効果はばつぐん!になるだろうし

・Anonymous(PSV)
ピカチュウの捕獲成功率を思えば、この噂が真実な可能性は約10%だな

・Anonymous(シャルケ)
悪いアイデアじゃないね
他にも狙える選手としては
デニス・パラス、オビディウ・ドードー、フランコ・アモローゾ
(訳注:アモローゾ=日本でのポケモン名はオムスター)
もっと一般的な名前でいくなら
ジョン・マンガがいる

・Anonymous
ガンバ大阪の強化部長が噂を否定したって

・Anonymous(オーストラリア)
ありえねー!Jリーグクラブなら絶対にマーケティングで当てられるのに

・Anonymous(アメリカ)
J2はイングランドの2部を彷彿とさせるな…

・Anonymous(オーストラリア)
なんて綺麗なヘッドだ

・Anonymous(アイルランド)
明日はここへ清水エスパルスの試合を見に行くんだ。待ちきれん。あと、この眺めを見てくれよ!
DbMUBKUVQAAQOuP

・Anonymous(オーストラリア)
マリノスが順位表で下から三番目ってのは何か奇妙だなぁ
すごく良いサッカーしてるのに。直ぐにでも結果でるといいんだけど

・Anonymous(オーストラリア)
サンフレッチェは100%アンジェの横浜Fマリノスより上の順位でフィニッシュするもんね
(#^ω^)
それにサンフレッチェは先週マリノスよりずっと魅力的なサッカーしてたぞ。マリノスはやばい状況だった

・Anonymous
残り時間少なくなってきたところで…エスパルス0-1FC東京。清水はミッチェル・デュークを投入。ゴール決めてくれデューク!

・Anonymous(ジュビロ磐田)
最高のゴールだ


・Anonymous(オーストラリア)
パトリックのラブリーなゴールでサンフレッチェがリードしたよ

・Anonymous(ドイツ)
>83分にパトリックが決勝点でサンフレッチェ1-0鳥栖
まじかぁ

・Anonymous
というほどでもない。この節で一番堅い試合だったかもね!首位チームがまた勝利。鳥栖はあまり良くなかった!

・Anonymous(イタリア)
サンフレッチェが独走で、J1がクレイジーなことに。9試合で勝点25。2017年に26試合で獲得した分の勝点を既に手にしてるという

・Anonymous(タイ)
おめでとう!サンフレッチェ
パトリック+ティーラシンはベストだね
ティーラシンのゴールは認められなかった。めっちゃ残念!
(´;ω;`)

・Anonymous
またもパトリックがゴール
またもサンフレッチェが勝利
またも1-0

・Anonymous(オーストラリア)
サンフレッチェが再び勝点3ゲット。マジで止まらないね。素晴らしい

・Anonymous
待ってくれ…Fマリノス対湘南の試合って、これまだ前半か?

・Anonymous(アメリカ)
一体なにが起きてやがんだ?

・Anonymous(オーストラリア)
これはバカ試合
湘南ベルマーレ戦で3-4。しかもまだ前半…!

・Anonymous(オーストラリア)
ヴィエイラが同点にした途端、キーパーが湘南へリードを返しちゃった。アンジェにとって頭痛の種になってるエリアだ

・Anonymous(イギリス)
横浜には色々あるけど、退屈って問題はないね。神奈川ダービーは湘南が4-3でリードという、日産スタジアムでとんでもない前半だった。ホームチームはウーゴ・ヴィエイラがハットトリックを決めて、一方アレン・ステバノヴィッチもベルマーレにハットトリックをもたらそうとしてた(一点目は明らかにオウンゴールだったけど)

・Anonymous(イタリア)
うわぁ、ウーゴ・ヴィエイラは正にJリーグが必要とする外国人選手かな
素晴らしいね:Jリーグ37試合で17ゴール、湘南戦でハットトリック

・Anonymous
Jリーグで最も点が入った試合は計12ゴール(セレッソ5-7レイソル、1998年)だけど。もしかして…?

・Anonymous(オーストラリア)
Fマリノス対湘南の前半でトイレに行った人は、最低でも1ゴールは見逃してるはず

・Anonymous
たった今見た前半をどう受け取っていいか分からん

・Anonymous
神奈川のサッカーはファアアアアアンタスティック
一方、サンガは

・Anonymous(川崎フロンターレ)
前半1-0だ この調子でいこう

・Anonymous(タイ)
がんばれ!コンサドーレ札幌

・Anonymous(コンサドーレ札幌)
前半は浦和が優勢だ。リードされなくてラッキーだった。この試合で勝ちたいなら、もっと上げていかないと!

・Anonymous(浦和レッズ)
かなりオープンな試合だけど、どっちのチームもエリア内に決定的なパスをあまり入れられてない。浦和はかなりコーナーあって、先制の可能性もあったけど、どっちのキーパーもしっかりおさえてた

・Anonymous(浦和レッズ)
さて、これまたトップクラスの試合:組長vsミシャ
前半は浦和が明らかにチャンスが多かった0-0という展開。どっちもしっかりプレーして、かなり良い試合になってる

・Anonymous(名古屋グランパス)
サポーターにプレーさせよ。俺らのほうがうまくやれる

・Anonymous(オーストラリア)
マリノスの2017年:攻撃もの足りず
マリノスの2018年:攻撃しすぎ
どうして欲しいんだっていうね ハハ

・Anonymous(ドイツ)
ルーカス・ポドルスキ決めた!キャプテンが自らヴィッセル神戸のリードを2に増やしたぞ

・Anonymous
アクション満載の神奈川ダービーは4-4で試合終了。前半には遠く及ばない後半、ミロシュ・デゲネクがホームチームに勝点1をもたらした

・Anonymous(コンサドーレ札幌)
今日は終盤のゴールなし!最近の結果からいって、かっとなっちゃいそうなところだけど、引き分けというのは強豪を相手にアウェーで素晴らしい結果だよ。無敗の流れが続いてる!

・Anonymous(浦和レッズ)
大体お互いに引っ張りあって引き分けたって試合。札幌はマジで良い攻撃の意志をだしてたし、浦和は後半そこに手を焼いてた。なんといっても、ひとまず大槻の最後の試合でもあったからね。大槻監督、お疲れ様です!

・Anonymous(浦和レッズ)
俺は違う見方だなぁ。
うちがかなり優勢で、ちょっとのツキがあれば勝ってしかるべきって試合だった。勿論、コンサドーレは弱い相手じゃないけど、うちは今シーズンのベストゲームをやってたと思うぞ…!

・Anonymous(スコットランド)
ここまでセレッソの全ミッドフィルダーはハマってない上に自分の能力以上のパスを通そうするっていう、例の定番のプレーしちゃってるね。現実的な練習に取り組みはじめる必要があるよ

・Anonymous(オーストラリア)
大阪ダービー白熱してて、ガンバはもう一方で2点リードってところだった!

・Anonymous(オーストラリア)
ミッチ・ランゲラクの名古屋グランパスがJリーグで苦戦中
今日はルーカス・ポドルスキに2点決められて3-0でやられた
素晴らしい雰囲気
見事なピッチ状態
AAMIパークくらいのスタジアムに18700人のファンが集まってた
良いクオリティのサッカーやってる
AリーグはJリーグを目標にすべき

・Anonymous(オーストラリア、セレッソ大阪)
ひでぇ。主審はPKでっち上げるし、どう見たってあからさまな肘打ちを見逃すしで。どういうわけかリーグ最下位のチームに負けるハメに

・Anonymous(ポルトガル)
大阪ダービー、最高に素晴らしい試合だった
アジアサッカーにはもっとこういう試合が必要

・Anonymous(マレーシア)
おめでとう!
ガンバがこういう強いチームを倒すところが見たいんだ!

・Anonymous(イギリス)
ガンバ大阪!!!やったぁ!!

・Anonymous(オーストラリア)
見事な勝利に見事なプレッシャーだった、今夜のガンバ。これが続くといいな!

・Anonymous(ニュージーランド)
ガンバの良い勝利だったね。これから何勝か続くといいんだけど

・Anonymous(ヴィッセル神戸)
間違いなく神戸の今季最高の試合。ポルディの2発、クリーンシート、これ以上なにを望むって話だ。神戸は徐々に良くなってる、スタメンもだんだんと見えてきたし。神戸が次の3試合を生き残れるか気になるところ。個人的には3試合で勝点5なら大満足だ

・Anonymous(インドネシア)
ガンバサポーターからインドネシアのサッカーファンにレッスンがあったね
クラブは第8節までで最下位というスランプ状態だったのに、ファンは混乱することなく心を込めたサポート
大阪ダービーでは「WeAreWithYou」のコレオを掲げ、ガンバはセレッソに勝利したよ

・Anonymous(インドネシア)
めっちゃスイートな話だね。サッカーのロマンスだ
(*´ω`*)

・Anonymous(スイス)
去年、グランパスはかなり守備が酷かったのに、攻撃の選手しか買わずに、まともなディフェンダーを買うのを忘れて、ベストの選手を失ってしまったね……かわいそうに名古屋

・Anonymous(名古屋グランパス、アルゼンチン)
スローガン(Go into Action)からいって、うちのサッカースタイルは攻撃に全力ってことみたいだ
対戦相手が自陣に入ってくる度に俺は泣いてるよ(ランゲラクも泣いてるかもね)

・Anonymous(FC東京)
予想通り、FC東京は第9節を終えて2位だ。城福浩のチームだけが上にいる

・Anonymous
V・ファーレン長崎ゴオオオオオオオオオオオル!!!FK巻いてきて、GK中村を抜くヘッドを叩きつけた。レイソル相手に1-0でリード

・Anonymous(インドネシア)
なんだか長崎がレイソル相手にリードしてるのが信じられん。これでどうして前節ガンバに3-0で勝てたか納得いく。J1での初シーズン、J2落ちになることはほぼなさそう


J LEAGUE SOCCER KING 砕かれたハリルホジッチ・プラン。
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク