目前に迫ったW杯ロシア大会へ向けて準備を進めている日本代表。5月31日には最終登録メンバー23名を発表し、その後チームは合宿地であるオーストリアへと渡り、本番へ向けた最終調整をしています。

6月19日の初戦(コロンビア)までは残り10日あまり。その間に日本は親善試合を2つこなしチーム作りを行う予定。6月8日に対戦する相手はFIFAランク6位のスイスです。

6月4日に行われたアウェーのスペイン戦は1-1と引き分け、今年に入ってから2勝1分と負け知らずで好調なスイス。元々、守備に定評があるチームですが、ここ2年はホーム戦で僅か2失点しかしておらず、ファイナルサードにおける仕事に課題がある日本としては、本番を前に良い形を作れるか連携をしっかりと確認しておきたいところ。

今回はW杯前のテストマッチ、スイス戦の海外反応をまとめてみました。

*この記事は追記済です
試合前記事

【スイス対日本 プレビュー】リーグレーン
スイスはロシア大会の初戦(ブラジル)を前に、最後の親善試合として同じくワールドカップへ意気込む日本と対戦する。スイス代表はここ数試合の内容からすれば大会へ調子を合わせてきたようである。日曜に行われた直前の試合では、欧州の強豪(スペイン)を相手にエスタディオ・デ・ラ・セラミカで1-1と引き分けた。スペイン代表のオドリオソラの先制点を打ち消す得点を決めたのは、スイス代表の左サイドバックのリカルド・ロドリゲスであった。
日本は正反対のムードで、この一戦へ臨むことになる。アジア地区ではどちらかと言えば成功を収め突破したものの、突如としてヴァヒド・ハリルホジッチから西野朗へと監督交代し、サムライブルーは激動期を送くることになった。新監督は水曜日に行われたホームでのガーナ戦に0-2と敗れ、デビュー戦を飾れなかった。

結果予想
週末の試合で、スペインのようなチームでさえもスイスを崩すのは簡単ではないと判明し、ヴラディミル・ペトコヴィッチ監督がチームの守備を誇りに思うのは、それだけの理由があるからだということが分かった。スイス代表はここ5試合で僅か1失点しかしておらず、不調チームを相手にしっかりと守備を締め続ける可能性が高いだろう。日本はガーナを相手にファイナルサードで何も見せられなかったが、だからこそスイスがクリーンシートでおさえると考えられる。


【スイス対日本 プレビュー】REAL SPORT
ロシアへと向かう前の2試合、その1つ目であるスイス戦でプレーする為に、日本代表は牧歌的なルガーノの街へとやって来た。
スイスにとっては17日に行われる大会優勝候補ブラジルとのワールドカップ初戦へと向けて、戦術、調子、フォーメーションを確認する最後の機会となる。

キーバドル:香川真司vsステファン・リヒトシュタイナー
両チームとも流動的なフォーメーションから攻撃を繰り出してくる。スイスはジェルダン・シャチリとシュテフェン・ツバーがサイドを交換してくる一方で、日本は本田と香川が同様にしてくるだろう。
両チームの創造性の多くを担うのがサイドの選手だ。日本はここのところゴール前で問題を抱えており、4試合で3ゴールしかあげていない(どのゴールもホーム戦)。
香川が直近のガーナ戦で45分しかプレーしておらずに、ややフレッシュな状態であり、日本が復調する為には彼のパスと視野が鍵となってくるだろう。

結果予想:スイス2-0日本
スイスのホームでの戦績は大変なものだ。ここ2年というもの自国の芝では僅か2失点しかしておらず、ハンガリーが5-2と敗れた試合で残念賞の2発を決めている。
一方、日本のアウェー戦績は酷いものだ。最後にアウェーで勝利した試合は2017年の3月まで遡ることになる。ほぼ一年もの間、アウェーゴールをあげていない。
サムライブルーにかかるプレッシャーは増しており、ロシアへ自信をつけて乗り込むには、この2試合でしっかりとしたパフォーマンスをする必要があるだろう。


【日本のドイツ組に注意!】Blick
金曜午後、スイスは不調の日本と対戦する。ビッグスターは香川真司。
日本代表の23選手の市場価値は7340万ユーロだ。我らがスイス代表のそれは2億1760万である。
ということは、コルナレドスタジアムでの一戦は楽勝なのだろうか? いや、そんなことは全くない! 日本代表は勇猛に戦う、とてもしっかりしたチームだと考えられており、数人のスター選手を抱えている。
例えば、左サイドバックの長友佑都は長年インテル・ミラノでプレーし、今はガラタサライでプレーしている。あるいは岡崎慎司はレスター・シティの英雄だ。
また、ブンデスリーガに所属する選手達。キャプテンの長谷部誠はフランクフルト。ドルトムントの旋風、香川真司。原口元気と宇佐美貴史は昇格したデュッセルドルフ。マインツの武藤嘉紀。ケルンの大迫勇也。ハンブルクの酒井高徳。
日本はワールドカップでコロンビア、セネガル、ポーランドと対戦する。金曜のスイスとの試合は、日本代表にとってもテストとなる一戦だ。


【スイス対日本 オッズ】
スイス1.60 引き分け3.71 日本5.96 (25社平均)

[参考オッズ]
日本2.86 引き分け3.17 ウクライナ2.49 (3月27日)
日本1.74 引き分け3.57 ガーナ4.76 (5月30日)


スイス 2-0 日本


【ワールドカップのテストマッチでスイスが悠々と日本に勝利】EUROSPORT(ポーランド版)
金曜、スイス代表がルガーノのコルナレドスタジアムで行われた試合で日本を2-0(1-0)でくだした。ワールドカップ本番を目前に、両チームにとって強敵を相手に出来をチェックする場となった。サムライブルーはグループステージでポーランドと同組となっている。

【ルガーノからポジティブな兆候:スイスが日本に勝利】Sportowe Fakty
日本は未だに不調。ワールドカップでポーランドと同組となったライバルを相手に、スイスが2-0で難なく勝利をおさめた。

【スイスが日本に勝利】LE FIGARO
今週金曜夜に行われた試合、スペインに善戦し引き分けた試合の後で、スイスが日本に楽勝した。先ずハーフタイム前にリカルド・ロドリゲスがPKから先制点をあげ、ハリス・セフェロヴィッチが83分に追加点をあげ、試合を更に決定的なものにした。

【ロドリゲスとセフェロヴィッチが寿司キッカーを倒す】Blick
ミッション達成。スイスがワールドカップ前の最後のテストマッチ日本戦で更に自信を積んだ。ロドリゲスのPKとジョーカーのセフェロヴィッチが寿司キッカーを倒した。最も大事な点:7010人の観客の前でプレーしたルガーノの一戦、けが人はでなかった。

【日本はワールドカップ前に顔を上げること叶わず】MARCA(コロンビア版)
日本はどうやらワールドカップに不調のまま突入する可能性が高そうだ。

【スタッツ】ESPN
ポゼッション:スイス(55%)日本(45%
シュートスイス(11、枠内2)、日本(9、枠内5
ファウル:スイス(15)日本(19
イエロー:スイス(1)日本(2
コーナー:スイス(3)日本(3
オフサイド:スイス(2)日本(1

【日本代表 今後の日程】
6月12日 パラグアイ (オーストリア、インスブルック 22:05)
6月19日 コロンビア (ロシア、サランスク 21:00)
6月24日 セネガル (ロシア、エカテリンブルク 24:00)
6月28日 ポーランド (ロシア、ボルゴグラード 23:00)

【海外のサッカーファン】
・Anonymous(スイス)
準備万端だ

・Anonymous(スイス)
ビュルキ、アカンジ対香川だな

・Anonymous(スイス)
俺らにとっては、かなり侮れない相手だ。勿論、ブンデスリーガで経験を積んだ選手が多数いてクオリティがあるけど、何といってもチームの姿勢がヤバい。日本はどんな時でも全力を尽くしてくることで有名。俺らにとっては、ワールドカップを逃すことになる怪我をしたい選手は誰もいなし、話が変わってくる。スペイン戦では負けたくないと意気込みが見られたけど、日本も絶対に侮れないよ

・Anonymous(スイス)
日本が侮れない相手?
んなわけない。アジアのチームを倒せないようじゃロシアで何もできないね

・Anonymous(スイス)
テストの時間は終わり。今回はベスメンで行くべき

・Anonymous
残念ながらスイスの3-1勝利と予想。試合には日本のユニを着ていくよ

・Anonymous(イングランド)
本田は中央に入るの?

・Anonymous(ブラジル)
右サイドバックをのぞいたら、これが西野の日本代表のベスメンかな

・Anonymous(イングランド)
スイスが良い立ち上がり

・Anonymous(スイス)
スイス代表サポの計画はうまくいったみたいだね。既に普段のテストマッチより「おもしろい」

・Anonymous(イングランド)
うーん…スイスのGKがはたいてPKに見えたけど。ボールにいかないで、大迫の顔にいってた!

・Anonymous(スイス)
ビュルキはPK取られなくてツイてたね。単純にストライカーに飛びかかってた

・Anonymous(イタリア)
日本は既に343のテストはやめて、よりシンプルな4411にしたみたいね

・Anonymous(バーゼル)
久保裕也が日本代表に入ってなくて驚いた。どうなってんの?

・Anonymous(ヤングボーイズ)
新監督が彼のファンじゃないんでしょ

・Anonymous(バーゼル)
変だな。ヘントで素晴らしいのに

・Anonymous(フランス)
大島がシュート打ったぞ!!

・Anonymous
大迫が6回くらい当たられてるな…って書いてる間に倒れて武藤と交代か

・Anonymous(ヤングボーイズ)
これは絶対PKじゃないな…

・Anonymous(バーゼル)
だね、ペナルティではない

・Anonymous(マンチェスター・ユナイテッド)
親善試合でPKもらうのに、どんだけ演技しなきゃいけないのか

・Anonymous(スイス)
少なくとも痛がって3回転はしなきゃいけないみたいね

・Anonymous(スイス)
エンボロはロシアでは誰も「ダイブ」する奴はいないって分かっとくべき。こういう場合はビデオ判定が認められるからね
「本物」のゴールを決めてくれ。誤審はあまり面白くない

・Anonymous(イタリア)
日本の退屈なパフォーマンス。4411は守備的だし、後半は343でビルドアップして
スイスの方がサムライブルーより効果的だね。1-0は妥当。更にエンボロがポストに当てたやつもあったし

・Anonymous(スイス)
うーん、ここまでスペイン戦と同じで、そこまでのパフォーマンスじゃないね。もらったPKでリード。アイスホッケーみたいにいくことを祈ろうか。準備ではそこまでじゃなくても、ワールドカップで良いパフォーマンスを

・Anonymous
日本の速攻で原口が完全にクロスを上げ残ったなぁ
(´・ω・`)

・Anonymous(ポーランド)
日本がスイスに負けてるけど、どこも良いところないな

・Anonymous(ポーランド)
現時点だとセネガルと日本が敗退すると思う

・Anonymous(ポーランド)
日本はどんな感じ?

・Anonymous
どっちもいまいちだけど、少なくとも日本は得点の匂いする

・Anonymous(ポーランド)
面白いね。親善試合にすぎないけど。前の試合では攻撃が足りない感じだった気がする

・Anonymous(アメリカ)
日本には良くなって欲しいな

・Anonymous(スイス)
もっとリスクをおかす勇気ないの?2トップにしたり?それともブラジル戦を想定した守備モードなのかな

・Anonymous(スイス)
誰も怪我しなくない。誰もプレーしたがってない。誰もこんな試合を見たくないっつの!

・Anonymous(スイス)
川島…目の前で起こったけど、あれは日本のGKの酷いプレーに見えたな

・Anonymous
スイス2-0日本 危険なゾーンにヘッドを落とされてゼロ距離からゴールだ

・Anonymous(スイス)
おっしゃあああああ
セフェロ…うん、まだボックス内で蹴れるんだってところを見せたな!

・Anonymous(イングランド)
守備では、この4バックシステムの方が日本は良い感じだけど、攻撃で何かが必要だね。個人的には本田は十分じゃないし(原口元気は大好きだけど)サイドの選手も同じだ

・Anonymous(イングランド)
最近の日本については悲観的に見てる感じしたけど、もっとそうなりそうだ
ブンデスリーガの2部でプレーしてるウインガーはサムライブルーのスタメンにすべきじゃない。原口と宇佐美は全然だし、チームに呼ばれてさいいないもっと良い選手がいるよ

・Anonymous(イングランド)
中島がいればな…

・Anonymous
日本は特にこれといって良くも悪くもなかった。審判がアホらしいPKでアドバンテージを与えたスイスも日本同様に平凡な出来にすぎなかったね

・Anonymous(フランス)
日本はガーナ戦よりも良いパフォーマンスしてた。でも、明らかにワールドカップでやるには不十分

・Anonymous(ポーランド)
スイスは不味い内容だったけど、日本は更に酷かった。PKの判定が試合を決めたね。西野朗になって未だにスムーズにプレーできないし、仕掛けが作れてない

・Anonymous(レキップ読者)
確かに素晴らしい試合ではなかったけど、それも理解できる。2週間もの集中的なトレーニングが終わるところで、大会の開幕まで1週間、選手はおさえてたね

footballista ロシアW杯蹴球読本
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク