代表ウィークが明けて、再び終盤の競り合いが始まったJリーグ。各ゾーンで勝ち点差が殆どなく、一つ手を打ち間違えれば引き離されかねないという状況の中、手に汗握る試合が毎節繰り広げられています。

前節は首位の川崎が鹿島との上位対決で引き分けたものの、2位広島が柏に敗れたことで、遂に川崎が勝ち点でも広島をリードすることになりました。柏はここのところオルンガが順調に得点を重ねており、海外でも活躍を伝える記事があがってきています。また、第29節のダービーには海外のファンから大きな反応が寄せられていました。今シーズンはやや大人し目だったガンバファンも、ダービーの勝利は嬉しかったようで、数々のコメントが。また、大勝した清水の一戦にも注目が集まっていたようです。ここのところ好調な横浜も話題となっているようで、特徴的なポステコグルーサッカーが形になりつつある中、ルヴァンカップでも決勝へと進出しています。

第30節は金土日開催。「柏対名古屋」「長崎対磐田」の残留争いをかけた直接対決をはじめ、要注目のカードが並んでいます。

また、ACLでは鹿島が奮闘中。今シーズンのグループステージを抜けた唯一の日本勢であり、厳しい日程の中で激闘を制して勝ち上がってきています。
J関連記事

【J1でプレーする有名スター選手5人】フォーフォーツー
日本の1部リーグであるJ1はアジアサッカー界で最も成功したリーグの一つだが、外国人スーパースターの欠如が欠点の一つであった。近年、Jリーグはワールドカップ優勝経験者3人を含む数人のスーパースター選手の登場により注目を集めている。日本の助っ人を代表するビッグネーム達を見てみましょう。
#5:ジョー(名古屋グランパス)
#4:ビクトル・イバルボ(サガン鳥栖)
#3:ルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸)
#2:フェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)
#1:アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸)

【フェルナンド・トーレスが粘土人形となってJリーグを宣伝】MUNDO DEPORTIVO
前アトレティコ・マドリー所属のフェルナンド・トーレスが今もってサッカーの世界的スターであることは明らかだ。スペイン人選手は今はサガン鳥栖でプレーしており、日本リーグの最大の看板の一人。トーレスははJリーグを促進するDAZNの宣伝を行っており、粘土人形にもなっている。
この宣伝では、選手は紙のボートにのって海を渡り、新たな挑戦を求め、日本で「サムライサッカー選手」と出会う。ユニークなリーグ宣伝方法である。

【アジアでの放映権料上昇を視野にいれるJリーグ】sportcal
日本の一部リーグであるJリーグは、メディア権利収入の上昇を目指し、「アジアのプレミアリーグ」となることを視野にいれている。

【菊池の鮮やかな一発が柏の観客を鎮める】Omnisport
水曜に行われたJリーグ・カップの一戦で、湘南ベルマーレの菊地俊介が鮮やかなゴールで盛り上がる柏レイソルの観客を鎮めた。


鹿島がACL決勝進出

【鹿島アントラーズがACL決勝に進出】The West Australian
Jリーグの鹿島アントラーズが水原三星ブルーウィングスと3-3で引き分け、2戦合計6-5としたことで、アジアチャンピオンズリーグの決勝進出を決めた。
ブラジル人ストライカーのセルジーニョが貴重なゴールをあげ、鹿島はカタールのアル・サッドを倒したイランのペルセポリスと決勝の2試合を戦うことになった。

【ACL2018:ファイナリストの鹿島アントラーズに関するポイント5つ】FOX SPORTS
#1:国内外における成功]
#2:名だたるOB選手達]
#3:小笠原満男]
クラブ一筋の選手は皆大好き。小笠原満男は正にそれ、いやそれ以上だ!
日本の盛岡産まれの小笠原は、1998年からアントラーズでプレーしている。39歳の彼は2006-07シーズンにメッシーナへとレンタルされた年をのぞけば、チームで毎シーズンプレーしている。
鹿島での20シーズン目を迎え、クラブのキャプテンは未だに健在。昨シーズンは34節中の17試合に出場し、これまでと同様にチームで重要な存在であることを証明してみせている。
39歳という年齢とあって、前日本代表の彼は現役世界最高齢選手の一人でもある。
#4:日本ブラジルコネクション]
日本とブラジルはサッカーを通じて固く結ばれている。両国は常にスポーツを愛してきており、その特徴はポップカルチャーからもうかがえる。さらに言えば、両国では沢山の「選手交流」が行われている。(中略)
アジアで最も成功をおさめているクラブである鹿島アントラーズは、日本とブラジルの関係を確立してきた先駆者であり、彼の国から何人もの監督を招聘している。また、前項で述べたように、何人かの有名ブラジル人選手(ジーコなど)が鹿島のユニフォームを着たことがある。
#5:キャプテン翼]


J1 第30節

【ポドルスキのヴィッセル神戸がまたも敗れる】WN
前サッカー世界王者であるルーカス・ポドルスキだが、日本のJリーグ所属のヴィッセル神戸で、さらなる敗戦をきっした。
神戸は一時的に1-3とリードを奪ったが、トップ集団にいる川崎フロンターレに土曜日の一線で5-3と敗れた。ポドルスキはフル出場を果たし、前半に2アシストをマーク。一方のスペインのスーパースターであるアンドレス・イニエスタも試合を通してピッチに立った。神戸は7戦未勝利となり、勝点37で順位表の中段下位に位置している。

【イニエスタが日本サッカーへの適応について語る】Devdiscourse
「僕の新シーズンのゴールはチームがチャンピオンレベルへと至るよう支えることですが、全てを変えることは難しく、適応の段階を経る必要がある」とイニエスタは日本のスポーツウェアブランドが主催したイベントで語った。(中略)
「現在、僕らは絶好調というわけではありませんが、良い時期が訪れるだろうと確信しています」

【ジョーがJリーグで勝利した試合後にファンに讃えられる】LANCE!
節を重ねる毎に、名古屋グランパスのファンがストライカーのジョーをどれだけ讃えているかが世界に伝えられてきている。今週金曜日、チームは柏レイソルに0-1と勝利。ファンは選手を絶賛した。

【第30節ベストイレブン】sofascore
ジェイ・ボスロイド 8.0
武藤雄樹 9.0
ルーカス・ポドルスキ 8.2
クリスティアーノ 8.1
家長昭博 8.5
エドゥアルド・ネット 7.9
大島僚太 8.4
ファン・ソッコ 7.7
丸山祐市 8.0
岩波拓也 8.0
ミチェル・ランゲラク 9.1



【海外のサッカーファン】
・Anonymous(インドネシア)
浦和対鹿島アントラーズの試合はビッグマッチになるだろうけど、アントラーズはACLの準決勝にも集中しないと

・Anonymous(ポーランド)
ああああ決まったあああ!!!!アントラーズがやってのけたぞ!!!

・Anonymous(イングランド)
鹿島アントラーズはめっちゃ強いチーム

・Anonymous(ノルウェー)
素晴らしい結果だし、ペルセポリスとの決勝が既に楽しみだ

・Anonymous(インドネシア)
がんばれ鹿島!

・Anonymous(イタリア)
さあ決勝だ

・Anonymous(イタリア)
なんというハラハラ…なんという逆襲劇!!!さあタイトルを手にしようぜ!がんばれアントラーズ!!

・Anonymous(タイ)
おめでとう鹿島。アジアの王者になれるよう祈ってるよ。これまで優勝してないけど、その時が来たんだ

・Anonymous
鹿島大好きだ!鹿島にACLタイトルを!

・Anonymous(ベトナム)
鹿島アントラーズがACL2018で優勝するよ

・Anonymous
鹿島の素晴らしいカムバック。惨敗の可能性もあったけど、やられなかったね

・Anonymous(インドネシア)
鹿島アントラーズは追い上げ王だ!

・Anonymous(鹿島アントラーズ)
決勝トーナメントに入ってから鹿島アントラーズはずっと第1戦ホームになってる。でもOKだ。うちがACLをとれると信じてる

・Anonymous(メキシコ)
清水エスパルス!!!!!メキシコから敬意を込めて

・Anonymous(オーストラリア)
横浜がリーグカップの決勝へ。アンジェは初シーズンでタイトル獲得のチャンスだね

・Anonymous(イギリス)
PK戦に勝利。湘南ベルマーレがカップ戦の決勝へ!
(訳注:ルヴァンカップ決勝に関しては数日後の記事で)

・Anonymous(フランス)
名古屋は悪い流れの後で一息つけて、柏はどんどんと心配な状況へ

・Anonymous(インドネシア)
フロンターレが連覇するね。サンフレッチェはどこかおかしい、シーズン序盤から引っ張ってたけど、シーズン終了前に落ちちゃった

・Anonymous(ベルギー、サンフレッチェ広島)
サンフレッチェファンとしては悲しい
(´・ω・`)

・Anonymous(マレーシア)
がんばれ柏レイソル!

・Anonymous(インドネシア)
トーレス最高だ

・Anonymous(アメリカ)
楽天は大枚はたいて、恥かいてるみたいだな

・Anonymous(ドイツ)
イニエスタにかけた金だけでも、どんだけ凄いチームを買えたんだか想像してみなって…でも一人じゃ良いチームにはならない

・Anonymous(マレーシア)
ヴィッセル神戸はどうしちゃったの?イニエスタが加入した時はACLへ向けて健闘してる感じだったのに

・Anonymous(名古屋グランパス)
もっと楽勝の展開にすべきところだったけど…勝ちは勝ちだ。次の試合に向かっていかないとね…ホーム戦が2試合。他会場の結果もグランパス寄りになって欲しいなぁ

・Anonymous(インドネシア)
武藤雄樹のはナイスシュートだね

・Anonymous(ドイツ)
もう既に伝説的ゴールになってると思う

・Anonymous(浦和レッズ)
浦和を止めることは出来なかったようだな
あと一歩でACL出場権だ!
がんばれレッズ、ACLのトロフィーを取り戻そうぜ!

・Anonymous
Jリーグがうちの時間帯で午前1時開始じゃなかったらよかったのにな、そしたら見られるのに
(´;ω;`)

・Anonymous(ブラジル)
Jリーグの試合チェックしたいんだけど、残念ながらめっちゃ遅い時間帯なんだよね

・Anonymous(FC東京)
負けた、けど意外にも3位に浮上!10試合で1勝、なのに3位という

・Anonymous
FC東京は今シーズン10敗してる…そして第30節を終えて3位という

・Anonymous(アイルランド)
武藤はくっそ圧巻だな。まじかよ、なんちゅうストライカーだよ。いやぁ、こりゃ卓越したパフォーマンスの集大成たる、ちょっとしたゴールだな

・Anonymous
仙台での試合一体どんだけヤバいの。両チームともとことんやり抜きたいようだな!

・Anonymous
清水対サンフレッチェ見てるよ。俺がJリーグに関して好きなことトップ5
1:審判へのリスペクト
2:演技なし。倒されても立ち上がる
3:試合毎に1万5千~2万人のファンが集まる
4:欧州のトッププレイヤー(ポドルスキ、イニエスタ、トーレス…)
5:質(素早いワンタッチプレー、ロングボールは最小限)

・Anonymous(ドイツ)
これが天王山だったね。こんだけ酷い内容だと、サンフレッチェ逆襲の目はないな

・Anonymous(清水エスパルス)
広島を倒せるって知ってた。グッジョブだ、オレンジっ子達!

・Anonymous(オーストラリア)
適当にJリーグの試合を見てみたけど、これまで見た中で最高の試合だった

・Anonymous(フランス)
サンフレッチェ厳しいな
勝ち点15のリードから追い抜かれるとか信じられん
ちゃんと正しい交代できてないしチームが疲れてるのか
あるいは対戦相手がサンフレッチェ攻略法を分かってたのか
どちらにしても、今の攻撃は0だ
殆ど脅威を与えられていない、前線でのアイデアを欠いてる

・Anonymous(浦和レッズ)
今節は勿論、うちの子の武藤がMVPだ

・Anonymous(ブラジル)
(MVPは)清武

・Anonymous(スペイン)
武藤

・Anonymous
宮本はガンバで何やってるんだろ。自信が低下して失点してたチームを任されてからさ。今日の試合では、気合が入ってる感じだったマリノスを相手に、ハーフタイムに変更を加えて逆転してた

・Anonymous(横浜Fマリノス)
確かに。戦術変更が大きかった。ガンバの交代が差になったね

・Anonymous
3月にガンバが等々力でフロンターレとやった試合を見に行って、ガンバのファンが試合後にブーイングして指笛ならしてた!
それからというもの、チームが一体どう対応するんだろうと思って、殆ど毎節ガンバを見るようになったよ

・Anonymous(ガンバ大阪)
ここ数年は好調じゃないけど、レヴィー・クルピから宮本になってから、かなり楽観的になってきた

・Anonymous(ガンバ大阪)
宮本の素晴らしいガンバ大阪が6連勝。先制されるもファンと小野瀬のゴールで逆転。ホームで最後に横浜Fマリノスに勝ったのは2014年の8月のことだ

・Anonymous(イングランド)
素晴らしい、川崎フロンターレのマジで素晴らしいパフォーマンス。後半は完璧で驚異的な出来。1-3でリードされるも、神戸を5-3で倒して、勝ち点4差の首位に

・Anonymous
Jリーグなんちゅう節だよ。エスパルスはサンフレッチェを倒してフロンターレを援護。サガンは2-3でベガルタに勝利。浦和はアントラーズのタイトルレース参加の望みを断ち切って、ガンバは5連勝。そして等々力の試合。マジで…すげぇ!

・Anonymous(イングランド)
清水はこれでACL出場権へ向けて七つ巴に。見事な好調ぶり

・Anonymous(名古屋グランパス)
(名古屋1-2北海道)ハロウィーンに最高のホラーショー

・Anonymous(名古屋グランパス)
ヴィッセル戦が突如として、より重要なものになっちゃったな

・Anonymous(コンサドーレ札幌)
でかい勝利!終盤ちょっとツキあったけど、ごく妥当な結果だ。ここ数週間、パフォーマンス通りの結果を得られてなかった。これでシーズンを力強くフィニッシュできる勢いがでるね。残り僅か4試合、3つはホーム戦。ACLへ向けてあげてこう

・Anonymous(フランス、コンサドーレ札幌)
信じらんねー。まだACL争いできてる。残りは4試合だけ。やれるぞ

・Anonymous(タイ、コンサドーレ札幌)
次も勝つぞー!!

・Anonymous(スイス)
Vファーレンは少なくとも1シーズンJ1に残るに値するのに。これだけ小さなクラブにしては、マジで頑張ってきてるし、サッカーやれてるのにな

・Anonymous
今節の鹿島アントラーズ戦を落としちゃったから、セレッソ大阪はACL出場権争いからほぼ脱落だ

・Anonymous(セレッソ大阪)
満男、昌子、クォンをのぞけば、今日のアントラーズは若手だけで構成されてたのに、それでも勝てるという。うちの守備は良かったけどね。でも後半の攻撃は前半ほどは良くなかった

・Anonymous(鹿島アントラーズ)
やったー、これでまたリーグ順位で3位に浮上だ

・Anonymous
中立ファンとしては、あるいは古橋亨梧がいる分だけちょっと神戸寄りのファンであっても、この川崎というチームは眼福ものだ

・Anonymous(コロンビア、川崎フロンターレ)
大島ああああ僚太あああああ ゴオオーーーーーール
Let's go Our Champions, let's go for more
愛してるぜ川崎フロンターレ!!

・Anonymous(フランス、川崎フロンターレ)
リョウタ・2018MVP・オオシマ

・Anonymous(ノルウェー)
川崎フロンターレの4点目は見事なチームゴールだねぇ

・Anonymous(スペイン)
ゴ ラ ッ ソ

・Anonymous
うわぁ…川崎の4点目は今シーズンを通して俺が見た中で最高のゴールかもしれない
圧巻のボール回しゴールだ

・Anonymous(イングランド)
大島のゴールは殆どアーセナル風だったし、Jリーグのタイトルレースにとって鍵となるものだったかも

・Anonymous(イングランド)
何本が驚異的なゴールがあって、このゲームには全てがつまってるけど、川崎の4点目は必見もの。あの動きに込められてたサッカーの質は本当に素晴らしかった

Anonymous(イタリア)
鬼木の川崎フロンターレは、風間の川崎フロンターレが成りたかった全ての要素を持ってるね。
4-3にした大島僚太のゴール、素晴らしいビルドアップだった

・Anonymous(タイ、川崎フロンターレ)
今めっちゃ嬉しい

・Anonymous(川崎フロンターレ)
サンフレッチェはかなり酷くやらかしちゃってるね。あの序盤の後で徐々に落ちるかとは思ってたけど、シーズンここまでいってからとは思ってなかった。
ていうか、最近うちは良いプレーしてるけど、ぶっちゃけタイトル争いって意味では広島と東京が転けただけじゃないか
安心するのはまだ早いけどね。2009、2013、2017、どれもシーズン最後の2節で決まってる

・Anonymous
城福浩の問題は素晴らしいプランAは持ってるけどB以降は物足りないってこと

・Anonymous
またフロンターレの優勝って言ってもいいのかな?ヴィッセル戦すばらしい試合だった。でも、シーズン終盤にサンフレッチェとFC東京がある意味で自滅したと言わざるを得ないな。特にサンフレッチェ。サンフレッチェがやらかしたけど、フロンターレも諦めなかった
がんばれフロンターレ!

 

スポンサーリンク