来年1月のアジアカップへ向けて準備を進めている日本代表。親善試合はここまで3戦3勝と好調で、先月には当時FIFAランク5位だったウルグアイとの乱打戦も4-3で制しています。新旧の戦力の融合を進めていく中、チームの戦い方をどう練り上げていくのか、またウルグアイ戦で出た守備の課題にどう対処していくのか、森保監督の手腕に注目が集まります。

11月の代表ウィークに招集されたメンバーは、10月からはマイナーチェンジがあっただけで、徐々に選考が進んでいることが伺えるものになっています。今回の2試合とトレーニングできっちりアピールして、アジアカップのチケットを掴むことになるのは、一体どの選手になるのでしょうか。

11月の親善試合の初戦で対するのはベネズエラ。今夏に行われたワールドカップの南米予選では最下位の10位だったものの、FIFAランクは29位につけており、9月の親善試合ではコロンビアと接戦を演じるなど、決して侮れない相手。ここまでの3度の対戦では、いずれも引き分けており(直近の3戦目はFIFAの判断で没収試合となり、2-2から3-0の日本勝利に記録変更された)、日本としては同カードでの初勝利をあげたいところです。

今回はアジアカップを目前に調整を進める日本代表の親善試合ベネズエラ戦に対する海外の反応をまとめてみました。
試合前記事

【日本対ベネズエラ マッチプレビュー】リーグレーン
金曜に大分銀行ドームで行われるベネズエラとの親善試合で、日本は見事な流れを維持しようとしている。サムライブルーはここのところ好調で、この試合に3連勝してのぞむことになる。今回のワールドカップロシア大会の結果から対戦相手が警戒していたにも関わらず3試合で10得点をあげている。
森保一監督は3試合の中でも南米の強豪であるウルグアイに4-3と勝利をおさめた試合を誇らしく思っていることだろう。森保の4-2-3-1フォーメーションにおけるプレーメーカーのポジションはザルツブルクの南野拓実に完璧にハマっているようだ。彼はウルグアイ戦で2得点し、またストライカーの大迫勇也もスコアシートに名を連ねている。
この試合でも全注目が南野に集まることになる。何と言ってもアタッカーの彼は、センセーションを巻き起こすパフォーマンスを見せた先週のELローゼンボリ戦(2-5と勝利)で、ハットトリックを成し遂げているからだ。
結果予想
ベネズエラは最近の親善試合では遥かに弱い対戦相手とプレーしている。一ヶ月前にはバスク州選抜に4-2と敗れたが、僅か数ヶ月後にはUAEに0-2と勝利して直ちに立て直した。
バルセロナで行われた一戦ではルイス・エンリケ・デル・ピノとアンドレス・フォンセが得点をあげた。今年最後の2試合である日本戦とイラン戦で、ラファエル・ドゥダメル監督はメインスター選手であるサロモン・ロンドンを再招集している。
ベネズエラとの試合にのぞむ日本の攻撃陣の好調ぶりを思えば、この試合を乱打戦と予想するだけの裏付けはあるだろう。

【日本対ベネズエラ 結果予想】FOOTBALL Expert
専門家の予想
日本はワールドカップ後の3試合で勝利し、合計10ゴールをあげており、ベネズエラ戦でも好調な流れを続けたいところだ。アウェーチームは南米の最弱チームのままであり、前回に日本がウルグアイに勝利していることを思えば、この試合で(ベネズエラが)何か成果をあげることは期待できないだろう。

【ベネズエラと対戦する日本代表とは】la voce d`italia
日本代表の森保一監督がベネズエラとキルギスタンとの親善試合にのぞむメンバーのリストを発表した。
招集されたメンバーの中では、サウサンプトンでプレーするベテランの吉田麻也(30歳)がサムライブルーの守備の中心選手として注目だ。
11月16日に行われる一戦は日本とベネズエラが対戦する4度目の公式戦となる。はじめての対戦は2010年2月2日に行われ(日本代表をイタリア人監督のアルベルト・ザッケローニが率い、一方のベネズエラはセサル・ファリアスが率いた)試合は0-0で引き分けた。2試合目は札幌で2012年8月15日に行われ、1-1となった(ベネズエラの得点はニコラス・フェドールがあげている)。
直近の3試合目は横浜で2014年9月9日に行われ、2-2だった。その後、サロモン・ロンドンを出場させたことで(直前の韓国戦で退場していた)FIFAはこの試合を日本の勝利としている。

【ラフェエル・ドゥダメル監督「日本戦が我々の成長の次の過程へとつながる」】VENEZUELA UNIDA
「相手の実力は分かっています。(それに応じたものが)求められていますし、我々の成長・進歩の次の過程へとつながるでしょう。素晴らしい試合をして、良い印象を残そうと、高いモチベーションを持ってきたことも、大いなる収穫につながると思っています」とドゥダメル監督。
足首の故障から復帰して、2018年の初招集を受けたヤンヘル・エレーラは、日本戦へのぞむチームの意気込みを語った。「ここへ来ることができて、ワールドカップ出場国との大一番をやれるということで、とても嬉しいです。ハイレベルな試合になるでしょう。ベネズエラ代表の成長ぶりを見せる為の、僕らにとって素晴らしいテストになると思います」


【日本対ベネズエラ オッズ】
日本1.58 引き分け3.95 ベネズエラ5.42 (23社平均)
[参考オッズ]
日本1.63 引き分け3.57 コスタリカ5.60 (2018年9月11日)
日本1.33 引き分け4.71 パナマ9.54 (2018年10月12日)
日本2.64 引き分け3.17 ウルグアイ2.68 (2018年10月16日)


日本 1-1 ベネズエラ


【中島が引き分けた一戦でアシスト】
MAIS FUTEBOL
日本が金曜に行われた親善試合でベネズエラと引き分けた。
日本はポルティモネンセ所属の中島のアシストから、酒井がゴールして(40分)、ハーフタイムをリードして迎えた。残り10分の場面でトマス・リンコンがPKから決め、ベネズエラを敗戦から救った。
中島はスタメン出場し、69分までプレーした。

【日本とベネズエラが親善試合で引き分ける】terra
前半、試合は両チームとも創造性が足りず、ファウルが多かったことで、かなり途切れがちな展開となった。40分に中島翔哉がボールをボックス内へと入れて、酒井宏樹が右足であわせて、日本代表が先制した。
後半もチャンスは少なくシナリオは同じようなものに。後半20分をまわったところで、両監督は新オプションを試す為に多くのカードを切り、試合はあまり機能しない展開となった。後半36分、今度はベネズエラがセットプレーから決める番となった。日本のゴールを決めた酒井がPKを与え、トマス・リンコンが同点弾を決めた。

【日本の連勝が途絶える:日本1-1ベネズエラ】DIE WELT
ワールドカップロシア大会後の日本の連勝記録が途絶えた。森保一が率いるチームは金曜のベネズエラとの親善試合に3連勝の流れで挑んだが1-1に終わった。以前ブンデスリーガでプレーしたオリンピック・マルセイユの酒井宏樹が日本に先制点をもたらすが、トリノでプレーする前HSV所属のトマス・リンコンが終盤にPKで同点とした。

【酒井宏樹が遂に日本代表で得点】レキップ
オリンピック・マルセイユの右サイドバックが日本対ベネズエラの親善試合で代表初ゴールをあげた。
酒井宏樹は日本代表の初ゴールまで48試合を待つことになった。オリンピック・マルセイユの右サイドバックは金曜に行われたベネズエラとサムライブルーの親善試合でネットを揺さぶった。40分に先制ゴールをマーク。トマス・リンコンが81分に同点ゴールを決めている。

【海外のサッカーファン】
・Anonymous(香港、横浜Fマリノス)
山中あああああ(^q^)

・Anonymous(スペイン)
優磨ああああああ

・Anonymous(インドネシア、鹿島アントラーズ)
今夜のベネズエラ戦は鈴木優磨の代表デビューになるはずだったのに、残念ながら怪我してしまった

・Anonymous(スペイン)
乾を招集しない理由はなに?ベティスであまりプレーしてないから?代表の世代交代?年齢?世界で最高の選手の一人なのに

・Anonymous(スペイン)
分からない、それについては何も言われてないし。テクニカル面での判断じゃないかな。変な話だけど、それが理由じゃないかと思ってる

・Anonymous(バングラデシュ)
今日、日本はまたも南米の国ベネズエラと対戦するね。個人的には必見の試合。伸びてきてる日本サッカー大好きだ

・Anonymous(フランス)
ラテンアメリカの国を相手に6連勝めざせ!
パラグアイ、コロンビア、コスタリカ、パナマ、ウルグアイが日本を倒せなかったわけだし、ベネズエラも無理だね!
あと、夏に故障した昌子が代表のユニフォームを着てるところをみるのが待ちきれない

・Anonymous(フランス、鹿島アントラーズ)
大分で一時間後キックオフだ

・Anonymous
渋滞でチームがスタジアムに到着してないから、まだ日本代表の先発メンバーが発表されてない!!

・Anonymous
ラグビーワールドカップ2019への大きな課題だね
大分では準々決勝の2試合を含む5試合をやる

・Anonymous(イタリア)
中盤は全然変えないね。GKのシュミットは気になる

・Anonymous(スペイン)
シュミットがGKで、他はキャップ持ちの選手だね。佐々木が左サイドバックにはいって、冨安が吉田と組んで、中盤からフォワードは皆スタメンの選手だ。明らかに4-2-3-1

・Anonymous(ベネズエラ)
シュミット・ダニエルは日本代表デビュー。アメリカ生まれで、今はベガルタ仙台でGKやってる。どんなプレーするか気になるね

・Anonymous
GKに東口で、長友を左に入れて、冨安の代わりに三浦の可能性あり。これが1月のアジアカップのスターティングイレブンになるかも。中盤からフォワードにかけての組み立てはウルグアイ戦のままで

・Anonymous(ベネズエラ)
ベネズエラは日本戦、4-3-3か4-2-3-1かな?

・Anonymous
誕生日に日本の国歌と日本代表戦…最高のプレゼントだな♡♡

・Anonymous(インドネシア)
さあ、今日の試合を森保ジャパンがどうプレーするか。南米の強豪ウルグアイを倒してて実績よしだけど

・Anonymous(ベネズエラ)
開始4分でフェラーレシが既に3回も防いでる

・Anonymous
試合の序盤はベネズエラがかなり高い位置でプレスかけてきてるな

・Anonymous(ベネズエラ)
素晴らしいね。相手のこぼれ球を蹴り込んだロンドンのシュートを日本がライン際で防いだ。お見事

・Anonymous(ベネズエラ)
ベネズエラは後ろがしっかり止めてる。ミッドフィルダー3人のフォローが守備の基盤になってる。日本にスペースを与えてないね

・Anonymous(メキシコ)
今年はホームで、日本はパラグアイに4-2、コスタリカに3-0、パナマ3-0、ウルグアイに4-3…どうやらマジみたいだね。今日、ベネズエラに勝つ可能性もあるな

・Anonymous(スイス)
日本には左サイドに佐々木より良い選手いないのかな?

・Anonymous(イタリア)
勿論いるよ。でも何故が無視してる

・Anonymous(イタリア)
佐々木がやらかしてるね。冨安が良いカバーしててツイてたけど

・Anonymous(ベネズエラ)
ベネズエラは得点に値する展開。また惜しかった。日本でのベストゲームだね。かなりの決定機を作ってるけど、チャンスをふいにしてる

・Anonymous
中島、堂安、柴崎が中盤にいる、この日本代表の大ファンだ。かなりエネルギッシュ

・Anonymous
見事な落ち着いたパス回しから、堂安が器用にGKの上へチップ。僅かにポスト脇に逸れた!

・Anonymous(ベネズエラ)
30分まわって、日本が既に落ち着いてきた
ベネズエラは中盤で良いプレーしてる

・Anonymous(ベネズエラ)
日本がボール支配率58%だけど、ベネズエラの方が良い攻撃してると思うよ

・Anonymous(ベネズエラ)
またヒヤッとする場面:中島
ラファ・ロモが素早く対応して、前へ出て対処した。日本がベネズエラからリズム奪い返したね

・Anonymous
右サイドバックの酒井宏樹がFKでファーサイドからボレーで合わせた!1-0

・Anonymous(ベネズエラ)
酒井のゴール!ベネズエラはリスクをとってたけど、ついに日本がものにした。かなり互角の展開で1-0に。中島がまたも鍵となるプレーをしたね

・Anonymous(スイス)
酒井のゴーーーーーーーーール!!!!最高に素晴らしいボレー

・Anonymous(イタリア)
宏樹いいいいいいいい酒井!
中島翔哉のFKを右サイドバックの酒井がファーサイドから飛び出して合わせて決めた

・Anonymous(ベネズエラ)
ここ15分~20分は日本が優勢。ここで圧倒して決めたね。ベネズエラは個では勝ってるけど決定力がない

・Anonymous(ベネズエラ)
ベネズエラとは違って日本はつえーな

・Anonymous(ベネズエラ)
ベネズエラが優勢な時に欠けてた部分を日本は見せたね

・Anonymous(ベネズエラ)
前半はベネズエラ代表の良いパフォーマンスと展開だった。でも39分に酒井にボレーを決められちゃったね。後半に反撃しないと

・Anonymous(ベネズエラ)
日本がベネズエラにリードして前半終了。日本のアタッカーのスピードから、うちの守備はかなり押し下げられちゃって、別の手を打ってこられたなぁ
フリーキックでの守備の受け渡しの拙さをつかれたね

・Anonymous(マルセイユ)
酒井が日本代表で得点したぞ

・Anonymous(イタリア)
良い前半は1-0に。もっとリードできたかもしれないけど、後ろでちょっとバタついただけど、マジで良い日本のプレーが見れた
これで中島は中心選手になったね!

・Anonymous(アイルランド)
日本は試合をコントロールしてるけど、サイドにかなりスペースがあるから、ベネズエラが後半に何度かしかけてくるかもしれないね

・Anonymous(ベネズエラ)
この森保ジャパンは多彩なチームで点が取れるね。選手の連携力がかなりあって、互換性がある。いつも速攻よし遅攻を選択して、時間かけて相手ゴール前までもってく。素晴らしいね

・Anonymous
ベネズエラはいい場面もあったけど、流動性と戦術面で日本がかなり上だと思う。うちはアウトサイドからチャンスを作ってシュートを打つ展開に頼っちゃってる

・Anonymous
日本のファンはマジで代表の新しい応援歌が必要だな

・Anonymous
日本が走り回ってきてて、ベネズエラがちょっと荒れてきてる!そろそろイエローカードでるかな?

・Anonymous(ベネズエラ)
後半のベネズエラは日本のゴール前に行けてない。ボール回しができてないのが明らかだな

・Anonymous(ベネズエラ)
記憶にある日本との親善試合では、日本がいつも先制して、ベネズエラが追いついて引き分けてた気がする。今日も引き分けになるかな?

・Anonymous(ベネズエラ)
後半のベネズエラは日本陣内で3本つなぐことが出来てないね。さて、交代で変わるかどうか

・Anonymous(ベネズエラ)
日本が楽々とやってるな
でも誰も他の結果を予想してなかったと思う

・Anonymous
酒井がヒーローから悪役に転落…ベネズエラにPKがいって、日本1-1ベネズエラ

・Anonymous
日本の酷いファウル。普段はあれよりもっとスマートな対応するんだけどな

・Anonymous
日本がベスメンなら4-0にできてたかもしれないけど…これで控え選手が実力を発揮しなくちゃいけない展開になったね!

・Anonymous
杉本が堂安に代わって入ってきた時、イニエスタに代わって長沢が出てきた試合を思い出した。今シーズン、杉本は一体なにしたよ?

・Anonymous
吉田がヘッドで決めるもオフサイド

・Anonymous(ベネズエラ)
オフサイドで日本のゴール取り消しでベネズエラ助かった

・Anonymous(ベネズエラ)
ウルグアイに4-3で勝った後で、日本がベネズエラと1-1で引き分けに

・Anonymous(ベネズエラ)
試合終了。またも何もなかった試合。日本が完全に圧倒して、うちは明らかにプレーメーカーがいないね

・Anonymous(ベネズエラ)
ロンドンに2回チャンスがあって、ベネズエラが優勢なスタートを切ったものの、日本が盛り返して、リードを奪った。ホームチームは後半に更にチャンスを作ったけど、トマス・リンコンが81分にPKで代表初ゴールをあげて引き分けだ

・Anonymous
日本は楽勝できなくて落胆することに。不運、必死の守備、良いセーブで得点できず、ベネズエラがソフトなPK判定から追いついた

・Anonymous(イタリア)
後半は保守的にいきすぎて、妥当な引き分けという結果。メンバーを変えたことで、チームから予測不可能なプレーが失われた

・Anonymous
良かった選手:堂安、中島、原口、酒井(なんという見事なボレー)
悪かった選手:佐々木(かなり緩いパス、サイドで酷かった)、杉本(何のための起用?)、酒井(ベネズエラの16番になんという見事なボレー)

・Anonymous(ベネズエラ)
日本は3連勝の流れがストップ。今回は、これまでの相手よりも、日本をよく研究してきたチームと当たったね。日本は勝たなきゃいけない試合だったけど、チャンスをものにできなかった

・Anonymous(マルセイユ)
うちのサムライの申し分のないパフォーマンス!

・Anonymous(イタリア)
残り10分でPKで追いつかれたのは残念だね、楽に勝てた試合なのに!攻撃の4人はいつもこのメンバーでいくべき!アジアカップへ向けて、かなり良い感じだ

サッカークリニック ワールドサッカーダイジェスト
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク