来年1月に始まるアジアカップへ向けてチーム作りを進めている日本代表。ここまで4戦を3勝1分と好調で、中でも攻撃では毎試合チャンスを作ってものにしてきており、まだ(主にフィニッシュ面で)粗はあるものの、大迫、南野、中島、堂安といったメンバーを中心にゴールという結果をだしています。一方、連携や守備面ではまだ簡単なミスが出ることもあるようで、ここ数試合では自陣でプレッシャーを受けた際に崩れて失点につながった場面もあり、まだまだ本番へ向けてチーム作りに課題が残っているようです。

11月のインターナショナルウィーク、2戦目の相手はキルギス。FIFAランク90位の相手との一戦、オッズでは圧倒的な差がついています。アジアカップ直前の親善試合とあって、日本としてはしっかりと勝って勢いにのっておきたいところ。前日会見で森保監督はメンバーの大幅入れ替えを明言しており、各選手のアピールの場となる一方で、攻撃の連携とフィニッシュへの形作りもテストされることになりそうです。

今回は親善試合キルギス戦に対する海外の反応をまとめてみました。
試合前記事

【日本対キルギス マッチプレビュー】リーグレーン
金曜日、サムライブルーは大分でベネズエラと1-1と引き分けるにとどまり、連勝の流れを保つことは出来なかった。だが、アジアカップを前にキルギスのような相手とテストマッチを行うのは勝利の流れへと戻る良いチャンスとなるだろう。
インド、ミャンマー、マカオと予選グループで当たり2位となった結果、アウェーチームもまたアジアカップへと出場することになっている。親善試合でシリアとマレーシアに連勝しており、キルギスも強い自信をもって試合にのぞむことになるだろう。だが、大陸で最強の一角と対戦するとあって、キルギスの連勝が続くとみるのは、かなり難しいところだ。
対戦成績
両チームが対戦するのは初めてとなる。
結果予想
日本は乾貴士、香川真司、岡崎慎司、長友佑都といった重要な選手を何人か欠いているが、この一戦でキルギスに快勝するに充分な武器を備えているはずだ。そもそもサムライブルーが10月にパナマやウルグアイとの親善試合を連勝した際にも、これらの選手の殆どを森保一は招集していなかった。その2試合でチームは7得点をあげている。
南野拓実と大迫勇也はファイナルサードにおける日本の主力である。このコンビは一ヶ月前のウルグアイ戦でチームの4得点の内の3点をあげた。彼ら二人は金曜の試合に出場したが、ベネズエラと引き分けた試合で唯一のゴールを奪ったのは酒井宏樹である。
キルギス代表は国内リーグ所属の選手を中心に構成された地味なチームだ。彼らは強豪と対戦した時に大量失点する傾向にあり、だからこそ大迫や南野といった選手にとってはアジアカップを前に活躍する素晴らしいチャンスとなると思われる。この一戦、日本が3~4点をあげて難なく勝つはずだ。

【日本対キルギス マッチプレビュー】101GREATGOALS
夏にロシアで好印象を残した日本にとって、2019年は忙しい年となりそうだ。
1月にはアジアカップで5度目のタイトルを狙うべくUAEへと旅立つことになる。日本はグループステージでトルクメニスタン、ウズベキスタン、オマーンと対戦。
そして6月にはコパ・アメリカの招待国の一つとしてブラジルへと向かうことになる。
キルギスは独立国となってから初めてアジアカップの予選を突破した。中国、韓国、フィリピンと同組となり、グループステージを勝ち抜けるには奮闘せねばならない。
豊田スタジアムでの試合は日本の快勝となるはずだ。
結果予想
日本4-0キルギス

【アレクサンドル・クリスチニン監督、前日記者会見】FFKR
――日本サッカーについて知っていることは?
「今は21世紀なので、情報へのアクセスへの問題はありません。日本サッカーについて充分な情報がある。鹿島アントラーズはACLで優勝しました、おめでとうございます。そして日本代表は、アジアサッカーのリーダーの一角であり、このチームの能力については熟知しています。また、日本代表はワールドカップの常連でもある。情報は充分すぎるほどです。問題は、それをきちんと使えるかということ」
――明日の日本戦では、どういった試合を見せたいと思っていますか?
「明日の試合は日本のキルギスの両チームにとって、アジアカップへ備えたものとなるので、勿論、両監督にはそれぞれ狙いがあって、それをこなしにいくわけです。我々の明日の試合の狙いは、アジアカップにおけるゲームプランのおさらいをすることで、どのように機能するか、選手がどのように受け取っているかをチェックします」(中略)

【日本対キルギス オッズ】
日本1.04 引き分け12.93 キルギス34.03 (18社平均)
[参考オッズ]
日本1.63 引き分け3.57 コスタリカ5.60 (2018年9月11日)
日本1.33 引き分け4.71 パナマ9.54 (2018年10月12日)
日本2.64 引き分け3.17 ウルグアイ2.68 (2018年10月16日)
日本1.58 引き分け3.95 ベネズエラ5.42 (2018年11月16日)


日本 4-0 キルギス


【日本代表でジョーカー大迫がゴール】Mein Werder
キリンチャレンジカップが大迫勇也と日本代表が勝利を飾った。キルギスとの一戦で、小さな得点祭となり、ブレーメン所属の大迫も決めた。
不釣り合いな一戦、豊田スタジアムで日本代表は開始直後からペースを握った。開始僅か2分で横浜Fマリノス所属の山中亮輔がワールドカップ出場国に得点をもたらした。ホームチームが更に得点を重ねるのに時間かかからず。ハノーファーの原口元気がフリーキックをゴール隅に決めることに成功するも、キルギスのゴールキーパーの反応も良いものには見えないものだった(19分)。
この一戦では大迫勇也はベンチから試合を悠々と見守った。それも60分をまわったところまでで、ブレーメン所属の彼が投入される。大迫は72分に仕掛け、ボックス内の左サイドから見事な一発を突き刺して3-0とした。
そして、日本代表は直後にも得点。僅か60秒後に、今度は中島翔哉のゴールで沸かせた。ポルトガルリーグのポルティモネンセ所属の彼はは、ゴール前で見事なコンビネーションからシュートを放ち、締めくくりとなる4-0とするゴールをあげた。

【中島が日本代表でゴール】zerozero
ポルティモネンセの攻撃で決定力を見せている中島翔哉だが、日本が4-0でキルギスに勝利した一戦でゴールをあげた。

【アジアカップへのウォームアップ戦で日本がキルギスに快勝】EUROSPORT
ディフェンダーの山中亮輔がデビュー戦ゴールをあげ、火曜に豊田市で行われたキルギスに4-0と快勝、森保一が指揮をとってから5試合の無敗の流れを保った。
(中略)
ワールドカップ後の6月から指揮をとっている森保のもとで、中島は日本攻撃陣の鮮烈なパフォーマンスにおける最も印象的な選手となっている。

【代表戦に出場したハノーファー選手たち:原口はFKからゴール】ハノーファー公式
浅野拓磨は怪我によりハノーファーに残っているものの、同国人である原口はキリンチャレンジカップのぞむ日本代表でプレー。キルギスに4-0で勝利した一戦で、我らがミッドフィルダーは2-0とするゴールをフリーキックからあげ、72分までプレーした。

【マン・オブ・ザ・マッチ】GoalPoint.pt
20181120

【スタッツ】7MSPORT
ポゼッション:日本(73%)キルギス(27%)
シュート:日本(17)キルギス(2)
枠内シュート:日本(8)キルギス(0
ファウル:日本(12)キルギス(15
コーナー:日本(6)キルギス(1
オフサイド:日本(4)キルギス(0
イエローカード:日本(0)キルギス(2

【海外のサッカーファン】
・Anonymous
史上最強のチーム♡愛してるぜ、ブラジルより

・Anonymous(キルギス)
俺の予想 日本1-2キルギス

・Anonymous(キルギス)
7-0((((;゚Д゚))))

・Anonymous(キルギス)
日本戦の初勝利を待ってるぜ 幸運を!

・Anonymous(オーストラリア)
オーストラリア対レバノンの試合を別にしたら、日本対キルギスの試合もマジで気になるな。キルギスは好調だしアジアカップ出場国だけど、かなりの試練に直面することになる

・Anonymous
キルギスがFIFAランクで上昇してきてることに気付いたよ。キルギスのフットサルはかなり魅力的。屋外ではどんなもんか気になる

・Anonymous(オーストラリア)
9月にけっこう強いシリアを倒したところを見たよ。アウェーでの日本戦はマジな強化試合だけど、1月の大会を前に正に彼らに必要なものだよね

・Anonymous(スペイン)
代表ウィーク2戦目で日本はイレブンを総入れ替えしてきた。左で山中がデビュー、前線ではアジアカップのFW3人目の枠を争ってる杉本健勇と北川が並んでる。今日は4-4-2で、先日の4-2-3-1じゃないね。Bチームだ

・Anonymous
今日の日本は3軍を出してきたっぽい?アジアカップメンバー入りへ最後のチャンスだ

・Anonymous(イタリア)
まあ、今日はアジアカップへ向けてチャンスを多くの選手に与えようっていう選考なのは明らかだしね

・Anonymous(フランス)
日本のゴーーール!
山中亮輔が代表初ゴールをあげるまで殆ど時間かからなかった!横浜所属の彼にとって最高のスタートだね!

・Anonymous(イギリス)
日本のゴールだ!

・Anonymous(イギリス)
山中が決めた!!日本1-0

・Anonymous(オーストラリア)
山中亮輔がサムライブルーで決めたぞ

・Anonymous(フランス)
山中がサムライブルー初ゴールをあげるまで2分だった!

・Anonymous(イタリア)
デビュー戦でゴール!山中は今日という日を忘れないだろうね!

・Anonymous(イタリア)
山中ああああああああああ
ポストを舐めるような対角線への強烈なデビュー弾で、前半3分で既に日本がキルギスに1-0だ

・Anonymous
しかも、なんちゅうゴールだよ…

・Anonymous
あと彼はディフェンダーだよ。つっても横浜は点を取りによく前に出るチームだけど

・Anonymous(ブラジル)
初招集、初試合、初タッチ:ゴール
左サイドバックの山中が代表キャリアで順調なスタートを切って、日本がキルギス戦の2分に先制ゴール。北川のプレー、杉本のアシスト

・Anonymous(フランス)
酒井宏樹は先週の金曜に代表49試合目にして初ゴールをあげてた
山中亮輔がかかった時間は3分(^o^)

・Anonymous
原口がFKからニアポストへねじ込んで2-0!

・Anonymous(ノルウェー)
原口が2-0に。これは良い感じのゴール

・Anonymous(イラン)
いや、GKのミスでしょ

・Anonymous(キルギス)
このGK外して

・Anonymous(フランス)
原口がFKから楽に決めた。GKがやらかしたから、原口はこのゴールを祝いもしなかったw

・Anonymous(ハノーファー)
原口元気がサムライブルーでFKから決めたぞ!

・Anonymous
19分に日本が2点目だ!原口がFKをから決めたけど、相手のGKがほぼ間に合ってたところボールをこぼすという大失態

・Anonymous
山中のクロスは完璧だったけど大きなシュートミス。左サイドからのボレーは上に外れた…

・Anonymous(インドネシア)
今日は健勇がスタメン。彼も決められるといいな

・Anonymous
今日の伊東は腹ペコで既に2点分も食べてるな。これでお腹一杯になって、ボールをネットに入れだしてくれるといいんだが

・Anonymous(イタリア)
ここまで圧倒してる、少なくとも4-0にできてた。相手は弱小だけど、去年はハイチにアディショナルタイムに追いついて負けるところだったんだぞ

・Anonymous
今日は日本の控えのほうが相手より強いな

・Anonymous
先ず大迫が3-0として、それから南野と中島が入って、1分後には4-0にした!

・Anonymous(フランス)
なんなん!30秒で2点決まった!北川が密かにアシスト通して大迫がナイスゴール決めて、翔哉が4-0に

・Anonymous
翔哉がいつものように見せ場つくってる

・Anonymous
南野のタッチから堂安がアシストして、中島翔哉がゴール!
確かに相手は抵抗力なかったけど、めっちゃ良いプレーだね!

・Anonymous(フランス)
南野+堂安+中島+大迫は大好きだ

・Anonymous(ブラジル)
南野→堂安→中島→ゴール

・Anonymous(zerozero読者)
(中島は)素晴らしい選手。ポルトのBチームに一体いつまでいるんだ

・Anonymous(ポルトガル)
キルギスが相手?うん。
中島は18分間で1ゴールあげ、2本シュート打って、大きな決定機を作って、キーパス4本通して、ドリブル3回成功させて、3度ファウルもらったって?それも、うん。

・Anonymous(イタリア)
4-0で試合終了!中島は投入されると直ぐにチームを目覚めさせて、得点あげて、決まらなかったけど5点目へのチャンスを作った…プレー僅か20分でピッチでベストの選手

・Anonymous(キルギス)
アジアカップでやられるよりも、ここで選手をチェックしといた方がいいからね
全体的には選手にとっては良い経験になったし、コーチ陣にとっては選考の材料になった

・Anonymous(イタリア)
中島はマジで宝石だね!
得点あげて、翔哉よかったね。でも堂安のボールが素晴らしかった!

・Anonymous(フランス)
森保一の親善試合を振り返ると
5試合、4勝1分。15点4失点。そして、かなりしっかりと世代交代を進めた
アジアカップを前に青信号だ

・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク