何シーズンにも渡って喜怒哀楽を共にしてきたクラブであるドルトムントを離れることとなった香川。数々のオファーがあった中で次の所属先として選んだのは夢の地であるというスペインのサラゴサでした。これからはレアル・サラゴサでラ・リーガ1部昇格を目指し戦うことになります。

昨シーズン、サラゴサはスペインの2部で15位という順位で、降格した19位のチームとの勝ち点差は僅か6という厳しい成績でした。かつて有名選手を擁し1部で活躍した時代もあっただけに、ここのところ続いている長い2部生活と苦しいクラブの経営状況へ刺激を与える活躍を期待されての移籍。香川のサラゴサ入団は現地でも大きな衝撃として受け止められたようで、メディアとファンからの注目度はとても高いようです。

スペインリーグ2部、開幕戦でサラゴサがホームへ迎えるのはテネリフェ。かつて柴崎岳がプレーしたことで日本でも馴染みあるクラブですが、昨シーズンは2部で17位と苦しい成績に終わっています。今シーズンの躍進を狙うサラゴサとしては、ホームできっちりと勝ち点3をとっておきたい相手との一戦。チームに合流したばかりの香川ですが4-5-1のフォーメーションのトップ下に入ってスタメン出場となります。

香川は80分までプレー。まだコンディションが整っていないようで、主にデュエルでは体の重さを感じさせたものの、前半には決定機を作って創造性を発揮。サポーターの感想も全体的にポジティブなものとなっているようで、まだ適応の必要はあるとしつつも、これからの活躍に期待を寄せているようでした。
試合前記事

【ファンのハートを掴んだ香川「一部へ昇格する」】elPeriodico
何年もの間(おそらく2006年にパブロ・アイマールを獲得して以来だろうか)ファンの心をこれほどくすぐるサラゴサの補強はなかった。

【数字で見る香川の移籍】eldesmarque
香川真司の移籍で注目されている要素の一つが数字である。イングランドとドイツのサッカーで見事な記録を残した日本人選手が、深刻な経済的問題を抱えているラ・リーガ2部のクラブへ、何をもたらすことが出来るのか気になる人は多いだろう。
実際のところ、移籍を可能にした主な理由は、香川がスペインでサッカーをプレーすることに意欲的だったという点にある。サラゴサはミッドフィルダーである彼の子供時代のアイドルの一人であるアルゼンチン人選手のパブロ・アイマールが過去に所属したことがあるクラブだ。
それ故、香川真司は年俸を大きく(約40万ユーロと推定されるほど)下げることに同意した。ボルシア・ドルトムントからの移籍金がかからなかったこともクラブを助けた。どちらにおいても、レアル・サラゴサが昇進した場合は補償金が支払われることになっているという。(中略)
香川には金銭面では遥かに魅力的かつボルシア・ドルトムントでの年歩に近いオファーが10も届いていたというが、レアル・サラゴサへの移籍を選択した。

【香川が中心的役割とデビューへの意欲を語る】eldesmarque
香川真司が土曜日にレアル・サラゴサでデビューをはたす。大きなサプライズが起こらない限り、日本人ミッドフィルダーはテネリフェとのリーグ開幕戦に出場するだろう。一方、日本人選手は公式会見にあらわれサラゴサへの移籍の理由について語った。
「僕の夢はスペインリーグへ来ることでした。他国からのオファーもありましたが、ビクトル・フェルナンデス監督と話して、どうプレーして欲しいのか、クラブについてかなりの情報をくれました。監督は自信をしっかりつけさせてくれて、それがレアル・サラゴサへ来るのにとても大きかったですね」と香川。さらに「ここへ来られてとても嬉しいです。温かく迎えてくれましたし、ピッチを満喫したい。しっかりプレーする上で適応はとても大事なことです」


レアル・サラゴサ 2-0 テネリフェ


【香川がデビュー戦で輝く】eldesmarque
レアル・サラゴサがリーグの第1節のホーム戦でテネリフェに2-0と勝利した。ビクトル・フェルナンデスのチームは良いパフォーマンスを見せ、妥当な結果を手にした。だが、間違いなく試合のトピックの一つは香川のデビューだろう。レアル・サラゴサの「23」番がラ・ロマレーダスタジアムでデビューし、ヘッドラインを飾ってみせた。全てのスポットライトは日本人選手へと集まり、日本のスター選手に密着しようとプレスルームはアジアからの記者で満ちていた。
スタンドからは直ぐに反応があり、彼の名がスピーカーから響くやいなや、サポーターは温かく迎えていた。日本人選手は試合のパフォーマンスで直ぐに感謝の意を伝えてみせた。かなりのクオリティを持つ香川は、たちまちそのタッチ、ヒール、卓越したパスでそれを示してみせたのである。

【サラゴサが香川のリズムで舞う】BESOCCER
(前略)
この試合には議論の余地のない主人公がいた。彼は得点こそしなかったが、香川真司が試合でベストの選手の一人であった。彼がボールに触れる度に脅威を与えていた。

【主にレアル・サラゴサファン】
・Anonymous
ようこそ!うちが開いたお披露目会で寛いでくれてたらいいな
これだけの素晴らしいイベントを目にすることができた
とても楽しかったよ
健闘を祈ってる

・Anonymous
家をさがしてる間はうちへおいでよ
がんばれシンジ!!!

・Anonymous
今シーズンは俺らのものだ。サラゴサは何度だって復活する

・Anonymous
香川真司(スタメン)、相手守備はビビってんぞぉ

・Anonymous(テネリフェ)
香川があまりフィットしてないことを祈る

・Anonymous(ドルトムント)
シンジ!
スタメンだ!

・Anonymous
香川がクオリティを先ず示すのに3分かからなかった

・Anonymous
ボールが香川を経由する度にレアル・サラゴサは脅威を与えてる

・Anonymous
香川はテネリフェがボール持ってる時にいつもチームメイトにプレスを要求してる…皆が彼ほどの意欲を持ってくれてればなぁ!

・Anonymous
香川が一番の脅威だし一番プレスしてる。他は、見てる

・Anonymous
香川は実力あるね

・Anonymous
香川は個で実力発揮したけど、もっと良かったのはアルベルト・ソロだね。攻撃的で、ボール奪って、起点になってる

・Anonymous
香川は素晴らしいよ。ボール触る度に魔法を起こしてるし

・Anonymous
香川が一番試合を見れてる選手。格差がある。なんて選手だよ。だて、誰かついてける選手いるかな

・Anonymous
香川は本当にいいね。でも彼と共に昇格できる気がしない。他のポジションを補強する必要があるよ

・Anonymous
香川はアイマールも通った道の明かりを灯したね

・Anonymous
レアル・サラゴサのプレーぶりどうよ!!!守備とても良いけど、ゴールが足りてない。香川は圧巻だ!

・Anonymous
ルイス・スアレス素晴らしい。逆にドワミーナかなりあやしい。香川は輝き放ってる。かなりのクオリティある閃きだけど間欠的

・Anonymous
香川のレアル・サラゴサでの初試合。とても良かった。明らかにシュート足りてなかったけど、間違いなくかなりのセンセーションを巻き起こすよ

・Anonymous
うん、開幕戦が終わった。香川はとても良かったけど、適応をすます必要がある。でも10番としてのプレーと良いパスを見せたね

・Anonymous
リーグの明るい開幕となる素晴らしい勝利だった。香川は実力を発揮して、彼の足はかなりのクオリティを見せたけど、素晴らしいゴールをあげて見事なパフォーマンスをした疲れ知らずのルイス・スアレスに脱帽だね!!

・Anonymous
香川は何度か実力を発揮したけど、そこから消えてしまったね。適応するよ

・Anonymous
香川は素晴らしいクオリティをうかがわせたけど、2部はかなりのものを要求するリーグ。彼はやってくれると思う

・Anonymous
香川の良いデビューだった、まだ2部に適応する必要があるね

・Anonymous
香川はデビュー戦で良いスタートきったよ

・Anonymous
日本人選手はもっと試合に絡まないと。体力あった前半に彼がボールに触れる度に違いを見せてた

・Anonymous
ルイス・スアレスはサプライズ。ドワミーナはフィニッシュしきれず、香川は2部で最高の選手と期待されていた通りだった

・Anonymous
レアル・サラゴサが勝ったぞ!!!開幕戦で2-0の勝利。前半は緩かったけど、徐々に改善してった。ルイス・スアレスとジャヴィア・ロスがゴールを決めて、香川はクオリティを見せた。かなりの改善の余地があるけど、勝ち点3を手にするのはいつだっていいもんだ

・Anonymous
香川真司、あんたクラックだよ!!!がんばれサラゴサ!!!

・Anonymous(ドルトムント)
この選手が大好きだ。サラゴササポーターの皆、彼がいいプレーしたと思ってるのは分かるし、勿論そうだったけど、言わせてくれ…彼は遥かに良いプレーできる。完璧な選手だ。これからの数週間でそれを目にできるよ

サッカーキング ワールドサッカーダイジェスト
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク