ベルギーのシント・トロイデンで目覚ましい活躍を見せたことで一躍スターディフェンダーの一人となった冨安。所属するクラブではチームの躍進を支え、また日本代表選手としても異例の若さで守備ラインを任される存在として浮上し、昨シーズンは冨安が大きく羽ばたく一年となりました。

その冨安に対しては様々なクラブからオファーが送られていたようですが、この夏に移籍することになったのはイタリアのボローニャ。守備の組織に定評があるリーグでの研鑽を選択しました。近年のボローニャは2015-16シーズンにセリエAに復帰してから二桁順位が定位置となってしまっていますが、ここのところ数々の若手選手を獲得しており、フレッシュなチームで復活を期しているところです。

そのボローニャの今シーズンのリーグ開幕節の相手はエラス・ヴェローナ。アウェーとはいえ昇格組との一戦とあって、ボローニャとしては勝ち点3を取りたい試合となります。冨安はプレシーズンで起用されてきた右サイドバックの位置でスタメン出場。得意のセンターバックでのプレーでこそないものの、先ずは定位置獲得へ向けて、リーグ初戦でしっかりとアピールしたいところです。
試合前記事

【冨安「ボローニャのリーダーいけます」】Football ITALIA
冨安健洋はセリエAのサッカーに対するプレッシャーとボローニャが「楽しみ」と語り、「リーダーになりたい」と話した。
日本代表選手はベルギーのシント・トロイデンから移籍。新たなチームメイトとコミュニケーションをとれるようにと、イタリア語を直ぐに習得することを約束した。
「長友佑都さんがイタリアでプレーすることのプレッシャーの大変さについて教えてくれましたが、それだけサポーターが情熱的だということですし楽しみです」とセンターバックの彼は記者会見で語った。
「ここ数日というもの既に沢山の人が励ましの声を路上でかけてくれています。ここで長くプレーしたいと思っていますし、オファーを受けて直ぐに飛びつきました」
「セリエAには組織的な守備があって素晴らしいストライカーがいる。僕はサイドバックかセンターバックでプレーできますが、目標としてはどちらで出るにしても守備のリーダーとなることです」

【冨安の成長が続く】TBW
日本人選手はプレシーズンで良いパフォーマンスを見せている。
冨安をサプライズとするのは難しいだろう。日本人選手に対しては700万の投資がなされており、それは専門家が彼のパフォーマンスの中に資質を垣間見ていたという証拠だからだ。入団記者会見から、トミの決意と意欲は明らかだった。イタリア語で一言を語ったのは、小さな象徴的行為だったが、価値あるものだ。冨安は明るい謙虚な少年と言われているが、明らかな狙いを持っている。彼はプレーしたがっている。
代表とベルギーでは主にセンターバックとしてプレーしたが、カラブレージがレンタルへ出される可能性を考慮して、今では右サイドでプレーしている。日本人選手は期待に応えて、プレシーズンのアウグスブルク戦で良いパフォーマンスを見せ、ビジャレアル戦ではヘッドからボローニャでの初ゴールをあげた。


エラス・ヴェローナ 1-1 ボローニャ

【ミハイロビッチのベンチ復帰も及ばず:ボローニャが10人のヴェローナに1-1】EUROSPORT
予想外の開幕戦。77分間に渡って10人となった昇格組のヴェローナ相手にボローニャは1-1から勝ち越せず。ダヴィドヴィッチの退場はサンソーネのPKともなったが、ヴェローナはミゲル・ヴェローゾのフリーキックから同点とした。後半、ボローニャは何かを生み出そうとしたものの、3人のストライカーを並べたがエリアに入れず。

【スタッツ】whoscored、sofascore
フル出場、キーパス:1、タックル3:、パス成功(精度):80(89%)、ボールタッチ:116(チームトップ)、デュエル:7(5勝)

【ボローニャ採点:オルソリーニ狙う、サプライズ冨安】TUTTOmercato
冨安:6.5 本当に良かった、日本人選手の完璧なデビュー。フィジカルで強く、良いテクニックを持っている。しっかりと守り、ウイングに入った時は脅威となっていた

【ヴェローナ対ボローニャ採点:ベストは冨安】il PALLONE GONFIATO
冨安:6.5 日本人選手は熱意を持って整然とプレーしたプレシーズンの印象を裏付けた。敵陣で見事で、慎重にカバーに入った。守備の4人でベストだった

【採点】
[whoscored] 6.93(チームトップ)
[sofascore] 7.3

【主にボローニャファン】
・Anonymous
いいキャラクターしてるね。彼が素晴らしい選手でもあることを祈ろうか

・Anonymous
遂にうちは素晴らしい右サイドバックを手に入れたな
良い選手だ

・Anonymous
右サイドは日本人選手で解決したけど、エムバイェと左のクレイチーはあまりピンとこない

・Anonymous
冨安がこの調子でいったら、エムバイェはもうピッチに立たんな

・Anonymous
900万ユーロした。これで何でか分かったな

・Anonymous
現状、とても嬉しいサプライズだね

・Anonymous
更に言うと、彼はボールの扱い方が分かってるから、エムバイェとは別格になってる

・Anonymous(フランス)
冨安のイタリアリーグデビューだ!

・Anonymous(イタリア)
ガンバッテ、冨安!

・Anonymous(イタリア)
アジアサッカーファンとしては、ベルギーで頭角を現した冨安はチェックしないとね

・Anonymous(イタリア)
普段は中央でやってる冨安のサイドバックは興味深いことになるな

・Anonymous(ドイツ)
冨安は意欲的で素晴らしいね!
コミュニケーションとって、ボール要求して、かなり動いてる
かなりワクワクするよ

・Anonymous
冨安さんの素晴らしいパフォーマンスを信頼してる!

・Anonymous
トミめっちゃええな

・Anonymous
冨安のセリエAデビュー戦にはマジで感心してる。確実にボールうけるし、素早いし、新たなリーグでめっちゃ余裕がある

・Anonymous
前半で好印象だったのは冨安。足元よし、個性、フィジカル、スピードがある

・Anonymous
それで専門的に言えば、彼の得意ポジションでさえないっていうね!ずっとセンターバックやってたし、この試合ではサイドバックだけど。良い足元してるし、遂に日本代表は素晴らしいセンターバックを見出したかもね

・Anonymous
負けてるみたいにイラつくんだが、ひでーな

・Anonymous
そりゃそうよ。11人対10人で勝てないんだから

・Anonymous
おまえら、かなり酷い試合だったなら。うちにはアイデアがない。シニシャには申し訳ない。このゴミ試合には相応しくない

・Anonymous
シニシャのためにも勝たなきゃだったのに くそー!!!!

・Anonymous
セリエA最弱チームを相手に11人対10人で勝ち点2を落とすというね…冨安は良かった、オルソリーニはひどかった、あとボローニャの攻撃全体もちょっとね

・Anonymous
ゴール前のミスが多くて、良い試合でも1-1の引き分けにしかならず。個人的なMVPは冨安

・Anonymous
でもサイドバックになりたいなら、クロス上げ始めるべきだよ…

・Anonymous
福岡でもシントトロイデンでも日本代表でもサイドバックやったことないもん。新しい役割に適応する時間をあげなよ。このポジションで公式戦2試合目だよ

・Anonymous
11人対10人だったら、もっとやらなきゃいけなかったよ。ワーストはオルソリーニ、ベストは日本人選手

・Anonymous
貢献してたの日本人選手だけ 他は全員あかん

・Anonymous
冨安よかったね、とてもエレガントだ、適性外のポジションであってもね…

・Anonymous
冨安がうちのベストプレイヤーだった

・Anonymous
素晴らしいね冨安


サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク