今シーズン、フランクフルトの中心選手として活躍している長谷部と鎌田。長谷部は定位置となったリベロのポジションで相変わらず最後尾の指揮官として奮闘しており、鎌田は何人もの中心選手が抜けた前線の穴を埋めるべく頑張っています。

今シーズンのブンデスリーガは強豪チームの調子が上がってきていないこともあって混戦模様で、試合によって波のあるフランクフルトも何とか首位と勝ち点2差の8位で食らいついています。前節、代表帰りだった鎌田は休みとなりましたが、長谷部はスタメン出場し、レヴァークーゼンに3-0と快勝した試合で貢献。リーグではここ4試合、負け無しの流れできています。

予選から勝ち上がってきたヨーロッパリーグでは、第1節のアーセナル戦をホームで0-3と完敗してしまいましたが、続くアウェーのギマランイス戦は0-1と競り勝ってみせました。続く第3節、フランクフルトはホームでベルギーのスタンダール・リエージュと対戦。決勝トーナメントへ進出するには上位2チームに入らなければなりませんが、同組にいるアーセナルの存在を思えば、ホームでのこの試合は勝たなければいけない一戦です。

長谷部と鎌田は揃ってスタメン出場となります。
試合前記事

【「とても嬉しかった」フランクフルトのジョーカー鎌田がブンデスリーガでの初ゴール関与を喜ぶ】FUSSBALL.news
鎌田大地が途中出場からフランクフルトを活気づけ、鋭いクロスからドルトムントのデラネイに2-2のオウンゴールを強いた。日本人選手は試合後も謙虚であった。
それは88分の場面のことだ。ボールが5メートルのスペースを前にしたボックス際の鎌田大地へと届いた。日本人選手は躊躇せず、鋭いボールを中へ入れたところ、トーマス・デラネイがオウンゴールし、フランクフルトとドルトムントの一戦は2-2に。フランクフルトと特にブンデスリーガで初アシストとなった鎌田は大歓喜した。23歳の彼は試合後、当サイトに「このアシストはとても嬉しかったです」と語った。
しかし、鎌田はスポットライトを浴びたくはないようで「ゴールに関与したかどうかではなく」全体的に「良いパフォーマンス」が出来たとし、だからこそ「勝ち点獲得に貢献できました」としていた。

【キープレイヤーの鎌田は大迫のようにプレーする】WESER KURIER
主力選手の多くが移籍したことで、アイントラハト・フランクフルトはいまだに検証期間にある。アディ・ヒュッター監督は新たなアイデアを植え付けようとしているものの、チームはまだ準備が出来ていないようだ。
(中略)
フランクフルトの3-4-1-2システムにおいて10番のポジションを固定したいヒュッター監督は、鎌田をほぼ完璧な選手と捉えている。鎌田はゲームを操り自由にやれるようにすべく、相手守備陣に対して見事にスペースへ入っていき、素晴らしいタイミングをみせている。接触プレーに強く、素早く相手ゴールへ迫っている。それに加えて、彼は必要とされる視野をもたらし、チームメイトを巧みに使い、時にパスを狙ってくるのだ。ブレーメンの大迫勇也に少し似ている。

【フランクフルトのアディ・ヒュッター監督「鎌田はとても意欲的だ」】HBVL
フランクフルトがレヴァークーゼンに3-0で勝利した金曜の一戦で、鎌田大地はベンチとなり、ドイツの記者団から質問があがった。日本人選手について、フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は「休ませた」と語った。
「レヴァークーゼン戦の2日前に、大地は代表チームで80分プレーしたので、休ませたよ」とヒュッター。「それに長旅をしたからね」


フランクフルト 2-1 スタンダール

2-0

【前シントトロイデンの鎌田がスタンダール相手に2アシスト。アマラーがゴールも手遅れ】HLN
スタンダールがヨーロッパリーグでまたも敗戦。前後半で、前シントトロイデンの鎌田が活躍し、フランクフルトが快勝した。

【フランクフルトがヨーロッパリーグで良い位置につける】ntv
鎌田大地のフリーキック、ダビド・アブラームのゴール。鎌田のコーナー、マルティン・ヒンターエッガーのゴール。そしてフランクフルトがヨーロッパリーグのスタンダール・リエージュ戦で勝利をあげた。ブンデスリーガのクラブはグループステージの折返し地点で決勝トーナメント進出を視野にとらえた。

【スタッツ】whoscored、sofascore
長谷部誠
フル出場、キーパス:1、タックル:、パス成功(精度):84(89.4%)、ボールタッチ:96、デュエル:2(1勝)
鎌田大地
87分までプレー出場、アシスト:2、キーパス:3、タックル:2、パス成功(精度):16(76.2%)、ボールタッチ:37、デュエル:16(8勝)

【採点】
[whoscored] 長谷部6.25 鎌田8.10(マン・オブ・ザ・マッチ)
[sofascore] 長谷部6.8 鎌田8.0(試合トップ)

【主にフランクフルトファン】
・Anonymous
鎌田からのなんてボールだ!

・Anonymous
鎌田 素晴らしいフリーキック

・Anonymous
鎌田を愛さずにはいられない!

・Anonymous
すげーな鎌田

・Anonymous(ベティス)
鎌田のフリーキックすばらしい

・Anonymous
鎌田のフリーキックはワサビが2倍だったな

・Anonymous
鎌田の一級品のフリーキック

・Anonymous(フランス)
鎌田のアシストだ 1点目

・Anonymous
コスティッチが一番アクティブ。鎌田も。でもガチノビッチのパフォーマンスは不満だなぁ、殆どいつものことのように

・Anonymous(スペイン)
鎌田大地、なんという当たりだ。今シーズンの掘り出し物だなぁ

・Anonymous
鎌田が遂に本物のスタンダールハンターに返り咲いた

・Anonymous
鎌田かなりやるねぇ

・Anonymous
鎌田のスコアポイント2つ目

・Anonymous
…あとは鎌田のゴールがあればチームにとって良いね

・Anonymous
またも鎌田大地の良いボールから、ヒンターエッガーが決めたね

・Anonymous
ハイライト場面:右サイドの鎌田とダ・コスタの活躍。ソウも後半すばらしかったね

・Anonymous
勝った!それだけが大事なこと。最終的にはかなりタフな相手に競り勝ったね!

・Anonymous
1試合で明らかなPKを2度見逃すとは。そんなんできる審判は多くないよ、すごいねぇ

・Anonymous
審判のせいで接戦になった。でも勝ちは勝ちだ

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘン)
ELの試合は毎節VARを恋しくさせるな

・Anonymous
今シーズン鎌田がうちにいてくれて嬉しいよ

・Anonymous
マジできつい試合。スタンダールの方が優勢だったと思う、殆どの面で
素晴らしいスタジアムの雰囲気だったね…
そして鎌田が見事だった…

・Anonymous(他サポ)
フランクフルトをリスペクトするよ。毎度夏になると今季のフランクフルトは厳しいだろうって目にする。そして毎シーズン、また皆を驚かせてくれる。勿論、まだ気が早いけど、また本当に良い感じになってるね、陣容の変更を余儀なくされたことを思えば。
お見事フランクフルト!

・Anonymous(バイエルン)
おめでとう。フランクフルトには良いシーズンを続けてって欲しいな。妥当な勝利だったよ!

・Anonymous
おめでとう。奮闘して、すごいサポーターだった。欧州でリーグを代表するにはこうでなくちゃ

・Anonymous(デュッセルドルフ)
おめでとうフランクフルト。いつものように凄いコレオ、見事なサポートだね…素晴らしい試合だった…すごく共感できるクラブだし、欧州でいい感じだね



・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク