来年夏に行われる東京五輪へ向けて強化を進めているU22日本代表。夏にはトゥーロン国際大会で準優勝し、先月には遠征でブラジル代表を倒すなど、ここのところ本番へ向けて勢いのあるパフォーマンスを見せています。

今回の代表ウィークでU22代表は海外組8名を含む「現時点でのベストメンバー」を招集。これまでA代表でプレーしていた堂安と久保も五輪チームへと合流し、いよいよチームの融合を図っていく段階へ突入してきました。しかし、中盤で存在感を放っていた田中碧など数選手が怪我のために不参加になっており、空いたポジションを誰がどのように埋めてアピールするのか、18の枠をかけたサバイバルが気になるところです。

11月14日にチームはサンフレッチェ広島と35分のトレーニングマッチを行いました。横内コーチは試合の中でメンバーを大きく入れ替えて、それぞれの状態をチェックしていたようです。後半には久保から上田へのパスで決定機を作る場面もありましたが、試合には1-0で敗戦。選手のコンディションにバラつきがあったようで、そこから数日間でどれくらい調整が進んだのかがコロンビア戦の鍵となりそうです。

東京五輪の男子サッカー競技では、日本(開催国)、ニュージーランド(オセアニア予選1位)、スペイン、ドイツ、ルーマニア、フランス(UEFA予選トップ4)と6チームの出場が既に決まっています。コロンビアの所属するCONMEBOLからはまだ出場国が決まっておらず、来年の1月~2月へかけてコロンビアで予選が行われる予定。予選のホスト国であるコロンビアは当然意気込み十分なようで、今回の遠征には海外でプレーする選手を8人招集しています。
試合前記事

【U23コロンビアが日本との親善試合へ向けてメンバーを発表】as
U23コロンビア代表は自国で開催される五輪予選でどこと対戦するのか既に分かっている。アルトゥーロ・レイエス率いるチームは東京五輪を目指し、チリ、エクアドル、ベネズエラ、アルゼンチンと戦わねばならない。
コロンビアは難しいグループへ入ったが、だからこそ目標へ向けて強化を始めなければならない。U23代表は11月17日に広島で日本と対戦する。

【アジアの強豪を新時代へ導く新星5選手】These Football Times
ラグビーワールドカップが開催され世界の視線が日本へ集まった中、サッカーが後部座席に追いやられたのは仕方ないことだ。しかし、ラ・リーガが久保建英が明示したスキルの向こう側で、日出る国は他にも数多くの傑出した新星を育ててきている。(中略)

久保建英(レアル・マドリー)]
クラブレベルでの彼の最新の挑戦の場はレアル・マジョルカとなっており、どんな予想よりも遥かに早く適応してみせ、予定よりも先にトップチームに割って入ってみせている。スペインの一部の評論家は、彼こそがマジョルカでベストの攻撃タレントであるとしている。ご想像のとおり、久保は既に日本のA代表のキャップを持っており、彼がサムライブルーを新時代へ導いてくれるのではないかと大いに期待されている。

安部裕葵(バルセロナB)]
サム・ロブソンの言葉を借りれば「久保をのぞけば、ここ5年の日本の若手の中で最もテクニック面で才能がある選手は安部かもしれない」とのことだ。事実、バルトメウは完全に競技面の理由で獲得した選手であって、バルセロナにとって重要な選手になる可能性があると語っている。

堂安律(PSV)]
彼のPSV移籍はそれほど驚くべきことではない(マンチェスター・シティ行きの噂もあった)。既にPSVでしっかりとしたスタートをきっており、記録的な補強となったブルーマの先を行ってみせている。監督のマルク・ファン・ボメルは、彼の技術面での能力を称賛し、イルビング・ロサノ移籍によって開いた穴を埋める彼の成長に興奮している。

冨安健洋(ボローニャ)]
久保、堂安、安部と日本の前線は将来有望な若手がおり、とても好調な様子であることから、足元のうまいディフェンダーである冨安健洋はチームに必要とされるボランスをもたらす存在だ。若者にハマりすぎないようにするのは難しいものだが、彼は本当に一流選手となれる存在だ。

斉藤光毅(横浜FC)]
光毅は素早く活きの良いフォワードで、彼もまた相手ディフェンダーを圧倒する魅惑の足で観客を魅了することが出来る選手だ。日本の新世代のスター選手達は足元の能力が抜群に高い傾向にある。彼は各世代の日本代表で輝きを放ち、インドネシアで行われたU19のAFC選手権で活躍し、グループステージでは3ゴールをあげた。その後、U20に飛び級で招集され、僅か17歳でチームの最年少選手となった。



日本 0-2 コロンビア


【U23コロンビア代表が後半に勢いを増し、日本に0-2で勝利】GOL CARACOL
日曜に行われた親善試合で、ルイス・サンドバルとフアン・ラミレスがゴールをあげた。アルトゥーロ・レイエスの良いリハーサル試合となった。
来年の1月18日から自国で開催される2020五輪の予選へ向けた一戦。後半に良いパフォーマンスを見せ、U23コロンビア代表が日本に勝利した。
コロンビア代表は印象を変え、より前からボールへ行き、ボールを奪ってみせた。ルイス・サンドバルとフアン・ラミレスのゴールは正にそういった形から生まれた。アルトゥーロ・レイエス監督のチームには他の決定機もあり、集団的かつ組織的にプレーした。

【海外のサッカーファン】
・Anonymous(フランス)
碧と駿汰は親戚?それとも単に同じ名字なのかな

・Anonymous(フランス)
親戚じゃないと思うよ。田中は間違いなく日本で最も一般的なファミリーネーム

・Anonymous
安部裕葵はどうだい?

・Anonymous(フランス)
(三好、久保、堂安)2020トリオ

・Anonymous(フランス)
一人分からん。久保と堂安と誰?

・Anonymous(フランス)
三好康児!U22日本の背番号10、川崎フロンターレ所属で、ベルギーで成長してる

・Anonymous(イタリア)
日本のU22は間違いなくクオリティある選手には不足してないな

・Anonymous(コロンビア)
この日本のU23は良いメンバー揃ってる
この親善試合でコロンビアの実力が分かるね

・Anonymous(コロンビア)
くっそ、久保がスタメンじゃん。もう負けた

・Anonymous(コロンビア)
代表のユニが批判されてるけど、日本のやつひでぇぞ

・Anonymous
確かに日本代表のユニフォームの方がコロンビアより酷い

・Anonymous
コロンビア対日本の試合で俺の心の慰めになる唯一のことが、日本のユニが酷いってこと!あのユニを見てると、コロンビアの新しい奴が美しく思えてきたぞ!

・Anonymous(コロンビア)
もしコロンビアの第2ユニがサポーターにとって醜悪に映るんであっても、日本のユニフォームの方が倍は醜悪!

・Anonymous(コロンビア)
堂安が相手でヴェラは楽じゃない

・Anonymous(コロンビア)
久保こわいな

・Anonymous(コロンビア)
監督の中盤の構成は好きだ。でもちょっとアンバランスかもしれないね

・Anonymous(コロンビア)
サンドバルが決定機はずした。なんというサプライズ…

・Anonymous(コロンビア)
日本はしっかり守ってて、楽に試合を進めてる

・Anonymous(コロンビア)
絶対あの日本のユニ欲しい

・Anonymous
この試合いいね🔥

・Anonymous(コロンビア)
ここまでチームで一番いい展開だ

・Anonymous(コロンビア)
おい審判!日本にもカード出せるでしょ、たのむわ

・Anonymous(コロンビア)
日本の中盤からボール奪って前へ展開してるけど、前の選手が狙ってなくて、エリア内への意欲がない

・Anonymous(コロンビア)
前半はディフェンダーのソラーノが一番安定してた

・Anonymous(コロンビア)
コロンビアいいねボール運べてる

・Anonymous(コロンビア)
前半コロンビアが優勢だ。中盤でハイプレスかけて、日本はボール運びに苦戦してる

・Anonymous
U23コロンビアがゴール。左からのボールのこぼれ球をエリアで拾ったサンドバルのシュートが日本のGKを抜けた

・Anonymous(コロンビア)
素早い展開
集団でいってクリエイティブなパフォーマンス
ハイプレスできてる

・Anonymous(コロンビア)
コロンビアの完璧なコレクティブなプレー。素晴らしい左のヴェラからラミレスに出して、これを決めた
日本0-2コロンビア

・Anonymous(コロンビア)
ラミレスが安定すれば、とんでもない選手になるな

・Anonymous(コロンビア)
こっちの代表の方がA代表を見てるより楽しい

・Anonymous(コロンビア)
ファインゴール。U23の素晴らしい後半だね。このチームはケイロスさんのA代表より良い選手がいるわ

・Anonymous(コロンビア)
レアル・マドリーのワンダーキッド久保建英は今日の試合で消されてる。クエスタとヴェラで何もやらせてない

・Anonymous(コロンビア)
カルロス・ケイロスよりアルトゥーロ・レイエスのコロンビア代表の方が伸びてるってのは驚異的
日本を相手に0-2にしてて、これまでの試合で見せたパフォーマンスより、かなり成長をしてる

・Anonymous(コロンビア)
今、日本と試合してるコロンビア代表はA代表より良いな

・Anonymous(コロンビア)
このU23代表の機動力と推進力は大好きだ

・Anonymous(コロンビア)
アルトゥーロ・レイエス率いる代表の素晴らしい試合だ。かなりの積極性で敵陣の高い位置からプレスかけにいってボールを奪って、それに加えてしっまりとリトリートもしてた。ベネデッティとアツエスタも良いボールまわし。2点目は華麗だったよ

・Anonymous(コロンビア)
ハイプレス、回してからの縦、全てがかなり組織的に行われた。これぞコロンビアの試合だ

サッカーダイジェスト サッカーキング
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク