アーセナルに加入後、好調なパフォーマンスを見せている冨安。移籍が決まったばかりの頃は能力を疑問視する声もありましたが、加入後すぐの試合で力強いプレーを続けざまに披露したことで、現在はメディアとファンの反応の流れが変わってきています。

冨安の能力で特に評価されているのはサイドでの守備能力と両足を使ったパスの展開力で、これまでチームに足りなかった最後のピースであるという声もあるようです。中でもデュエルの強さは際立っており、アーセナルの右サイドを起点に攻撃を展開しようという対戦相手の目論見を跳ね返す姿には喝采が送られていました。また、代表ウィーク期間中にはファン投票で9月のチーム最優秀選手に選出されています。

しかし、先日のブライトン戦では対面したククレジャの緩急自在のプレーと雨で濡れたピッチに手を焼き、何度か裏を取られるなど苦戦。代表ウィーク明けのクリスタル・パレス戦では疲労もうかがえ、ハードな日程をこなす中でコンディションを維持することの難しさもうかがえました。ファンの評価も試合をこなすにしたがって長所だけでなく短所もあわせた詳細なものになってきているようです。

プレミアリーグ第9節、アーセナルはホームでアストン・ビラと対戦。連敗中で流れの悪い相手との試合とあって、冨安がピッチに立つようになってから無敗のアーセナルとしては、きっちりと勝ち点3をとっておきたい試合となります。冨安は再び右サイドバックの位置に入って先発出場となります。
試合前記事

【冨安健洋とアーロン・ラムズデールのジャスチャーが示すアーセナルの復調ぶり】Mirror
ハリー・ケインのシュートをアーロン・ラムズデールがセーブし、そのリバウンドをトットナムの選手が拾う前に冨安健洋がクリアした場面は、アーセナルのファンにとって歓迎すべきものであった。
身を起こしたラムズデールが歩み寄って冨安とゴールを決めたかのように喜び合っていた姿は、間違いなく更なる名場面であった。これはミケル・アルテタが率いる現在のスター選手たちのチームスピリットを最も見事に表した瞬間といえる。
2019年12月からアーセナルで指揮を執るようになってからというもの、アルテタの最大の課題の一つは、自分の力を出しきれない選手を切ることにあった。メスト・エジル、ウィリアン、シュコドラン・ムスタフィといった選手たちは力を発揮できなかったために追放されている。
しかし、現在の監督はそういった問題は抱えていないようで、夏に獲得した6選手の内でラムズデールと冨安はエミレーツでの生活にすんなりと馴染んでみせている。
(中略)
今シーズンのアーセナルの開幕3試合は100年以上に渡るクラブの歴史で最も低調なものであったが、その後のリーグ3試合には楽観視する余地がある。
この復調(少なくともその理由の一つ)は冨安とラムズデールでチームを活性化したことによるものだ。
ラムズデールは練習場でチームメイトと雑談している姿がよく目撃されており、二人は既にロッカールームの人気者にもなっているという。

【「とんでもないね」イアン・ライトがアーセナルの冨安を「未だに好調」と語る】HITC
日本代表選手は移籍市場の最終日にアーセナルに加入したが、当時はチームの流れを変えるような選手とは思われていなかった。
実際、sky sportsのカベ・ソルヘコルはエージェントから冨安の能力を疑問視するメールが来たと話していたが、イアン・ライトは僅か3試合でソルヘコルの批判を完全に封じ込めたとしている。
ライトは冨安を絶賛。
「あれだね、とんでもないよ。冨安には大感謝している。カベ・ソルヘコルがやっていた番組を見たかい? うちが彼と契約した時には軽視していたが、冨安は未だにデュエルで負けていないし絶好調だ。私はその姿を見て、こう思っている、何か起きているぞと、何かが起こっているんだ」とライトは語っている。

【冨安が月間最優秀選手賞を受けてファンにメッセージを送る】DAILY CANNON
木曜日、アーセナルは最新の月間最優秀選手投票の結果を発表し、ファン投票で冨安健洋が圧勝した。
アーロン・ラムズデール、エミール・スミス・ロウ、ピエール=エメリク・オーバメヤンの3人を相手取ったにも関わらず、冨安は51%の票を得ている。
アーセナルに夏に加入した冨安健洋は自身のインスタグラムに「ありがとうございます」と投稿。「(この賞は)いつも応援してくれている皆さんのおかげです。これからもがんばります」
守備の選手が月間最優秀選手賞を受けたのは大きなサプライズではないだろう。9月にチームに加入した冨安だが、その間にアーセナルはクリーンシートを2度達成し、失点を僅か1に抑えている。
日本代表選手は特に空中戦で驚異的で、16回の内で14勝もしている。


アーセナル 3-1 アストン・ビラ


【アーセナルがアストン・ビラを撃破した一戦、アルテタ戦術の3つの成功と1つの失敗】DAILY STAR
金曜日の夜、アーセナルはエミレーツで圧倒的なパフォーマンスからアストン・ビラを軽々と撃破した。
アーセナルの選手はブロックから飛び出していき、大観衆の前で相手に一時も休む間を与えなかった。
(中略)
溢れ出る創造性
どのアーセナルの選手もピンポイントでパスを出し、視野も広く、波状攻撃を仕掛けていったが、ビラはそれに耐えられなかった。
ブカヨ・サカとエミール・スミス・ロウがウイングで活躍し、ベンチからはマルティン・ウーデゴールが登場してインパクトを残した。
サイドバックのヌーロ・タヴァレスと冨安健洋も素晴らしいオーバーラップをみせ、あとはもう少しの冷静さが必要だった。

【アーセナルのサイドバック陣がピッチ横断パスを出しあった場面】planet football
金曜日に行われたプレミアリーグの一戦でアーセナルがアストン・ビラに勝利したが、サイドバックの冨安健洋とヌノ・タヴァレスが互いにピッチ横断パスを出し合ったことほど、その優位性を示す場面はない。
(中略)
ビラ戦は両者が揃って先発する初めての機会となったが、しかし、二人は瞬く間に相手を翻弄してみせた。
タヴァレスはスペースにいるチームメイトを見つけ、エミレーツ・スタジアムを横切るパスを右足で放った。冨安はそのパスを受け、選択の余地がないと判断すると、右足で左サイドへボールを戻した。
アーセナルは3-1で勝利し、これでプレミアリーグでは6試合無敗。今シーズンのショッキングな立ち上がりも急速に忘れ去られつつある。

【スタッツ】whoscored、sofascore
フル出場、シュート:1(枠内0)、タックル:1、パス成功(精度):36(77%)、ボールタッチ:70、デュエル:7(3勝)

【採点】
[whoscored]6.62

[sofascore]6.5

[sun]6
日本の右サイドバックは守備でも活躍したが、攻撃でもさらなる見せ場をつくった。
右サイドでブカヨ・サカと上手く連携してみせた

[football london]6
日本代表選手はドリブルでゴール前に侵入しては、何をすればいいのか分からなくなっていたようで、前への飛び出しが苦手なことは明らかだった。だが、守備面では十分に堅かった

[evening standard]7
先日のクリスタル・パレス戦よりも遥かに良かった。守備もしっかりしており、時には前線に飛び出す場面も

【主にアーセナルファン】
・Anonymous
クラブ史上で最も好かれる選手の内の一人になるための要素を全て持ってるね

・Anonymous
冨安の素晴らしさはセンターバックとか右サイドバックとかいう単なるポジションがどこかって話を越えてる。究極のチームプレイヤーで、豊富なスキルを最も必要とされるポジションで活かすことが出来る選手

・Anonymous
身長1.88m、運動神経抜群、ユーティリティ性あり。即戦力で、プロとしての姿勢もあり。
将来性かなりのもんだ

・Anonymous
あと、俺が見た感じ、皆がプレー動画を見て感じてた彼の弱点の殆どは思ってたほど酷くなかった。前にでるのも上手いし、ボールも繋げる。先が楽しみな選手だね

・Anonymous
冨安の上がりに期待。馬鹿らしいプレーは一切しない選手

・Anonymous
冨安がハイプレスを繰り返し交わしてるの、すごく新鮮に感じるなぁ

・Anonymous
冨安かなり荒削りだけど、ポテンシャルは心躍るものがある

・Anonymous
冨安はアーセナルでかなりの戦力になってる。すごく落ち着いていて守備のビジョンを持ってる

・Anonymous
冨安はこのチームのライフライン

・Anonymous
冨安の足元の不器用さは一番の心配材料。
時間があればパスだすの上手いけど、プレッシャーがかかった時の足さばきはジャカみてぇだ

・Anonymous
冨安大好きだなぁ、めっちゃ堅い

・Anonymous
ようやく良い右サイドバックを手にして、とても嬉しいや。冨安の守備を見てると笑顔になるよ。やっとベジェリンとソアレスから解放された

・Anonymous
冨安は冷静だなぁ、最高の補強じゃん

・Anonymous
冨安の1対1の守備時の体の使い方は非の打ち所なし。でも、もっと攻撃力が要るね

・Anonymous
冨安はパスする時にルックアップしないと。今シーズン何度も理由もなしにボールロストしてる

・Anonymous
冨安まったくパスできねぇな

・Anonymous
冨安のパスは改善の余地あるね。誰もいないところに適当に出してる場面が多すぎ。簡単にポゼッションを渡しちゃってる

・Anonymous
冨安はかなり良い1対1のディフェンダー

・Anonymous
冨安は守備面ではマジでかなり堅い…

・Anonymous
冨安ひどいな。バーンリーやノリッジ相手に良いプレーしたっていうんで、ダニ・アウベスを手にしたと本気で思ってたのに

・Anonymous
冨安は良いプレーしてるよ。相手がかなり寄せてる時の守備は難しいもんだ。まだ無失点

・Anonymous
マジかよ、この冨安のパスは凄かった。慌てないねぇ!

・Anonymous
トミ、逆足に持ち替えたな。最高だ

・Anonymous
俺はトミ好きだ。あがった時のプレーが伸びることを願ってるよ

・Anonymous
冨安はボール持つの苦手だなぁ

・Anonymous
冨安は創造性ゼロだな、良いディフェンダーだけども

・Anonymous
冨安は守備のモンスターだ

・Anonymous(トッテナム)
冨安にはそこまで盛り上がるだけの価値ないよ

・Anonymous
それでも、あんたのチームを抑えてみせたけどな

・Anonymous
冨安はかなり賢明な補強になってると思う。最高レベルの舞台で成功するための全てのツールを持っているように見えるし

・Anonymous
今のうちは冨安のチームだ

・Anonymous
冨安は一流だ

・Anonymous
冨安すげぇな

・Anonymous
冨安がチームの中で最も好きな選手の一人になりつつある

・Anonymous
冨安は本物のハードワーカー。見ててめっちゃ楽しい

・Anonymous
今日のタヴァレスと冨安は完璧だ

・Anonymous
冨安は見てて楽しいな

・Anonymous
冨安のあのスイッチプレーはベジェリンが命がかかってても絶対にやらないプレーだな。批判とか嫌悪ではなく、とても明確な観察結果。両足でプレーできるってことは、いつだってプレスを掻い潜るのに効くもんだ

・Anonymous
冨安って2000万だったの?今シーズン一番レベルの掘り出し物じゃん。とんでもない選手

・Anonymous
冨安はここ10年で一番好きなアーセナルの選手。若くて、ハングリーで、ポジショニング良くて、天賦の才能がちょいとあって、地上戦でも空中戦でも安定してて、ボール持った時に自信あって、派手さはないけどスピードあって。この子が「大好き」だよ

・Anonymous
あの冨安のピッチ横断パスは熱い

・Anonymous
冨安がスタメンに入ってから、アーセナルは未だに無敗

・Anonymous
じゃあ、トミまだこのクラブで無敗なの?笑

・Anonymous
冨安のここまでの活躍には目を見張るものがあるね。恐れずにやってるよ

・Anonymous
冨安はマジで良い補強になってる

・Anonymous
冨安はビースト!
生涯契約を結ぶんだ

・Anonymous
トミはリーグで最高の守備的サイドバック。ヌノはリーグで最高の攻撃的サイドバック

・Anonymous
トミに心を奪われた

・Anonymous
冨安は批判が間違ってたと証明してる

・Anonymous
デビュー以来、冨安が守備を再構築してきた

・Anonymous
冨安はここまでアーセナルの当たり補強になっているし、この前半でアーセナルにとって絶大な存在だった。前線のプレーも少しずつ向上しているし、右サイドバックとして脅威が増してきてる

・Anonymous
冨安は立ち上がりまずかったけど、よく挽回してくれた

・Anonymous
冨安はまるで昔からチームにいたみてぇだな

・Anonymous
冨安をスカウトしたのが誰であれ昇給してあげないと

・Anonymous
体格と両足が使える能力からいって、冨安は攻撃面でのポテンシャルかなり高い

・Anonymous
まだ30分あるけど、今夜の冨安とロコンガは素晴らしいプレーしてる

・Anonymous
冨安どんだけ上手いの

・Anonymous
今日の冨安には拍手だ

・Anonymous
冨安は当たり補強だったねぇ。久しぶりに最高の右サイドバックを手にした

・Anonymous
加入してからというもの冨安は素晴らしいね。
夏には彼の移籍をめぐって能力が足りないなんて話もよく耳にしたけど、ぶっちゃけ彼がいなかったら、ここ5試合でクリーンシート3回なんて達成できなかったよ

・Anonymous
冨安が何度ヘッドで競り勝ったか数え切れないほどだ。空中戦で絶大な能力を発揮するね

・Anonymous
地球の3分の2は水で覆われている。残りは冨安

・Anonymous
冨安は本物だ

・Anonymous
この冨安ってのかなり好き

・Anonymous
冨安健洋はサッカーがかなりかなり上手い

・Anonymous
今の俺のお気に入りサイドバック、冨安

・Anonymous
冨安が右サイドバックにいるのはセットプレーの際にかなり大きい。うちはデカいチームではないし重要だよ

・Anonymous
冨安のクリーンシートが消えてしもうた
(´;ω;`)

・Anonymous
今のところ俺の評価は、かなり優れたディフェンダーだけど、ボールを持ったらゼロになるってところ

・Anonymous
冨安が入ってきてから、右サイドの守備が格段に改善したことが分かる。あと、ベジェリンがいなくなって寂しいと言っているアーセナルファンも見かけない。
実際にサッカーが上手い選手を起用することで、これだけ違いがでるものかと驚きだ

・Anonymous
いま、冨安以上のディフェンダーはいない

・Anonymous
冨安は史上最高の右サイドバックかもしれない

・Anonymous
疑問の余地のないハードワーカーでもある。素晴らしい意欲。それに掘り出し物だよ、この市場の当たり補強だ

・Squawka Football
アストン・ビラ戦、冨安健洋はアーセナルのどの選手よりも多くのボールをリカバリーし(8回)しクリア(7回)していた。
エミレーツでしっかりと適応した

・Anonymous
個人的に冨安がスターだったな。勢いよく飛び出していたし、相手の攻撃に抗ってた

・Anonymous
冨安はアーセナルのビルドアップに欠かせない存在。後ろの2人に加わって、ホワイトとガブリエルが中盤に運べるようにしてくれるし、ボールプレーの能力が高いから、中盤に混ざってセカンドフェーズの力にもなれる

・Anonymous
冨安も良かったね。徐々に成長してる。今夜のアーセナルは良かったよ

・Anonymous
冨安は堅かったな。ここ2試合のパフォーマンスから飛躍的に改善してきてた

・Anonymous
これまでのところ冨安は嬉しいサプライズになってる

・Anonymous
冨安は見てて楽しい。良くなってく一方だ。とても素晴らしいよ

・Anonymous
冨安が来てから
-アーセナルは一度も負けていない
-アルテタ戦術が実際に機能している
-アーセナルファンはぐっすり眠れている
-スミスとサカのコンボが効いてる
-守備ラインのミス少し
-フォワードが実際にゴールを決めてる
アーセナルフットボールクラブが戻ってきた!!!

・Anonymous
うむ、俺らぐっすり眠れてる

・Anonymous
もう頭痛もしない


・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク