カタールで行われているワールドカップ2022で奮闘している日本代表。ドイツ、コスタリカ、スペインと共にグループEに入った日本は、グループステージ2試合で1勝1敗とし、勝ち点3の2位につけていました。

そして迎えた運命の第3節。相手は優勝候補にもあげられているスペイン代表で、メンバーをローテーションさせているとはいえ、有力クラブでプレーする選手がズラリを並んだ強豪が相手に決勝トーナメント進出をかけて戦うことになりました。日本は中盤の要である遠藤航を欠き、また冨安も状態が万全ではなかったようでベンチからのスタートとなります。

前半はスペインの一方的な展開で、日本は自陣に押し込まれる展開が続き、相手陣内に運んでも中々形を作れません。しかし、ハーフタイムに三笘と堂安を投入すると流れが一変。48分にはその堂安が豪快なゴールを決めて先ずは同点とすると、続く51分には三笘の折り返しを田中碧が決めて逆転します。

その後はスペインも続々と選手を投入して巻き返しをはかりましたが、日本も冨安らカードを切って対応し、ほぼ危なげなく逃げ切りに成功。ワールドカップ優勝経験国が揃うグループで2度のサプライズを起こし、見事に首位で決勝トーナメント進出を決めました。

スタメン発表後から前半までの間には、日本に対するネガティブな反応が目立っていましたが、後半になるとムードは逆流したかのようになり、森保采配や選手に対する賛辞で埋め尽くされました。今回は試合後の森保監督に対する海外の反応を中心にまとめてみました。

以下の試合中の反応とあわせてどうぞ
日本が再びのミラクル スペインを倒しグループEを首位突破


【日本がドイツを帰国させる】sport1(ドイツ)
ワールドカップ2022で日本がビッグサプライズを起こした。日本はグループEを勝ち上がり、世界王者に4度輝いたドイツを帰国させたのである。
(中略)
試合結果は2-1。フライブルクの堂安律とデュッセルドルフの田中碧が試合をひっくり返した。

【ドイツがスペインを救う】as
スペインが日本に敗れ、3分間に渡って敗退圏に落ちたものの、ドイツのストライカーが決めて決勝トーナメントに進出した。次の相手はモロッコとなる。
(中略)
しかし、後半が始まると直ぐに全てが一変した。というのも、森保がハーフタイムに長友に代わって三笘を入れてきたのだ。これはかなりの意思表示であった。後半3分、堂安はスペインの拙いパスをつき(GK)ウナイを撃ち抜いてきた。その失点から巻き返そうとしたものの、日本が更にゴールを決めてくる。三笘のパスがラインを割ったかはVARを確認する必要があったが、最終的に田中のゴールが認められた。

【「キャプテン翼」日本がスペイン戦で再びミラクルを起こす】diario U chile
日本代表がスペインに2-1で勝利し、再びワールドカップでサプライズを起こした。この結果によりグループEの首位となり、ドイツを蹴落として決勝トーナメントに進出した。

【ワールドカップの最優秀監督は日本のベンチにいる】Voetbal International

【堂安と田中からサプライズ首位突破、ドイツを敗退に追い込む】EUROSPORT
マン・オブ・ザ・マッチ:堂安律
フライブルクの24歳のウイングがそのスピードでもって日本の攻撃を一変させ、見事なゴールから逆転劇へ勢いをつけた。

【マン・オブ・ザ・マッチ】FIFA公式
フォルトゥナ・デュッセルドルフのMF田中碧がドイツを敗退に追い込んだ!
田中はスペイン戦で歴史的な決勝点をあげ、日本でヒーローとなり、今夜の試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝きました。

【驚愕、スペインが日本に敗れ、敗退の危機に晒されるも…ドイツに救われる】Nieuwsblad
ドイツに続き、スペインも日本にサプライズをくらった。スペインはリードを奪うも、後半に2失点。グループステージでの敗退のピンチであったが、得失点差で突破を決めた。
鍵となった場面
森保一はハーフタイムに選手2人を交代。論理的であり、新風を吹き込み逆転を呼び込んだ。
マン・オブ・ザ・マッチ:田中碧
ドイツ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフでプレーするミッドフィルダーの田中碧は、VARによるチェックの後で、決勝点を喜ぶことを許された



【スタッツ】ESPN
ファウル:日本(9)スペイン(6
ポゼッション:日本(18%)スペイン(82%)
シュート:日本(6)スペイン(12
枠内シュート:日本(3)スペイン(5
コーナー:日本(0)スペイン(2
GKセーブ:日本(1)スペイン(1

【海外のサッカーファン】
・Anonymous(オーストラリア)
森保
あなたに謝罪したい

・Anonymous
死の組でスペインとドイツどっちも倒した。これには敬意を払わなくてはいけないし、決勝トーナメントで日本にマジで注目しないとね! リードしてからのビッグチームの封じ方が分かってる! 両試合ともほぼ同じ展開に! 森保監督のハーフタイムのスピーチは本当にモチベーションを上げるんだね!!

・Anonymous(スコットランド)
選手時代、森保は「ドーハの悲劇」と呼ばれるワールドカップ初出場を土壇場の失点でのがした試合でピッチに立っていた。その彼が同じ国で死の組を勝ち上がった。素晴らしいね

・Anonymous(ブラジル)
森保一は既にワールドカップの最優秀監督賞に値する。後半いつも「見事」な采配をするよ

・Anonymous
戦う姿勢、組織、純粋なサッカーの戦術を見せていた。この試合、かなり選手を変えてきた後半の日本のパフォーマンスは見事。堂安、田中らの活躍。森保一「先生」の素晴らしい采配だ

・Anonymous(スコットランド)
森保のスタメンにはイライラさせられるけど、交代カードの切り方は見事よ

・ジャック・ブルック(サッカー記者、イングランド)
森保、なんという監督だ!ドイツ戦ではハーフタイムの戦術変更で試合の流れを変え、交代組で勝った。今夜はハーフタイムに投入した選手から試合の主導権を握って、スペインに流れを渡すことなく勝利を勝ち取ったよ

・Anonymous(イングランド)
ワールドカップ史上最高のストーリーの一つ…日本が大好きだ、素晴らしいチーム

・Anonymous(モーリシャス)
森保一。なんて男だ。このワールドカップ最高の監督だよ

・Anonymous(アメリカ)
森保またやってくれた。前半の日本はしょぼくて、それから堂安、三笘、浅野を投入して、試合をひっくり返して、グループを首位突破、ドイツは敗退。
これだからワールドカップ大好きなんだよ

・Anonymous(アメリカ)
森保一は完全に試合されていた試合をハーフタイムで2回ひっくり返して勝利。今大会の最優秀采配だ

・Anonymous(インドネシア)
森保一に謝罪します

・Instant Foot(フランス)
ブラボー、ムッシュ森保一!

・De Marke Sports
森保一、リスペクト

・Anonymous(アトレティコ・マドリー)
森保一を雇うんだ

・ショーン・キャロル
何が起こったのか完全に理解できていない。前半の日本は全く歯が立たなかったのに、後半は全く別のチームになっていた。ハーフタイムに森保一は一体なんと言ったのか。まさにセンセーショナルな頑張り、サムライブルーが決勝トーナメント進出。驚異的

・Anonymous(コロンビア)
森保が持ってる(メモ帳)のデスノートだろ

・Opta Analyst
ポゼッション7.7%。日本はワールドカップ史上で最も低いポゼッション率で勝利したチームとなった

・Anonymous
森保一は戦術の達人でしょ

・Anonymous
ボール8割もってて僅か1ゴールしか出来ないってな。スペインの効率の悪さと日本の守備を物語ってるよ

・Anonymous
三笘薫はなんと素晴らしいワールドカップを過ごしているんだろう。投入された全試合で試合をひっくり返してる。その創造性、突破力、エネルギー、そして1対1。森保にとって素晴らしい推進力となり続けてる

・Anonymous
森保がコスタリカ戦みたいに考え過ぎず、シンプルにやってくれれば、クロアチア戦で良い試合してくれるよ

・Anonymous(ブラジル)
今ほど森保を好きになったことはない。
もっともあり得ない形でグループステージ突破。ドイツとスペインにサプライズ起こして、コスタリカに不必要に負けるとかいう

・Anonymous(イングランド)
なんという後半、なんという逆襲撃、ハーフタイム後の最高のパフォーマンス。積極的な交代策、積極的な考え方をして、再び結果を手にしたね。
あと、あのボールはライン割ってなかったよ。あれだけ割ってないのは見たことないレベルでさ…

・Anonymous(スペイン)
今おもうと、ドイツ対日本も同じだったのかな。
前半に圧倒して、1-0になって、日本の闘志にやられて、あっという間に逆転されると。
森保のチームが首位になったのは妥当だ

・Anonymous(リヴァプール)
この日本代表のヒーローは森保一監督。なんて天才だよ

・ジョシュ・バンティング(サッカー記者)
森保一は今回のワールドカップで最も積極的な監督で、交代させるタイミングも完璧だった。
この試合でも的確にカードをきって、またもや試合の流れを変えた。堂安律はまたもや見事にインパクトを残して、彼がピッチに立つなりプレスとインテンシティが出てきた

・Anonymous(イングランド)
ほぼ間違いなく森保は今大会の最優秀監督。この2試合でとても賢く、グループステージの強豪2チーム相手に日本を勝利に導いた

・Anonymous(イタリア)
俺は正式に森保一の子供となりました

・Anonymous(デュッセルドルフ)
田中は自分の仕事してるだけ、ドイツにとっては残念だったが。
でも、一つだけ言いたい。決勝トーナメント進出おめでとう!

・OptaJoe
ワールドカップの詳細な記録が残されるようになってから(1966)、700本ものパスを試みて試合に負けた例は2度しかない。
今夜のスペイン対日本。
先週のドイツ対日本。

・Anonymous
森保は戦術の天才

・Anonymous(ポルトガル)
この紳士は正に監督という感じがするね。森保一はベンチの総理大臣のようだ、威厳のある総理、俺らが慣れ親しんでいるようなのじゃなくてね

・Anonymous(ブラジル)
この男はワールドカップで授業してるよ。強豪国を封じ込めて。この日本代表はかなり研究されることだろう。
その名は森保一

・Anonymous
森保はギリギリのところを攻めてる。だって、勝ったら「うわぁ名采配だ」ってなるし、負けたら「なんでベスメンで組まないんだ」ってなって、負けた時の避難の方が厳しいわけだ。
ともかく彼はやってのけた

・Anonymous
試合の流れが変わるから、あのメモ帳には気をつけろよ。
森保一のデスノート

・Anonymous(オランダ)
(森保采配の)素晴らしいところは、采配をふるう勇気があるところ。選手交代をしなかったり、遅すぎる監督がいかに多いことか。それに日本代表はすごく規律だってる。システム変更することも多い。森保は本当にすごく良い監督だって証明してるよ。五輪代表の試合も見た

・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク