武藤嘉紀

武藤のゴールでドルトムントに勝利 MOMに輝く活躍で一部残留を決める

今シーズンも苦しい戦いを強いられているマインツ。

武藤は開幕からコンスタントにプレーし、ゴールもあげていましたが、その後は何度か負傷で離脱を余儀なくされることに。チームが中々波に乗ることが出来ず低迷が続く中でも、復帰してからコンスタントにゴールを重ね、今季はここまで7ゴール。チームの中でトップの数字を残しています。

また、武藤はかねてよりプレミアリーグ挑戦の希望を持っているようで、今夏の去就について頻繁に記事があがってきています。プレミアリーグの中ではニューキャッスルが候補なのではないかという噂もありますが、移籍金も高額に設定されているようで、今度どう展開していくのかはまだ不透明なまま。一方で残留争いに関するキーマンとしても特集されており、今季のチーム得点源として終盤戦で期待がかかっているようでした。

ブンデスリーガ第33節、マインツはアウェーでドルトムントと対戦。まだまだ降格圏に落ちる可能性がある中、アウェーで強豪と対戦するとはいえ、マインツとしては絶対に勝点をとりたい試合です。

武藤がエースの仕事を果たして、マインツが一部残留を決めた一戦のまとめをどうぞ。
続きを読む

武藤が今季リーグ戦7点目をあげマン・オブ・ザ・マッチに 海外の反応

ポジション争いが激化したことで更なるアピールが必要となった武藤。チームは厳しい残留争いの最中におり、勝ち点の取りこぼしは許されない状況とあって、前線の選手の活躍を喉から手が出るほど必要としています。

武藤はリーグでここまで6ゴールとチーム内得点王ではありますが、攻撃のエースとしてチームここまでの得点力不足の批判の矢面に立つこともあり、メディアとサポーターから必ずしもポジティブな反応ばかりが寄せられていたわけではありません。とはいえ、今季のマインツには攻撃の連動性が殆どなく、前線の武藤にも雑なボールが放り込まれる場面が殆ど。かろうじてボックス内に上がってきたクロスから何とか点をとっていますが、ここからパフォーマンスを上げるにはチームのサポートと連携がもっと欲しいところです。

リーグ第24節、マインツがホームに迎える相手は14位ヴォルフスブルク。両チームの勝ち点差は1で、残留争いの直接対決となり、マインツとしては負けられない試合となります。チームでのスタメンの座を手にする為にも、チームを残留に導く為にも、武藤としては結果を残したい一戦。チームにとって大一番ですが、残念ながらベンチスタートとなります。

途中出場した武藤がチームに貴重な勝ち点をもたらす一発を決めた試合のまとめをどうぞ。
続きを読む

武藤の2得点で逆転勝利 マン・オブ・ザ・マッチに 海外の反応

前節は得点するもチームは逆転負けとなってしまった武藤。故障明けから体のキレは戻りつつあるようですが、前線で孤立することも目立ち、非ポゼッション時には一人虚しく武藤がプレスをかける場面を目にすることも。下位に沈むチームの状況は地元メディアもファンも嘆いており、得点が足りないと武藤を含め前線のメンバーが批判に晒されることもしばしば。武藤のスタメン出場を疑問視する声もあることから、何とかチームの勝ち点獲得につながるパフォーマンスを見せ、結果でアピールしたいところです。

ブンデスリーガ第19節、15位のマインツがホームに13位シュツットガルトを迎える一戦。この先の残留争いのことを思えば、ホームで何とか勝利を掴みたいカードです。今季のシュツットガルトは攻撃力は低いものの、守備はなかなか堅く、あまり失点していません。トップの武藤としては点に絡んでチームに貢献したいところ。

武藤が2得点の活躍でチームを逆転勝利へ導いた一戦のまとめをどうぞ。
続きを読む

武藤が先制ゴールもマインツは逆転負け 海外の反応

今季は順調な仕上がりでスタートを切ったものの、故障もあって波には乗り切れなかったリーグ前半戦の武藤。それでも年末には復調ぶりを伝える記事があがってきていました。

マインツは冬休みを15位で迎え、こちらも絶好調とはいきませんでした。降格圏から距離をとるためにも、後半戦はリーグでブービーの得点力を改善していきたいところ。トップをはる武藤にゴールを求める声はメディアとファンの両者から聞こえてきています。チームは冬に新ストライカーを獲得、武藤としては後半戦のスタートできっちりとアピールしておきたいところ。

ブンデスリーガ第18節、マインツがアウェーで対戦する相手は11位ハノーファー。一桁順位を目指したいマインツにとっては、アウェーとはいえ勝ち点を取りに行きたい試合です。
続きを読む

武藤が今節の賞を総ナメ 清武と長谷部もベストイレブンに 海外の反応

ハットトリックの活躍でチームの窮地を救ったマインツの武藤。
全得点に絡んで劣勢の試合から勝ち点3を生み出したハノーファーの清武。
首位バイエルン・ミュンヘンの快進撃を食い止めたチームに貢献した長谷部。

ブンデスリーガ第11節で輝いた三人が各紙の選ぶベストイレブンに名を連ねていました。武藤はキッカーの最優秀選手にも選出。デビューシーズンにしてブンデスリーガに名を轟かせています。特集記事も続々とあがってきている状態。また何試合も連続で結果を残している清武は「効率の怪物」「勝利請負人」と様々な二つ名を授けられる事態に。

前回のおかわり記事としてどうぞ。



続きを読む

武藤がハットトリック 劇的同点弾でマン・オブ・ザ・マッチ 海外の反応

ブンデスリーガ第10節をまわって何とか中位集団の後方につけているマインツ。うかうかしていると降格圏も見えてくる順位だけに、まだまだ気が抜けない試合が続くという状況です。

武藤はブレーメン戦でシーズン3得点目をマーク。これまでトップの位置で汗かき仕事をこなすことが多かっただけに、試合には敗れたものの、ゴール前へ入ってきたところへボールがすっと出てきた形での得点という事が持つ意味は小さくなかったのかもしれません。ドイツ紙も武藤を使い続ける監督の勇気を記事に。
 

今節の対戦相手はアウクスブルク。アウェーとはいえ相手は最下位のチーム。この先のことを考えれば負けられない相手です。武藤嘉紀がエースとしての仕事を見事にこなし勝ち点を生み出した第11節のまとめをどうぞ。
続きを読む

武藤がダービーでアシスト、マインツ勝利 海外の反応

今シーズン悪くないスタートを切ったマインツ。第7節までに勝ち点9を獲得し中位集団につけています。

今シーズン1トップをつとめることが殆どの武藤は、ここまで2ゴール1アシスト(キッカー紙による計測)。岡崎の後任として大いに注目を浴びる中、一試合ごとにチームとブンデスリーガファンからの評価を掴みつつあるようです。

第8節で対するはダルムシュタット。体をぶつけてくる強烈な守備が特徴の昇格してきたばかりのチームで、アウェーとはいえマインツとしては負けられない中位同士のダービーマッチです。
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION (1TB) 【Amazon.co.jp限定】「ゲイボルグ/FINAL FANTASY XIVモデル」特典セット付

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

オーバーロード12

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
月刊サッカーマガジン

SOCCER GAME KING

月刊フットボリスタ

footballista Special Magazine

ワールドサッカーダイジェスト

WORLD SOCCER KING

サッカーダイジェスト

フットボール批評

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン