中島翔哉

中島がカップ準決勝でスタメン復帰しポルトが快勝 決勝の相手はベンフィカ 海外の反応

昨夏に鳴り物入りでポルトガルの強豪ポルトへと移籍した中島。

しかし、人気チームに新エースとして期待され入団してきたことでサポーターとメディアから熱意を持って見守られていた中、セルジオ・コンセイソン監督の目指すサッカーとの相性の悪さが目立つシーズンの立ち上がりとなってしまいました。プレータイムと実績は期待されたほど伸びず、また監督が険しい顔でプレーに関する指導をしている姿が中継カメラに抜かれてしまうといったようなこともあり、中島が置かれている状況は厳しいものとなっているようでした。

しかし、昨年末に久しぶりのスタメン出場をはたしてからは前線である程度の自由をもらって躍動。シーズン中盤に入って一気にパフォーマンスを上げてきています。これには新10番の活躍を心待ちにしていたサポーターの多くも大喜びで、中島は常にスタメンで出すべきだとバックアップするファンも。メディアからも調子を上げてきていることを伝える記事が上がってきていました。

その後、怪我をしてしまったことでしばらく戦線から離れていたものの、2月に入ってチームトレーニングに顔を出すようになり、タッサ・デ・ポルトガル準決勝のファーストレグでは途中出場。先日のリーグ戦ではピッチに立たなかったものの、カップ準決勝セカンドレグでは遂にトップ下の位置でスタメン復帰となりました。優勝争い中のリーグ戦、カップ戦、ELと重要な試合が続いていく終盤へ向けて、ここから再度調子をあげていきたいところです。
続きを読む

中島が3試合連続となるスタメン出場した一戦でアシスト シーズン中盤に入り上り調子

先日の試合で遂にポルトでの初得点を決めた中島。シーズン当初こそ監督の求めるサッカーへの対応に苦しみましたが、ここのところは連続でスターティングメンバーに入って、生き生きとプレーするようになってきています。

シーズン序盤はフィジカルを活かしたサッカーを主体にしていたこともあって、中島の頭上をボールを飛び越す場面が多く、ボールを持っても苦手な肉弾戦で倒されてしまう悪循環に陥っていました。しかし、ここ最近の試合では前線である程度の自由をもらって動き回り、パスにドリブルにと創造性が光るプレーを出せる形で起用されており、中島も期待に応えるパフォーマンスでチームに貢献してみせています。

サポーターとメディアからもポジティブな反応があがってきており、プレシーズンの盛り上がりぶりが、ここに来て戻ってきている様子。このまま良い流れに乗って2020年を迎えられそうな状況となっています。

ポルトの今年のシメの試合はタッサ・ダ・リーガのグループステージ最終戦。第3節で対する相手は2部のシャヴェスで、ポルトとシャヴェスは共に2戦2勝としており勝ち点6で並んでいます。ベスト4入りを果たすためには、グループDの首位とならなければならないとあって、ポルトとしては負けられない試合。中島は3試合連続でスターティングメンバーに入っての出場となります。
続きを読む

中島がポルトでの初得点をあげチームを勝利へ導く 海外の反応

先日のリーグ戦で今シーズン2度目となるスタメン出場をはたした中島。鳴り物入りで強豪クラブへとやってきたものの、当初は監督の要求に応えられずに出遅れていましたが、ようやくピッチで中島の笑顔が見られるようになってきました。

その試合で90分フルにプレーした中島のパフォーマンスに対して、これまでの起用法にうっぷんを貯めていたこともあって、ポルトサポーターの喜びが爆発。チームに創造性をもたらす存在だとして、これからのプレーにも大いに期待しているようでした。試合後には記者から中島のパフォーマンスに関してセルジオ・コンセイソン監督に質問が飛んだようで、これまで通りオフザボールでのハードワークの重要性を強調しつつも、トンデラ戦の内容を気に入った旨をコメントしていました。

ポルトガルのカップ戦でポルトが準々決勝進出をかけて争うのはリーグでは下位に沈んでいるサンタクララ。中島は2試合連続でのスタメン出場となります。

試合開始と共に振り始めた豪雨により足を取られる厳しい環境でのプレーを余儀なくされ、後半は苦しい展開となったものの、中島がポルトでの初ゴールを決めチームを勝利に導いた一戦のまとめをどうぞ。
続きを読む

スタメン出場の中島が自由にゲームメイクし快勝「なんという創造性」「中島のいるポルトはレベルが違う」

鳴り物入りでポルトガルの強豪ポルトへと移籍したものの、なかなかプレータイムを掴めないでいる中島。冬休みが目前に迫ってきたものの、これまでリーグでのスタメン出場は1度だけで、他の8試合ではいずれも終盤からの投入となっていました。ポルトが今季のリーグで勝ち点を落とした試合は3度だけで(10勝2分1敗)、メンバーを大きく変更するタイミングがあまりないだけに、巡ってくる数少ないチャンスをものにしたいところです。

ポルトガルリーグ第14節、ポルトがホームに中位トンデラを迎える一戦。ポルト以上のハイペースで首位を行くベンフィカに食らいつくためには絶対に落とせない試合で中島は今季2度目となるスタメン出場となります。

年末の過密日程の中で手にしたアピールの舞台で中島が躍動した一戦のまとめをどうぞ。
続きを読む

中島がカップ戦で決勝点をアシスト「遂に目覚めた」「中島の贖罪」「アーティスト」

ポルティモネンセで活躍したことで、世界的に注目される選手となった中島。一時はカタールへの移籍したことで、欧州のサッカーシーンから遠ざかりましたが、今季からは再びポルトガルへ戻ってプレーすることに。移籍先のポルトは言わずと知れた名門チームで、昨シーズンのリーグでは勝ち点2差で惜しくも2位となっています。

ベンフィカ、ポルト、スポルティングのトップ3がタイトルをほぼ独占しているリーグとあって、ポルトの10番を背負うことになった中島に対してはサポーターとメディアの両者からタイトル獲得への大きな期待が集まっている様子。一方で他クラブのファンにとっても既に実力があることは分かっている相手だけに、ポルトガルリーグへの復帰を喜びつつも警戒は緩めていないようです。現地からは定期的に中島の記事があがってきており注目度の高さがうかがえます。

先日のリーグ戦では途中出場から失点に絡んでしまい、試合後に監督から叱責を受ける様子が中継でも流されたことで話題に。その後、両者が笑顔で抱擁する場面もあったことで、大きな確執とはならなかったようですが、これからのポルトで中島の出番がどうなっていくのかファンとしては気になるところ。今シーズンもう一つ調子があがってこないチームを案ずるファンも、中島には再ブレークを期待しているようです。

ポルトガルのカップ戦、タッサ・ダ・リーガのグループスタージ第1節、ポルトはホームでサンタ・クララと対戦。リーグでは中位につけている相手との試合とあって、ポルトとしてはホームで勝たなければいけない試合となります。ELの試合が来週に控えるミッドウィークの試合だけに、ポルトは数日前に行われたリーグ戦からメンバーを10人ローテーションしてのぞみます。

先発フル出場となった中島が奮闘し、見事なアシストをマークした一戦のまとめをどうぞ。
続きを読む

中島がポルトへ移籍 サポ「素晴らしい補強」「興奮してきた」

ポルティモネンセで活躍したことで欧州で名を上げた中島。ポルトガルの上位陣のみならず、様々なクラブが興味を示していると報道されるまでになり、市場での動向が注目されていましたが、中島は欧州ではなくカタールのアル・ドゥハイルへの完全移籍を決断。今年の2月からはカタールリーグでプレーしていました。

欧州サッカーの舞台から去ったことで、海外のサッカーファンからは移籍の判断を悲しむ反応が数多く寄せられていましたが、その後も熱心なファンは日本代表でのプレーなどをチェックしていたようで、今夏のコパ・アメリカでも中島のパフォーマンスには様々な反応があったようです。

ところが先日、ポルトガル紙がポルトと中島が今夏の移籍に事前合意に達したと報道。ポルトがアル・ドゥハイルから保有権の何割かを買い取る契約になるとのことで、後はクラブ間の交渉とメディカルチェックが済めば本決まりになるのではという内容でした。

今週金曜日には現地ポルト入りする中島の姿が確認され、話が順調に進んでいる様子がうかがえました。そして数時間前、FCポルトが公式サイトで中島の獲得を発表。ポルトで8番を背負う中島がどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。新シーズンは要チェックです。
続きを読む

中島が再び見事なアシストをみせ勝利 今季ここまで5ゴール5アシスト 海外の反応

今季も好調なプレーを続けている中島。ここまで11試合に出場して5ゴール4アシストとコンスタントに数字を残しており、ポルトガルリーグのファンのみでなくメディアからも高い評価を送られています。

最近ではイングランド行きの噂が加熱中で、レスター、サウサンプトン、ウルブスと各チームが獲得に動いているという報道がありましたが、先週にはチームの会長がウルブスとの交渉が80%の段階まで進んでいると語ったことから、冬の移籍が実現するのではと話が一気に現実味を帯びてきました。

しかし、先日に会長が「残り20%の交渉が進んでいない」と明かし、またチームの副会長であるポンテも「具体的には何も決まっていない」としたことで、チームにシーズン終了後まで残る可能性が再浮上。アジアカップでの活躍が予想されるということで、クラブとしてはまだ焦って売る必要性がないとしているようです。はたして冬移籍が実現するのか、あるいはアジアカップでの大活躍を見越した売りしぶりとなるのか。年明けからのマーケットの動きが気になるところです。

今年の日程は残り2試合となったポルトガルリーグ。第13節で11位のポルティモネンセがホームに迎える相手は同じく中位の8位セトゥーバル。ここのところ調子を上げてきているポルティモネンセとしては勝ち点3をとって、中位にしっかりと根付いておきたい一戦となります。
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン