鎌田大地

鎌田と長谷部が共に活躍しELで快勝 「ミスターELが復活」「選手兼任監督の長谷部をリスペクト」

今シーズン、調子があがってこないフランクフルト。トップの選手が移籍したことや、新監督のもとで新たな戦術に取り組んでいることから、これまでとは勝手が違うサッカーに選手達が戸惑う様子が散見されています。

攻撃では鎌田も特色を活かしたプレーを発揮できず苦戦中。リーグで下位に沈んでいることもあってサポーターからは数多くの不満の声があがっているようですが、鎌田を活かす起用法を望むファンも根強くいるようです。

一方、9月までベンチを温めていた長谷部ですが、これまでもチームの不調時に長谷部を起用して巻き返してきたフランクフルトだけに、再びピッチのリーダーとして指揮をとって欲しいという待望論が持ち上がってきました。そして、10月1日に行われたELのアントワープ戦で、遂にこれまでの4バックから長谷部を中央に配置した3バックにシフトして勝利。ここのところ、また出番が増えてきています。

ヨーロッパリーグのグループステージ第3節、ここまで1勝1分と好スタートをきったフランクフルトはホームでオリンピアコスと対戦。2連勝して首位に立っているグループのライバルとの直接対決とあって、ホームできっちりと叩いておきたい試合となります。鎌田はトップ下、長谷部は3バックの中央に入り、ともにスタメン出場です。
続きを読む

鎌田が再びアシストし、フランクフルトがCL出場権へ前進 「本物の魔術師」

今シーズンもフランクフルトで好パフォーマンスを見せている長谷部と鎌田。現在4位につけているチームの中で独特の存在感を見せる選手として、現地メディアとサポーターから注目される存在となっているようです。

現役最後のシーズンになるのではと目されていた長谷部でしたが、シーズンの中盤からボランチとしてポジションを確保するとチームと共に良い波に乗っていき、攻守を束ねるリーダー役としてここまで目覚ましい活躍を見せています。チームはシーズン終了前に早くも契約延長のオファーを送ることを決め、長谷部もこれを受けたことから、まだまだフランクフルトでプレーを整える勇姿を見ることができそうです。

一方の鎌田は一年を通してコンスタントに活躍するという課題を乗り越えてきており、シーズン前に掲げていた15スコアポイントという個人目標も達成。フランクフルトでチャンピオンズリーグに出場するという夢の実現も目前に迫ってきている段階で、最終盤の試合をこれまで見せてきたような活躍で引っ張っていけるか注目です。

ブンデスリーガ第30節、フランクフルトはホームで中位のアウクスブルクと対戦。ここまで好調なチームを引っ張ってきたヒュッター監督が今季を最後に退団することが発表されたことが影響したのか、フランクフルトは前節で手痛い一敗をきっしているだけに、CL出場権を掴むために勝ち点3が欲しいところ。鎌田はトップ下に入って先発出場、長谷部はベンチからのスタートとなります。
続きを読む

鎌田が大一番で1ゴール1アシストしMOTM サポ「今日の鎌田はワールドクラス」

今シーズンもフランクフルトで見事なパフォーマンスを見せている鎌田と長谷部。

鎌田は前線のアタッカーとして安定した貢献を課題にあげられていましたが、今季はコンスタントに得点に絡み続けており、中でも上位勢や強豪クラブとの対戦では目覚ましい活躍を見せています。一方、長谷部は最終ラインから1列上げたポジションでプレーすることが多くなりましたが、これがハマって、確かな技術と豊富な経験で攻守をリードするプレーを披露。二人の特集記事は定期的にあがってきており、現地での注目度の高さがうかがえます。

現在のフランクフルトはブンデスリーガで4位につけており、上位4チームに与えられる来シーズンのCL出場権の獲得も夢ではない状況です。前節は上位争いのライバルであるドルトムントにアウェーで1-2と勝利。3~4位でのフィニッシュに、また一歩迫ったことになります。

ブンデスリーガ第28節、4位につけるフランクフルトはホームで3位のヴォルフスブルクと対戦。CL出場権を争うチーム同士の大一番、出場停止明けの長谷部はベンチとなったものの、鎌田は前線に入ってスタメン出場となります。
続きを読む

鎌田がライプツィヒ戦でボレー弾 「私はカマディスタ」「鎌田体験」

今季の中盤から徐々に調子をあげてきているフランクフルト。前線では鎌田が安定して得点に絡み続けており、守備ではボランチで起用されるようになった長谷部がチームを牽引。上位争いを繰り広げているチームで存在感を発揮しています。

分厚いアタッカー陣を擁しているフランクフルトは、ここまで47得点とリーグトップクラスの数字を残しており、鎌田もアシストを中心に得点に貢献してみせています。一方で守備の対応や決定力などで批判を浴びることも多く、試合の実況ではミスの後で交代を要求する声も目立っていますが、その後に鎌田がゴールやアシストをあげることも多く、批判を撤回したり恥じる人がでてくることが定番の流れに。それでも独特の柔らかいタッチと創造性あふれるプレーには熱心なファンもいて、特集記事も頻繁にあがってきています。

ブンデスリーガ第25節、フランクフルトはアウェーでライプツィヒと対戦。バイエルン・ミュンヘンと熾烈な首位争いを繰り広げているチームとの試合とはいえ、フランクフルトとしてもCL出場権獲得へ向けて何としても勝点をとっておきたいところ。負傷で離脱していた鎌田が戦線復帰し、長谷部と共にスタメン出場となります。
続きを読む

鎌田がゴールし長谷部の宣言通りバイエルンを撃破 フランクフルトが首位と勝ち点7差に

ここのところ好調で、遂にCL出場権も見えてきたフランクフルト。長谷部と鎌田の日本人コンビも好パフォーマンスでチームに貢献しており、ここのところの躍進を支えてみせています。

ここ数シーズンはリベロの位置で活躍していた長谷部ですが、今季はボランチの位置に入ることが多く、そこで攻守のリンクマンとして見事な活躍を見せています。シーズン前には現役ラストシーズンかという話も聞こえてきていましたが、ここにきて契約延長の噂があがってきているようで、37歳にしてまだまだプレーは冴え渡っている様子。

また、アタッカーの鎌田もハイペースで得点に絡み続けており、シーズン前に自ら掲げた目標に迫ってきています。飄々としたプレーぶりから、ボディランゲージの不足をファンから指摘されることもあるようですが、その独創性は誰もが認めるところ。二人に関しては特集記事も頻繁にあがってきています。

ブンデスリーガ第22節、フランクフルトはホームで首位のバイエルン・ミュンヘンと対戦。CL圏内に浮上してきたチームとしては、その勢いのままバイエルン喰いといきたいところで、前節の試合後には長谷部も「今ならバイエルンも倒せる」と力強い言葉を残していました。この大一番、鎌田は2列目に、長谷部は中盤の底に入って、共に先発出場となります。
続きを読む

鎌田がドルトムント戦で華麗な先制ゴール 「今シーズン、10番としてリーグトップ3」

昨シーズンにELとリーグで活躍したことで遂にブンデスリーガでもブレークをはたした鎌田。今シーズンは一年を通しての安定したパフォーマンスを目標にしているようですが、ここまで9試合で1ゴール6アシストと見事に有言実行してみせています。

一方、フランクフルトは今季も守備が不安定で、ここのところ勝ちきれない試合が続いている状況。サポーターや地元メディアの不満は前線の選手にも向けられおり、チャンスでシュートを外すことやデュエルであっさり負けることもある鎌田を槍玉にあげる声もあって、チームのエースとして臨む今季は設定されているハードルが上がってきているようです。

しかし、前節のウニオン・ベルリン戦では鎌田の見事な2アシストで2点ビハインドの試合を追いついてみせたことで雰囲気が一変。リーグのアシストランキングで上位につけてみせたことで、ここまでだしている結果が改めて評価されてきているようです。

ブンデスリーガ第10節、フランクフルトはホームで上位勢のドルトムントと対戦。ドルトムントはエースのハーランドが負傷離脱中で、フランクフルトとしては勝ち点をもぎ取るチャンスとなる試合、鎌田は定位置の2列目に入って先発出場となります。
続きを読む

鎌田2アシストでフランクフルトが2点ビハインドから引き分けに持ち込む 海外の反応

昨シーズンにELやリーグで活躍し、ドイツでもブレークをはたした鎌田。リーグでは一年を通して活躍したとは言えなかったものの、シーズン後半にはチームを支えるプレーを何度もしてみせて、今では攻撃的中盤のポジションをしっかりと掴んでみせています。

今シーズンも順調に結果を残している鎌田ですが、シュートチャンスをものに出来ない場面やデュエルで潰されることが多く、ここのところのサポーターの意見は割れてきているようです。サポーターとしてはチームを上位に押し上げるエースとしての活躍を求めているようで、チームに残れるか微妙なラインがスタートだった昨年とはハードルの高さが変わってきているのか、アタッカーとしてはチームトップの数字を残していても満足していない様子。また、ここのところチームが勝てていないことの影響も大きいようです。

ブンデスリーガ第9節、フランクフルトはウニオン・ベルリンと対戦。今シーズン、攻撃陣が好調の相手とのアウェー戦とあって、守備に不安を抱えるフランクフルトとしては難しい試合となりそうです。鎌田はトップ下に入って先発出場、長谷部はベンチからのスタートとなります。
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン