鎌田大地

またも鎌田が2得点に絡みフランクフルトが連勝「鎌田は天才」「日本のマジシャン」「ダイチ・メッシ・カマダ」

昨シーズン、遂にドイツでもブレークをはたした鎌田。シーズン前半にはヨーロッパリーグで大暴れし、コロナウイルスによる中断後はリーグでも得点に絡むプレーを見せ、好不調の波が激しかったチームを支える活躍で名を上げてきています。クラブとの契約延長交渉もまとまり、今季はリーグで一年を通して攻撃のエースとしてチームを牽引できるか、更に大きな期待とタスクに挑むことになりそうです。

一方、リベロを復活させた選手の一人として、ドイツでの名声を確固たるものにした長谷部。昨シーズンはベンチに座った時期もあったものの、ピッチに立てば安定した読みとフィードでリズムを整え、守備が崩壊する試合が多かったチームの中でスタビライザーとして奮闘しました。ブンデスリーガ最年長選手として挑む今シーズンもセンターバックの位置に入ってのプレーとなるようで、昨シーズンは目立ったチームの波をいかにおさえるかが36歳のベテランの肩にかかってくることになりそうです。

ブンデスリーガ第3節、フランクフルトはホームでホッフェンハイムと対戦。相手は開幕連勝で波に乗っているチームですが、前節にアウェーで今季初勝利をあげたフランクフルトとしては良い流れを手放したくないところ。この試合でも鎌田はトップ下に、長谷部はセンターバックの中央に入って、共に先発出場となります。
続きを読む

鎌田が2アシストし長谷部が守り、フランクフルトが今シーズン初勝利をあげる 海外の反応

昨シーズンは好不調の波があって安定しなかったチームにあって、印象的な活躍を見せていた長谷部と鎌田。

長谷部は守備のリーダーとして、また後方の配球役としてチームを牽引するパフォーマンスを続けており、現地メディアとファンからの信頼も絶大。監督が4バックの採用を試みた時期には外れることもあったものの、トレードマークともなってきたリベロのポジションで出場すれば視野と経験に裏打ちされたプレーでチームを支えてみせています。昨シーズンと同じく、今季もプロ選手としての最後のシーズンとなるかもしれないと覚悟を決めているようで、それでも飢えと意欲を持って打ち込むと抱負を語っていました。

一方、昨シーズンにELを中心に大活躍をしてみせ、ドイツでブレークをはたした鎌田。中断明けからはリーグでも数字を残すプレーを続け、ベルギーへとレンタルに出されたシーズンから一転、いまやチームの攻撃のエースの一人ともいえるパフォーマンスを見せています。チームとの契約が残り1年となっていたことから、かねてから契約延長交渉の行方がどうなるか注目されており、オフシーズンではメディアから定期的に憶測を交えたニュースがあがってきていましたが、シーズン開幕前の先日に延長交渉がまとまったことが発表されました。

ブンデスリーガ第2節、フランクフルトはアウェーで昨シーズン10位のヘルタ・ベルリンと対戦。昨季9位でフィニッシュしたフランクフルトにとっては、これから上位へ進出していけるか一つの試金石となるかもしれない試合、長谷部と鎌田は揃ってスタメン出場となります。
続きを読む

鎌田がまたもシウバへ華麗にアシスト「鎌田とアンドレ・シウバは世界最高のコンビ」「自信をつけてるのが分かる」

リーグ再開後に3バックへとフォーメーションを戻してから復調してきたフランクフルト。一時は残留争いに巻き込まれそうな位置まで落ちたものの、ここに来てヨーロッパリーグ出場権を狙えそうな位置まで再浮上したチームにおいて、鎌田と長谷部はチームを引っ張る活躍を見せ存在感を発揮しています。

守備のリーダーである長谷部は先日の試合でブンデスリーガ出場数でアジア記録をマークしましたが、先月にクラブとの契約を更に1シーズン延長したことから、まだまだ数字を伸ばしていく可能性もあります。

そして、ヘルタ戦で衝撃的な3人抜きアシストを見せた鎌田のプレーは海外でも大きな話題に。当初こそブンデスリーガで通用するのか疑問視する声もありましたが、今では期待のエースとしてサポーターとメディアから契約延長を強く望まれる存在となっています。

ブンデスリーガ第32節、フランクフルトはホームでリーグ再開後不調のシャルケと対戦。シーズン終了が目前に迫っているものの、ここのところ勝ち点を順調に積み上げてきたことでヨーロッパリーグ圏内浮上の目を残しているフランクフルトとしては、この勢いを維持して勝ち続けたいところ。鎌田と長谷部は揃ってスタメン出場となります。
続きを読む

鎌田3人抜きアシストの衝撃 「伝説的」「ワールドクラス」 今節のベストイレブンに

リーグ再開後、3バックに戻してから復調したフランクフルトで印象的な活躍を見せている鎌田と長谷部。

長谷部はリーダーとして最終ラインを統率し、今シーズン崩れがちだった守備の修正を図っており、先日にはアジア記録となるブンデスリーガ309試合出場も達成。現地メディアも読みと視野で存在感が際立っているとして特集記事をあげてきており、またクラブが契約延長を発表したことでサポーターも喜びの声をあげていました。

前線の鎌田はリーグ再開後コンスタントに得点に絡むようになっており、こちらも海外サッカーファンから注目を集めている様子。今シーズンはカップ戦やELでの活躍が目立っていたものの、ここにきて遂にブンデスリーガでも爆発するようになって、サポーターからもエースの一人として期待される存在となってきているようです。

先日行われたブンデスリーガ第31節では、その鎌田が1-1の場面で見事な3人抜きから決勝点をアシスト。チームが1-4と逆転勝利をおさめた試合の重要な場面で衝撃的なスキルを見せたことで、このプレーは各国のメディアが記事として取り上げ、またサッカーファンの話題ともなっているようです。

前回のおかわり記事としてどうぞ。
続きを読む

鎌田3人抜きで決勝点アシスト 海外メディアも驚愕 「リオネル・カマダ」「本物の翼」

リーグ再開後も調子が取り戻せていないかに思われたフランクフルト。しかし、長谷部を守備の中心に据えたお馴染みのフォーメーションに戻してから勝ち点7を手にし、ここのところ軌道修正しつつあります。

先日の試合でアジア記録となるブンデスリーガ309試合出場をはたした長谷部は、リーグ終盤で守備を立て直した存在として再び脚光を浴びています。今シーズン、チームは失点を重ねた時期が続き、長谷部も一時はポジションを失っていたことでフランクフルトとの契約は今季までではないかとする記事もあがってきていましたが、先日には来シーズンまで契約を延長したことがクラブの公式サイトで発表されました。300の大台に乗った出場記録が今度どのように伸びていくのかにも注目が集まりそうです。

前線の鎌田はここのところトップ下のポジションをしっかりと掴み、フライブルク戦で念願のブンデスリーガ初ゴールを決めると、続くヴォルフスブルク戦でも2試合連続弾をあげ、こちらも調子をあげてきている様子。何度もスプリントを繰り返しピッチの至るところに顔を出すようになっており、守備で体を張る場面も頻繁に見られるようになってきました。チームとは既に契約延長の話もでているようで、昨シーズンに続きブレークをはたしている中で、今後どういった選手となっていくのか楽しみな存在です。フランクフルトは先日行われたDFBポカール準決勝でバイエルン・ミュンヘンに敗れてしまいましたが、その試合で途中出場した鎌田は一時同点とするゴールを見事にアシストし、このプレーは現地ファンを大いに喜ばせていました。

ブンデスリーガ第31節、フランクフルトはアウェーで中位につけるヘルタと対戦。長谷部は3バックの中央で、鎌田はトップ下に入ってのスタメン出場となります。
続きを読む

鎌田の終盤決勝弾で苦手アウェー戦に勝利 2試合連続ゴールでマン・オブ・ザ・マッチに

新型コロナウイルスの流行により中断に入っていたものの、5月に入ってリーグ戦が再開されたブンデスリーガ。鎌田と長谷部が所属するフランクフルトは再開後に失点を重ねていることもあって、先日のフライブルク戦ではそれまで採用していた3バックのフォーメーションに戻し一定の成果を手にしました。前線では鎌田も待望のリーグ初ゴールをあげ、何とか勝ち点1を獲得しています。

その鎌田をブンデスリーガ公式やSPORTSCHAUは第28節のベストイレブンに選出。数多のチャンスに絡んだことのみならず、12.1kmを走りきった献身も讃えられており、後はフィニッシュ時の冷静さがもう少しあれば素晴らしい未来が待っているとポジティブに評価されていました。最近は球際でも粘り強く戦えるようになってきており、ドイツでの戦いへの適応が順調に進んでいることがうかがえます。

また、ここのところの不調で順位を落とし、残留争いに巻き込まれそうなチームの危機にこそ、長谷部の経験と知識が活きると地元紙が特集。崩壊気味の守備を安定させる存在として期待がかかっているようです。

ブンデスリーガ第29節、フランクフルトはアウェーで上位のヴォルフスブルクと対戦。今シーズンのフランクフルトはアウェー戦を苦手としている上に、相手のヴォルフスブルクは現在EL出場権をかけて熾烈な争いの只中にいるとあって苦戦が予想されます。試合前にアディ・ヒュッター監督が引き続き3バックのシステムでいくことを示唆していたように、長谷部はリベロの位置で先発。そして鎌田はトップ下に入ってのスタメン出場となります。
続きを読む

鎌田がブンデス初ゴール 契約延長の長谷部はリベロでスタメン 2点差を追いつき同点に

新型コロナウイルスの流行により中断されていたドイツのブンデスリーガ。しかし、ドイツの感染状況とサッカーリーグ機構による働きかけにより、先週からいよいよリーグが再開されました。外出制限に違反した監督がベンチ入り禁止となり新たな感染者がでたチームの試合が見送られるなど、各地で様々なトラブルは起こっているものの、全体的にはDFLが設定した詳細かつ多岐に渡る注意事項を守って無事に再スタートをきっています。

長谷部と鎌田が所属するフランクフルトは守備の崩壊が顕著で、中断明けの試合でも課題の改善が見られず、このままでは残留争いに巻き込まれることになるとサポーターは不安に感じている様子。前線もフィニッシャーが不在で、攻撃の形はサイドのコスティッチや中の鎌田を中心に作れるものの、勝負所で決めきれない試合が続いています。

監督が守備を改善する手段として4バックを再導入したことにより、長谷部の来シーズンの契約が流れるのではないかと一部メディアが報じていたものの、5月22日にクラブは長谷部との契約延長を公式発表。現役を引退してからもアンバサダーとしてクラブに残ることも明かされました。また、チームは鎌田の能力も高くかっているようで、現在は延長へ向けた話し合いに入っているというニュースもあがってきています。

ブンデスリーガ第28節、フランクフルトはホームで中位のフライブルクと対戦。ここから週末とミッドウィークの試合が続く過密日程となる中、メンバーをローテーションさせたフランクフルトは再び長谷部を守備ラインの中央に置いた3バックに戻し、前節途中出場だった鎌田はトップ下でスタメン出場となります。
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン