冨安健洋

冨安またも左SBで先発、アーセナル大勝で首位堅持 【海外の反応】

今シーズンもイングランドの強豪アーセナルで奮闘している冨安健洋。高い身体能力と確かな技術と読みを武器に、アーセナルではユーティリティ性も発揮して、左右のサイドバックとしてリーグで首位に立つチームに貢献してみせています。

ここのところ補強が当たっているアーセナルは以前より(いくつかのポジションをのぞいて)選手層に厚みが出てきており、冨安も熾烈なポジション争いの中でプレータイムを手にするべくアピールを続けています。サポーターや各記者もそれぞれに起用法に持論があるようで、次の試合で誰をスタメンで出すべきか熱い議論が交わされていました。ここ最近の試合ではジンチェンコが抜けた左サイドバックの穴を冨安とティアニーが埋めており、二人のどちらを起用すべきかは特に熱いトピックになっているようです。

プレミアリーグ第14節、アーセナルはホームで最下位ノッティンガム・フォレストと対戦。前節はリーグ戦で引き分け、先日のELの試合ではアウェーでPSVに敗れており、この良くない流れはチェルシーとの大一番を前に断ち切っておきたいところ。冨安はまたも左サイドバックでスタメン出場となります。
続きを読む

冨安がELで相手エース封じ決勝点もアシスト「マンマークの神」「朝飯にロングボール食ってる」「ワールドクラスアシスト」

今シーズンもイングランドの強豪アーセナルで奮闘している冨安健洋。守備ラインの各ポジションを高いレベルでこなすユーティリティ性、両足で精度の高いボールを繰り出すパス能力、そして強靭な体を活かして相手を寄せ付けない対人能力は海外のサッカーファンにも広く認知されるようになってきました。

今シーズンは怪我により出遅れてしまった冨安ですが、ここのところ徐々にエンジンがかかってきたようで、チームでのプレータイムも順調に伸びてきています。アーセナルの指揮をとるアルテタ監督は冨安の守備能力を高く買っているようで、最近は相手のエースがいるサイドで起用される事が増えてきました。

先日のリヴァプール戦では世界トップクラスのウイングであるサラーを見事に封じ込め話題に。現在プレミアリーグで首位に立つチームで貴重な戦力となりつつあるようで、はたして冨安をどこで起用するのが正解なのか、サポーターやメディアが連日熱く論じています。

ヨーロッパリーグのグループステージ第2節、アーセナルはホームでPSVと対戦。冨安は右サイドバックの位置でスタメン出場となります。この試合で冨安がマッチアップするコディ・ガクポは今冬のプレミアリーグ移籍が噂されており、その移籍先の候補にはアーセナルの名もあがっています。またも相手エースを封じ込めることが出来るのか、注目の一戦のまとめをどうぞ。
続きを読む

またも冨安が複数ポジションをこなしリーズとの激戦で勝利 左CBでの待望論も高まる 海外の反応

昨夏からイングランドの強豪アーセナルで奮闘している冨安健洋。堅い守備と確かな技術をベースにしたパフォーマンスで評価を高めてきており、チームのサイドを安定させる存在として監督からの信頼を得ているようです。

アーセナルは今夏の補強が当たったこともあって、シーズンの立ち上がりで好スタートを切っており、それだけにポジション争いも激化。今シーズンは怪我で出遅れてしまった冨安ですが、ここのところコンディションと試合勘が戻ってきているようで、レギュラーポジションを取り戻すべく奮闘しており、プレータイムを徐々に伸ばしてきています。

プレミアリーグ第11節、アーセナルはアウェーでリーズ・ユナイテッドと対戦。前線から激しいプレスを展開してくるチームが相手とあって、過密日程で戦っているアーセナルには体力的に厳しい展開が予想されますが、優勝争いを続けるためには勝点3を持って帰りたいところ。冨安は再び左サイドバックの位置からスタメン出場となります。

続きを読む

冨安の圧巻パフォーマンスをサポ絶賛 「絶対的な壁」「トミ11人でリーグ制覇できる」「サッカー界で最も多才なディフェンダー」「ゾッとするほど知的」

イングランドの強豪アーセナルで奮闘を続けている冨安健洋。契約時には能力を疑われることもありましたが、実際にリーグでプレーしてみると評価は一変し、今ではチームの確かな戦力として監督やサポーターから信頼される存在となっています。

今季は怪我で出遅れた冨安ですが、途中出場を重ね徐々に調子をあげていき、ここのところやっとフル出場できるコンディションが戻ってきたようです。それでも本人はまだ最高のパフォーマンスには戻っていないとして、ポジション争いにも意欲を燃やしており、過密日程となる10月に向けて準備を進めているようでした。

プレミアリーグ第10節、アーセナルはホームでリヴァプールと対戦。今季序盤は調子が上がっていない相手とはいえ、各ポジションにスター選手が揃っているだけに気が抜けない試合となります。中でも相手のエースであるサラーをどう抑えるかは試合のポイントとして注目されていました。

そして迎えた試合前のスタメン発表、アルテタ監督は左サイドバックに冨安をサプライズ起用。これにはサポーターの反応は真っ二つに割れていました。しかし、いざ試合が始まってみるとサラーは殆ど試合に絡むことが出来ずに沈黙。ボールを預けようにも冨安が弾き返してしまい、プレスにかけて奪おうにも両足でさばいてしまうので網にかからず、リヴァプールのクロップ監督は69分にとうとうサラーをベンチに下げることになりました。

試合はアーセナルがリードする度にリヴァプールが追いかける激しい展開に。それでも76分にサカがPKから3-2とすると遂に勝負が決して、逃げ切ったアーセナルが勝点3を手にし、リーグ首位の座を守りきってみせました。

左サイドの守備を安定させた冨安のパフォーマンスには大きな反応が寄せられており、この試合のマン・オブ・ザ・マッチだったとする声もありました。また、右サイドバックだけでなく左も高いレベルでこなす多才ぶりに再び注目が集まっており、最終ラインをどのメンバーで構成するのが最適なのか熱い議論が交わされているようです。

前回のおかわり記事としてどうぞ。

続きを読む

冨安が左SBでサラーを沈黙させ、競り勝ったアーセナルが首位に 「日本のマエストロ」「怪物的な守備力」

昨シーズンからイングランドのアーセナルでプレーしている冨安健洋。加入当時は知名度が高くなかったこともあって実力を疑問視されていましたが、ピッチで好パフォーマンスを連発するとサポーターからの支持を得るようになり、今ではチームの注目選手の一人として広く認知されるようになっています。

今シーズンは怪我により出遅れたこともあって、リーグではベンチからのスタートが続いていますが、ヨーロッパリーグや代表の試合で試合勘も取り戻してきており、プレーにもキレが戻ってきつつあるようです。しかし、本人はまだトップのパフォーマンスには至っていないとしており、またポジション争いにも意欲を伺わせており、この前向きな態度にはファンも喝采を送っていました。

10月7日に行われたELのボデクリムト戦で冨安は右サイドバックとしてスタメン出場。70分にベン・ホワイトが投入されてからは左サイドバックを務め、また流れの中でセンターバックの位置に入ることもありましたが、各ポジションで高いレベルのプレーを見せたことはファンとメディアから高く評価されていました。冨安のユーティリティ性は過密日程の10月でチームの武器になるとして、これからの連戦での活躍に期待が高まってきているようです。

プレミアリーグ第10節、アーセナルはホームでリヴァプールと対戦。2位のマンチェスター・シティが今節は快勝しており、首位アーセナルとしては強豪が相手の試合とはいえ勝点3が欲しいところ。冨安は左サイドバックの位置でスタメン出場です。
続きを読む

冨安がELで両SBをこなし、チーム最多タッチで快勝に貢献 「正に万能の選手」「信じられない」

昨シーズンにプレミアリーグのアーセナルへと移籍した冨安健洋。移籍当初こそ冨安(を含めた新戦力)の実力は疑問視されていましたが、チームが上位を狙う活躍を見せると評価は一変し、今や押しも押されもせぬ注目選手の一人となっています。

今夏も補強が上手くいったアーセナルはシーズン序盤で好発進。順調に勝ち星を積み上げてきており、リーグでは7勝1敗の勝点21としており、マンチェスター・シティをおさえて順位表のトップに立っています。

残念ながら怪我で出遅れた冨安は途中出場が続いており、「勝っているチームはいじらない」の鉄則をアルテタ監督が守っている中、なかなかスタメンのチャンスが巡ってきていない状況です。昨季のパフォーマンスで冨安の実力が分かっているファンは、この状況を歯がゆくも感じているようで、どうにか冨安をスタメンで使えないか知恵を絞っている様子。日本代表では左のセンターバックに入ることもあるだけに、サイドバックではなく中央で起用できないかという提案の声も大きくなってきているようです。

ヨーロッパリーグのグループステージ第3節、アーセナルはホームでボデ/グリムトと対戦。グループ首位となれば次ラウンドにダイレクト進出できるとあって、アーセナルとしてはホームできっちりと勝点3をとっておきたいところ。冨安は右サイドバックに入ってスタメン出場となります。
続きを読む

冨安がELでフル出場し勝利に貢献 「間違いなく右サイドバックのナンバーワン」「絶対的な存在」

昨夏にプレミアリーグのアーセナルへと移籍した冨安健洋。移籍当初こそ実力を疑問視したメディアとファンから逆風が吹いたものの、ピッチで好パフォーマンスを見せると状況は一変し、今ではチームの右サイドを支える貴重な戦力として一定の評価を得ています。

昨シーズンのアーセナルは開幕直後こそ躓いたものの、冨安ら新戦力がフィットしてからは徐々に順位をあげるようになり、下馬評を覆す旋風を巻き起こしました。しかし、終盤には選手層の薄さが響き、主力が抜けた穴を埋めきれずに失速。惜しくもCL圏内には手が届きませんでした。今夏の市場では特に問題視されていたセンターフォワードや左サイドバックの補強を進めており、新戦力は早くもアルテタ監督のサッカーにハマりだしているようで、今季ここまで5勝1敗と好スタート。リーグで首位に立っています。

今季の冨安は怪我の影響から出遅れており、ここまでベンチからのスタートが続いています。徐々にプレータイムを伸ばしている状況ですが、サポーターからのパフォーマンスに対する評価はポジティブなものが目立っていました。右サイドのエースアタッカーであるサカを活かすためにも、冨安をスタメン起用すべきとの声もあり、メディアからも待望論がでてきているようです。

ヨーロッパリーグのグループステージ第1節、グループAに入っているアーセナルはアウェーでチューリッヒと対戦。1位抜けするためにはアウェーとはいえ勝点3を手にしておきたい一戦となります。冨安は今シーズン初めてとなるスタメンで、定位置の右サイドバックの位置に入ります。
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン