冨安健洋

冨安が今節のベストイレブンに サポーター投票でもMOTMに輝き人気も急上昇中

今夏の移籍市場でアーセナルへのサプライズ移籍をはたした冨安。順調にキャリアを歩んできた22歳の冨安ですが、入団時にはアーセナルで活躍できるか疑問視する声もあり、サポーターもチームの流れが悪い中で悲観的な考えを持っていた人もいたようです。

しかし、デビュー戦でハツラツとしたパフォーマンスを見せ、続くバーンリー戦でもデュエルで無双してみせると、メディアとファンの反応の流れに変化が。サイドバックとしては高いフィジカルを活かした対人、両足で蹴ることができるスキルを活かした打開力など、チームが求めていた能力の全て備えた選手だとして称賛されていました。

続く3試合目の相手であるトットナム・ホットスパーは、これまでと比べると戦力が揃っているチームだけに、冨安にとっては試練となると考えられていました。しかし、この試合でも見事なパフォーマンスを見せ、3-1と快勝した試合でサポーターはマン・オブ・ザ・マッチに冨安を選出。Mirrorは今節のベストイレブンとしており、トットナム戦の内容は「これまでで最も素晴らしいものだった」と絶賛されていました。

前回のおかわり記事として、どうぞ
続きを読む

冨安が躍動しアーセナルがトットナムに快勝 「冨安の存在がアーセナルを変えた」「求めていたものを全て備えてる」

今夏の市場のデッドライン日にアーセナルへのサプライズ移籍をはたした冨安。開幕ダッシュに失敗し、ファンの間にネガティブな雰囲気が広がっていた中での移籍とあって、入団に対しては期待と不安が入り交じる反応があったものの、ここ2試合の好パフォーマンスで一気に流れが変わってきています。

アーセナルの4バックの右サイドに入っている冨安ですが、左サイドのティアニーらが攻める場面では3バックの右にシフトする時間帯もあり、また右センターバックのホワイトのカバーをする事も多く、守備的なサイドバックとしてチームの安定化に貢献。冨安が最終ラインに入ってからの2試合は連続でクリーンシート勝利を達成しています。

サポーターの反応としては空中戦、デュエル、クロスに対する対応など、守備におけるフィジカルやスキルに対するものが多いようで、近年のアーセナルには珍しい「強い」サイドバックだとして加入が歓迎されていました。一方、ここ2試合は下位が相手だったとして、強豪との試合でパフォーマンスを見るまでは判断を保留するという声もあるようです。メディアはこの2試合で見せた数字に注目しているようで、高いデュエル勝率を残した冨安をサポーターの新たなお気に入り選手として讃えていました。

プレミアリーグ第6節、アーセナルはホームでトッテナム・ホットスパーと対戦。昨シーズンこそ7位とやや順位を落としたものの、近年は安定して欧州圏内に入ってきている強豪が相手とあって、冨安にとっては真価が問われる試合となりそうです。
続きを読む

冨安フル出場しデュエル全勝で勝ち点3 「トミはスターになる」「プレミア5年目みたい」

渡欧後も着実にキャリアを積み重ね、22歳にしてプレミアリーグのアーセナルへの移籍を掴み取った冨安。加入決定時、サポーターからは期待と不安が入り交じる反応を寄せられていたものの、先日のデビュー戦では見事にポジティブな内容を示し、新天地で上々の滑り出しとなりました。気合が入りすぎたのか試合後半には足をつって交代となったものの、数々の空中戦に競り勝ち、ハーフタイム直前の場面では惜しいボレーシュートを放つなど見どころもたっぷりでした。

この好パフォーマンスには現地メディアも大きな関心を寄せたようで、現在はハイペースで特集記事があがってきています。監督やOBが讃えたコメントなどが伝えられ、また冨安がどういった特徴や履歴をもった選手なのかも改めて紹介されていました。

プレミアリーグ第5節、アーセナルはアウェーで下位バーンリーと対戦。前節にシーズン初勝利を手にしたアーセナルとしては、良い流れに乗るためにも勝ち点3が欲しいところ。冨安は再び右サイドバックに入って先発出場となります。
続きを読む

冨安がデビュー戦で空中戦に勝ちまくり、アーセナル今季初勝利 「本物」「愛してる」「完璧だ」「お買い得」

若くしてベルギーのシント・トロイデンでブレークをはたし、その後にイタリアのボローニャへ移籍した冨安。今夏に行われた東京五輪で奮闘しただけでなく、すでにA代表でも20試合以上に出場しており、はやくも日本を代表するディフェンダーの一人となっています。

ボローニャでは右サイドバックとしてプレーすることが多く、相手チームのエースアタッカーと対戦することもしばしば。昨季はセンターバックとして起用される機会も増え、イタリアの厳しい環境で揉まれてきました。ボローニャのミハイロビッチ監督も冨安の才能には太鼓判を押しており、あとは狡猾さや意地の悪さを身につけるだけだとコメントしています。

サイドバックとセンターバックを高いレベルでこなせる有望な若手ということで、移籍の噂が絶えなかった冨安ですが、ここしばらくはトッテナムへの移籍が有力視されていました。しかしトッテナムがバルセロナのエメルソン・ロイヤルを獲得する見込みとなったことで話は立ち消えになったようで、移籍市場が閉まる間際になってアーセナルとの話が浮上。そして先日、メディカルチェックを終えた冨安と契約を結んだことをアーセナルが公式サイトで発表。冨安の次の挑戦の舞台はイングランドということになりました。

アーセナルは今シーズンの開幕ダッシュに失敗しており、ここまで3戦全敗で0得点9失点と厳しい状況。攻守に課題が多い状況で、冨安がどのように存在をアピールしていくのか注目が集まります。プレミアリーグ第4節、アーセナルはホームでノリッジと対戦。スタートで転んだチーム同士の試合とあって、アーセナルは立て直すきっかけを掴むために何としても勝ちたいところ。代表ウィーク明けの冨安はいきなりのスタメン起用で4バックの右サイドに入ります。
続きを読む

冨安が躍動しパルマに快勝 「鉄壁のトミ」「絶えず成長してる」「ジェルビーニョをロッカールームから出さなかった」

今シーズン、当初はセンターバックを務めるも、もう一つ調子があがってこなかった冨安。チームの失点も目立ち、これまでのようなインパクトを残せない試合が続いていました。しかし、昨季にコンバートされたサイドバックに入るようになると、攻守にダイナミックなプレーが再び見られるようになり、ここのところチームと共に復調してきています。

先日には1月のMVP投票の結果が発表され、冨安は2位に入っており、サポーターからの評価も高かったことが分かっています。メディアの冨安関連記事も増えてきているようで、獲得を狙っていると噂されるチームの話もまた聞こえてくるようになってきました。一方、ミハイロビッチ監督はディフェンダーとしての狡猾さこそ課題としてあげていたものの、総合的なポテンシャルは高く評価しているようです。

セリエA第21節、ボローニャはアウェーで降格圏に沈むパルマと対戦。まだまだ下位チームとは距離をとっておきたい勝ち点のボローニャとしては、しっかり勝利して連敗の悪い流れを断ち切りたいところです。
続きを読む

冨安がCBに入りボローニャ今季初勝利 そしてACミランが冨安獲得に乗り気との報道が 「どこで起用しても素晴らしい選手」

ベルギーでのブレークを経て、イタリアのセリエAへと活躍の舞台を移した冨安。移籍初年度の昨シーズンはチームの戦力的な事情もあって右サイドバックに挑戦することとなり、サイドで各クラブのエースアタッカーとタフな勝負を何度となく繰り広げました。

守備で失点に絡む試合もあったものの、確かなフィードと堅い守備で見せ場を作ることもあり、イタリアのサッカーファンの中での知名度を高まってきた様子。今シーズンは本職のセンターバックで起用されており、また新たな勝負が始まることになりそうです。

先週の開幕戦ではアウェーでミランに完封負けしてしまったボローニャ。冨安はイブラヒモビッチを相手に奮闘しましたが、力及ばず2点を奪われ、チームは内容的にも厳しいシーズン開幕となってしましました。続く第2節、ボローニャがホームで対する相手は昨シーズン11位のパルマ。冨安はセンターバックの位置に入ってスタメン出場となります。
続きを読む

ミラン戦で冨安の豪快弾が炸裂 ミランサポ「この日本人選手を買うんだ」

昨シーズンにベルギーと日本代表でブレークしたことで、海外からも注目されるディフェンダーとなった冨安。まだまだ若いこともあって、今後どういった選手になるか楽しみにしているファンは海外にも多いようです。

その冨安が次の挑戦の舞台として選んだのはイタリアで、現在はボローニャでサイドバックとセンターバックと2つのポジションをこなしています。開幕から順調にプレータイムを伸ばしており、しっかりとしたボール扱いと基礎技術はイタリアでも注目され、ユーティリティ性の高いディフェンダーとしてメディアとファンの興味を引く活躍を見せています。

一方、ボローニャはヨーロッパリーグ圏内を目指して戦っていましたが、ここのところ調子はもう一つ。冨安も失点に絡む場面があり、さすがにレベルの高いイタリアのアタッカー陣に揉まれる場面も散見されます。欧州のトップリーグでの経験を積んで、ここからどう成長していくのか気になるところ。

イタリアリーグ第34節、ボローニャはアウェーで上位のACミランと対戦。ミランはローマやナポリと熾烈なヨーロッパリーグ圏内争いを繰り広げている最中で、ボローニャの守備は猛攻に晒されることが予想されます。先日のナポリ戦ではセンターバックに入った冨安でしたが、この試合では再び右サイドバックの位置からスタメン出場となります。
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン