久保建英

久保は後半から出場 ビジャレアルがプレシーズンマッチ初戦で快勝

昨夏にレアル・マドリーへ移籍し、世界的に注目される選手となった久保。当初はカスティージャの一員として3部でプレーする予定だったところを志願してレンタル移籍し、昇格組のマジョルカでプレー、数々の印象的なパフォーマンスを披露してみせました。スペインリーグでやるだけの力があるかを疑問視する声もあった昨シーズンでしたが、まずは下位クラブでエースとしてプレーしてみせ、一つのハードルを越えたところです。

昨季の途中から広く注目されていた久保の次の所属先ですが、久保が数あるカードから選んだのは昨シーズンにリーグ5位だったビジャレアルでした。ヨーロッパリーグの出場権を手にし、リーグの上位を目指すチームでどれだけ力が通用するか。昨季からの良い流れを続けていけるのか現地でも注目されているようです。

ビジャレアルはエースのサンティ・カソルラが抜けたこともあって、オフシーズンでは積極的に補強を行っており、久保が昨季プレーしたマジョルカと比べると選手層には明らかな違いが。中でもチュクウェゼはポジションが被っていることで、久保がポジション争いに勝てるのかを気にする声があがってきており、出場するのであればマジョルカ時代とは違う起用法になるのではないかと予想するファンもいるようです。

そんなビジャレアルですが、リーグ開幕を前にプレシーズンのトレーニングを進めており、いよいよプレシーズンマッチを行う段階に入ってきました。初戦の相手は2部に昇格したFCカルタヘナ。前後半でメンバーを入れ替えたこの一戦、久保は後半の頭からのスタートとなります。
続きを読む

久保は新シーズンをビジャレアルで過ごすことに クラブの入団会見で抱負を語る

昨夏にレアル・マドリーへと入団してから世界的に注目される選手となってきた久保。レンタル先のマジョルカで好プレーを見せたことでファンとメディアからの注目度が上昇し、新シーズンはどこでプレーすることになるのか海外でも広く注目されていました。

そして先週、ビジャレアルとレアル・マドリーの間で1シーズンのレンタル(買取オプションなし)で合意がとれたとスペイン各紙が報道。かなり断定的な伝え方で、確度の高そうな報じられ方であったものの、移籍市場では飛ばし記事が行き交うのも日常茶飯事とあって、両クラブからの公式発表が待たれていました。

そして先日、ビジャレアルがプレシーズン開始を前にメディカルチェックを久保が受けた事を明かし、続いて久保の期限付き移籍を公式サイトで発表。移籍市場の序盤に決まった、この話はスペインでも大きな話題となったようで、SNS上で大きな反応があったようです。

レアル・マドリーのファンは今回のレンタルを概ねポジティブなものと捉えているようで、次々に有力選手を獲得し、またヨーロッパリーグでも戦うビジャレアルで久保がどういったプレーをするのか楽しみにしているようでした。一方のビジャレアルも久保の加入を歓迎している様子。一方で抱えている戦力をどのように活用するのかも注目されているようで、久保がどのポジションで起用されるか、あるいは出場できるのか、議論が盛り上がっているようです。

今回は久保のビジャレアル期限付き移籍に関する話題を再びまとめてみました。
前回の続きとしてどうぞ。
続きを読む

ビジャレアルが久保の期限付き移籍を公式発表 昨季5位の強豪で新たなステージへ

2019-2020シーズンにスペインのマジョルカでセンセーションを巻き起こした久保。バルセロナの育成を経由してレアル・マドリーへと移籍したことで話題となったものの、ラ・リーガのデビューシーズンではパフォーマンスでも好印象を残し、今や多くの海外サッカーファンから将来を楽しみにされる選手となりました。

マジョルカへのレンタルは1シーズン契約だったことで、シーズン途中から既に次の所属先をどうするかが主にレアル・マドリーのファンにとって大きな話題となっていました。また、シーズン終盤からは来季の予測報道が加熱し、数々のクラブが獲得争いを繰り広げているとの報道があり、行く先が広く注目されるようになります。

セビージャ、オサスナ、バイエルンなど、様々なクラブの名があがったオフシーズンでしたが、先日のスペインでの報道では既にビジャレアルとレアル・マドリーが1シーズンのレンタル移籍で合意に達しているとされ、一両日中には公式発表があると伝えられました。このニュースにレアル・マドリーのファンからは賛否両論があったようですが、ヨーロッパリーグに出場するチームに行けることを肯定的に捉えている人は多く、注目点としてプレータイムとポジション争い、そして監督の育成手腕があげられていたようです。

そして8月11日、ビジャレアルが公式サイトで久保の期限付き移籍を発表。2019-2020シーズンではリーグ5位に食い込んだチームで、新たな挑戦を始めることとなりました。
続きを読む

久保がビジャレアルへ期限付き移籍か 新シーズンではELでのプレーも 「これは素晴らしいニュース」

昨夏にレアル・マドリーへと移籍したことで、世界的に注目される若手選手となった久保。当初はバルセロナの育成出身という話題が先行した形だったものの、プレシーズンでプレーを見たチームのファンとメディアが将来を嘱望するようになっていき、今後どういった場で育てていくことがベストなのか広く議論されるようになっていきました。移籍当初は3部のレアル・マドリー・カスティージャで揉まれてから機を見てトップチームでの出場をうかがうというのがクラブが用意したプランだったようですが、シーズン開幕を前に久保の意向から1部の昇格組であるマジョルカへとレンタル移籍することが決まります。

残留へ向けて戦力を補強したかったマジョルカ側と1部での経験を積んでいきたい久保とで条件が一致したとはいえ、シーズン前のキャンプに参加できなかったことで出遅れのスタートとなった久保。2部の昇格プレーオフを勝ち上がってきたマジョルカは、ある程度チームの枠が出来上がっていた状態ということもあって、シーズン序盤はベンチから出場機会をうかがうことになります。それでもピッチに立てば存在感を発揮し、ファンとメディアは強烈なパフォーマンスに熱狂するようになっていきました。やがてシーズン中盤になる頃にはレギュラーの座を掴み、成功率の高いドリブル突破をベースに武器の少ないマジョルカ攻撃陣を支える存在としてリーグで頭角を現していきます。

その後、新型コロナウイルスの流行により中断期間が挟まれたスペインリーグでしたが、明けてみるとマジョルカでの久保の立場に大きな変化が見られるようになります。それまでは前線でボールが回ってくることは稀だったはずが、中断明けからはチームメイトが積極的に久保を探すようになっており、チームのメインアタッカーとして相手に何度となく勝負を仕掛ける場面が見られるようになっていきました。中でもバルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーといった強豪相手に華麗な崩しを成功させた場面は海外でも広く報じられ、ルーキーシーズンながらスペインを代表するディフェンダーと堂々と渡り合う久保の存在が一段とクローズアップされるようになっていきます。

残念ながらマジョルカの残留はならなかったものの、スペインでのプロデビューシーズンで強烈な印象を残したことで、久保を巡って欧州各国のクラブが激しい争奪戦を繰り広げるようになります。レアル・マドリーの非欧州選手の枠が埋まっている現状から新シーズンでも引き続きレンタルに出される可能性が高く、既に実力を証明済みで、マーケティング面でも実績があるとして、30を越えるチームからレアル・マドリーのもとに話が届いていたとされ、最終節を終えてからは更に報道が加熱。現在はどのクラブが獲得レースのトップに立っているのか、様々な憶測を交えた記事が飛び交っていましたが、遂に話がまとまったのではないかとするニュースが飛び込んできました。

現地では複数のメディアがビジャレアルへのレンタル移籍で話がまとまった(寸前だ)と報道。ビジャレアルは2019~2020シーズンに5位につけたチームで、新シーズンではヨーロッパリーグの出場権を手にしており、昨季に下位チームでの戦いを経験した久保にとってはステップアップとなるレンタルとなります。ビジャレアルは看板選手のサンティ・カソルラ(2019~2020シーズンはリーグで11ゴール9アシストをあげ、sofascore平均採点でチームトップ)の移籍が既に決まっていることもあって、リーグとELで戦う上で夏の市場での補強が必須という状況。久保にとっては、上位争いを目指すチームでこれまでより激しいポジション争いに巻き込まれるのは必至であり、またピッチに立ったとしても、リーグのみならずELの日程もあり、これに代表への招集も加わってくるとなると、コンディション維持などの新たな課題とも直面することになりそうです。
続きを読む

マジョルカは久保に別れの言葉を送り、レアルの注目は来季の所属先へ「19歳にして難しい時期にチームを背負ってくれてありがとう」

育成時代を過ごしたバルセロナのライバルチームに移籍するという衝撃的な昨夏のニュースから約1年。久保建英のスペインでのプロとしての初シーズンが幕を閉じました。

レアル・マドリーでの当初のプランは3部のカスティージャで経験と積みつつトップチームでの出場を狙うというものでしたが、久保は1部で修行すべくレンタル移籍を希望し、今季の昇格組だったマジョルカでプレーすることを選択しました。レンタルされてからは、プレシーズンに参加できなかったことも響き、先ずはベンチからのスタートとなったものの、出場する度に好印象を残し、徐々にプレータイムを積み重ねていきます。そしてリーグ中盤に差し掛かる頃にはレギュラーポジションを確保。コロナウイルスの流行によるリーグ中断が明けてからは、攻撃のエースとしてチームを引っ張る役割を担うようになりました。

久保が今シーズンに残した数字に関しては、レアル・マドリーのサポーターからの意見は割れているようで、マドリーで出るには十分な結果ではないとする意見や、マジョルカのチーム状況を考えれば見事なものだとする声、あるいはそもそも数字が重要な選手ではないとする人もいるようです。一方でプレーの特徴に関しては今季のパフォーマンスで一定の理解が得られたようで、中でもリーグでも屈指の結果を残したドリブル突破はトレードマークともなっている様子。スピードやフィジカルが不足しているのではないかという指摘は引き続き根強いものの、連携力、知性、冷静さ、また衰えることのない前への意識などはシーズンを通して評価を集めるポイントとなっていたようです。

スペイン1部リーグは今シーズンの全ての日程を終え、マジョルカは残念ながら降格となってしまいました。久保は自身のインスタグラムでクラブのサポーターに別れの言葉を送っていましたが、サポーターからは温かい返事があったようです。また、最終節の結果から来シーズンのチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグの出場権を手にするチームが確定したことで、久保の所属先をどこにすべきかという話題が再び盛り上がっているようです。
続きを読む

久保がリーグ再開後に奮闘するもマジョルカが降格「さよならマジョルカ、久保はマドリーへ」

昨夏に世界的クラブであるレアル・マドリーへと移籍したことで海外からも注目される選手となった久保。スペインでのプロとしての初シーズンは昇格組のマジョルカへのレンタルとなり、当初こそベンチスタートの試合が続いたものの、出場する度に好プレーを見せ、やがてスタメンの座を確保してみせました。

新型コロナウイルスによる中断が明けてからは、残留へ向けて戦っているチームで攻撃のエースとしてプレーするようになり、強豪相手にもドリブルやパスを駆使して守備を崩してみせ、海外のサッカーファンとメディアを沸かせています。

先ずは3部のカスティージャで下積みという話だったはずが、マジョルカでレギュラーを確保すると、ファンやメディアからはレアル・ソシエダを筆頭にスペインクラブへのレンタルを視野に入れるべきという意見があがってくるようになりました。そして、ここのところの好調ぶりに、来シーズンはレアル・マドリーへ戻すべきではないかとする声も増えてきており、最低でも欧州を舞台に戦うCLEL出場クラブへレンタルすべきではないかとする意見も目立っているようです。

ここのところ奮戦しているものの未だに降格圏に沈んでいるマジョルカ。逆転残留を手にするには残り2試合を連勝し、他クラブが試合を落とすことを祈る他ない状況となっています。

リーグ第37節でホームに迎える相手は9位のグラナダ。ここのところ疲労の色が濃い久保ですが、この試合でも右ウイングに入って先発出場です。
続きを読む

久保は「一時代を築く」「世界的スターになるための全てを備えている」 来季の所属先についてはファンの議論が白熱

今季開幕以降、試合に出る度に評価を高めてきている久保。スペインのプロリーグで初のシーズンを送る中で、数々のハードルを乗り越えて、今やエースとして残留争い中のチームを牽引しています。

中断明けからはチームもプレースタイルを変えて、明らかに久保にボールを集めて攻撃を組み立てるようになってきています。当然のことながら相手も久保対策を進めてきていますが、久保がためてサイドの裏に走り込んだり、久保がドリブル突破とパスを使い分けて崩したり、久保のサイドに守備が寄ったところで逆サイドを突いたりと、マジョルカも相手の戦術を逆手にとった狙いを見せています。

先日のレバンテ戦でマジョルカは久保にボールを集めすぎることなく試合を進めていましたが、久保は連戦の疲れが残っている様子もあった中、要所でクオリティの高いプレーを見せていました。試合の終盤にはドリブルで持ち込んでシュートまで持っていき、その後の一連のプレーのこぼれ球を押し込んで、チームの勝利を決定づけるゴールを決めました。

残留争い中のマジョルカに希望をもたらす活躍をしたことで、スペインリーグ公式や各メディアが久保のパフォーマンスをクローズアップ。リーグ再開後の絶好調ぶりをまたも印象づけた形で、レアル・マドリーサポーターの間では来シーズンの久保の所属先をどこにすべきかの議論が更に白熱してきているようです。

前回のおかわり記事としてどうぞ
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン