五輪代表

日本のカタール戦、審判の不可解な判定には海外記者も困惑「ゾッとする無能か買収」

東京五輪を前にU23アジア選手権を戦っている日本代表。

開催国として既に出場権は手にしていますが、本番を前に厳しいコンディションを経験するという意味でも、今後の選手選考へ向けたアピールという意味でも、東京へのチケットをかけて真剣勝負を行う各国の中で自分達の力を試す格好の機会となります。

しかし、トーナメントのグループステージで連敗スタートとなった日本は最速で敗退が決定。貴重な実戦の場が少なくなったこともそうですが、チームが機能不全に陥っていることも不安材料で、ベストメンバーを組めなかったとはいえ、ここまで先行きが案じられるパフォーマンスとなっています。

日本にとって大会最終戦となるグループステージ第3節の相手はカタール。まだ決勝トーナメント進出の可能性を残している相手との試合で、日本は最後の意地を見せることが出来たのか。審判の不可解な判定に海外からも様々な意見が寄せられた試合のまとめをどうぞ。
続きを読む

日本がU23アジア選手権で敗退 海外サッカーファンにも衝撃が走る「森保解任が唯一の道かも」

開催国として既に東京五輪の出場権を手にしている日本ですが、現在はオリンピックのアジア予選も兼ねたU23アジア選手権に出場中です。

夏に自国開催の五輪を控える日本にとって選手選考とテストを兼ねた貴重な真剣勝負の場と位置づけられた今大会。この時期のタイの気候や日程面での厳しさから、日本にしてみれば(勝ち進むことが出来れば)本番を前にタフな状況を体験しておくチャンスとなります。ところが、主力組の多くがシーズン中の欧州クラブに所属していることから、本番を前に中々ベストメンバーを揃えられないでいる日本は、この大会もエース不在のまま挑むことに。裏を返せば、今大会に参加する選手達にとっては夏の五輪へ向けた絶好のアピールの場ともなります。

しかし、先日に行われた大会の初戦ではサウジアラビアに1-2と敗れてしまいます。クロスと縦のボールを前線にシンプルに送り込むサッカーを展開した日本でしたが、肝心のパスの精度が低く、トップは孤立しシャドーは浮いた形となるなど全体のパーツが噛み合わず、今後に不安を残すパフォーマンスとなってしまいました。

続くシリア戦でも課題が解消されることはなく、サイドの選手が激しく上下動をして放り込むだけのサッカーとなり、実に30本を越すクロスを入れたもののゴールは左で奮闘した相馬の1点にとどまり、試合終盤にシリアのカウンターに沈み試合に敗れてしまいました。この結果、上位2チームに入ることが絶望的となった日本はグループステージでの大会敗退が決定。この結末は海外のサッカーファンにとっても衝撃的だったようで数々の反応があったようです。
続きを読む

久保と堂安が合流もU22日本はコロンビアに0-2で敗れる 海外の反応

来年夏に行われる東京五輪へ向けて強化を進めているU22日本代表。夏にはトゥーロン国際大会で準優勝し、先月には遠征でブラジル代表を倒すなど、ここのところ本番へ向けて勢いのあるパフォーマンスを見せています。

今回の代表ウィークでU22代表は海外組8名を含む「現時点でのベストメンバー」を招集。これまでA代表でプレーしていた堂安と久保も五輪チームへと合流し、いよいよチームの融合を図っていく段階へ突入してきました。しかし、中盤で存在感を放っていた田中碧など数選手が怪我のために不参加になっており、空いたポジションを誰がどのように埋めてアピールするのか、18の枠をかけたサバイバルが気になるところです。

11月14日にチームはサンフレッチェ広島と35分のトレーニングマッチを行いました。横内コーチは試合の中でメンバーを大きく入れ替えて、それぞれの状態をチェックしていたようです。後半には久保から上田へのパスで決定機を作る場面もありましたが、試合には1-0で敗戦。選手のコンディションにバラつきがあったようで、そこから数日間でどれくらい調整が進んだのかがコロンビア戦の鍵となりそうです。

東京五輪の男子サッカー競技では、日本(開催国)、ニュージーランド(オセアニア予選1位)、スペイン、ドイツ、ルーマニア、フランス(UEFA予選トップ4)と6チームの出場が既に決まっています。コロンビアの所属するCONMEBOLからはまだ出場国が決まっておらず、来年の1月~2月へかけてコロンビアで予選が行われる予定。予選のホスト国であるコロンビアは当然意気込み十分なようで、今回の遠征には海外でプレーする選手を8人招集しています。
続きを読む

U22日本がアウェーでブラジルに勝利 トゥーロンでの借りを返し東京五輪へ弾み

来夏に行われる東京五輪へ向けて準備を進めている日本のU22代表。既にA代表の常連となっているメンバーもいて、有望選手がひしめく期待の世代となっています。

その五輪代表は10月の代表ウィークを使ってブラジルに遠征中です。先日にはU20サンパウロFCに3-0と快勝。相手がクラブチームということと年齢差もあって、日本が押し込む展開となり、決定機を数多く作っての勝利でした。一方で横内監督代行は試合後に「最後のクオリティが足りなかった」と反省材料もあげており、フィニッシュ面での課題は本番までにしっかりと取り組んでいかないといけない点となりそうです。

そして遠征の締めとして組まれているのが、サンロレンソ・ダ・マタで行われるU22ブラジル代表との一戦。選手達にとってはスター予備軍を擁する強豪とアウェーで戦える貴重な機会でもあり、五輪へ向けてアピールする絶好の場ともなります。このブラジルの五輪チームとは、今夏にトゥーロンの決勝でもぶつかっており、この試合では惜しくもPK戦で敗れてしまいました。


今回はU22日本代表がアウェーでブラジルにトゥーロンでの借りを返した一戦のまとめをどうぞ。
続きを読む

日本がスウェーデンに勝利するもグループステージ敗退 海外の反応(追記済)

リオ五輪で男子サッカーのグループステージを戦っている日本代表。第3戦の相手はスウェーデンです。

日本とスウェーデンは共に自力突破の目がなくなったものの、同時開催されるコロンビア対ナイジェリアの試合結果次第では、まだまだ決勝トーナメント進出の可能性が残されています。

ここまでの2試合で守備が崩壊してしまった日本ですが、第2戦では気持の入ったパフォーマンスを見せてもおり、修正の兆しは見えてきています。

はたして大事な一戦で人事を尽くせるのか。注目の試合のまとめをどうぞ。

*この記事は追記済みです
続きを読む

日本が2点ビハインドから追いつきコロンビアと引き分け 海外の反応(追記済)

大事な初戦を落としたことで、早くも逆境に立たされた日本。第二試合のコロンビア戦で敗れるとグループステージでの敗退が決まってしまいます。前日会見でメンタル面の立て直しの必要性を強調した手倉森監督ですが、スタッフ陣と選手達はチームを修正することができたのでしょうか。

一方のコロンビアも初戦を引き分けたことで決して余裕がある立場ではなく、現地紙も日本戦では勝利が必要と書き立てていました。

際どい立場に追い込まれながらも粘りを見せた一戦のまとめをどうぞ。

*この記事は追記済です
続きを読む

五輪サッカー、日本の守備が崩壊しナイジェリアに敗れる 海外の反応(追記済)

いよいよ始まる五輪男子サッカー。

グループリーグ、日本の初戦の相手はナイジェリア。到着前のごたごたで世界的ニュースになったイーグルスですが、アフリカ予選の大会を優勝して通過してきた強豪チームです。

今回はアジア王者とアフリカ王者が激突した五輪初戦のまとめをどうぞ。

*この記事は追記済です
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン