海外の反応

酒井がゴールを決めマルセイユEL準決勝進出 UEFA公式「酒井が最高の選手だったかもしれない」

今シーズン、リーグでもELでも好調なパフォーマンスを見せていたマルセイユ。酒井もリーグで2000分を越える出場時間を得て、その両サイドでの堅い守備はメディアから注目されており、サポーターも2シーズン目となる日本人サイドバックを高く評価するようになってきています。

しかし、ここのところの過密日程もあって怪我人が続出し、チームは苦しいローテーションを強いられることに。酒井も代表ウィーク前に行われたリヨンとの大一番で負傷交代となり、その試合に敗れたマルセイユはCL圏内から後退してしまいます。EL準々決勝ではブンデスリーガのライプツィヒとの対決となりましたが、こちらもアウェーのファーストレグを落としてしまい(1-0)、マルセイユはリーグでもELでも追い詰められることに。

それでも酒井に続きエースのトヴァンも戦線に復帰。マルセイユは満員のヴェロドロームスタジアムでEL準決勝進出をかけてライプツィヒを迎え討ちます。

そして始まったELセカンドレグ。酒井は最終ラインの右に入ってのスタメン出場(28分にサールが負傷交代したことでフォーメーションが代わり、そこからは一列前でプレー)。しかし、開始早々にライプツィヒがゴールを決め、マルセイユが逆転するには3点が必要な状況となってしまいます……
続きを読む

W杯まで2ヶ月、西野朗新監督が就任会見 海外の反応

本大会の2ヶ月前にヴァヒド・ハリルホジッチ監督を解任するという決断をした日本サッカー協会。

前回大会の反省を踏まえて、日本に足りなかった「引き出しを沢山持っている」という方向性で指導者選びをしていた技術委員はメキシコのハビエル・アギーレ監督を招聘。しかし、同監督が過去に八百長に関与した疑いがあると告発されたことで、アジアカップ敗退後に契約が解除されます。その後を継ぐ人物として白羽の矢が立ったのはヴァヒド・ハリルホジッチ監督。2014年のW杯ブラジル大会では相手によってフォーメーションを使い分けるサッカーでアルジェリアをベスト16に導いた実績を持つ人物です。

これまでのポゼッション重視のスタイルとは打ってかわり、個の対人による応戦や縦へのスピードを意識したリアクションよりのサッカーを指向したハリルホジッチ監督。最終予選こそ勝ち抜きましたが、内容面では「引き出し」が増えるというよりも根本的な大改造となってしまい、これまで協会が公開していた育成プログラムとは正反対のパフォーマンスが選手に求められることになり、生じた齟齬は誰の目にも明らかなものとなっていきます。

本大会のチケットを手にした後の親善試合でも内容と結果が出せず、協会の田嶋幸三会長は「様々な要素」を総合してハリルホジッチ監督の解任に踏み切ります。後任は技術委員長の西野朗氏に(技術委員には強化担当と育成担当と二人の委員長がいたが、西野氏の就任後にトップ1人の体制に変更された。アギーレ氏やハリルホジッチ氏らを招聘した際に中心的役割を担った霜田正浩氏は既に辞任している)。就任会見で西野監督は前監督の要求してきたものも当然必要としつつも、「日本化したフットボール、構築してきたものがある」と、ドラスティックな方向転換を志したここ数年の流れとは異なる内容を語っていました。
続きを読む

Jリーグ第7節 アディショナルタイムゴール 海外の反応

今年はワールドカップイヤーでスケジュールがパンパンということで、ここから怒涛の連戦に入るJリーグ。各チームは総力戦で試合にのぞむことになります。既に怪我でキープレイヤーを欠いているチームとしては、更に苦しいローテーションを強いられることになり、シーズン序盤にして早くも踏ん張りどころがやってきたといった感じでしょうか。一方、中にはシーズン前の怪我から選手が復帰してきているチームもあり、まだまだ現在の順位表だけでは測りきれない戦力分布となっています。

リーグはここまで6試合を消化。サンフレッチェ広島が唯一の無敗チームとして首位に立っています。総得点こそ6と平凡な数字ですが、失点は僅か1のみという堅守が光っているチーム。一方、順位表の下を見てみると、いまだ未勝利の長崎とガンバは早くも失点数が二桁となっており、広島とは逆に序盤戦で守備の構築に失敗してしまったことが分かります。

海外のJリーグ関連記事でも広島の好調ぶりを伝えるものがいくつか。中でも注目されているのは守備力で、シーズンこの先まだ分からないとされながらも、早くも優勝候補として注目が集まっています。

平日のほぼ一斉開催ということで多少短めですが、第7節の海外反応をどうぞ。
続きを読む

ハリルホジッチ監督解任 海外の反応

本日、日本サッカー協会の田嶋幸三会長がヴァヒド・ハリルホジッチ日本代表監督の解任を決めたことを発表しました。既に監督には直接伝えられているそうで、後任監督については午後4時の記者会見で発表されるとのこと。アジア地区予選を勝ち抜き本大会へのチケットを手にした代表ですが、ここのところ不調なパフォーマンスが続き、ロシアでのパフォーマンスが危ぶまれていた矢先の電撃的発表でした。

このニュースは昨晩遅くの各紙報道にあわせて直ぐに海外にも拡散され、特にハリルホジッチ監督と縁の深いフランス語圏で大きな反応がありました。監督はコートジボワール代表を率いていた際にもアフリカ最終予選突破を決めた後に解任されており、本番の数ヶ月前に代表チームから離れることになるのは二度目ということになります。
続きを読む

Jリーグ第6節 ダービーデイ 海外の反応

中断明けの試合を終えて、各クラブの今季序盤の出来というものが一通り見えてきたJリーグ。調子が振るわなかったチームがいくつかある中、最も大きく舵を切ったのは浦和レッズで、監督を解任しチームの強化体制も再編していく事を発表しました。一方、第5節で川崎との試合に勝利した広島は順位表のトップに。同じく無敗の仙台と共に序盤戦をリードする存在となっています。

先日、ハダースフィールドのサポーターがゼロックススーパーカップの観戦記を投稿していたのですが、どうして海外にJリーグファンが産まれるのか、その一つの例として興味深い記事となっていました。サポーターの熱心な応援、スタジアムのフレンドリーな雰囲気、そして女性客の多さ。これらは海外のファンやJリーグを生観戦した人から頻繁にあがってくるキーワードと言えるかと思います。Jリーグ観戦者における女性の割合は毎シーズン40%前後で推移していますが、これは「世界の殆どのリーグが羨むだろう数字だ」とサッカー記者のダン・オロウィッツ氏は語っています。

また、今週もオーストラリアメディアから頻繁にJ関連記事があがってきていました。ここのところ各クラブがオーストラリアのチームの戦力に注目しているというトレンドもあり、また先ごろまで代表監督を務めていたポステコグルー監督の動向も注目を集めているようで、マリノスの試合を筆頭に数々の反応が。

一気に6節も消化するというタイトなスケジュールの4月。数日前にはカップ戦やACLもあった中、選手をどうローテーションしていくのか、現有戦力でのやりくりにも注目が集まる期間に突入します。
続きを読む

伊藤が華麗な2人抜きを見せ最下位脱出 相手監督も脱帽のプレーで採点1 海外の反応

クラブ史上初となる降格の危機にある今季のハンブルク。リーグ残り僅か6戦となったところで最下位に沈んでいます。

そんなチームにあって鋭いドリブルで印象的なパフォーマンスを見せている伊藤達哉。ブンデスリーガで最も小柄な選手でありながら、一度ボールを持てば相手DFをあっさりと抜き去って見せる切れ味を見せ、ドイツでも話題となっていました。しかし、トップチームにデビューしたばかりとあってフル出場するにはスタミナ面の不安があり、また得点にも中々絡めなかったこともあってか段々と出場機会を失っていきます。それでもベルント・ホラーバッハに続きクリスティアン・ティッツが今季三番目の監督としてやって来てからは流れが代わり、第27節のヘルタ・ベルリン戦ではスタメンに復帰。今シーズン思うように得点できていないチームを降格のピンチから救えるのか、トップチームのデビューシーズンにして正念場かつアピールのチャンスを迎えることに。

第29節、ハンブルクがホームに迎える相手は2位シャルケ。CL出場権を巡る争いを繰り広げているチームが相手とはいえ、今節は既に16位マインツと17位ケルンが引き分けているので、ここで勝ち点3を取れればケルンを交わして最下位から脱出できるという絶好の機会です。

伊藤が華麗なドリブルでシャルケ守備陣を切り裂いた一戦のまとめをどうぞ。
続きを読む

Jリーグ第5節 花より60mFK弾 海外の反応

代表ウィークで中断していたJリーグ。開幕からようやく身体が温まったところでストップがかかるのは、好調なスタートをきっていたチームにとってはやや残念なスケジュールですが、水をさされることなく正しい方向へ更に上積みしていけるか監督のマネージメント力が問われる時期です。

そして、ここまで勝ちのない苦しい序盤を過ごしていたクラブには恵みの雨とも言える中断期間。チームが機能しないのは何故なのか、その問題点をどう修正していくか。ここで軌道修正が出来れば、まだまだ充分に上位を狙っていける時期だけに、各クラブのサポーターとしては立て直しできたのか気になるところです。

暖かい日が続き、各地で続々と桜が満開となる中、中断明けの花を咲かせたのはどのチームだったのか。今回はJリーグ第5節のまとめをどうぞ。
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION (1TB) 【Amazon.co.jp限定】「ゲイボルグ/FINAL FANTASY XIVモデル」特典セット付

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

オーバーロード12

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
月刊サッカーマガジン

SOCCER GAME KING

月刊フットボリスタ

footballista Special Magazine

ワールドサッカーダイジェスト

WORLD SOCCER KING

サッカーダイジェスト

フットボール批評

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン