海外の反応

遠藤航がリーグ再開後の試合でアシスト チームは土壇場で追いつき引き分ける

昨シーズンにベルギーのシント・トロイデンからドイツのシュツットガルトへと移籍し、飛躍の時を迎えている遠藤航。一時は2部にいたチームの控え選手に甘んじていたものの、レギュラーポジションを奪ってからはクラブの昇格に貢献し、今シーズンは1部で堂々たるパフォーマンスを見せています。

メディアも「かけがえのない」選手として高評価しており、ここのところ特集記事がハイペースであがってきています。サポーターも昇格組ながらここまで健闘しているチームの中心選手と見ているようで、シント・トロイデンから安価に獲得できたことを幸運と喜んでいました。

リーグ第8節、シュツットガルトはアウェーで下位のホッフェンハイムと対戦。今季ここまで好調のシュツットガルトとしては、アウェーとはいえ、しっかり勝ち点を持って帰りたい試合となります。遠藤は守備的ミッドフィルダーとして先発出場となります。
続きを読む

エース南野のゴールで日本がパナマに勝利 海外の反応

先月の代表ウィークで久しぶりの試合をこなした日本代表。新型コロナウイルスの世界的な流行の影響でワールドカップのアジア地区2次予選が延期になっており、コロナ禍におけるチーム作りをどう進めるか、これまでにない難しい課題に直面しています。

10月の2試合ではカメルーン(0-0)とコートジボワール(1-0)と対戦。約1年ぶりに集まってのプレーで、先ずは守備の約束事を徹底したようで、前線からのプレスや最終ラインでは粘り強い守備をみせ、一定の収穫を得ました。一方、チーム結成以来の慢性的問題でもある組織的な攻撃の欠如という点では改善の兆候が見られず、個の力に頼った散発的な仕掛けに終始してしまい、アジア地区予選の再開へ向けて宿題が残った形になりました。

11月の代表ウィーク、日本はパナマとメキシコというCONCACAF所属の2チームとオーストリアで対戦。先月に続き今回も欧州組のみでメンバーを編成していますが、帰国後に隔離措置が必要となるドイツ組からは大迫と堂安が招集に難色を示され不参加となっています。

今回の合宿で日本が先ず対戦する相手はFIFAランク77位のパナマ。前回のワールドカップでは北中米カリブ海予選を3位で抜け本大会に出場したチームです。しかし、ネーションズリーグではホームでバミューダに敗れるなど不安材料がでてきており、次のワールドカップ予選へ向けて立て直しをはかっているとあって、この試合に対するモチベーションは高そうです。
続きを読む

奥川がCLで王者バイエルンを相手に一時同点とするゴール その後に大敗するも途中出場で結果を残す

数年に渡るレンタル修行を経て、遂にザルツブルクのトップチームに定着した奥川。一時は南野と共に得点を量産し、長期契約を勝ち取って、次代を担っていく選手として期待されるようになってきました。

しかし、今シーズンはエンジンのかかりが遅いようで、リーグではここまで得点にあまり絡めていません。チームはリーグでここまで6戦6勝、1試合平均4得点と攻撃陣が相変わらずの破壊力を示しており、毎年のように主力選手を引き抜かれるチームでありながら、激しいポジション争いが繰り広げられています。

チャンピオンズリーグではバイエルン・ミュンヘン、アトレティコ・マドリー、ロコモティフ・モスクワと同組のグループAに入っているザルツブルク。第3節にホームで対する相手は現王者のバイエルン・ミュンヘンで、ここまで1分1敗と厳しい立ち上がりとなっているザルツブルクにとっては、生き残りをかけた大事な一戦となりそうです。
続きを読む

三好がELのトッテナム戦で好プレーを見せグループ首位に トッテナムサポ「三好がベストプレイヤー」

昨シーズンの夏からベルギーのアントワープでプレーしている三好。初年度は怪我の影響もあって大きなインパクトを残せなかったものの、今シーズンはプレータイムを伸ばしてきており、適応が進んできていることがうかがえます。

リーグ第8節では右ウイングの位置でスタメン出場し、なんと4得点に絡む大活躍をみせ、また先日にはルドゴレツ・ラズグラド戦でヨーロッパリーグのデビューをはたしました。チームのサポーターも、やっと「本当の」三好が見られるようになったと喜んでいるようで、まだプレーに波があるなど課題に対する意見もあるものの、パフォーマンスがあがってきていることを歓迎しているようです。

ヨーロッパリーグのグループステージ第2節、アントワープはホームでトッテナムと対戦。グループ突破を本命視されている強豪との試合とあって、アントワープとしてはホームで意地を見せたいところ。三好は右サイドに入って先発出場となります。
続きを読む

北川が久しぶりのスタメン出場で1ゴール1アシストと勝利に貢献 二転三転した試合で猛アピール

昨年夏からオーストリアの名門ラピド・ウィーンでプレーしている北川。移籍後にザルツブルク戦でゴールを決め、大きなインパクトを残したものの、その試合で左足首を痛めチームを離脱してしまいます。数ヶ月後に復帰したものの、そこからなかなか定位置を確保できておらず、今シーズンはここまでリーグ戦で先発出場なし。厳しい状況が続いており、サポーターの中には戦力としてどうなのかと懐疑的な目を向ける人もでてきているようで、移籍後から変わらず応援しているサポーターとぶつかることもあるようです。

しかし、先日に行われたアーセナルとのELの一戦で、ストライカーのフォンタスが中手骨を骨折。チームが過密日程をこなしている最中のことでもあり、北川にとってはスタメン出場のチャンスが巡ってきたことになります。

オーストリアリーグ第5節、2位で首位ザルツブルクを追走するラピド・ウィーンはアウェーでWACと対戦。ザルツブルクは既に今節の試合を勝利しており、追いかけるラピドとしては、しっかりと勝ち点3を積んでおきたい試合となります。

北川がセカンドストライカーの位置でスタメン出場し、チームの勝利に貢献した試合のまとめをどうぞ。
続きを読む

久保がELで大暴れ「エメリのドアをノックどころか、ぶん投げた」「ビジャレアルでの分水嶺」

スペインでの2シーズン目は数あるオファーの中からビジャレアルへのレンタルを選択した久保。監督からの熱心な誘いもあり決めたとの報道があった今回の話ですが、いざ蓋を開けてみると順風満帆のスタートとはいきませんでした。

ここまで6試合を消化しているスペインリーグで、久保はその全試合に出場しているものの、どの試合も途中出場となっており、パフォーマンスの方も昨季と比べると精彩を欠いています。マジョルカ時代には右サイドに入って崩しを担当することが多かった久保ですが、ビジャレアルでは右にチームが売り出したい選手がいることがあってか、起用位置はトップ下や左サイドがメインになっていることの影響もあるのかもしれません。

レアル・マドリーサポーターからはビジャレアルへのレンタルを疑問視する声が上がるようになってきており、特にチームの指揮を執るウナイ・エメリ監督に対する厳しい意見を目にする事が多くなってきています。

そんな中、10月に入って、いよいよヨーロッパリーグも開幕し、ビジャレアルは過密日程に突入。ここまでスタメン出場がない久保にとってはアピールのチャンスがまわってきたことになります。

そして、ELグループステージ第1節のシバス戦。久保はトップ下に入って先発出場すると、1ゴール2アシストをあげる活躍でチームの勝利に貢献。このパフォーマンスに久保を応援していたサッカーファンは大喜びしていたようで、やはりスタメン出場させるべきだと久保の起用を更に推しているようです。

前回のおかわり記事としてどうぞ。
続きを読む

久保がビジャレアルでの初スタメン試合で1ゴール2アシストの大活躍 シバスとの乱打戦を制しELで好発進

昨夏にレアル・マドリーへと移籍してから、世界的に注目される若手選手の一人となった久保。スペインでの2シーズン目には、数々あったレンタルオファーの中から、昨季に見事な成績をおさめたビジャレアルを選択しました。

今シーズンはプレシーズンからチームに合流し、万全を期して新チームでの準備を整えたはずでしたが、ここまでどうもパフォーマンスは上がってきていない様子。レアル・マドリーのサポーターからはウナイ・エメリ監督にシビアな声があがってきているようで、シーズン前とは打って変わって、久保をチームに戻すべきではないかとする意見が多く見られるようになってきました。

先日のリーグ戦では珍しく64分から長めのプレータイムを貰った久保でしたが、投入直後の69分にダニエル・パレホのゴールに絡んでみせたものの、その数分後に危険なプレーをしてイエローカードを受けてしまいました。その後、アディショナルタイムにもイエローを受けたことで退場になってしまったものの、後日に競技委員会がこの処分は不当だったとして2枚目のイエローカードを無効にしたことを発表。1枚目のイエローに対する罰金はかせられたものの、退場処分が取り消されたことで、次節カディス戦の出場停止は回避されたことになります。

今季はヨーロッパリーグにも出場するビジャレアル、グループステージではマッカビ・テルアビブ、カラバフ、シバススポルと同組のグループIに入っています。グループステージの第1戦の相手はトルコのシバス。過密日程になってきた中、エメリ監督がローテーションを組んできたことで、久保に先発出場のチャンスが回ってきました。
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン