海外の反応

日本は悲願のベスト8進出ならず、またもPK戦で涙をのむ 海外の反応

悲願の準々決勝進出へ向けて、いよいよ決勝トーナメントの初戦を迎えた日本代表。大会前からベスト8以上を目標に掲げてきた日本にとっては、これまでのチームが越えられなかった壁を乗り越えられるか、正念場を迎えたことになります。

この試合も3バックで挑んだ日本代表は、前半に良い形でカウンターを繰り出し、何度も決定機を作りました。するとクロアチアの足が止まりだした43分、コーナーのチャンスから前田が押し込みゴール。先制して折り返します。

後半になるとクロアチアがペースを握り、ウイングバックの伊東のところをペリシッチが狙ってきます。後半10分にはそのペリシッチにヘッドで決められ同点に。すると森保監督は酒井をウイングバックに投入しハイボールに対応させ、残りの時間をしのぎます。

延長では両チームとも決め手を欠き、勝負はPK戦へともつれ込みます。しかし、PK戦で日本は決めきれず試合終了。またもラウンド16で散ることとなってしまいました。

前後半については、こちらの記事をごらんください

続きを読む

日本対クロアチアは1-1で延長戦へ 悲願のベスト8進出なるか 海外の反応

カタールで行われているワールドカップで決勝トーナメントまで勝ち上がってきた日本代表。グループステージではドイツやスペインといった優勝候補を撃破し、見事に首位でノックアウトステージに進出しています。

ラウンド16で対する相手はFIFAランク12位のクロアチア。前回大会で準優勝している強豪国で、グループFを1勝2分の2位で突破してきています。前線のモドリッチやペリシッチといったタレントは今大会も健在。ベルギー黄金世代をシャットアウトした守備も堅く、攻守に隙がないチームとなっています。

日本は最終ラインのキーマンとなっていた板倉が出場停止で、冨安、吉田、谷口の3バックに。中盤の要である遠藤航が復帰し守田とのダブルボランチを組み、前線には前田、鎌田、堂安が入り、ウイングバックは伊東と長友がつとめます。

大会前から目標をベスト8以上に定めていた日本代表。悲願の準々決勝進出なるか、運命の一戦が始まります。
続きを読む

日本の次戦オッズはクロアチア優勢 ドイツ紙はブンデス組の活躍に注目「ドイツよりドイツらしい」

カタールで行われているワールドカップで奮闘中の日本代表。グループステージではドイツ、コスタリカ、スペインと同組となり、大会前にはW杯の優勝経験国が本命の二強二弱グループと予想されていたものの、蓋を開けてみれば死の組だったようで、どのチームが突破してもおかしくない際どい勝負が展開されました。

第1節でドイツに勝利した日本ですが、続く試合でコスタリカに敗れてしまい、勝ち点3の2位でグループステージ最終節を迎えました。スペイン戦は相手が圧倒的にボールを支配する展開となり、それでも粘り強く戦い続けた日本は2-1で逆転勝利をおさめ、グループEの首位で決勝トーナメントに進出しています。

続くラウンド16ではグループFを1勝2分の2位で突破してきたクロアチアと対戦します。クロアチアはFIFAランクで12位につけており、W杯の前回大会では決勝まで勝ち上がった強豪チーム。日本にとっては馴染み深い相手で、これまでワールドカップでは2度対戦しています。クロアチアのサッカーファンはスペインとの対戦を回避できた事を喜びつつも、日本も過小評価できる相手ではないとして気を引き締めているようでした。

今回はラウンド16のクロアチア戦を前に、各紙の結果予想やサッカーファンの声をまとめてみました。
続きを読む

日本代表こそ「サッカーのあるべき姿」 海外紙採点で堂安、田中、権田、谷口らが好印象を残す

カタールで開催中のワールドカップで日本サッカー史のみならず、世界のサッカー史にも記録が残るような壮絶な試合を繰り広げている日本代表。グループステージの最終節では優勝候補であるスペインを相手に大金星をあげ、見事にグループEを首位で突破してみせました。

大会で早くも2度目となるサプライズを起こした一戦、海外各紙の採点を見てみると、第1節のドイツ戦と同様に、トップスコアやMOMにあげられている選手は記者によって様々でした。勝利に繋がる貴重なゴールをあげた堂安と田中が高く評価された一方で、自陣ゴールを必死に守った権田や谷口にも注目する記者がいたようです。

海外各紙はVARが介入した2点目の判定について注目したようで、特に真上からの映像が拡散されていない段階で書かれたものには、物議を醸すものだったとしている記事が多かったようです。海外のサッカーファンは三笘と田中の関係性にも注目。キャプテン翼の登場キャラのようだとするコメントも寄せられていました。ミームや画像ネタも様々なものが投稿され人気となっており、スペイン戦の与えたインパクトの大きさを物語っています。

また、BBCはマッチレポートの中で日本は決勝トーナメントでも侮れない相手だとしており、既に何度も逆転サプライズを起こしている事を理由としてあげていました。既に決勝トーナメントの予想をするサッカーファンもいるようで、日本代表にも海外からエールが送られてきています。
続きを読む

日本の快進撃にアジアと各クラブのサポーターから温かい応援が届く 【海外の反応】

ワールドカップ2022で激闘を繰り広げている日本代表。グループステージでは優勝候補にもあげられていたドイトとスペインを撃破し、コスタリカには敗れたものの、2勝1敗でグループEを首位通過してみせました。

グループステージの第3節ではFIFAランク7位のスペインと対戦。スペインはドイツ戦からメンバーを変えてきたものの、確かなパス回しから試合を支配してきました。前半11分にはアスピリクエタの見事なクロスからフリーでヘッドを決められしまい、日本は早い段階からビハインドに。それでも大崩れしなかった日本は自陣でしっかりと守って、0-1で前半を折り返します。

日本は後半頭からサイドに攻撃的な選手を投入し、攻撃のギアをあげます。すると後半3分、途中出場したばかりの堂安が華麗なカットインからファインゴールを決め同点とします。続く6分には三笘の粘りの折り返しを田中碧が押し込み逆転。その後は手持ちのカードをしっかりと使って守りきり、ドイツ戦に続いて見事な逆転勝利をおさめました。

ドイツとスペインという強豪を撃破してのグループ首位突破は世界に衝撃を与えたようで、アジアのサッカーファンからはお祝いの言葉が届いています。そして各所属クラブのサポーターからも応援メッセージが送られてきており、多くの選手がプレーするブンデスリーガのドイツサポーターは複雑な気持を抱きつつも、この先の健闘を祈ってくれているようでした。
続きを読む

日本がスペインに劇的勝利、海外ファン「森保のデスノートに気をつけろ」「最優秀監督賞」「森保に謝罪したい」

カタールで行われているワールドカップ2022で奮闘している日本代表。ドイツ、コスタリカ、スペインと共にグループEに入った日本は、グループステージ2試合で1勝1敗とし、勝ち点3の2位につけていました。

そして迎えた運命の第3節。相手は優勝候補にもあげられているスペイン代表で、メンバーをローテーションさせているとはいえ、有力クラブでプレーする選手がズラリを並んだ強豪が相手に決勝トーナメント進出をかけて戦うことになりました。日本は中盤の要である遠藤航を欠き、また冨安も状態が万全ではなかったようでベンチからのスタートとなります。

前半はスペインの一方的な展開で、日本は自陣に押し込まれる展開が続き、相手陣内に運んでも中々形を作れません。しかし、ハーフタイムに三笘と堂安を投入すると流れが一変。48分にはその堂安が豪快なゴールを決めて先ずは同点とすると、続く51分には三笘の折り返しを田中碧が決めて逆転します。

その後はスペインも続々と選手を投入して巻き返しをはかりましたが、日本も冨安らカードを切って対応し、ほぼ危なげなく逃げ切りに成功。ワールドカップ優勝経験国が揃うグループで2度のサプライズを起こし、見事に首位で決勝トーナメント進出を決めました。

スタメン発表後から前半までの間には、日本に対するネガティブな反応が目立っていましたが、後半になるとムードは逆流したかのようになり、森保采配や選手に対する賛辞で埋め尽くされました。今回は試合後の森保監督に対する海外の反応を中心にまとめてみました。

以下の試合中の反応とあわせてどうぞ
続きを読む

日本が再びミラクル起こしスペイン撃破 海外サッカーファンも森保采配に手のひらくるっくる

ワールドカップ2022でグループステージを戦っている日本代表。ドイツ、コスタリカ、スペインと共にグループEに入っている日本ですが、ここまで2試合を戦って1勝1敗と勝ち点3の2位につけています。

日本はグループステージの第1節で優勝候補の一角であるドイツと対戦。前半は一方的に押し込まれ、PKから先制されてしまい苦しい展開になりました。しかし後半は大胆にシステムを変え、次々と攻撃的な選手を投入する采配が見事にハマって、2-1で日本サッカー史に残る劇的な逆転勝利をおさめています。

続くグループステージ第2節ではコスタリカと対戦。この試合に勝利すれば決勝トーナメントが見えてくるという状況でしたが、スタメンの約半数を入れ替えた日本は動きに精彩を欠き、苦手な引いてくる相手との駆け引きでも有効打を繰り出せませんでした。81分には自陣のドタバタとしたプレーから失点してしまい、そのまま0-1で試合終了。予選突破に手痛い1敗となってしまいました。

そして迎えたグループステージの第3節で対する相手はFIFAランク7位のスペイン。ここまで2試合で8得点と攻撃陣が好調な強豪との試合とあって、日本としては先ず前節で不安定だった守備をしっかりと引き締めて臨みたいところ。守備の要である遠藤と冨安を欠く中、3バックで決戦に臨みます。
続きを読む

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン