Guitarra brillante

神奈川新人ギタリストオーディションに参加してきました。
結果から言うと、予選を通過して6位入選。
本選出場者7人の中では、
課題曲のリピートを間違えたマルティネス氏を除けば最下位ではありましたが、
それでも予選突破を目標としてやってきた私にとっては大金星でした。

正直、ここのところあまり充実した練習はできておらず、
今回も記念受験のような心持ちでいたのですが、
勝因(あえて「勝ち」と表現したい)を挙げるならメンタル面の充実でしょうか。
原さんはよく、音楽表現と人生経験の豊かさは相関関係にあると言っています。
私は社会人3年目になるわけですが、
特にここ半年は色々と酷い目にも遭いましたし、
いい意味で「ギターで失敗するくらい全く大したことではない」という、
ある種の心の余裕のようなものが生まれた気がします。
普段からあれこれと頭を悩ませていたことによって、
本番ではスッと心を無にして、曲に入り込むことができました。
予選の曲は自分でもびっくりするくらい集中した、
最高のパフォーマンスができたと自負しています。

何より、周りの人たち…原さんや伊藤くんが喜んでくれたのが嬉しいですね。
私でも地道に練習を続けて、本番で練習通りのものが出せれば、
神奈川新人の予選さえも突破できるのだということが証明でき、
この上ない自信になりました。

with 伊藤チャンプ

優勝はもちろん伊藤くん。
来年は原さんも出るとか言っているので優勝は狙えませんが、
必ずまた本選の舞台に戻ってきて、入賞を果たしたいと思います。

とりあえず、今年の下半期は少し息抜きの期間にしたいですね…。
最近はジェイコブソンの調子も最高潮で、練習が楽しくて仕方ないので、
弾きたい曲と弾けそうな曲を上手く擦り合わせて、
来年のコンクールで使えそうな曲を吟味しようかと思います。 

すっかり更新をサボっていて申し訳ございません。
今月は人生で一番(悪い意味で)色々あった1ヶ月だったので、
ブログを書いている精神的余裕がありませんでした。
そしてその「色々」は未解決なので、
今後も精神的余裕が生まれる見通しは立っていないのですが、
ひとまず月末に定例更新くらいはしておきたいと思います。

とはいえ、今月はクラシカルを見に行った以外、
特にギターに関わるイベントはありませんでした。 
猪居兄妹のデビューコンサートは見に行きたかったのですが…。
体調を崩してサンデーサロンにも出られなかったので、
次に人前で演奏するのがいきなり神奈川新人ということになってしまいました。
今回はまるで練習できていないので、まあ当たって砕けてきます。

人前とは少し違いますが、録音・録画環境を整えたので、
宅録にも挑戦してみようかなと思っています。
テストで録ってみたポンセのプレリュードがなかなか上手く聞こえていい感じなので、
アマコンなんかにも挑戦できそうですね。
まあ、今年はもう締め切りを過ぎているので来年の話になりますが…。

今年は神奈川新人と7月のフォルマール以外はコンクールには出ないつもりで、
たまには好きな曲を好きなように弾きたいと思っています。
アンサンブルもやろうと約束だけして全然やっていない曲が溜まっているので、
下半期はアンサンブル(主にたーくぼさんとのデュオ)中心でやってきたいと思います。 

あまり大層な肩書きをつけると本人に怒られそうですが、
イケメン医大生でしかもギターがめちゃくちゃ上手いという反則スペックの男なので、
「星」と大きく出てみました。指原、嘉風、そして石丸陸!

というわけで、最近よく原ファミリーとして食事をご一緒したりする、
石丸陸くんのミニコンサートを見てきました。
と言っても、もう1週間前の出来事ですが…。
私は用事でキャンセルしていたサンデーサロンに出られることになり、
飛び入りでポンセのプレリュードを弾いたりしていたんですが、
石丸くんはその後のゲスト演奏枠での登場でした。

彼は前から選曲のセンスがいい(というか私好み) と思っていましたが、
今回もカヴァティーナ組曲やメルツのエレジー、パリャーソ、サウダージ第3番他、
ミニコンサートと銘打ちつつかなりガツガツしたプログラムでした。
演奏自体もわかりやすく表情豊かで、かといってやかましすぎず上品さも失わない、
まさしく私が目標とするところに近いパフォーマンスでした。

若者は2人だけ

私がスーツ姿な理由はお察しください。
左手のポジションまで完全に石丸くんとシンクロしてしまいました。

今回はいつにも増して若者人口が少なかったんですが、
サンデーサロンでも何やら皆さん練習を積んできたのか、
好演を見せていた人が多かったです。
今年もそろそろアマチュア勢のためのコンクールが乱立する夏を感じ始めてきたので、
連休はしっかり練習しておきたいと思います。

このページのトップヘ