英国「Auto Express」による三菱・ショーグンの試乗レポートを日本語で紹介します。

※内容は2012年当時のものです。


Shogun

ショーグン ブラックエディションには数多くの専用装備が付いてくるのだが、果たして最新の競合SUVに並ぶことのできる車なのだろうか。

ショーグン ブラックエディションのベースとなっているのは上級グレードの「SG4」で、このグレードにはナビやバックカメラ、レザーシートが標準装備される。ブラックエディションにはさらに、マットブラックの専用フロントグリルやリアスポイラー、20インチアルミホイールが装備され、前後ランプやフォグランプ、サイドステップ、ドアハンドルもマットブラックとなる。

ショーグンにはランドローバーやジープほどのブランド力はないのだが、シンプルで実用的なマシンであることは間違いない。シートヒーターやヘッドレスト内蔵7インチモニターなどの似合わぬ贅沢装備も付いているのだが、それでも車自体の粗削りさは隠しきれていない。

rear

200PSの3.2Lディーゼルエンジンはこのクラスでは最大の排気量なのだが、低速域や加速時のエンジン音は粗く感じる。車重は2.2トンもあるのだが、45.0kgf·m/2,000rpmという最大トルクのおかげで発進加速に不足は感じない。

電動パワーステアリングはシャープさに欠け、大径ホイールを履いているので乗り心地もそれほど良くはないのだが、ボディサイズを考えれば決して許せないレベルではない。

リアシートを倒せば1,719Lもの荷室が生まれるのだが、スペアタイヤの付いた横開きのテールゲートのせいで狭い場所では荷室へのアクセスがしづらくなっている。

interior

ブラックエディションの見た目には目を引くものがあるのだが、室内は5人が快適に座れるし、装備内容も充実している。ディーゼルエンジンは燃費が悪く、インテリアはチープなのだが、荷室は広大なので、実用重視の用途では活躍してくれることだろう。競合車と比べると洗練されてはいないのだが、ブラックエディションの追加によってショーグンも魅力を増している。