皆様、おはようございます




本日は、あのゴールデンの番組以来、カタログ送付依頼が絶えないrem second act KULOS Verを徹底解析いたします



ってなことで、かなりの長文となることは必須となりますので、ある程度の覚悟でお読みください


まず、rem second act KULOS Verのベースとなる車輌は、


ハイエース スーパーロングとなります
IMG_0276
IMG_0277
IMG_6242
IMG_6234
IMG_6228
IMG_2148
IMG_2149
IMG_2151
IMG_2156


グレードは大半の方がキャンパー特装を選ばれますが、ディーゼルで作って欲しいというお客様もいらっしゃるため、あえて弊社ではグレードが選択できるようにしています

スーパーロングの車輌サイズは…

全長5385mm×全幅1880mm×全高2285mm

ですが…

remシリーズの売りは快適に眠れるベッド、そして常設タイプのベッドです


常設ベッドを実現するためのエクステンションボックス(出窓)は標準装備となり、車輌幅は純正の1880mmから1930mmへと変更になります
BlogPaint


ただ、サイドミラーよりも出幅はなく、運転にはほとんど支障はありません


そして、よく質問を受けるのが、『室外機はどこにあるんですか


お答えいたします


答えは、純正のスペアタイヤが収まっている位置に設置してあります
IMG_0281
IMG_0279
IMG_0280

そして、更に質問されるのが、『この位置でこすったりしませんか


パッと見はかなり低く見えるのですが、車体下をじっくり見て頂けるとわかるのですが、

純正のデフであったりの車体装備品の方が室外機より低い位置にありますので、車体自体をこするような場所である限りはこすったりすることはありませんのでご安心ください


外装に関しての特徴としては、その位です

ちなみ、去年はパールホワイトがよく売れていましたが、今年はなぜかゴールドが売れています



黒はかっこいいですが、汚れが目立ちやすいのでお手入れが大変です


さて、内装へと参りましょう

スライドドアを開けると、対面式のダイニングとなっております


IMG_2069
IMG_0339
IMG_6256
こちらもパッと見はただシンプルなレイアウトと思われがちなのですが、実は全てが集約され、
更に間口を広くとるために、運転席側に全て集約させているんです

座ったまま、全ての装備品に手が届く

これ、非常にポイントです




まず、冷蔵庫
BlogPaint
セカンドシートに座ったまま、使用可能です


そして、冷蔵庫奥にしてあるのがスイッチ類
BlogPaint
ここには各電化製品のスイッチ、そしてKULOSの電源情報が表示されるようになっています
IMG_6187


そして、冷蔵庫横に配置されたシンク
BlogPaint
こちらのシンクはセカンドシートのみならず、サードシートからのアクセスも可能です

そして、このシンク使用しないときは蓋を閉めることができます
IMG_6265
IMG_6271

これができることによって…

IMG_0148

広々としたカウンターとして使うこともできるんです


そして、座って手の届く位置にリモコン入れ
BlogPaint

IMG_6270
これいる!?って思われる方いらっしゃる方多いかもしれませんが…


リモコンの収納場所って意外に困るんですよ

広い収納だとガチャガチャなっちゃいますしね

そして、TVは19インチのものをアームを使用し取り付けてあります
BlogPaint
アーム式にすることで、ベッドスペースで横になってご覧頂くことも可能なんです
IMG_2060

そして、TV上には電子レンジを設置してあります
BlogPaint
電子レンジがあることは、珍しいことではありませんが…

KULOSが搭載されていることで、ガンガン使えてしまう

そこがポイントですかね


そして、電子レンジ横には6畳用の家庭用エアコン
 
BlogPaint
寒すぎるだろ近すぎるだろ

様々な意見を頂くことがありますが、ここに配置したことにもしっかり理由があるんです

この車輌を製作する際にベッドスペースと現在の位置で意見が別れることもありましたが、

remという車輌は安眠にこだわっている車輌です


そこで、決して広くはないベッドスペース正面にエアコンを設置するのはいかがなものだろうかとなったわけでございます


ベッドスペースに横たわり、足のすぐ上にはエアコン…



そして、寝てる際にこまめにエアコンの調整なんてしませんからね



そうやって現実的に考えた結果、今の位置しかあり得なかったんです


そして更に、お洒落な空間を演出したい…


そこでブーメラン型の照明が天井に設置されているわけです
IMG_2055

これで、ダイニングスペースは終わりと思っていましたが…



まさかの主役を忘れていました
BlogPaint

KULOSはカウンター内に収まっております
IMG_0151
そして、メンテナンス時に簡単に引き出せるように、スライドレールつきです
IMG_0152

そして、KULOSと壁を挟み左横には給排水タンクがあります
BlogPaint
IMG_0150

そして、ベッド下の収納スペースへのアクセスですが…

サードシートの背もたれと座面は簡単に取り外せるように作られているんです
IMG_2287

IMG_2288

IMG_2289

IMG_2290
座面、背もたれを外すことで、リアノ収納へのアクセスも容易にできます

IMG_2291
IMG_2292

そして、当然ダイニングスペースも容易にベッド展開できます



IMG_2054
リアの常設ベッドほどのサイズはありませんが185cm×100cm~120cmとシングルベッド同等のサイズは確保してあります
BlogPaint
ちなみに、幅はフロント側100cm、リア側が120cmと異型となっています
BlogPaint
大人の方なら一人、お子様であれば年齢にもよりますが、充分二人で眠れるはずです


そして、ここでrem second act最大の特徴でもある仕切り扉です
BlogPaint
この扉には様々なメリットがあります

・エアコン使用の際、扉を閉じておけば、効率的にエアコンを稼働させることができる

・布団があったり、枕があったり、1番生活感が出てしまう寝室を仕切りを閉じるだけで簡単にシャットアウトできる

・運転で疲れた旦那様が先に就寝し、奥様は仕切りを閉じて、ダイニングスペースでTVを見たり本を読んだりできます

・夫婦喧嘩の際は、ダイニングスペースのベッドとリアのベッドで別れて寝ることも可能です…笑

そして扉を開けると…
IMG_0341

185cm×145cmのほぼダブルベッドと変わらないサイズの常設ベッドとなります
BlogPaint
BlogPaint
当然ただ、広いわけではなく

快適に眠って頂くためにこだわりの体圧分散型のマットレスを使用
IMG_2299
IMG_6297
色んなとこに行くたびに腰が痛くなる、疲れがとれないでは意味がありませんからね


そして、携帯の充電などに便利なコンセントが設置してあります
IMG_2293

ちなみにベッドスペースの照明スイッチはわざわざ前に行かなくても消すことができるように、ベッドスペースに設置してあります
BlogPaint

そして、足元上には、収納がありますあります
IMG_2295

そして、ベッド下は広い収納となっています

IMG_0326
IMG_2296
IMG_2297


かなり、長くなってしまいましたが、これで、rem second act KULOS Verに対するこだわり、使い勝手の良さを知って頂ければと思います



実車を見ることが1番大事ではありますが、細かい部分のサイズなども知って頂くことで、更に自分にあった車輌を選ぶことができると思います

今回、収納のサイズなどは書いておりませんが気になる方は、気軽にお問い合わせください


↓お問い合わせ先↓
bn_camp-l

↓rem  second act KULOS Ver諸元↓
bn_rem-secondact_kulos

↓KULOS詳細↓
ve-5015ca


↓関東方面のrem second actに関するお問い合わせ↓
image51

↓ポチっとして頂けるとありがたいです↓