ここ数年、街でAUDIをよく見かけます。

その昔、雪の斜面を登るTVのCMがすごーくカッコよかった。 

先日、クルマ雑誌で広告で思い出しました。


「道を開くのはいつもアウディ」


2代目の「80」 通称「B2」 はジウジアーロのデザインで、直線的なデザインが当時はすごーく斬新でカッコよかった。


次のモデルAUDI「80」 通称「B3」 1987年から日本発売



20101506_198910





B2の直線系デザインから一新、

CD値(空気抵抗係数)を追及した丸みを帯びた斬新なスタイル、

当時すごい数値の空力特性で

ドアハンドルもペチャっとしたドアと平面に

アンダーカバーやバンパーの形状


フロントからリアウインドのなだらかな傾斜に

工業製品としての工夫とデザインの美の融合が感じられるクルマでした。

商用バンみたいに無塗装の樹脂素地のバンパーでしたが

最先端の丸さと流れるスタイリングカッコよかった


今ならエアバッグなんですけど「プロコンーテン」という安全システムも驚きでした。


衝突時にエンジンが後退、つながれたワイヤーが

ステアリングコラムごと引き込み

運転者がステアリングに衝突することを防ぐ

安全なんだろうけどインパネ破壊するという発想はすごい




私は当時、80の「1.9 シュポルト」というモデルを購入しました








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■