9月にTVでお馴染みの経済アナリスト森永卓郎氏の講演に行きました。

「変化の時代の企業経営」

―地域の中小企業が生き残るために必要なこと―というテーマで


いろいろと興味深いお話を楽しくお聞きしましたが


そこで、すこし人生観を考えさえられたのが

日本とイタリアの1人当たりの名目国内総生産(GDP)は同じくらいって??? 

皆さまご存知でしたかぁ?

私は不勉強で知りませんでしたが

毎日5時半に帰宅し、一カ月も夏休みを取り、

会社によればお昼寝タイムもあるとかいわれる??、「イタリア」 と


朝早く満員電車で、残業当たりで前、バカンスって発想すらも無い、猛烈に勤勉な日本と所得が同じって?



ある意味、結果が同じなら「時間の使い方? 心の豊かさ?って?・・・・」 考えさせられました。




でもそれを実現するには? 1年を11ケ月と考えて仕事する、5時に終わるように仕事する、、、、

考え方ですね。


で、その生き残りに必要な工夫や考え方「強み」として


圧倒的な「高付加価値」で、中国がマネできない商品を作る!


フェラーリ、アルマーニ、ブルガリ、、、まさに芸術の域ですね



そんな商品開発の工夫として

「何が売れるかわからない」ので若手社員の感性を尊重し反映させ、

成否は市場に出して委ねるというチャレンジ精神を持つ。 

ちなみにFENDIって年間1500もの商品を開発するとか。

すごい行動力とチャレンジ精神。



おそろしく変化する外部環境、いろんな意味で厳しい時代、、、、、

むずかしく、暗い顔をしないで、イタリアんに明るく楽しく美味しく美しく、、、、


何か行動をすることで、何かが起こる、、、、じっとしていても取り残されるだけですものね


高付加価値を生む・生み続ける行動力、この変化に生き残れる手法と感じました。

とてもよい講演会でした。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■