100年に一度の大変革の時代を生き抜くために


トヨタを「自動車をつくる会社」から、「モビリティカンパニー」にモデルチェンジすることを決断しました。すなわち、世界中の人々の「移動」に関わるあらゆるサービスを提供する会社になるということです。

2018年10月のトヨタ社長のメッセージである。


海外のメーカーの動向を見ても、とうぜんにそうだろうが

「宣言」されると、リアルにおどろいた

いやいやクルマを作る会社を続け、大ヒット車をバンバン作って下さいよぉと思いましたが(笑)


「モノ」というものの価値が「趣味」の域しか、なくなってきている感はうすうすあります

100均でええわ、100円やけどまあまあええやん

イマイチだけど100円だから値段相応満足やん

ユニクロでええやん → ユニクロがいい

ユニクロ イタリア出店で行列とか

ロレックス→ 時間知るだけならスマホあるし別に時計いらんし・・・・・・・


自動車というモノの価値 というかモノの価値

情報という無形の価値

天秤にかけると・・・・・・・

自動車の新型乗るより前にスマホの新機種を!

 (55歳の僕はだんぜんクルマですけどね)


秒速一瞬でひろがるニュースや流行

モノ < 情報  な時代のなんだろう



東京モーターショーでクルマと未来を考え見学する

東京のような大都会では、車庫や渋滞を考えれば移動重視なら自動車は不要かつ、ある意味の贅沢品なのかもしれない


クルマ離れといえども

公共交通機関が不便なところは、大人の数だけクルマをお持ちですが

でも高齢化して皆が運転できる世の中ではなくなるのも事実

自動運転車を買えば乗れる? というのもリアルには疑問がある

小さなバスやタクシーのような有料のサービスがやはり必要なのでは思う

電気になろうが自動化しようが、はては飛ぶかもですが?

20年ほどは??なくなることは無いクルマ 

我々 クルマ屋はそう変化して時代に対応していくか

「移動サービス」に? 「趣味の域」に? 真ん中はなんだろうなぁ。。。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■