◎中野自動車のこと

事務所の模様替え

IMG_4078








先日来、事務所の模様替えしていまして
すっきり見えるようにはなったかと

部屋の広さは同じなのでなにかといえば
グルリと事務機を回し
わたしの机をなくしたわけで

大筋は終わり、荷物の整理と
配線の処理
これは今はたいへんですよね
なんの線かわからん線でてきたり
LAN線はどれのや??長さ足らんとか

延長や配線止めを
コーナンとダイソーに何度か走る


壁は私が震災後に応急修理して塗ったままで
ポスターの下は意味がというか穴がある(笑)

数日間、筋肉痛で困りましたが
DIY自分でするのが好きなんです。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

表彰をいただきました

中野自動車は車検整備をし
最後に支局のラインに持ち込み
検査を受けるタイプの「認証工場」です。

1年間、持ち込む車検の完成度が良いと
表彰とプレートがいただけます。 
事務所の入口に歴代の分どどどと並べています。

仕事の成果を、社員の努力を
評価いただけることは誠にうれしいです。



昨日と同じ写真で恐縮ですが
金色のプレートです。



IMG_3971







■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

異業種勉強の会

昨日、異業種の勉強会で
会社訪問し経営体験報告を聞いた。

きちんと役割分担した組織であり
経営指針書を元に会社の目的や
各人の任務を明確している 
とてもいい会社だ

うちとは違うのは
中野自動車は法人なので会社であるが
会社としては会社ではない(笑)
個人的に親方(私)に子方がついてる組織だ

じゃぁ会社って個人的な意見だが
社員20人以上かなぁと思う
経営者が目が届かないので組織化が必要
業種にはよるが、売上は2億以上
1億ちょいまでは社長がスーパー営業マンなら可能ですものね

私の零細経営は
自分が段取りして動いてなんぼやから
これまた違うんだけど

経営者の仕事って基本は経営するもの
自分じゃなくて人に仕事してもらうことが仕事

今の若い人を雇うのには
経営理念+経営計画を成文化して伝えるべきですね
ここは何のために何をする?
ここで何が学べて何を得られる? 明確でないと

なんとなくわかるやろ⇒わかれへん

昔のように、働かないといけない!ではないので
なんか意味不明でも頑張る時代ではないですからね

大きな夢に近づくには
人を雇わないと新しい多くの知恵も腕も得れず
大きな売り上げ利益にはならない
人を雇うと組織になる
組織になるとそれはそれで教育管理がたいへん 

大きくとも小さくとも日々悩み・勉強ですね

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

持続可能なお店

IMG_6609






SDGsというワードをよく聞く
「Sustainable Development Goals」の略で
「持続可能な開発目標」ということのようで。

私共のお店経営も持続可能でないといけません

私が経営を始めた頃、
経営コンサルの勉強会よくに行きました。

そのなかで講師が「企業30年説」を言うてました
その頃は平成三年で
中央では総量規制実施後「バブル崩壊」してましたが
地方の神戸ではまだまだぜんぜん好景気でした

思えば戦後からの猛烈に成長を続けた日本
「昭和経営」の終わりのはじまりだったんですね

「会社の寿命30年説」は
1983年に「日経ビジネス」が発表しました。

「企業が成長段階から成熟、
そして衰退期を迎えるライフサイクルは、
何もせずに放っておく限り30年程度に過ぎない」

1983年というと、バブル前の超イケイケの時代
わたしは19歳でした。
昭和の超上向き恐れを知らぬ時代に唱えられた説でも
企業の寿命はたった30年!!

令和の今やと「企業5年説?」 
企業というか「そのビジネスモデルは3年?」

クルマばなれ 
価値観の変化
自動運転(ロボット化)
エンジンから電気化。。。。

70年やってきた中野自動車
なんか外部環境の変化大きく
困ったなぁという「場」は世界みんな同じなので

変化というやつを楽しみながら
持続可能に変化して頑張っていきましょう!
と思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お値段について

車検にしても故障修理、車両販売にしても
お仕事(商売)として
中野自動車として価格への考え方は同じです。

「安さ」を売りにはしていません
私はうちの仕事は「量産」できるとは思いませんので

修理や整備は「個別対応」で定型品でないんで
ある意味、別注でワンオフみたいなもので

吉野家牛丼のように「早い・やすい・うまい」で
ガンガン高回転させることはできません。
また機械を買って24時間バンバン生産するものでもありません。

と言いましても
べつに普通に比べて決して「高い」わけではぜんぜんないですが

広く一般に軽い内容で数をこなすコトというより
限られたお得意様の個別対応の「あつらえた仕事」
「気持ちの入った専門的な仕事」を目指しています。

 「いつものようにしといて」で通じること
 この会社の仕事はこーだからこーしておかないと
 今度○○交換しないといけないので、頃合いみてまた電話しますわ


私は、現在の今風スーパー経営者より
松下幸之助さんって好きなのですが

「価格決定」の話で、単に「商品」に対する値段ではなく
サービスや配送とかいろんな便宜とかも含めたのが価値=価格であり

他社との価格差の理由は
魂を加えた価格」で設定していると著書に書かれています。

まことにそうですなぁと思います。

中野自動車は、お得意様のいろんな「役に立つ」ことが仕事で
商品に私どもの気持ち・魂をプラスしてクルマもメンテナンスも売っています。

大手(正規ディーラー)にできないコトが価値で
だからまぁ絶対に量産できません。。。。。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

応急修理について

基本、応急修理はいたしません。

応急修理って値段がつけられません
ちゃんと治っていないので
作業参考指数(価格)も完成具合の基準もありません

お客様の「完成の絵」と「応急修理後の絵」が違うと困りますので。

中野自動車は
お客様が「会員様」であり=お得意様仕事ですので
うちとお客様の信頼関係で実際は応急修理はしています。

例えば ミラーやバンパーなど
ぶつけて部品の爪の割れ欠け、変形など
部品交換する方法でしか、ちゃんと治らないけど

とりあえず安全に乗れるようにして
もう一度ぶつけたら交換するとか
もうこのクルマに費用をできるだけかけたくない

皆さん、いろんな事情があります。

部品交換なら7万円のとこが
脱着応急修理で15,000円とか

15,000円が高いのか?安いのか?

ちょっとしたことするにも
リフトアップして、材料費も要ります。
バンパー脱着は交換も外してつけるのも同じ工賃です。
2時間程度はかかります。 

そのリフトはその間使えず
そのメカニックも他の仕事ができないわけで

ビジネスとしては「やったら損」です(笑)
ですので会員のお客様以外は応急修理はいたしません

実際に部品を外してみて
予想外に損傷がひどいとって多いんです
予定する仕上がりより出来が悪くなったり、
これはもう無理!!というのも多々あります。


基本、今のクルマはプラスティック部品が多く
爪部分の勘合でパコパコ組み立てている場合が多い

ぶつかると当たり前に割れてしまう、
爪が折れる、変形する ⇒二回目使えない
爪がのこっていても引っかかりが緩くなる

部品外して分解してみてみないと
どの程度壊れてるかホントわからない

だからディーラーは正規修理法で行います。
修理費も出来栄えも双方よめますから。

私共はお得意様のいろんな事情で
正規修理から応急対応までいろんな方法で修理します。

費用はいくらかは頂きますが、
時間と知恵と手間技術は、実は応急修理の方が必要なんですが

そこは損や得やより
お得意様のご要望にできるだけお応えして
役に立つコト、よろこんでいただくのが仕事ですから、がんばります



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

車検の時間

車検は最低で平日2日頂いています。

「遅ーっ!」と言われますが
中野自動車は「車検+整備」をしているので時間かかります。

一日は試運転・法定点検・必要な整備をします。

2日目に完成試運転を兼ね、東灘の陸運支局に持ちこみ検査します。

第三者(しかも国の機関)が最終完成確認しますのでさらに安心です。

10kmほどの完成試運転を大事におもっています、
車検作業と関係ない快適装備の不具合や走行中の異音も分かります。
支局への往復が道の混み具合もリアルでちょうどいい感じです。

「1時間車検」とかいう世の中ですが
うちは仕事用でよく走るクルマや、お好きで乗ってる特別なクルマ
または維持管理お任せで「よく診て」という方がお客様ですので
当たり前に点検・調整に時間がかかります。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

車検のお値段

車検いくらすんのん?と聞かれますが
たぶん総支払額を聞いておられるんで

年式・重さで諸税諸費用が違うので
すぐお答えできません

諸税・諸費用はどこのお店に依頼しても
自分でユーザー車検にいっても同じです。

基本工賃ですが
軽やクラウンとかクルマの大きさや
4WDとか外車とかWタイヤの貨物とかで違います。

24カ月点検内容は国の基準で同じですが
基本工賃(基本セット)にどこまでの作業を含むのかはお店により違うので
基本工賃の内容・価格は各お店で同じではありません。

基本工賃を点検部分のみにして安くして
その他を選択受注型にしている今風なお店もあるし

うちのように古来の方法で
絶対に行う作業は予めセットで含むやりかたも普通です。


「車検安いの?」と聞かれますが

中野自動車は「整備付き車検」をしていますので
整備しない車検よりかは当然に高いです

安い高いは何を基準に? 高い安いですので

よく言うのは
ガソリンスタンドやオートバックスさんよりかは高いです
でもディーラーよりかは安いと申します。

中野自動車は会社のクルマをメインにしています。
年間走行距離も多くマイカーより過酷に使用されてます。
ですので次の点検までにトラブルがないように整備します。

現状のテストという車検より
現状に加え、整備カルテの過去データみて
先の半年どうなん?を考えて診ています。

今支払う車検費用の大小より
仕事中にトラブルが起こる被害の方を大なりに考え
もちろんご予算と相談ですが、できる限りトラブル予防できるよう提案・お手伝いにします。


車検は「人間ドック」みたいなもんなので
会員様の整備データは電子カルテで乗り換えるまで保存し
無駄のない消耗品定期交換ができるようにしています。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

笑顔の商売 ありがとうの商売

洋菓子屋さんの先輩がいる
お客さんの、おいしい→笑顔にする商売なんだよね、とおっしゃる

おいしいは、しあわせで笑顔が生まれる

すごくシンプルでいいなぁと思う

うちは
車を販売納車したときは
とても喜んでくれて、笑顔が生まれるが

外科的な凹んだ車の鈑金塗装は
治った!というよろこびは感じていただきやすいが

内科的な修理や健康診断みたいな車検・点検は
そんなに笑顔は生まれないものです
残念だけど。。。。。

そもそも病気とかケガとか修理って治すってことは
陽!でなく負↓ですもんね

ともあれ、中野自動車は
小難しい経営理念を唱えることはなく

お客さんに
「ありがとう」と言われる仕事を目指しています

小学生みたいに単純な目標ですが
お客さんが、わざわざお金を払ってくれて、
さらにありがとう!と言ってくれることが目標

単純な一言ですがなかなか深いものでもあります

またわたし自身も
お店でよいサービスを受けたら
店員さんに「ありがとう!」と言える人でありたいと思っています。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

70年になります

今年で中野自動車は70期になります
祖父が創業した会社で
法人化前に数年の営業期間もあるので
実際は70年+αなんです

戦後の日本の自動車の普及と共に歩んできた
といえるほどの老舗ですが
世界的な100年一度の自動車革命の中

中野自動車もさらに進化変身しないといけません

トラックの整備工場から当代から今のビジネスモデルの
乗用車&小型貨物の販売&整備管理業へと変わりました。

つきつめていくと
クルマのためでなく、その先の人のため
「お客さんにありがとうと言われる仕事をすること」

神戸の企業さんのクルマを販売メンテ管理することで
たくさん持つとめんどうな社有車維持の手間を省力化し
交通安全・環境で地域に貢献するお手伝いができると
信じています。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■AUTO−TEC■ (有)中野自動車

神戸市兵庫区駅前通4丁目1-5
 
http://www.vinky.net/nakano/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Profile

中野自動車

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ