闘う劇作家☆森川 秋陽の戯言

脚本 & 演出もろもろ、熱く、楽しんでおります!

仲間に囲まれて脚本は出来上がる

49c7ee28.jpg
休みの日はひたすら、脚本とにらめっこ。
そんな時、仲間が焙煎した珈琲を入れる。
ドリップしている時から、香りに包まれる。


私は一人ではない。
仲間がいるから、脚本が書ける。



BestPerformer 7 参戦!

2016年1月31日(日) BestPerformer 7 参戦することになりました。
今回は、Fish story'S という劇団で書かせて頂きます。

30分という持ち時間でございますが、思いっきりいきます!
よろしくお願いいたします!!


BP7omote


★★★Fish story'S ★★★
(ベストパフォーマー7 参加作品)

『堕ちたカップル』
夢を断たれた男は狹兄函蹐硫寮爾鯤垢。
あったはずの日常を取り戻すため、女は歌う。
男が守りたいのは、大切な女の笑顔。
女の夢を守るため、男は再び拳を握る。
2人を繋ぐのは愛と美学と……マヨネーズ?

脚本 森川秋陽

演出 芦川誠

キャスト
芦川誠(オフィス北野)
あらい日向
神崎真司
鈴木美穂
大門与作(太田プロ)
竹下亘
星野京美
松村瞳
㊙︎ゲスト

★会場★
座・高円寺2 (JR高円寺駅 北口徒歩5分)
2016年 1月31日(日)
Fish story'Sの出番は 19:00〜

★チケット料金★
一般2000円
小学生1000円
(前売り当日、全席自由)

★チケット問い合わせ★
fishstorys@excite.co.jp
制作 鈴木まで(森川のブログを見たとご記入下さい)

※今回はイベントですので、31日の出演団体、全て鑑賞できます。
31日は8団体が出演
15:30スタート
Fish story'Sは6番目、19:00〜になります。

イベント詳細はこちら
http://dictory.jp/bestperformer/event_bp.html


始動しました

ご無沙汰しておりました。

久々に芝居書きます!
よろしくお願いいたします。

詳細はのちほど

DSC_3635

従軍慰安婦問題


従軍慰安婦の報道を見るといつも、つかこうへい先生を思い出します。
舞台「熱海殺人事件」で、石原良純さんのセリフで「純軍慰安婦ってそんな悪いもんじゃなかったらしいよ〜」というのがありました。
「この人がこんな事言っていいのか?!」と椅子から転げ落ちそうになりました。

芝居の千秋楽の後、恒例の抽選会があり、石原良純さんが「親父がポケットマネーで出しました!」とワインを出されていました。
石原慎太郎さん、どんな芝居が承知して、出されているんだなーと思いました。

余談ですが、石原慎太郎さんが「三国人」といい「差別用語だ」と非難されたこともありました。
でも、本来、「三国人」とは自ら名乗られていた呼び名で差別用語ではなかったそうです。
連合国、敗戦国日本、そして三国めという言い方だったそうです。

政治家だけでなくマスコミの方々も正しい認識を持って欲しいものです。



慰安婦、つかこうへい氏の見方「歴史は優しい穏やかな目で」 阿比留瑠比

彼岸入り

本日、彼岸入りなので、母方のご先祖様のお墓参りに行ってきました。
何年ぶりかしら?
なんか、とってもほっこりしました。

一年半振りに会った伯母は随分と認知症が進んでいました。
10人に一人の確率と言われている認知症。
身内にいても不思議ではありません。

最初は「久しぶり」と言っていたのに途中では「見ず知らずの人なのに親切にしてくれる」と言ってきました。
70代前半としては、重く、五段階で言うなら四位でしょうか。
お線香を持つことも、手助けしないと危なげな状態でした。
足も弱っているのか、手を繋ぎ一緒に歩きました。
何十年前は手を繋いでもらっていたのに、今は手を繋ぐ側。
時の流れを深く感じました。

伯母は母の兄の奥さん。
私と血は繋がっていませんが、随分と可愛がってもらいました。
伯母の子は男の子だけなので「私も女の子を産んでいれば良かったわ」とよく言ってくれました。
プールに連れて行ってもらった時は、潜水をしている私を心配して、引き上げてみたり、本当に可愛がってもらいました。

認知症になると暴言を吐いたり、暴れたり、また、不安が強くなるケースもありますが、伯母はいつも笑顔。
それはとても、救いでもあります。
ただただ、面倒を見ている従兄弟の負担が重くならないことを祈るばかりです。

DSC_0242

眩い光に包まれた。

気が付くと、頭に機器を付けられ、測定されているようだ。
同じ言葉を何回も繰り返したり、意味もなく、沢山の単語を言わされた。

果たして、人間の脳のサンプルが私でいいのだろうか?

hikari

私の道

goway


頑なに道をゆくのではなく、
自分らしく、歩む。
それが私の道。

幸せ

sohappy

幸せは目の前に。
心の中にもきっとある。





謹賀新年



新年明けましておめでとうございます。

昨年中はとてもお世話になり、ありがとうございます。
今年もまた、にょろしくお願い申し上げます。

皆様とご家族様のご健康とご多幸と笑顔をお祈りいたします。
そして、すべての命が尊くありますように。

DSC_0079



写真は庭先に咲いている植物で作成したナンチャッテお飾り。
来年は門松を作りたい!!

政治家に質問してみた

地元の駅前で衆議議員が演説をしていた。
聞いている人は一人もなく、足を止める人さえいなかった。
チラシを貰い、5 分ほど、聞いてみたが、取り留めのない、在り来たりのことを言っていた。

回りに誰もいないので、
「すいません、ちょっと質問していいですか?」
と聞いてみた。

「あの、今はちょっと。。。あ、少しなら」
と返ってきた。
あまりにもおどおどしていたので、
「じゃーいいです」
とチラシを返して、立ち去った。

後の方で
「演説は 8 時までしか行わないので。。」とか言っていた。
でも、その時 7 時 5 分だった。
あと、55 分間、何をしているのだろうか。

その衆議議員は「今日も駅にいる」がキャッチフレーズだ。
確かに駅にいた。
でもさ、いてどーする。
いるだけなら、渋谷にいる犬だってできる。

誰も聞いていないのに演説してどーする。
どうせだったら、ゴミ拾いとか、喫煙禁止区域で喫煙している人や、携帯電話使いながら自転車漕いでいる人に何か言った方が国民のためになる。
それは政治家の仕事ではないだろうけど、誰も聞いていない中、話しているよりは国民の為になる。

「やればいい」んじゃない。
コツコツやったって、成果が出なければ、何になるのだろうか?
言うだけなら、簡単だ。
でも、その言うだけでも、誰も聞いていない。
まるでマスターベーションじゃないか。

「目的と手段」
これが分かっていない人が多いと思う。
何のために政治家になったのか?
何のために演説しているのか?

その衆議議員には、臨機応変、柔軟さは全く感じられなかった。

自民党には入れなーーい!

お犬様とお車

11月29日、「いい肉作ろうキャバクラ幕府」
うちの犬の誕生日です。
そこで、車を買ってみた。

ガソリンで走る車輪を運転するのは何年振りでしょうか?
多分、二輪は5年振りくらい?
四輪は10年くらい? 

都内に住んでいると、車の必要性は低い。
でも、我が家の犬は 16kg。
なので、電車に乗せることができない。
勿論、自転車のかごになんて乗せれる大きさではない。
彼はとてもタフだけど、10km を歩くのは大変だろう。(私が。。)
ちょっとした遠出ができない。。。

という理由で、車を買ってみた。
犬のために?

なので、中古車。
なので、軽自動車。
なので、従弟から。
しかも、岡山から!!!

「血は水よりも濃し」とはよく言ったもので、
私の無茶なリクエストから、この車を選んでくれました。
それは連想ゲーム並みなアバウトなリクエスト。
そして、岡山から乗ってきてくれました。

そんな我が侭を聞いてくれた従弟を改めて見てびっくり!!
元北区つかこうへい劇団の役者の三浦祐介さん似ていた!
「世の中上には自分にそっくりな人が三人いる」の三人にこの二人は入るんじゃないか?!

中古車をお探しの方はぜひ、お勧めです!!
『カーフリークゼロ』

LimeGo_Lee


人のために

私が募金する数少ない団体。
『日本盲導犬協会』
募金って、お金の流れが不透明に感じられる団体もあるので、
寄付したい場合は基本的に物資で行うようにしています。
でも、盲導犬協会の募金箱があると、つい募金をしてしまいます。

将来、私の生活が豊かになって、時間とお金にゆとりができたら、
リタイヤした盲導犬と一緒に暮らしたいな。
「もう、気を遣わなくていいんだよ」
「好きな時にオシッコしていいんだよ」
「他の犬に吠えてもいいんだよ」
「ゆっくり寝ていいんだよ」
って、言いたいことは沢山ある。
それは、犬にとっては、普通のこと。

盲導犬に限らず、犬はご褒美が欲しかったり、誉められたくて、
人間の言うことを聞いているのではないと思う。
飼い主を喜ばせたくて、人間の役に立ちたくて、言うことを聞いているんじゃないかと思う。
盲導犬は役に立ちたくて、全神経を集中させて、サポートしていると思う。
街中で見るその姿はとても健気で、いつも心の中で応援してしまう。
だから、その仕事を終えた子に、ゆっくり、のんびり過ごして欲しい。
「君のこれからの仕事は、私と一秒でも長く、一緒にいることだよ」って。

そんな豊かな時間を送れるようになりたいな。

盲導犬

いつだって笑顔で


今日 10 月 18 日は愛猫レイの 21 歳の誕生日。
21 年前の今日、雨がたくさん降った次の日、
道端の植木鉢の中に丸まっている黒い子猫を見つけた。
「どうしたの?」
 ニャー
「大丈夫?」
 ニャー

私はその黒い子猫を小脇に抱え、小走りに家に戻った。
猫肌に温めた牛乳をあげると、子猫はゴロゴロ言いながら飲んだ。
黒いから、気がつかなかったけど、抱き上げた洋服はドロドロに汚れ、
小さな体のあちこちに傷がたくさんあった。

それから 21 年間、ずっと一緒にいる。

ここ 3 日間、体調を崩したのか、一切食事を口にしなかった。
動物病院に行って、点滴や注射も打ってもらった。
それでも元気にならなかった。

誕生日の今日、新しい首輪と増上寺のお守りを新調した。
すっかり元気になった。
この 3 日間、ずっと寝てばかりだったのに、
朝、いつものようにご飯待ちをして、平らげてくれた。

レイは世界で一番、気立てのいい子だと思う。
撫ぜるとゴロゴロ。
抱っこするとゴロゴロ。
顔を寄せるとゴロゴロ。
いつだってゴロゴロ言う。
この 3 日間、具合が悪くても、ゴロゴロ言っていた。
食欲がなくても、寝てばかりいても、ゴロゴロ言った。

それが元気でいる秘訣なのだろうか。
私もレイを見習おう。
イライラする時も、悲しい時も、元気がない時も笑顔でいよう。
そうすると、きっと楽しくなる。
心の底から幸せで、体も元気になるんだろう。
いつだって、笑顔で。

お誕生日おめでとう。
いつも一緒にいてくれてありがとう、レイ。
これからもずっとずっと一緒だね!

ray21

命の期限

私はお金持ちになりたい。
でも、そんなにはいりません。
少しだけ、大きな家を買えればいい。
密集住宅じゃない方がいいかな。
そして、こういう子達を迎えたい。
「大好きだよ」って言って、
「ずっと一緒だよ」って抱きしめる。

きっと、家はそんな子だらけになって、
少しだけしか、かまってあげれないだろうけど、
裏切られ、捨てられ、
ガスに苦しみながら死んでいくより、
ずっと、ずっと、
絶対に、幸せなんじゃないかと。
大好きな飼い主と離れて悲しいだろうけど、
その悲しみを少しでも埋めたい。

私はこの子を救うことはできない。
でも、いつか、こういう子達と最後を過ごしたいと思っています。

SOS


「【緊急っ!掲載協力】命の期限があります。 」

ビールは飲み物です

ビールは飲む物です。
かける物ではありません。

優勝して嬉しいのは解かる。
一年、頑張ってきたのも解かる。
いや、私なんかには解からない位の努力だろう。
でも、ビールは飲み物です。
かける物ではありません。

はしゃいでもいいです。
浴びるほど、飲んでもいいです。
でも、ビールは飲み物です。
かける物ではありません。

私がビール会社の人間だったら、
麦やホップを作っている人間だったら、
自分が作っている物は美味しく飲んで欲しいと思い作っていると思う。

この地球上には、ビールどころか、きれいな水すらも飲めない人々がいます。
ビールかけにかかったビール代や清掃費をその人々達に寄付した方がかっこいいと思う。

プロスポーツ選手は、子供達のお手本になるべき大人でないといけないと思っていた。
もし、少年野球や甲子園で、優勝した球児が嬉しくって、牛乳かけとかをしたらどうなるのだろうか?
すごく叱られて、正座して、一分刈りにでもされるだろう。
なのにプロ野球選手は華々しく放送されている。

この国の豊かさは間違った使い方をされていないだろうか。

『負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂』
このドラマを見ていると、この人達が作りたかった国はこんな国だったのだろうかと思う。
Archives
Profile
森川 秋 - もりかわ あき
☆東京生まれ、東京育ち
☆免許・資格:普通自動車、
普通自動二輪、秘書検定 2 級
☆趣味:手芸、和の事
☆リングネーム:ねーさん
☆得意技:ブラジリアンキック、
三角絞め

おはようございます♪
作家として日々学んでおります。
今は我武者羅に書いて、書いて、書きまくり、その中で愛と勇気と元気を伝えられる作品が書ければいいと志しております。

* Please send Email to me !



Recent Comments
Special Thanks !!
  • ライブドアブログ