先日ホームページでも予告致しました通り、6月2日(土)にサーバーの切り替えを何とか終了しました。
当初ホームページが表示されない問題がありましたが、現在は、解決致しました。

サーバーの切り替えに伴い、こちらの外部ブログも、新しいサーバー内に移設致しました。
ですので、今後はホームページ内のブログをご利用ください。
こちらのブログは、しばらくはこのまま残しておこうと思います。
現状のホームページは、今までと変わり映えしませんが、今後はどんどん更新して充実するように努力して行きます。
AVAILのホームページはこちら。

Cソースファイルを新規追加したとき、自動的についてくるコメントを、変更します。
ファイルヘッダー

ウインドウ→設定 でダイアログをだし、左側のツリーをC/C++→コード・スタイル→コードテンプレートと選びます。右側は、コメント→ファイルと選びます。
コードテンプレート
パターンに表示されているのが、現在の設定ですので、[編集]を押してこれを変更します。

テンプレート編集
任意の書式に変更します。変数を挿入で、ファイル名とか日付とかも入力できます。

変更後、新規ソースファイルを追加すると、以下のようになりました。
テンプレート変更後

今回はここまでです。

モーションコントロールは、AVAILまで

前回に続いて、Eclipse CDTでの、リファクタリング機能です。
今回は、関数の抽出を使ってみました

関数として抽出したい箇所を範囲指定します
02_関数抽出


[Alt]+[Shift]+[M]を押すと、関数の抽出ダイアログが出ます。

04_関数抽出ダイアログ_関数名入力


関数名を入力して、[OK]を押します

05_関数抽出ダイアログ_関数名抽出後

選択範囲が、PrintNum() という関数として、抽出されました。

選択範囲内で定義されていない変数は、関数の引数として、抽出されるようです。
グローバル変数も引数として抽出されてしまうので、この場合は後で修正する必要があります。

今回はここまでです。

モーションコントロールは、AVAILまで

↑このページのトップヘ