幸運のビスポーク・イタリア直輸入ナポリ仕立てオーダーメイドスーツ&シャツAVANCLASSICO南青山ブログ

大人のための上品でお洒落なスタイルがモットーにラテン精神で働き人生を楽しむオーナーが書いております。赤ワイン、スコッチウイスキー、建築、美味、GOOD MUSIC、塩野七生さん作品を愛しております。イタリアの話、お仕上がり紹介、日々の事を、うんちくは控えめ。

イタリア人男性はセクシーな南米女子・ブラジリア―ナが大好き!


Ciao Bello! チャオベッロ!

人生と仕事を謳歌するイタリア人の
ビスポーク文化を届けるAVANCLASSICOアヴァンクラシコ
スティリスタ松川です!

先日ブログでも紹介した、グランドハイアット東京ボールルームでの社交ダンスパーティーでのドン小西さんと同じテーブルのご縁で、お洒落なドン小西さん流ブラックタイをご紹介させていただきました。

IMG_3002


その後、フェイスブックにもドン小西さんとのショットと社交ダンスパーティーのオープニングを飾ったリオのカーニバル・サンバダンサーさんと私松川の画像をアップしました。

そこで、速効でイタリア人男性からのいいね!が。日本の朝はイタリアの深夜でまだ起きていたようで。
アパレル会社社長のSIMONEくんは(出会ったときはまだ学生)

東京にブラジリアーナがいるのか!!?のコメントが。


そこで、もうすっかり忘れていたこと、記憶が蘇ってきました。

イタリア人男性は南米の肌が浅黒くセクシーでキュートな女性が大好き

特に!ブラジリアーナ、アルゼンチーナは2トップ

ただ、、この現象も中年イタリア人男性の特性になっていくと思われます。日本と同じくイタリアも若年層は草食化が進んでいるようで、いいね!は40代後半以上でしたね。。。ある、有名なワイナリーのオーナーは結婚していて妻は鬼のように怖い~とFBでは”独身”になっています。。

同性からみても、キュート、セクシー、笑顔が素敵と魅力的なブラジリアーナちゃんたち。

先のブログでは、リオのカーニバル衣装の上半身でトリミングしたのですが、ブラジリアーナちゃんの全身衣装をご紹介します。

IMG_2995

骨格と筋肉がしっかりあると、スーツでもサンバ衣装でもキマります。
女性から見ても憧れる健康的なセクシーさの秘密です。
カラっと分かり易いセクシーさがイタリア人に好まれているようですね。
イタリアのフィレンツエに住んでいたころ昼間の情報番組を見ていてびっくりしました、急に水着のお姉さんが出てきて踊りだしたりと。。
CMも男女が登場してセクシーな雰囲気を演出するんです。


スミズーラはパーソナルなお洒落道、追求探求する”道”であります。

洒落っ気は色気

イタリア男性独特の着こなしの源泉は、”色気”がある、というお話でした。



CIAO CIAO!

avanclassicoアヴァンクラシコHP

レジェンドなお仕上がり、インスタグラムにもアップしております。


イタリア人お坊ちゃま風・爽やかなナポリジャケット&シャツ

Ciao Bello! チャオベッロ!

人生と仕事を謳歌するイタリア人の
ビスポーク文化を届けるAVANCLASSICOアヴァンクラシコ
スティリスタ松川です!

本質を本能的に理解する日本人には外見よりも中身が大切、と共通認識があります。

しかし、、私がかつて暮らしていたイタリアやイギリスの欧州では”服装・外見”が先ずはその人物を現わすとして【パブリックな場面】では重要視されています。”マナー行動”、”言葉遣いと話し方”と嗜好でクラス階級を推し量りします。

ということで、スティリスタとして大切にしていることは”クラスのある装い”のご提案です。
お客様がお仕事やプライベートのバカンスで日本国内は勿論、世界中の訪れる先々、出会う人々に”アッパーミドルクラス以上の方”と外見で無意識に認識され、大切に敬意をもって対応されることを具体的なターゲットとしています。

有限の時間のなかで、少しでも快適に気持ちよく”心からの笑顔”で過ごしたいものです。不愉快になる場面は極力避けた方が良いのです、先手必勝です。

イタリアおやじ、グルメでお腹が少し出てジャケットのボタンがはじけそうなぐらいの貫禄スタイルもマスキーレで魅力的であります。

反対の、何歳になっても永遠の少年ぽさのある爽やかな存在感溢れる【イタリア人お坊ちゃま】スタイル、体型がスリムな方にオススメです。






一見なんてことのない、、流行を越えて、上品でエレガントなスタイルこそ無敵なのです。

空色のギンガムチェックのシャツ、着る場面は仕事、オフタイム、バカンス、昼間の会食、など。くつろいで抜け感のあるお洒落でノーネクタイでジャケト&パンツならイタリア人お坊ちゃまスタイルの定番。
スーツ&ネクタイならお仕事にも華やかさがアップ、(日本では業界と職場のドレスコード次第ですが)。

明るいブルーのジャケットは、永遠の青春の証”ブレザー”を想起させ、1枚あれば万能に活躍してくれます。

ナポリクラシコの老舗ブランド、アットリーニ家のVINCENZOさんのスタイルをこよなく尊敬する30代O様のお仕上がりでした。O様はまだまだお若いので、オヤジでなく【イタリア人お坊ちゃまスタイル】をご提案しました。



CIAO CIAO!

avanclassicoアヴァンクラシコHP

レジェンドなお仕上がり、インスタグラムにもアップしております。


ファッションチェック!ドン小西さんのタキシード・ブラックタイ


Ciao Bello! チャオベッロ!

イタリア流★仕事と人生を謳歌する
ビスポーク文化を届けるAVANCLASSICOアヴァンクラシコ
スティリスタ松川です!

先日、社交ダンス界のカリスマ花岡先生のダンスパーティーUNA BELLA SERATAに参加しました。
生徒さんには著名人の方も多く、私のお隣のテーブルにはデビ夫人がいらっしゃいました。

そして、同じテーブルにはドン小西さんとご一緒させていただきました。
ファッションチェック!の元祖の小西さんのブラックタイファッション、撮影させていただきました♪

IMG_3002

個人的に、ツボにハマったのは
●ラペルにお花でなく、ワンちゃんのお飾り
●ブラック”タイ”、イタリア語ではパピヨンを蝶結び(リボン)

ブラックタイなのでトレードマークのお帽子はナシでした。

年を経てこそ、フォーマルに一つ遊び心を付け加えるとぐっと華やかになりますね。

ネクタイを黒に変えたらお葬式にも行けるスーツが日本のローカルルール。
40代すぎて普通に黒スーツを着ると結婚式の親族オジサンになってしまいます。

イタリアでは、お葬式と結婚式を兼用する冠婚葬祭2WAYは信じられない!!
人生を謳歌楽しむラテン中のラテンの国民性ですね、楽しんでなんぼ。

フォーマルは人生のハレの舞台です。派手にしよう、というのでなく、フォーマルにはドレスコードとルールがありますが、どこかにハレの遊び要素を差し込んで心で楽しむ、大人ではないですか。


自撮りもお上手でした、ドン小西さん。
お話も非常に知的と教養が溢れて楽しいひと時でした。

IMG_3018

私のファッションテーマは上品なフラッパー(1920年代アメリカ、グレートギャッツビーのファッションで有名です)のイメージでした。前日の美容院でフラッパー風にカット&セットをお願いしたら、30代美容師さんはご存知なくてかなりショックでした。よく、考えたらフラッパーも約100年も前のスタイル、、。

ドン小西さんは勿論ビビッとわかって下さって嬉しかったですね。

因みに、一緒に参加した友人Aちゃんと共に、ファッションチェックをお願いしてみたところ

私→唯一無二の存在感! 
(世界に一着オーダーメイドの仕事をしている身としては光栄で素直に嬉しかったです!)

Aちゃん→テーマは黒のローズのペンダントでしょ
(ズバリで、パリのアンティークでとても大切にしている逸品とか。)

突き抜けた人生ドラマを生きてきた分、人としての優しさと思いやりを感じました。

おまけ1 リオのサンバダンサー💛
IMG_2995

UNA BELLA SERATA ウナ・ベッラ・セラータ=美しい一夜
の幕開けはリオのカーニバルのダンサーによる熱いサンバのリズムで。

ラテン系の私はその夜一番ノリノリでした。
ある意味、日本では最も非日常のファッションではないでしょうか。
フルレングスのフォーマルドレスや、スーツを着るステージ舞台は東京にはいくらでもあります。

しかし、このサンバ踊り子ファッション、
筋トレをしっかりしてこのサンバの衣装を”いつか”着こなしてみたいです。

おまけ2 MISS SAKEちゃん💛
IMG_3006

MISS SAKE3人娘でSAKEプロモーションにいらっしゃってました。会場の9割は日本人でしたが、英語でスピーチもされました。世界を舞台に酒でなくSAKEを広めるミッションを遂行しているようです。

そして各テーブルに酒をサーブに回られて、あまりに可愛いのでお写真ご一緒させていただきました。 私の素敵な友人がヨーロッパ、(パリとバルセロナ)で日本酒ビジネスをしていまして、日本酒には飲む以上に広めるお仕事をしている方々へ、親近感を抱きます。


イタリアではブラックタイのスタイルをLO SMOKING スモーキングと表現します。
ビシっと決る勝負SMOKINGのお仕立てもご相談ください。




CIAO CIAO!

avanclassicoアヴァンクラシコHP

レジェンドなお仕上がり、インスタグラムにもアップしております。


ロイヤルウエディングで株を上げたチャールズ皇太子の初夏ファッション

Ciao Bello! チャオベッロ!

幸運のビスポークAVANCLASSICOアヴァンクラシコ
賢いあなたのクローゼットを上品エレガントにスタイリングするスティリスタ松川です★

先月のロイヤルウエディング、ロイヤルファミリーの型破り暴れん坊ハリー王子よりも、むしろ最も株を上げた男はチャールズ皇太子だと私は思うのです。メーガンさんのお父様が健康上の理由で出席できない、、彼女の男性親族どなたも代役を果たせず、チャールズ皇太子が花嫁の父親に代わってヴァージンロードをエスコートされたのですから!!

本来であれば、花嫁を受け入れる側なのに!異例のメーガンさんからの申し出を快諾されたそうです。

チャールズ皇太子にお嬢様はいないので、思いがけないヴァージンロードエスコート体験にもなったわけですが。英国皇室の先進性もアピールになったのでは。

さて、チャールズ皇太子のクラシックな着こなしは、ビジネスの場面でも参考にしやすい例です。
ファッションがどんどんスポーツとリンクしてカジュアル化していくなか、もう、ロイヤルファミリーぐらいしか正統派クラシックな装いを見られる機会はなくなっていくのかもしれません。

AVANCLASSICOのお客様でもファンが多い”ハリソンズ”のインスタ投稿に思わずうっとりしました。

太陽のある5,6月はロンドンを代表するイベント、
ロイヤルアスコットでの装いがご紹介されていました。ハリソンズのコメントにも今はチャールズ皇太子のフォーマルドレスコードを注目、との内容。

ロイヤルアスコットには観戦するエリアごとに相応しいドレスコードが定められています。

藤色がかった輝きのタイと青紫のブートニエールが美しいですね。

IMG_3077


AVANCLASSICOで経営者の方によくオススメするのは明るいグレーのスーツ、特にダブルです。
ロイヤルアスコットやロイヤルウエディングでの昼間のフォーマルスーツの色・ライトグレー、日本では新郎スーツでライトグレーが華やか場面、と刷り込まれています。

ライトグレースーツには華やかさと品格を人々に連想させ、経営者の方は存在感を上品に演出するのに活用できますが、お若いビジネスマンの方ですと”ちょっと派手、明るすぎる”と敬遠してしまいます。


ライトグレースーツ、ダブルの鉄板の装い、太陽の日差しがまぶしいニースでのショット。


IMG_3075


クールなライトグレースーツにはサックスブルー、温かみのある空色がパーフェクトです。

このシャープなスタイル、是非ビジネスファッションい取り入れて頂きたいです。既製品にこのスケールの明るいグレーを探すのは難しいでしょうから、やはりスミズーラ、オーダーメイドですね!

ボタンは共布でくるみボタンのように見えます。これもオーダーメイドならではのオプションで実現できます。

自信をもってお客様にライトグレースーツをお勧めしていますが、自分用に何度も仕立ててみようと思ったのですがまだ実現していません。クールなライトグレーは男性的エレガンスの領域です、彩度が低く女性には顔が寂しく老けて見えるような、はたまた制服のように見えてしまうと。。

グレイヘアの方は真っ黒髪の方に比べてライトグレーとのコントラストが弱まり”柔らかい、優しい印象”にさらに映えます!

50代からのライトグレースーツ、いかがでしょうか。


CIAO CIAO!

avanclassicoアヴァンクラシコHP

レジェンドなお仕上がり、インスタグラムにもアップしております。


ナポリスーツ、バカンス前の締め切りは6月10日に延期

Ciao Bello! チャオベッロ!

幸運のビスポークAVANCLASSICOアヴァンクラシコ
賢いあなたのクローゼットを上品にスタイリングする松川です★

以前のお知らせで、

ナポリスーツのバカンス前のお届けの締め切りが5月15日と
通年6月下旬から1か月半前倒しになります。

とビックリなお知らせをいたしました。ナポリでは結婚式が太陽と青空の季節、春~夏に開催されるのが伝統。ウエディングハイシーズンを迎え、新郎スーツと参加する親兄弟、親戚、友人達がお揃いスーツを(その結婚式のために)の受注が今年は特に殺到しているのが理由でした。
ナポリのお坊ちゃま新郎のウエディングスーツ

どうやら、、ナポリ男子新郎スーツのお納めが見えてきたようで、

日本からのオーダーのバカンス前締め切りは6月10日頃まで大丈夫。

と確認とれました。

日本の夏、残暑、を爽やかに乗り切る夏スーツ、夏ジャケットをご新調予定の方は6月10日までご連絡くださいませ



*シャツは変わらず3~5週間でお届けしております。


CIAO CIAO!

avanclassicoアヴァンクラシコHP

レジェンドなお仕上がり、インスタグラムにもアップしております。


プロフィール

avanclassico

アヴァンクラシコは”アヴァンギャルド、アヴァンティ”と”クラシコ”からなる造語。前衛的、進歩的であり、クラシックである。この矛盾の間を揺れ動きながら人は進化をする、そしてこの絶妙なバランスを楽しむのが大人のエレガンス。イタリア人男がセクシーな最大の理由こそが、基本は保守的でありながら、時として直観と本能に正直に突き進むおちゃめな生き様。