2011年08月18日

2011 K4GP 夏

8月11〜12 富士スピードウェイで開催された 
K4GPに参加してきました。

車両はザウルジュニアベースで製作した R クラスマシンです。
エンジンは スズキF6B。先月アライメントをバッチリと出したので
クルマの動きは 絶好調です。

IMGP0052


このクルマ、カウルが高いので乗り込むときは
ヨッコイショとまたがないと乗れません。


IMGP0057


シートベルトを締めてもらっています。タカタ製 のベルトを装着するのは
初めて。軽くてフィット感はGOODですが、思ったよりも緩みます。
走りながら、何度も締めなおしていました。

IMGP0053


実はこの車両を運転するのは初めてですが、自分のザウルスと同じ感覚で
運転したら、全然パワーが無いのに唖然。ターボは効かないし、パワー&トルク
共に 同じ660cc 4気筒ターボとは思えません。
燃費運転をしてという指示に従い 4000〜5000rpmでシフトアップすると
全然 車速が乗らないしタイムも 去年乗った自分のタイムより10秒以上も
遅い有様。しかも カウルが高く、丁度 目線に風防があって前が
全然 見えません。
良かったところはシフトがとても出来が良くサクサクと入ります。


IMGP0048


決勝当日はスタート要員を務めました。
コース反対側から走ってクルマに貼ってあるステッカーを剥がす
役目です。
LAP−SHOTの電源をいれREDY状態にして待機。
動画撮影のカメラのスイッチもON。

今回のグリッドは前から2番目! ということは
1周目はトップでくるかも・・

プレッシャーがかかります。普段走らないので
こけたらどうしよう(笑)
5.4.3.2.1のカウントダウンでダッシュ。
ステッカーを無事 剥がし OK!!と思ったら 
4番手のクルマがすでに横に来てる!
無茶苦茶 早い! 

IMGP0006


初めて 最近のSタイヤを装着しましたが
グリップが高いですね・・。これを滑らせて
運転するテクニックは僕にはありません。

後ろから凄い速度で追い抜いていったRクラスの車両が
立ち上がりでスピンして右に左に 大タコ踊りしてました。
さすがに突っ込み過ぎたみたい。
なんとか 避けて通過しましたが
ちょっと ヒヤっとしました。

同じ Rクラスに出ている 友人は なんと
箱のクルマに 追突され、しかもクルマの上に
乗り上げられたと言うから驚きです。
クルマの底部が見えてタイヤが横に見えたといって
ますから 下手したら死んでますよ。

幸い ロールバーのおかげで
怪我は無かったようですが ウィングは折れ
カウルは グチャッ。タイヤは裂けてバースト。
ぶつかった相手は謝るどころか、R車両からズルっと
降りたら そのまま 全開で走っていたそうです。
数時間経過してからチームリーダーに
連れられて謝罪らしき事はあったそうですが
本人は事故の相手がどうなったかよりも自分の
ラップタイムを詰めることの方が大事だったということです。 

こういう方とは一緒に走りたくないですし
二度と参加して欲しくないと感じています。

  









avco at 17:14│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔