9月1日は、シドニーでは春の始まりです。
今日はそれほど寒くはなく過ごしやすい気温でした。
ヒルトンホテルのロビーのカフェでアフタヌーンティーです。
IMG_2509  









フルーツタルトとジュテームという名前のタルト(?)のようなもの。

さて、8月12日から、移民局は、
トレーニングをローカルスタッフに対して、
雇用主が行なうことの代わりに、
トレーニング費用を寄付という形で政府に支払うことになりました。

8月12日以前のトレーニングの義務はありますが、
8月12日以降は不要となります。

雇用主が、トレーニングしてくれる会社に頼んでしていたのが、
そのトレーニング費用を政府が寄付金として、受け取ります。
トレーニング会社は、トレーニング供与の機会(ビジネス)が減ってしまいます。

政府は、ビザ申請料は毎年値上がりし、
ビザ申請料を申請件数に課していたのが、申請者数に課するようになり、
今回は、スポンサーしたい会社は寄付金を政府に払うことになります。

政府は優秀な公務員がいろいろ考えて、収入を上げようとしています。
日本政府もこの点は見習う価値はあると思います。