イースターの連休の後、一週間ぶりにシティーへ、バスで出勤です。
規制が緩和されましたが、バス内は、運転手さんはマスク、乗っている人は4割位の人はマスクをしていました。
(夕方帰りのバスでは、運転手さんはマスク無し、乗っている人の9割位は、マスク無しでした。)

街中は、スクールホリデー中でもあり、いつもより家族連れが多く目立ちました。

シドニーの日本総領事館は、9時に開館と聞いていたので、9時10分位に着きました。ただし窓口は、9時30分オープンだとは、知りませんでした。確かにサイトには、9時半からとの書かれていました。ちゃんと確かめなかったのがいけなかった。番号札は1番でしたが、15分ほど待合室で、ゆっくりしてました。

日本の無犯罪証明証、しっかりピックアップしました。
封筒はしっかり封をされていて、開封無効と書かれていましたので、係りの人も開封しないでこのまま相手先に提出してください、とのことでした。

さて、移民局への書類提は、原本をカラースキャンして、オンラインでアップロードすることになっています。何年か前までは、申請フォームに記入した紙での申請をしていたので、開封しないでそのまま提出していたのですが、オーストラリアのビザ申請は、ほとんどオンライン申請なので、現在は、原本を提出(郵送)することはありません。

従って、移民局の指示に従って、開封して、カラースキャンして、
イミアカウントという移民局のポータルサイトから、アップロードして、
この無犯罪証明書を提出しました。

オーストラリア政府は、紙資源をなるべく使わないという政策で、
オンライン申請化が結構進んでいます。