空を見上げて
トップページ » NPO法人に評議員を置くことはできますか?

NPO法人に評議員を置くことはできますか?

ということで、お客様よりお問い合わせをいただきました。
内容は、NPO法人に評議員を置き、理事や監事の役員は、その評議員の中から選任したいというものでした。

評議員とは・・・
一般財団法人には、社員総会(株式会社でいうところの株主総会)というものがありません。
そのため、業務の執行機関である理事会が羽目をはずさないように監視する必要があります。
その理事会を監視するお目付役が評議員です。
また、先に述べたような趣旨から、評議員は、理事や監事と兼ねることもできません。

一般に評議員(会)は、理事の諮問に応じ、法人の業務運営に関する
重要事項について調査審議し、業務の運営につき、理事に意見を述べる機関とされています。

評議員制度は、特定非営利活動促進法や準拠法である民法には規定がないので設置自体禁止されては
いませんが、権限も認められていないという状況かと思います。

社団法人やNPO法人でも、専門的事項について意見を聴くために評議員会を置くものがあります。
このような単に「諮問機関」である評議員会は認められていると思います。

今日のお問い合わせのお客様へは、評議員を置き、理事監事の役員を評議員の中から選任する場合は、
定款にその旨を記載し、評議員の選任方法についても定款に記載しましょうとご説明させていただきました。

行政書士 廣末志野







行政書士 廣末志野

コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星