2007年02月20日

M&A関連株について

ここ数日、スティール・パートナーズのサッポロホールディングスに対するTOBや、ボルボの日産ディーゼル工業に対するTOBなどにより、M&A関連株が賑わいを見せています。

今年は、会社を合併する際、消滅会社の株主に対して、対価として、存続会社の株式ではなく親会社の株式を交付して行う合併であるいわゆる三角合併の解禁が予定されていることもあり、M&Aは市場の大きなテーマになることは間違いなさそうです。

M&Aされやすい企業というのは、高度な技術力やノウハウを持っているのに時価総額が低く浮動株が多い会社や、資産価値があるにもかかわらず、有効に活用せずにいる会社などです。
一般的には、前者の例としては、鉄鋼、薬品、食品など、後者の例としては、キャッシュリッチな会社や含み資産株などが挙げられます。

雑誌などでもさかんにM&Aの対象になりそうな銘柄の特集が組まれていますが、食品株などがそうであるようにとにかく地味な会社が多く、先回りで買った会社が実際にM&Aの対象となる確率が低いことからすれば、M&A候補という材料だけで買いを入れるのは資金効率が悪いように思います。
M&A候補ということだけを根拠とするのではなく、他の理由といっしょに+αでM&Aのテーマにも乗るような銘柄を狙うことは投資方法として有効なのではないかと思います。

本日のポジション

琉球銀行 (東証1部:8399)買い5000株
ヨロズ (東証1部:7294)買い4100株
SBIホールディングス(東証1部:8473)買い100株

約2260万円の買い越し キャッシュポジション 77%



人気blogランキング

この記事へのコメント
こんばんわ。琉球銀行、先日の築地魚市場など、渋い銘柄を良くご存知ですねー
私は存在すら知りませんでした。
Posted by bossa777 at 2007年02月21日 00:58
たまたま月曜に買った日産ディーゼルが今朝の板みたら

やたらと買い殺到しているので???と思ってたら

TOBだったのですね

株4年やってますが買った翌日に好材料がでたのは

初めてです、逆の悪材料でストップ安は何度か経験

してますが・・・

しかし、単にチャートの形がいいというだけで買ったので

わずかな株数しか買ってなく

いつもの勢いで1万株ぐらいつっこんでれば

いい小遣いになったのにと。。。。

Posted by 通りすがりーマン at 2007年02月21日 02:37
だけどそういうのって「結果論」のこと多くないですか。結局その手のもので儲かった人だってたまたまそういう話が突然でてTOB相場に乗れたってだけのことが多いですよ。それにスチールのような売り抜け目的の嵌め込み相場演じてるのも多々ありますから、危険性もかなりあり博打的要素もかなりありますでしょ。北越製紙のときも見事な嵌め込みでしたし

株価が高騰してからの結果論であそこがどうなったとかなら誰でも語れますから(笑)
Posted by まこと at 2007年02月21日 04:44
bossa777さんおはようございます。
時間がある時に、チャートをコード順に片っ端から見ているときに見つけました。
セクター毎のその時の特徴なども見えたりして結構楽しいですよ。
Posted by avexfreak at 2007年02月21日 10:31
通りすがりーマンさんおはようございます。
日産ディーゼルよかったですね。
買った翌日に好材料というのは気持ちがいいですよね。
私も最近は悪材料によく当たるのであやかりたいです。
Posted by avexfreak at 2007年02月21日 10:33
まことさんおはようございます。
私も実際にM&Aされるかどうかは結果論だと思います。
その確率は相当低いのでM&Aされることだけを狙って買うのはいかがなものかと思っていますよ。
Posted by avexfreak at 2007年02月21日 10:35