aatz4
機内食は予約の段階で、スクートBIZクラスは自分でチョイスしておくことができます。これを、いつのタイミングで食べるのか聞いてくれます。

夜中ですのですぐ食べるのか、日本に近付いて朝食として食べるのか選べるのは嬉しい配慮です。

シートは、可動式のヘッドレストを備えた大型のもので、ピッチ38インチ(96cm)、リクライニング8インチ(20cm)でシート幅22インチ(56cm)は立派な数字です。

機内でのWi-Fiは、予約時に申し込む有償プランがあります。

20MBのソーシャルライトに加え、1、3、24時間の時間が選択でき、それぞれ5、11.95、16.95、21.95USドルとなっています。

ソーシャルライトプランのみ機内で申し込みが可能とのことで、機内で自分のデバイスを持ち込んで、楽しむことができます。

機内エンターテイメントの代わりにスクートTVを利用することもできます。

自分のデバイスを使って、スクートの選んだ映画、ドラマやTV番組など全ての番組を11USドルで見放題。これも使えます。
aatz5

電源が各座席に備え付けられているのも便利です。

ボーイング787は、全席の窓を電磁式で暗くしてしまいます。

朝になって外を見たい場合は、自分のシートのスイッチで明るくすることができます。

ブランケットこそ持参でしたが、眠ったあとの爽やかな気持ちで到着することができました。
aatz6s 機外へ出るのも優先です。

1番目のドアを使わず、2番目のドアだけの乗降の場合は、客室乗務員さんがスクートBIZのお客さんが降機するまで、エコノミーのお客様を制止してくれています。

LCCは近距離の目的地だけのものではないことが今回のスクートの利用でわかりました。