ボンバルディアは次期小型戦略機となるCS300とQ400NG(Nextgeneration)の2機を地上展示しています。 

CS300はAir Balticにデリバリーされてまだ日の浅い機体。

ボーイング、エアバスの世界二強がしのぎを削る150席前後クラスの小型機の分野に挑戦した意欲機。

現在、100シリーズで237機、300シリーズは123機と受注を伸ばしています。

経営的にも安定してきたとサイモンさんは自信を持って言って言いました。
コマーシャルエアライナーでは4強に入るホンバルディア。
誰もが考えなかったボーイングとエアバスの牙城への挑戦。
これからも楽しみなメーカーです。