assj1
ロシアの航空機メーカー「スホーイ」が製造したスーパージェット100SJ100)がエアショーで地上展示さ れました。

2008年5月に初飛行し、2011年4月に商業飛行を開始しました。

ヨーロッパの型式証明(EASA)を2012年2月に取得したものの、現在までにアメリカFAAの型式証明を取得するに至っていません。

assj3
 
現在、7社のエアラインで66機が運航中。今回、メキシコInteljet社の93席仕様の機体が会場に展示されました。

assj2
 
エンジンはロシアとフランスの合弁会社パワージェット製SaM146ターボファンエンジン2基を装備します。

assj5
 
コックピットはスティック型操縦桿を採用し、縦型5面ディスプレーを配置しています。リージョナルジェットのカテゴリーでは広い客室で2-3アブレストを実現しています。ボンバルディアCS300を思わせるゆったりした機内です。

assj4
 
トイレの便座が大きくてお尻が落ちてしまいそうな変な心配をしてしまいました。

assj6
 
採算ラインに乗っているとは言えない同機。まずはFAAの型式証明の取得が最優先ではないでしょうか。