a78101
ボーイングの展示機はエアバスよりも少ない2機種。

747-8を持ち込めばエアバスA380と対抗できたのにと残念に思うのが率直なところ。大型機が市場から敬遠されて久しいながら、利用者目線ではゆったりした航空旅行に憧れます。

a78105
 
ボーイング787-10は、今年3月31日にアメリカのノースカロライナ州ノースチャールストンで初飛行を終わらせたばかり。2ヶ月強のインターバルでエアショーに持ち込めるのは、さすが長年の経験が自信になっています。

パリでの飛行展示はありませんでしたが、来年に控えたローンチカスタマーのシンガポール航空への引渡しを前に試験飛行を重ねます。

a78102
 
が誕生した時は、初期型の-8に比べて6.1mの延長でしたがさほど違いが鮮明ではありませんでした。

-10は、-9から5.5mの延長ながらさすがに747ジャンボジェットに近い全長ですので、長さが強調されて目立ちます。

  機内見学では、まだ検査機器だらけの機内を歩きました。

a78103

コックピットでは、長い胴体に合わせて細かい設定を要する為にフラップの17度、18度を新設しています。

a78104
 
ANAに3機入って来ることになっています。

地上展示を終わらせて、会期中にアメリカへ戻るフライトのテイクオフを見ることができました。
A78106