aboe20170806
ボーイングがこのほど発表した787-8型機によるアメリカ全土の22州をカバーする耐久試験となるテストフライトの模様を発表しました。

image
 
シアトルのキングカウンティ国際空港、通称ボーイングフィールドを8月2日の15:38に離陸した787-8はミネアポリスにほど近い5大湖のひとつスーペリア湖の近くミシガン州北部で右翼からスタートして一筆書きでフライトをしています。

b787
 
機首部分は1,800kmほど離れたワイオミング州リバートンという街のあたりに位置します。左翼はテキサス州南部。最後部は、アラバマ州のハンツビルという街に位置します。機首部からは実に2,800kmも離れています。

この行程を18時間で飛行し、着陸したのは翌3日の09:38になります。

機首部分は離陸したあたりのワシントン州Puget Sound方向を向き、ボーイングの聖地を指しているのがキーポイント。

b787s
 
計算し尽された飛行ルートの中に生誕の地を向かせるなど、ウィットに飛んだ実行力が素晴らしい。こんなテストフライトを実施するボーイングは夢のある会社だなと思います。

2011年にこのボーイングフィールドで撮影したボーイング787-8 機体番号N7874はまさにこのフライトに使われた機体。3枚の画像をご覧ください。