britishairways_216867259428671
©British Airways
1919年8月25日、BAブリティッシュエアウェイズの前身であるAircraft Transport and Travel LimitedAT&T)は、ロンドンとパリの間で、世界初の国際線定期便を運航しました。100年後の今年、BAは4機のレトロ塗装の航空機を誕生させ、次の世代に向かっての戦略を語っています。

 britishairways_21686776381935

©British Airways
2019年2月に最初のレトロ塗装機BOACのボーイング747-400が出現。BEA塗装のエアバスA319、LANDOR塗装とNegus liveryのボーイング747-400の計4機とともに、現行塗装のエアバスA319と合わせて5機がヒースロー空港に並びました。

 britishairways_216861835078866

©British Airways
今後、5年間で65億ポンド(約9400億円)を投資して機材や機内を更新します。具体的には総計280機の機材のうち128機の長距離航空機の改修に加え、72機の新機材購入も含まれます。この7月に初受領する最新鋭機エアバスA350-1000には1-2-1リバースヘリンボーンのシートを装備し、今年後半には就航開始します。
britishairways_21686326819237
©British Airways
投資の核は、BA2119プログラムと銘打った、持続可能な航空機燃料の開発。環境に配慮した次の世代に向けたメッセージを発信します。