UTAG
東大の学園祭は年に春と秋の二回行われますが、本郷キャンパスでは春に「五月祭」を開催します。
FullSizeRender
今回、東京大学航空ファンサークルUTAGSUtokyo Aviation Geek Society)のイベントに出掛けてみました。キャンパスの中心に三四郎池があって、都会のオアシスを持つ本郷キャンパス。
FullSizeRender
研究発表の場でもある五月祭は、人気とは聞いていましたが群衆をかき分けて進むキャンパスの様子はなかなか経験できるものではありません。

 FullSizeRender

展示場所となる教育学部の教室では、フライトシミュレーターを壁面いっぱいに映し出し、航空機を飛ばせるイベントが整理券発行となる人気でした。展示物は、旅客機モデル、紙ヒコーキ、安全のしおりや吐袋など、多彩です。
FullSizeRender
FullSizeRender
当日は、代表の「ぐっ」さんが不在で、村永宙哉さんに話を聞きました。昨年20186月の発足にして、会員数35名になったとのこと。民間機に興味を持つ学生が多く、羽田に月一回集まるゆるい活動で、長続きを目指します。今後の目標として、各自で研究する分野をゼミのように運営し、発表したいと語ります。西には京大旅客機研究会があり、交流予定と意気込みます。航空ファンのすそのが広がるのはいいことですね。

 IMG_6575

メンバー近影 右が村永さん

メンバーの研究分野は、航空管制、運航管理、モビリティなど多岐にわたり、学術的要素が強く、ここから次世代研究が実を結ぶ登竜門のようなサークルで、将来が楽しみです。

 会報「エクラノプラン」のVol.1Vol.1.5(縮小版)が販売中。

会誌名の由来は、創刊に寄せての部分に書かれています。かなりニッチな航空機の世界が垣間見えます。興味のある方はぜひお手に取って確認ください。インカレサークルにつき、他大学の学生も含め新入会員募集中です。