2019年05月15日

あらためて・・2019年春

先のエントリーからずいぶん間があいてしまいました。
ここでは、AviPlannetの仕事の状況、教室の空き状況などをお知らせしていきたいと思います。
2019年5月現在、家庭教師の需要の方が多く、教室は空いていることが多いです。
特に平日昼間が空いていますので、どんどんご用命くださいね! [wadaj]  
Posted by aviplannet at 16:19Comments(0)仕事

2008年06月23日

作文・添削、執筆・代筆のページつくりました

ものすごくひさしぶりの投稿です。
このブログもちゃんと動かしていかないとね。

個人のお客さま向けのページということで、
こういうページを作りました。

作文論文添削↓
http://aviplannet.com/sakubun.html
執筆代筆↓
http://aviplannet.com/daihitu.html

いずれも、トップページからもリンクしてます。

これまでももちろんやってきたことですが、ウェブに掲載することで、まったくフリのお客さまからの注文を受けられないかと・・・。

そんな甘いもんじゃないかなぁ・・・。[wadaj]  
Posted by aviplannet at 23:27Comments(0)TrackBack(0)子育て・教育

2005年06月21日

海外赴任って・・・

熱帯モンスーンの国にやってきて2ヶ月半たちました。

夫が会社に「海外帯同することになりました」と届け出たところ、人事部から「昨年規定が変わって、法律婚の扶養家族でないと認めませーん」とのお返事。
我が家は長らくの事実婚です。バツイチである私の娘が、姓がかわるのを嫌がっていたこと、私の仕事上の便宜から、実生活で支障がないのでそのままにしていました。娘は私の扶養家族。夫は2年前からすでに海外赴任で、住民票も別々。
こういう状況では、「個人が勝手でついて行く」ということになる、と。

しかるに、社員の家族帯同と、個人資格での渡航。これ、大きくイメージが違います。
家族帯同::家族もおとーちゃんの仕事を応援してる、がんばれおとーちゃん!
個人資格::女なんて連れて行かずしっかり仕事せんかい、おらおら!
もうひとつ、我が家の場合は、夫の仕事先の街に外国人が通える学校がなく、平日は通学のため大都会との別居。これって、別の町に女囲っててそこに子供がいる、っていう状況ですよね。
それはやっぱり抵抗があるし、夫の仕事先で何かあったときに、会社が私たちの存在を認知していないとなると、極端な話「事故で病院に担ぎ込まれた」なんていう連絡も来ないわけで、現実的に異国では相当不安です。

しょうがないので、私は非常勤在宅社員になるはずだった会社に退職届を、渡航3週間前に駆け込みで婚姻届を出しました。
夫の会社が求めるのは、結婚後の戸籍のコピーや住民票、私の退職証明と源泉徴収票。これらの耳を揃えて送った時は、脱力感というか、むなしかったですね。
主義主張として夫婦別姓を叫ぶつもりはないのですが、本当に、別姓法案が通ってたら、とつくづく思いました。

そもそも、この制度、妻が仕事することを認めないってことですよね。
「前年度収入が扶養の枠を出たら即ダメ」ということなので、帯同にともなって仕事を辞めていく場合も、アウトです。つまり、帯同家族としては、専業主婦しか想定してないってことです。もちろん、現地で仕事するっていうのも、「ありえないこと」なんでしょうね。
世の中には頑張って仕事している既婚女性もいっぱいいるというのに、何だか、ちょっと切なくなります。

余談ですが、そうして書類を調えたにもかかわらず、私たちの渡航は「お嫁入り」と一緒だ、と言われ、現実問題として百万単位のお金がかかりました。(引越し費用とか渡航費用とかビザ代ワクチン代、もろもろ…)ちょっと以前に海外帯同していた夫の同僚の奥さんの話では、こんなの全部会社持ちだよということだったので、企業の手厚さと例外への冷たさを痛感しましたね。
ま、なけなしの貯金はたいて払えたからいいけど。

そういうわけで、あんまり優雅でない私の東南アジア暮らしがスタートしたのでした。
長くなりました。また書きます。

やまねこ
  
Posted by aviplannet at 17:11Comments(0)TrackBack(0)女の生きかた

2005年04月04日

ちょっとだけ

ブログのデザインいじりました。
文字をちょっと大きくしたのとリンクをちょっとだけわかりやすくしたのと…(アンダーラインは消しました。NN育ちのわたしはリンクにいちいちアンダーラインがあるのが堪え難いので(笑))。
ブログの本文の文字って(特にライブドアのは)x-smallサイズの指定が多いみたいですが、小さすぎませんかね?いまのでsmallです。(もちろんそれぞれのブラウザの設定によってちがいますが)。
そうそ。ブラウザですがCaminoというやつを試してます。いまんとこ快適。
wadaj
  
Posted by aviplannet at 15:26Comments(0)TrackBack(0)仕事

2005年03月07日

24条とか

鞠子さんちの素敵な(そして知的な)ダーリンでさえ「自分は家事や育児によく協力している方だ」という言いぐさのおかしさに気づかないぐらい、ほんとになかなか意識って変わらないものですね。“協力”は嫌になればいつでも放棄できるけどわたしが家事・育児を放棄したらいったいどないなると思うねん?(それはおまえの責任だから…)ぐらいに言い争わないとわからないものなんでしょか?
小さな子どもがいても、その子どもが熱を出しても、全く関わりなく(気にしてたら逆に変に思われる)毎日会社に行くのが当たり前とされる幸/不幸と、働くといえばかならず「子どもはどうするの?」が(いてもいなくても)問題になる幸/不幸とに、いいかげんみんな意識的であってほしいと思いますが…。
世の中しかし、憲法24条をめぐる動きで、むしろ「昔ながらの男女役割と家族倫理を取り戻すために」〔つまりは育児や介護はそれぞれの家庭内の女の役割/責任にしておきそのぶん男をますます戦士(本来の意味でも企業戦士という意味でも)こき使おうという魂胆ですよね〕24条を見直そうという飛んでもないバックラッシュがあるいっぽう、24条は強制的異性愛に基づく婚姻制度(法律婚)を前提としているからむしろ積極的に24条を撤廃して憲法改正すべきだという主張もあり、もちろんふつうのフェミニストらは「24条改悪絶対反対」に動いているわけで、この3つのモメントっていまの時代をそのまんま代表してると思います。
STOP!憲法24条改悪キャンペーン
ところでその朝日の土曜版は読んでたと思うのですが玄田有史さんの記事には気づかず(^^;)。わたしってばどこを読んでたんだろう…。
このブログでやってもいいし、別の場所をつくってもいいけど、鞠子さんが提案していた「インタビューシリーズ」やりますか?玄田さんに何か聞きに行ってもいいと思いますよ!
wadaj
  
Posted by aviplannet at 23:08Comments(1)TrackBack(1)女の生きかた

ちょっと嬉しい「発見」

昨日の朝日新聞、土曜版Beで、いい記事を見つけました。「玄田有史(東大助教授)」署名の「男女共同参画に向けて」。
仕事でも、家庭でも、自分の伝えたい事を伝えられない「言葉」のつたなさに困っています。もちろん、相手に伝えるときには、そのときの状況や目的もいろいろあるし、「言葉」だけではなく、その表情ももっと大切なんですが。しかし、何かを伝えるときの「言葉」の選び方は難しい。うちの場合も、夫が「自分は家事や育児によく協力している方だし、他の人に聞いてもそう言う」なんて言うので、「協力している、と言う自体が家事育児を自分のこととして考えていない、って言うことでしょうが!」と私が怒ってしまう破目になります。
で、何が言いたかったかと言うと、ポジティブ・アクションや男女共同参画で誤解されていることをちゃんと説明できる「言葉」が書いてあったのです、この記事に。この玄田さんについて調べてみると、なんと私と同じ年!でした。書いておられる文もわかりやすいし、かなり共感できるところが多くて、ちょっと嬉しくなりました。 鞠子  
Posted by aviplannet at 00:27Comments(0)TrackBack(0)女の生きかた

2005年02月25日

うぅ…

びっくりした。広告表示、消したつもりが消えてませんでした。申し訳ない!
(一瞬、タカぽんのブログ、無断引用した報いかと思た)(←見えない話ですんません)

それにしても不景気です。世の中はどうかしらんがマイ不景気です。(←ナサケナイ)
某教育産業の今年の見通しが出たんですが、去年とくらべると仕事量半分以下、収入は半分以下どころか1/3以下。これでは4月以降やっていけません。どうしよう・・・
wadaj
  
Posted by aviplannet at 02:28Comments(0)TrackBack(0)仕事

2005年02月22日

ほんまに…

鞠子さん、がんばりすぎ!からだと心を労って、ホドホドにね。
それにしても、「いつもがんばっていなければならない」のはまったくそのとおりです。
育児、家事、介護の支援システムをちゃんと社会的に整えるのが一方と、そんなにぎちぎちに仕事しなくっても生きていけるようになれるのが一方なんでしょけどね。  
Posted by aviplannet at 03:07Comments(0)TrackBack(0)女の生きかた

2005年02月20日

今日もぶつぶつ

先週はずっと、研修やらセミナーで時間を使って、仕事もできなかった。どちらも仕事がらみだが、はたして収入に結びついてくれるのか…。仕事仲間(男性)から「よぉ勉強ばっかりしてるなぁ」と言われますが、こちらは必死。家事、育児、睡眠時間をやりくりして、ふらふらです。資格を持って仕事をしていくにも、いろんなやり方があり、やっと自分なりの「面白い」仕事のやり方を見つけたつもりなのに。この自営業は自分が資本なので、常に「がんばって」ないと生き残っていけません。基本的に、自分の楽しい、面白いと思えることで仕事ができ(稼ぎはまったく少ないが)勉強もできる。しっかし、こんなに「がんばろう、がんばろう」と呪文を唱えないとやっていけないのはなぜ?!仕事に行くにも、常に子どもの預け先、夕ご飯のしたくで、いろんな人に頭を下げる…。
「なんで女ばっかり?!」とぶつくさ…。
ニート対策で若者の就業支援にかなり予算がつきました。私は、やる気もあって、就業や社会に対する基礎能力もあるのに、家事・介護・育児で仕事ができない女性に予算をつけて欲しい。この方が数倍結果が出ますぜー。せめて、子どもを預けるベビーシッター代金を必要経費で認めて欲しいわぁ。
すごくがんばっていて42歳で亡くなったT女史のことが、かなりショックでした。AERAの記事も読んだし…つい、自分に重ねてしまい、いろいろ考えてしまう今日この頃です。〔鞠子〕  
Posted by aviplannet at 21:34Comments(0)TrackBack(1)女の生きかた

2005年02月18日

香り(続)

わたしはアロマオイル、エッセンスオイルをいろいろ取り揃えて、お風呂に落とすなどして楽しんでいます。
気分や体調、朝か夜かによって、欲しくなる香りがちがいますね。(たとえばラヴェンダーはぜったい夜だとか…)
で、携帯空気清浄器っていったいどんなもの???
wadaj
  
Posted by aviplannet at 03:48Comments(0)TrackBack(0)暮らし

2005年02月10日

香り

最近は香り発生装置が売れてるようですね。
精神的に良いのはわかるけど、ウイルスまで抑制するのには驚き!
花粉症がきつい今年は空気清浄機とかホコリを抑えるスプレーとか売れてるけど、この香り発生機も個人用に売り出したら売れるでしょう。
日本人は無菌地帯でないと生きられないようになるのかしら。
ちなみに私も携帯空気洗浄機を買いました。効いてるのかどうか???
 ♪MON  
Posted by aviplannet at 12:41Comments(1)TrackBack(0)暮らし

2005年02月06日

利用する/利用される

(コメントで書き込もうとして失敗しました。なんで???)
自分が企業を使うか、それとも企業に使われるか、まったくそのとおりだと思います。
なにかの映画にあったな、自分の時間を企業に売り渡すか、それとも自分のために企業を利用するか、どっちかだ、みたいな。
あぁそれにしても・・・1月ほとんど自分の時間を自分のために使ってしまいました。というと聞こえが良いが、要は、仕事がなかったということです。ああ困った…
ここの入力画面てたしかに使いにくい…。改行を打たないかぎり横へ横へとスクロールしていかないといけないし…。ただ、さすがに10文字(うちのパソコンからやると)ってことはないですよ。文字の大きさの指定の問題だろうか…?
[wadaj]
  
Posted by aviplannet at 02:47Comments(0)TrackBack(0)仕事

2005年02月04日

最近、はやりのようですよね。勉強が。

なるほど、そういう考え方もあるんですね。
私は能力開発とかコーチングとかは自分のためにしか考えてなかったから少し驚きました。こういう風に考えてしまうのもすでに洗脳されているってことかしら??
身についた能力をどう生かすか、企業に使われるか、企業を利用するか。その人しだいですよね。
出先のPCで開くと本文を打つ窓がなんだか10文字ぐらいでしか見られない大きさになってるんで大変書きにくいんですけど、何でだろう?
  
Posted by aviplannet at 12:40Comments(0)TrackBack(0)

2005年01月30日

水を差すようですが…

エリック・シュローサーの本を読んでると、マクドナルド(とにかく組合嫌いでどこの国でも人材をなんとか安価に簡単に使い捨てることに腐心している)が人の管理・教育の手法に「交流分析」を使っているとあって、ははぁなるほどなぁと腑に落ちるところがありました。
というのは、このところそういった能力開発とかなんとか開発セミナーとか人材教育・管理手法とかコーチングとかあちこちに出てくる理論(理屈)や手法が交流分析、あるいは似たような俗流精神分析(アメリカで大流行りしたたぐいの)から流れていることがよくわかることがあるからなのです。
しかしそれってマクドナルドでそうであるように、企業にとってはいかに人の能力を最大限企業が求めるようなかたちに矯正しなおかつ本人には気分良く働いてもらうための功利的な手法なんじゃないでしょかね。もちろん個々人にとっては自分の能力がそれだけ伸びて向上心も持ててしかも働き甲斐のある(そして給料もそれなりに上がる)充実した職業人生活を得られることにつながるのだから本人のためにもなるのだろうけど…。でもなんだか人間を企業の(あるいは産業の)もとめるかたちに改造する大がかりな陰謀(?(笑))であるような気がしてなりません。そんな手には引っかからないぞと思いつつそれを拒否すれば確実に社会から落ちこぼれる恐怖もあり、うまく乗せられると思わず「頑張ってしまう」自分もいるのですね。
[wadaj]

  
Posted by aviplannet at 13:42Comments(0)TrackBack(2)趣味・遊び

2005年01月29日

能力開発

最近、友達が能力開発セミナーに参加しました。
右脳を鍛えるトレーニングをするそうです。
速読ができるようになり、暗記力も高まるそうです。
私もトレーニングしてみたい。
でも、料金が高いんですよねぇ。
本も出てるけど、自宅で独りだとなかなか続かない。
忍耐力・持久力をつけるトレーニングも私には必要みたい。
 ♪MON

  
Posted by aviplannet at 13:02Comments(0)TrackBack(0)趣味・遊び

2005年01月28日

ブログ初投稿!

いきなり朝寝過ごしてしまいました!ここ2,3日夜遅くまで仕事をしていたせいか…。これからよろしくお願いします。  
Posted by aviplannet at 10:50Comments(1)TrackBack(0)

2005年01月27日

サクラサク

予想より合格者が多くうれしい結果になりました。
(残念な子も多かったけど)。ひとまずやれやれです。〔wadaj〕  
Posted by aviplannet at 09:32Comments(0)TrackBack(0)子育て・教育

2005年01月26日

開設しました

受験指導をしないお気楽な塾講師だったはずがこのところの公立中高一貫校熱のあおりで今年は受け持った子のなかにやたらと受験した子が多くそのほとんどの合格発表日を明日(日付は今日)にひかえて戦々恐々です。
子どもたちはほんまに一生懸命なんだけどテストの出来だけじゃなく抽選だの内申だの不透明な部分が多いからなぁ…。(wadaj)  
Posted by aviplannet at 03:22Comments(0)TrackBack(0)子育て・教育