9/9(日)にスーパークラス2年生(月2回)10回目のスクールを実施しました。
image6


過去のトレーニングレポートは下記のリンクをご確認ください。
4.15 第1回目〜ボールを運ぶ〜
4.29 第2回目〜ボールを失わない〜
5.6 第3回目〜ボールを運ぶ(仕掛ける)〜
5.20 第4回目〜ボール運び(仕掛ける)
6.3 第5回〜ボールを運ぶ(観る)〜
6.20 第6回〜パス&コントロール〜
7.22 第7回〜フィニッシュ〜
【8.26 第8回〜フィニッシュ〜】
9.2 第9回〜フィニッシュ〜


じゅんコーチ・太郎コーチが担当しました。

今回も引き続き「フィニッシュ」をテーマにしました!

フィニッシュの中のシュートをうつ前のボールの運び方・ボールの受け方・置き所を意識してトレーニングしました!
image3



写真・動画は撮れませんでしたが、トレーニング冒頭は、ブラインドサッカー日本代表GKとして南米遠征に行って来た太郎コーチにシュート対決を挑みました!
IMG_1845
IMG_1841
IMG_1842




じゅんコーチは、現在ブラインドサッカー女子日本代表チームのゴール裏のガイドを務めています。(2012〜2015年までは男子代表チームガイド)

ゴール裏から相手GKやDFを観察する機会が多いので、相手との駆け引きや、ゴール(シュート)までのプロセスやシュートの瞬間などに強いこだわりを持っています。
IMG_5977


ゴールを目指す選手にも相手DFやGKをズラして(駆け引きをして)シュートする事を日頃からも意識して練習に取り組んでいます。



先週、行われたブラインドサッカーのリーグ戦で、女子日本代表選手が男子に混じってプレイする中で相手GKをズラしてシュートを決めているシーンがありましたので、紹介しておきます。


1点目・3点目は、前々回もやった距離のあるシュートで軸足を跳ばしながらうつシュートでのゴール!


2点目・4点目・5点目は、シュートをうつ前に角度を変えて、相手GKをズラしてのシュートでのゴール!(GKの足の運んだ瞬間が撃つチャンスです)

6点目は、ニアサイドでしたが、角度をつけてGKの重心がズレた瞬間に撃っているので、対応しにくかったのではないかと思います。

ただやみくもにゴールに向かって強いシュートを撃つだけではなく、相手DFやGKと駆け引きをしながらプレイ出来る様になるとワンランク・ツーランク高いレベルにいけると思います!

相手DF・GKをズラしてシュート!



ブラインドサッカーで観えない状態でここまで相手と駆け引きしながらサッカーしていて、最初は出来なかった事が出来る様になるまで工夫・努力・継続している選手を間近で観ていると、我々はもっともっとやれることあるなぁ…とつくづく感じます。


経験したことを皆さんにたくさん伝えていけるように我々も工夫・努力・継続していきます。


トレーニング中身の振り返りに入りましょう!

シュートとその前のGKとの駆け引き、GKをズラす事を意識したシュートトレーニングの後は、

これまで何回も行っている2vs2+GKのトレーニングです。
実質、3vs3になります。
image5


技術の部分も伝えていきながら少しずつサッカーの原理原則を知っていかなければなりません。




攻撃はゴールを目指す!



でも、相手がゴールを守る(守備が中央を閉じる)から、サイドが空く。
相手を観て確率が高い方を選択してプレイ
します!

守備は、マークする相手ばかり意識すると中央(ゴールへの近道)が空いてしまうので、ボールとゴールを意識したポジションを取る。

この辺りも認知の数を少しずつ増やしてプレイできるようになっていくことを目指します。


身体の向きを自分が守るゴールではなく、自分が攻める(目指す)ゴールに向けることを意識することで、観える範囲を広くする、観える数を増やす…そして、その中でより良い選択をしてプレイします。
「おへそ」というキーワードは2年生の子どもたちにも伝わり易い言葉だと思うので、「おへそ」の一言でゴールを目指すための視野の確保をイメージ付けをしています。



ゴールを目指しながら、ボールを簡単に失わない。
GKはゴール前でゴールを守るだけではなく、攻撃のサポートに入る。

指導現場で
「お父さん(お母さん)にGKやるなって言われたー。。」
なんて声をよく耳にしますが、このサイズのゲームでは、GKもフィールドプレイヤーと同じ役割を果たすので、GK経験もとても大事です。

ゴール前に立つだけではなく、ポジションを取る、後方でのサポート、ボールを受けて、全体が観える中で相手と味方を観て判断して選択してプレイする。

全体が観え易い中で、プレイの成功率を上げていくことが自信にも繋がりますし、プレッシャーが低い中でプレイの成功率を上げていかないと、更にプレッシャーがかかるフィールドプレーヤーでの成功率が上がっていきません。

成功や失敗を繰り返していきながら成長していきます。




3vs3(2vs2+GK)のトレーニングからゲームでは、4vs4(3vs3+GK)になり、コートの広さが広がり人数も増える中で、観る範囲を広く、観る数を増やしてプレイしていきますが、全体を観て把握してプレイを選択して成功させる確率をもっと高くしていきたいところです。
IMG_2662


選択ミスが原因によるミスがまだまだ多いです。

これは、認知がまだそのレベルに追いついていない(しっかり観ることができていない)のが原因です。

ボールから眼を離して観る数を増やし、観える範囲を広げるために、プレッシャーがない状態でのボールを扱うテクニックの向上、そして、プレッシャーがある中でもボールを失わずにボール以外を観る余裕を持てるようになりたいです。
IMG_2663


急には出来る様にならないので、焦らずに少しずつ認知を上げていきましょう!


さて、トレーニングの途中で2つのストレッチを紹介しましたが、このストレッチを紹介するページがありましたので、リンクを貼っておきます。
(大人向けに書かれている記事ですが、気になさらないで下さい。)
・コモドストレッチ
https://safari-online.jp/column/detail.php?id=350&p=1
IMG_2658


・インナースクワット
https://safari-online.jp/column/detail.php?id=713&p=1
IMG_2655


長い長いサッカー人生、身体を上手く操作出来る様に、そして、パフォーマンスアップやケガ予防に繋がる事を意識する事が今後のサッカー人生を明るくしていくことにも繋がります。




次回は10/7(日)雁の巣での活動になります。

◎連絡事項◎
【提出して頂くもの】
・パーソナルレポート

【手続きをして頂くもの】
・ゆうちょ銀行 or アビスパカード での引き落とし手続き(現スクール生は必要ありません)

【中止や自己都合による欠席について】
・お住まい近隣のスクールで振替が可能です。(担当コーチ・今田にお問い合わせ下さい)
 ※アビスパ福岡サッカースクール案内


アビスパ福岡スクール推進部FBページからもアビスパ情報発信中!
アビスパ福岡アカデミー&スクールTwitterからもアビスパ情報発信中!

アビスパ福岡サッカースクール事務局
〒813-8585
福岡市東区香椎浜ふ頭1-2-17
tel:092-674-3031
mail: soccerschool@avispa.co.jp


2年生スーパークラス第10回トレーニング担当:藤井潤