2005年07月15日

泡盛:まさひろ

masahiroまさひろ」です。

関東では、島唄(しまうた)として販売されており、コンビニなどでも良く目にします。

那覇空港近くの糸満というところでつくられており、操業は明治時代の老舗です。

この糸満の工場にはギャラリーが併設されており、試飲や販売店、などがあるそうです。筆者はいったことがありません。この泡盛は、沖縄県庁すぐ近くの居酒屋で飲みました。

比嘉酒造

30度。

同種蔵書の定番みたいです。関東で島唄として売っているのを飲んだときは、はっきりって、まずい泡盛(泡盛で初めてうまいと思わなかった)だと思っていました。が、現地でまさひろのネーミングで売っている物はそこそこです。というか、結構すっきりしており香りがやや強く泡盛裸子だが浮き立っているというか、まあまあおいしかったです。

ほんとうにおなじものなのでしょうか?

関東では、720ML入りでだいたい800円ぐらいでコンビニで売っています。

酒造所のモットーは「流されない、変わらない、だけど進化する」だそうです。何とも良い言葉です。これは、沖縄文化全体に言えることではないでしょうか?

なんて、本州在住の人間が簡単に言ってくれるかと思いますが、観光地化しても、開発も必要でしょうし、島の人から撮ってみたら便利になって欲しいでしょうし、でも沖縄の独特の文化は変わって欲しくないです。というのは、苦労を知らない一観光客のわがままでしょうか?

 


この記事は、新館に移動しました。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/awa_mori/28114169
この記事へのトラックバック
早めに終えた夕食後・・・トリニータがアントラーズと1-1で引き分けと聞いて・・・“おっシャーッ!”・・・何しろ、リーグ戦再開後の初得点・・・。アウェイで、現在1位チームとドローの勝ち点1は・・・上出来ってことで・・・これからだぜ! ♪チャ、チャ、チャ、チャッチ
濃厚な“泡盛の魂”・・・「まさひろゴーハチ」【酎州大分の麦焼酎バンザイ!】at 2005年07月17日 23:21
この記事へのコメント
お返事遅くなり申し訳ありませんでした。

「まさひろ」「島唄」のこと勉強になりました。これからも泡盛の事、いろいろと教えて下さい。呑むのは好きなんですが知識がないんで(笑)


うちのページにリンク貼らさせていただいてよろしいですか?
Posted by asanohchang at 2005年07月17日 10:44
はじめまして・・・大分の麦焼酎好きオヤジ・・・酎州大分(HN)です。
まさひろゴーハチをはじめて飲みました・・・こちらにも、まさひろのコンテンツがありましたので・・・コンテンツのリンクとTBを頂きました。

私も・・・『まさひろ』と『島唄』が地元と県外の銘柄換えだとはじめて知りました。
勉強になります。これからもちょくちょく見せてもらいます。今後もヨロシク!!!
Posted by 酎州大分 at 2005年07月17日 23:28
■酎州大分さん。
こんにちは、コメントとTBありがとうございます。
まさひろって58度のがあるんですね。知りませんでした。45度以上ので飲んだことある泡盛は、与那国とどなんです。
ここまで来ると、沖縄空港できない持ち込み禁止なんですよね。少量危険物に該当するとかで。
Posted by 泡盛の杜管理人 at 2005年07月18日 08:08
■asanohchangさん
ページ拝見させていただきました。
喜んで、リンクお願いします。
これからも、そちらのページにもちょくちょく遊びに行きます。よろしくお願いします。
Posted by 泡盛の杜管理人 at 2005年07月23日 15:33